fc2ブログ
■ 本人確認 1月の図書 ■
1月宇野


 養老孟司さんがYouTubeで言っていたこと。
銀行の窓口で、銀行員も本人も双方、養老孟司本人だということがハッキリわかっている。免許証は返納しているし、保険証は持ってこなかった。本人だとわかっているのに、「本人確認書類」がないと、ご銀行の手続きができないという。

 じゃあ、ここでいう「本人」とは、なんなんだ。銀行の人間を納得させただけではなくて、免許証の画像などで、コンピュータが許可を出さなければ、本人でないのか。養老孟司は本人でなくて、免許証が本人なのか。

 それと、以下の本の内容は全く関係ないが、読んでみた。

AI支配でヒトは死ぬ 養老孟司
資産5億円を築いた私のお金が増える健康習慣 午堂登紀雄
日本が先進国から脱落する日-“円安という麻薬”が日本を貧しくした!!-野口悠紀雄
平成ネット史-永遠のベータ版-
若返ったぞ!ファスティング 船瀬俊介
やってみました!1日1食 船瀬俊介

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』全曲  ニルソン ラインスドルフ59
トリスタンとイゾルデ カラヤン71BPO EMI
トリスタンとイゾルデ カラヤン59 スカラ座 ニルソン
トリスタンとイゾルデ サヴァリッシュ58 バイロイト音楽祭 ニルソン
チャイコフスキー6番 チェリビダッケ
★モーツァルト25番、レクイエム ワルターVPO56 orfeo
★宇野功芳のすごすぎる世界 フィガロ序曲、Mo40番、Be5番交響曲 大阪PO
アンナ・ネトレプコ ベスト
桜田淳子 ベスト
ブルックナー交響曲9 ヴァントBPO
ブルックナー交響曲2 ティーレマンVPO
コーヒーカンタータ他 フィローニ室内O
★モーツァルトPCon20、グルダ、ゼルキン、アバドVPO、LSO
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2023/01/31 09:59] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ニルソンのイゾルデとカラヤン
toristan nilson


 イゾルデ、ブリュンヒルデとかトゥーランドットといえばニルソンをもって他になし。ニルソンしか勝たん。最近、このような無料で聴けるもので、アストリッド・ヴァルナイをわきに置いておいて。

 有名なベームの盤は、何度か聴いているし、ショルティのデッカ盤もハードディスクには入れてあるが、どっちも、そんなに魅力を感じなかった。

 探している音楽は、ほぼ見つからないアップルミュージックと言ってきたが、案外、本人も気づかない、お好みを出してくるのかもしれない。ニルソンの方で検索すると、こんなん出ました。

 ニルソンと喧嘩別れしたせいか、デッカ・カルショウに先を越されたためか、カラヤンのワーグナー録音には、定番のニルソン、ヴィントガッセン、ホッターが登場しない。ここでは、普通にオールスターキャストの歌手で聴ける。ベルリンとウィーンを君臨した、この頃のカラヤンが、スカラ座まで猛威を振るったかのようだ。

 しかし当時のカラヤン、劇場の総監督みたいなことや、演出も手掛け、音楽だけに集中しているほかの指揮者とは、考えていることが違ったみたいだ。そのためかどうか、音質も演奏も、特に語るようなことはない。

 ニルソンの声が、とてもいい。


・ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』全曲
 ビルギット・ニルソン(イゾルデ)
 ヴォルフガング・ヴィントガッセン(トリスタン)
 グスタフ・ナイトリンガー(クルヴェナール)
 ヒルデ・レッスル=マイダン(ブランゲーネ)
 ハンス・ホッター(マルケ王)
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1959年4月4日(ライヴ、モノラル)

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

[2023/01/28 18:35] | トリスタンとイゾルデ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ビルギット・ニルソンのトゥーランドット
turandot nilson


 アップルミュージックについて、さらに問題がありました。連続している音楽なのにトラックごとに音が2秒ぐらい途切れるのです。オペラなんかの曲だと1時間ぶっ通しで続きますが、20個ぐらいインデックスのトラックが入っています。ナクソスでは、こんな感じもありましたが、YouTube Music では、なかったような。

 これはクラシックだけの現象かと思い、ビートルズのアビーロードのB面メドレーのところをかけてみると、しっかり途切れ途切れになっていました。半年間お試しだからいいようなものの。

 そして、探している音楽は、ほぼ見つからないのに、昔聴きたかったんだけど、すっかり忘れていたレコードに当たることもあります。ニルソンの『トゥーランドット』です。

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』全曲
・トゥーランドット:ビルギット・ニルソン
・カラフ:ユッシ・ビョルリング
・リュー:レナータ・テバルディ
・ティムール:ジョルジョ・トッツィ
・ピン:マリオ・セレーニ
・パン:ピエロ・デ・パルマ
・ポン:トマゾ・フラスカーティ
・アルトゥム:アレッシオ・デ・パオリス
・役人:レオナルド・モンレアーレ

指揮:エーリッヒ・ラインスドルフ 録音:1959年7月3~11日、ローマ歌劇場


 ニルソンの『トゥーランドット』というと、1965年のモリナーリ=ブラデッリ盤(1965年)の方が有名ですが、これは何だか歌手の声が弱められて録音されているみたいでニルソンの凄味が出ていない。その他、ストコフスキーのライブ(記憶が定かでない)とか、声はいいけど、モノラルでなんとなく今一つ、というのがあったような。

 今回は主役のビルギット・ニルソンだけ、ひどく立派な声に聴こえる。特にカラフのユッシ・ビョルリングなんて、違ったマイクを使っているのじゃないかと思うくらい音質が悪い。オケなんかも、悪くはないものの、なにかしら音が足りないような気がする。

 ともあれ、ニルソンの声がすっごくいいので、聴いて良かった。

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

[2023/01/26 18:21] | トゥーランドット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドイツ・オーストリア2004
2004年5月31日から6月7日までの
HISのドイツ8日間ツアー
なんと!参加者、たったの6人。6人に添乗員ひとり。

211ハイデルベルグ
ハイデルベルク #211

212ローテンブルク
ローテンブルグ #212

213ディンケルスビュール
ディンケルスビュール #213

214ザルツブルク
ザルツブルグ #214

216ネルトリンゲン2
ネルトリンゲン #216

217シュヴァンガウ
ホーエンシュヴァンガウとアルペン #217

218ザルツカンマーグート
ザルツカンマーグート #218

228ウィーン
ウィーン #227



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2023/01/24 18:31] | YouTube samnail集 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人物は、スマホで撮ってはいけない。
mini13.jpg


年末に、祈願をかけた、というか1年前ぐらいから欲しいほしいと言っていた、「iPhone13mini」であるが、年始早々、2年レンタル案件、実質23円(毎月1円)とかで契約した。この2年で返却するというのを、やってみたかったのだ。

 金銭的にお得なことだけ考えれば、Pixel6aが一括1円の方が、そのまま手に入るのだから、後々、お得なことは間違いない。が、やってみたかったのだ。そもそも、「iPhone13mini」なんて2年も使えば、バッテリー交換の必要が出てくるは必定。月々の回線代も安く済むので、やってみた。

 このやり方は、まだ制度が始まってから2年もたっていないので、実際のところ、2年後返却時に課金されたり、返却を忘れて、4年間使ってしまうとか、どのようなトラブルが発生するのか、定かではない。

 そんで、「iPhone13mini」何がいいって、カメラが先代の「iPhone12PROmax」だけに使われていた、センサーシフト式手振れ補正機能が、このminiにも搭載されたのだ。まあ、とても良いところは、そこだけだ。 あとは、マスクしてても大丈夫な強力FaceIDと音楽。そこだけだ。他は著しく10万円クラスのandroid機に劣る。


 写真をもとに絵を描く人に、常々言っていることではあるが、写真と現実は全く違う。カメラやレンズの性能や露出により、現実とは違った魅力が出ることもある。全く魅力が伝わらないこともある。

 新年早々、自画像を描こうと、写真を見せてくれた人がいた。自分の写真であり、自撮りである。スマホで撮った写真である。スマホのカメラは、基本、広角に決まっている。今のスマホは2眼が普通で、一つが広角なら、もう一つは標準化とおもいきや超広角である。

 広角と言っても、普通のカメラにしたら、超広角だ。風景だったらいいけれど、身の回りの物や、人物を撮ると、普通の状態ではないゆがんだ画像になる。恐らく、スマホの自撮りに慣れた人たちには、このゆがんだ顔が、気にならないのだろう。

 ぜんぜん不自然で、明らかに本人に比べて貧相だから、ちゃんとしたカメラで撮ってもらうように頼んでおいた。スマホであっても、望遠レンズの付いたものであれば、少しはましに撮れると思う。望遠レンズ付きのiPhoneProだと、高価すぎて、デジタル一眼を買った方がいいと思われる。

 人物写真は、カメラマンの腕によって、酷く差が出る。普通の人を、思慮深い哲学者風に、感性鋭い理知的な女性に、ように撮ってある写真を見たことがある。写真を見てから、本人に会うとガッカリなんてことになりかねない。

 かっこいい写真を撮るのは、相当にむずかしい仕事であるのは間違いない。絵の場合は、時間をかけて、動いている状況も見ながらなので、本人に近い。より本質に近いものが出来上がるのではないかと思っている。

 旅行に出にくい昨今、「iPhone13mini」の真価が発揮されるのは、いつになるであろうか。

テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

[2023/01/20 15:10] | ガジェット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
YouTubeMusicとAppleMusic
Image4.jpg

 YouTubeMusicは1年以上使ってみた。最初の、3か月は無料お試し期間。3か月ぐらいはPremium料金を払った。その後、UQモバイルに入ると、6か月無料。そのあと、2回線目のUQモバイルで3か月無料だった。というわけで、けっこう1年ぐらいは無料期間が続いた。

 今日でYouTubePremiumが切れるので、これまた半年間お試し期間のあるAppleMusicに入った。2年レンタルのiPhone13miniを借りたら、無料AppleMusicが付いてきたのだ。

 音楽好きではあるが、音楽は専用音楽プレイヤー、ウォークマンとiPodで聴いているし、ネット回線を使って音楽を聴くなんて、無駄だと思っていた。ハードディスクには、死ぬまで聴ききれないぐらいの大量の音楽も入っている。

 そういうわけで、スマホと同じように、普通の人よりもだいぶ遅れて、このようなものを利用する気になった。昨年手に入れたiPhone12と13mini、両方とも、ウォークマンとiPodよりも、気持ちのいい音を出すことが分かったからだ。音質がいいとは、あえて言わない。手前において鳴らしておくと、いい音なのだ。

 YouTubeMusic もAppleMusicも、普通の状態で聞いていると、特に音はよくない。ハイレゾとか、ロスレスはまだ試してない。パソコンからコピーしたものよりも落ちるぐらいだ。おまけに、予想されたことだが、クラシックのレコードはほとんどない。図書館でやっているアーカイブのナクソスなどの方が、全然レパートリーが多い。

 たとえばクナッパーツブッシュのパルシファルなんて20種ぐらいあるはずだし、フルトヴェングラーの交響曲なんて、同じ曲が50種ぐらいあったりする。だから、ほとんど無いようなものだ。そもそもそうとう有名な指揮者しか、出てこない。

 クラシックだけかと思いきや、荒井由実はほとんどあるけれど、中島みゆきのアルバムが両方とも出てこない。うちのハードディスクよりも曲数が少ない。最新の曲はちゃんとあるのだろうか、しらんけど。

 こんなにレパートリーが少なくて、音質もいまいちでは、お金を出して契約するとは考えられないが、若かったら、聴くんだろうな、きっと。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

[2023/01/16 21:06] | ガジェット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Illustrater互換Inkscape
赤方偏移2


 かねてからのIllustraterやPhotoShopの不具合に耐えかね、昨年末からIllustrater互換ソフトと言われているInkscapeを使い始めてみた。

 もう何十年も、一回買い切ったソフトは、その後のウインドウズでも、使えていた。基本的にはネットにつながないで作業している。使う時だけ、スマホのテザリングで。30年ぐらいは、平和に使えていたのだ。

 それなのに、それなのに、最近、ユーザー登録の要求などが出るようになり、作業中にフリーズするようになり、起動もしなくなった。CDからの再インストールはしてみた。新たな使用料をとられるぐらいなら、止めようと思う。

 20年前ぐらいからPhotoShop互換で有名なGinpは知っていた。でも、難しい。無料だった開発当初のPaintShopProは、これこそWindows3.1の時から、だから30年ぐらい前から使っている。

 YouTuberご用達のPremeirという動画編集ソフトもあるが、難しすぎて、さっぱりわからない。Windows標準装備のソフトを使っている。


 Inkscapeを使い始めて、なんとか展覧会用の目録を作った。YouTubeで、初心者用に教えてくれている番組がいくつかあるのだ。助かる。

 作るのは作れるのだが、保存しておいたものを開くと、行間とフォントが勝手に変更されていて、レイアウトがぐちゃぐちゃになっている。勝手に色がついていることもある。

 しょうがないので、作り始めて、いい感じになってきたところで、JPGやPDFなどの他の形式に変換しておいて印刷することにした。元のファイルは、次に開いたときは、ダメになっている。

 いままで、YouTubeのサムネは もう一台のPhotoShopで作ってきたが、Ginpで再現できるかはさだかではない。同じソフトを使っても、別のパソコンだと同じものが作れないので、たぶん、別のデザインにしかならないと思う。

 パソコンを買い替えれば、不具合はなくなるのだろうか。何十年たっても、マッキントッシュとiPhoneの使い勝手がよくならないのは、アップルの性なのだろうか。

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

[2023/01/11 15:37] | ガジェット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
湖水地方 1
湖水地方1

湖水地方3

湖水地方6

湖水地方7

湖水地方9

湖水地方10

湖水地方12

クロアチアの湖水地方です。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2023/01/08 16:29] | アートライブ202324 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やるべきことなんて、なにもない。
そうぼうかい絵画展の出品作品の続きです。
どういうわけか、いちばん下の「道遊の割戸」を絶賛する方が3名ほどいました。
ありがたい。

2017-72.jpg


草3


草4

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2023/01/05 09:44] | アートライブ2021/22 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 自分が一番、権力闘争 12月の図書 ■
フルトヴェングラー

 あけましておめでとうございます。

相変わらず、寒いので、カレーパンとアンドーナツしか、喉を通らない日々が続いてます。ご飯もかまないと食べれません。スマホの見過ぎか、夜11時過ぎないと眠れないことが多いです。(普通か?)

 今月も、ろくでもない本しか読んでいないようなので、『銃・病原菌・鉄 ジャレド・ダイアモンド』を借りてきて、もちろん、まだ読んでいない。そういうわけで『カラヤンとフルトヴェングラー』について取り上げる。

 クラシック音楽界で、もっとも人気のある指揮者であるフルトヴェングラーだが、自身のベルリンフィルの3代目終身音楽監督就任時における、権力闘争というか、勝つためには何でもやる的な精神と、自分の後任になりそうな若きライバル、カラヤンに対する嫌がらせなど、頼朝が次々と御家人と兄弟を暗殺して鎌倉政権を作り上げていくのに似ていた。

 ナチスに協力的だったが、さすがに殺しはしない。自分がいる間は、カラヤンをベルリンに入れるなとか、ザルツブルク音楽祭に出演させるなとか、独立を許さないプロダクションのように、業界から抹殺しようとしていた。身内を粛正しすぎて、源家が3代で滅んだように、自身の体調もあり、カラヤンの4代目就任を阻止することはできなかった。

 カラヤン以降のベルリンフィル音楽監督は、権力闘争などに、だんだん淡白になってきているようだ。そうすると、なんとなく、音楽的感動も淡白になってきている、感じがする。1950年代ぐらいの、魂を揺さぶる超弩級の名演は、復活しないのか。

 もうちょっと悪に染まり、コネを使い、ライバルを敵視して蹴落とし、嫌がらせをして、上皇を島流しにして、自分が世界で一番ぐらいの、自分勝手な芸術家が出てくれば、いいんじゃないの。(ネットで炎上して、潰されるのか)

 そういや、ミハエル・シューマッハもひどく悪い奴でした。
 やっぱ、iPhoneがいちばん、音質がいいっちゃ!


未来は決まっており、自分の意志など存在しない。 妹尾武治
スマホ脳の処方箋 奥村歩
一秒で捨てろ 成毛眞
GACTの勝ち方
死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介
借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖
借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ
70代で死ぬ人、80代でも元気な人 和田秀樹
糖尿病が怖いので、最新情報を取材してみた 堀江貴文
多動力 堀江貴文
日本人の健康法 奥田昌子
カラヤンとフルトヴェングラー 中川右介
見抜く力 佐藤優

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2023/01/02 15:30] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
iPhone 13mini 一括1円 復活
IMG-121円2s


 本年は、鎌倉殿の13ミニと、携帯キャリアの一括1円に翻弄されたのである。残念なことである。昨年までは格安SIMに格安スマホでかまわないと思っていた。回線代も毎月千円ぐらい、スマホ代もキャッシュバックなので、1万円以下が普通の状態だった。

 イスラエルツアーで、ほとんどみんなiPhone11PROMAXみたいなのを持っていたので、これはちょっといい機種を持たなくてはいけないかな、という迷いが生じていた。そこで、デザインで選んで、iPhone12を買うことに決めた。(楽天モバイル楽天市場店で買うと、\26,000ぐらいのクーポン付き、ポイントも大量につく)ので、5万円ぐらいで買える。

 そう決心した矢先、AUの店頭に「iPhone12 1円」という看板を見つけた。ネット上で噂になっている一括1円が、本当にやっているとは思わなかった。東京の一部の店舗でしかやっていないものだと思っていた。

 結果的には、後で調べるに、もっと困難だと言われている、回線契約なしの\22,001で、新色薄紫のiPhone12を買った。

 この後は、スマホ新製品の値段、特価情報や、コスパ比較などを見ても、すぐに安くなるさ、そんなの1円になるまで待てばいいじゃんと、まともに選択して買うという気が、なくなってしまいました。

 その後、pixe6とか、GyalaxyS21とか、FindX3Proも、iPhone13とか発売したばかりのiPhoneSE3とかも1円とか2万円以下の範囲内で売っていた。もっと安いpixe6aとかReno7A、Experia10とかは、しょっちゅう安売りしていた。買えたものもあるが、ほとんど買えなかった。同一キャリアでは、一旦特価販売を受けると、一定期間は契約できない。ドコモなんか、一人一回だけ、そのあとずっとダメと言っていた。

 最近、総務省の指導と各キャリアの自主規制で、一括1円をやめようという動きが活発になってきている。店員もそう言っている。そこで今のところ「一括1円」ではなくて「実質1円」が全盛期を迎えている。2年間1円で使えて、2年後返却するというもの。返却しなければ、スマホ代の半額分払えばよいというもの。

 この「実質1円」も、形骸化してきて、形の上では「一括1円」ではないが、他のサービスをつけて(25,000ビッグポイントバックとか)、最終的には、タダに近い値段になるように工夫をしている。

 実質的に安くても、2年後返却とか、毎月1円の分割とかにしていると、解約がめんどくさくなって、そのまま最後までスマホも回線も使っちゃうズボラな人に期待しているのかもしれない。

 11月、12月となりを潜めていたが、この年末に来て復活してきたようです。ここ一週間、Yマダ電気で、Google pixel 6a「一括1円」です。ソフトバンクの回線ですが、安いミニフィットプランにしたりとか、最初からワイモバイルにしてくれるとか、ポイントいっぱいくれるとか、(店員に交渉すると)「一括1円」以上の厚遇がありそうです。

 というわけで家電量販店に行くと、「一括1円」の表示がないか探すという、困った行動が身についてしまいました。「一括1円」を見つけたら、善児に依頼したい。北条義時のように、だんだん暗黒面に落ちているようです。

鶴岡八幡宮に
新年早々、iPhone13mini一括1円復活を願う。

よいお年をお迎えください。

テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

[2022/12/31 12:44] | ガジェット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北条義時・鎌倉殿の13人終わる
Image2.jpg


 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が終わった。実朝暗殺までは面白いところがあったし、そこそこ期待していたので、ラスト3回にはガッカリした。

 最初から気になっていたところ、時政の反対による、政子と頼朝の駆け落ち部分が出てこなかったのは残念である。それから、大物でも何でもない三浦義村が、最初っから出すぎ。三浦の棟梁筋は和田義盛だから、13人の中にも入っている。義村は、北条の一の子分みたいな働きをしたために、北条とともにのし上がっただけ。

 政子の演説とか、承久の乱の評定とか、まるで年末にやる総集編みたいに、あらすじだけで進めたみたいにそっけなかった。逆に、裏切りそうなやつが、裏切るという予想通りの三浦義村やのえの(ミイもだ)展開なんて、いらないと思った。

 義時の最後に、政子が関与するところは、いいけれど、「のえが毒殺する」「政子が殺す説」も、ちまたに流布していた。もうちょっとカッコよく死なせてもいいのではないか。「泰時が殺す」だと驚いただろう。政子も最後ぐらいは、仕事をしないとね。

 吾妻鏡は、北条泰時を持ち上げるために、後世の北条一族が作ったものなので、北条義時と北条義政を、頼朝を継承する悪人のように描いている。まあしかし、このドラマを見て、なかなか優れた人物であったのだろうなということを再確認した。

 何と言っても、あの時代、平清盛に反抗して罪人であった頼朝を持ち上げ、頼朝暗殺を謀り、比企を滅ぼし、畠山を滅ぼし、頼家を殺した、北条時政は、スゴイ人だ。ともあれ北条氏が政権を維持し続けたのは、3代にわたって、暗殺粛清以外は、関東御家人を大切にする、まっとうな政治を行った結果である。


 いくつか、YouTubeの解説チャンネルを見ていたが、最も見ていた、いや、画面は動かず声だけなのだが、楽しんで聴いていたのは「歴史つなげる」という番組だ。ほぼ、毎日に近い更新頻度で現れたが、タイトルだけでも面白かったので、挙げてみる。

鎌倉殿の最大の失敗 弟の範頼を殺したこと。
頼朝のせいで、源氏将軍維持できなくなった。
北条だけが実現できた政権奪取。
頼朝のDNAは、薩摩の島津が引き継いだ。
北条義時 頼朝スタイルで権力を固める。
和田義盛、3つの誤りで、義時にやられた。
北条義時 政治テロの勝利。
実朝の巧妙な北条追い出し作戦。
実朝、政権人事でじりじり義時を追い込んでいく。
実朝の後任、公暁じゃだめ?
実朝に対抗 義時・広元・義村の三者同盟。
北条が兄頼家を暗殺 実朝はいつ誰に聞いた?
実朝、殺されて仕方ない状況を自分で作っていく。
実朝を成長させ、上皇を近づけた、源仲章の殺害。
北条時政、義時、頼朝の男系子孫9人を殺した理由。
後鳥羽上皇 実朝暗殺の衝撃。
鎌倉殿にならない北条義時の事情。
「源氏より親王」義時の決断。
三浦義村が北条義時に勝てない理由。
後鳥羽上皇 4つの誤算。
大江広元、三浦義村 彼らは何をしたか。
尼将軍と御家人団結の舞台裏。
凹む北条義時、尖る北条泰時。
上皇は自軍司令官を切り捨て、義時追討取り消し。
誰が上皇を島流し、官僚を処刑したか。
北条泰時が三浦義村を殺すべき理由。
伊賀市の変、尼将軍先制攻撃。
泰時亡き後鎌倉の政治混乱。
安達の息子、北条時頼に三浦一族を滅ぼさせる。


 年末である。これから、「鎌倉殿の13人」総集編が放映される。
みなさんは、肉球でも舐めて待っていてくれ。

Ima33.jpg

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/29 10:35] | 歴史の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
佐渡周遊道路 第5段
202佐渡周遊41
佐渡周遊道路41 佐渡金山の桜 道遊の割戸 #202 1月7日公開。

203佐渡周遊42
佐渡周遊道路42 金山の北沢浮遊選鉱場1 #203

206佐渡周遊43
佐渡周遊道路43 金山の北沢浮遊選鉱場2 #206 1月4日公開。

219佐渡周遊道路44
佐渡周遊道路44 長谷寺から紅葉山 #219

220佐渡周遊道路45
佐渡周遊道路45 紅葉山から多田 #220

221佐渡周遊道路46
佐渡周遊道路46 多田交差点から赤羽港 #221

222佐渡周遊道路47
佐渡周遊道路47 赤羽港から小木 #222

223佐渡周遊道路48
佐渡周遊道路48 小木から羽茂本郷 #223

224佐渡周遊49
佐渡周遊道路49 スカイライン上り #224 1月10日公開

225佐渡周遊50
佐渡周遊道路50 スカイライン中腹 #225  1月13日公開

226佐渡周遊51

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2022/12/27 20:32] | YouTube samnail集 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新井由実とその後の名曲
yumin2.jpg

yumin3.jpg


突然思いついて、選曲してみました。

■ひこうき雲 1973/11/20 。ひこうき雲、雨の街を
シングル1974/4/20 やさしさに包まれたなら 魔法の鏡
■★MISSLIM 1974/10/5 。瞳を閉じて、やさしさに包まれたなら、海を見ていた午後、12月の雨、魔法の鏡、私のフランソワーズ
■COBALT HOUR 1975/6/20 卒業写真、花紀行、ルージュの伝言
シングル1975/10/5 あの日にかえりたい
■14番目の月(荒井由実)1976/11/20 。
さざ波、グッド・ラック・アンド・グッドバイ

05.紅雀(松任谷由実)1978/3/5 なし
06.★流線形'80 1978/11/5 ロッジで待つクリスマス、埠頭を渡る風、真冬のサーファー、魔法のくすり、入江の午後3時
07.OLIVE 1979/7/20 TOCT-10640 青いエアメイル、冷たい雨
08.悲しいほどお天気 1979/12/1 ジャコビニ彗星の日、緑の町に舞い降りて、DESTINY、悲しいほどお天気
09.時のないホテル 1980/6/21 05.ためらい、よそゆき顔で、水の影
10.★SURF&SNOW 1980/12/1 恋人がサンタクロース、サーフ天国スキー天国

11.水の中のASIAへ 1981/5/21 スラバヤ通りの妹へ
12.昨晩お会いしましょう 1981/11/1 守ってあげたい
13.PEARL PIERCE 1982/6/21 なし
14.REINCARNATION 1983/2/21 川景色、ずっとそばに
15.VOYAGER 1983/12/1 青い船で、不思議な体験、時をかける少女
16.NO SIDE 1984/12/1 ノーサイド、DOWNTOWN BOY、木枯らしのダイアリー
17.DA・DI・DA 1985/11/30 青春のリグレット

なぜか結婚したころの1977年にアルバムがない。その後の中期は年に2枚も出していたが、そのころがいちばんいいと思う。MISSLIMは、名曲がいっぱい。A面だけだったら、流線形'80。アルバムとして完璧なのは、SURF&SNOW。

 そのほか、Hello,my friend、春よ来い、ANNVERSARY 。
「いちご白書」をもう一度、まちぶせ、赤いスイートピー。



yumin4.jpg

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[2022/12/23 22:11] | 荒井由実 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自分の意志など存在しない
 「人は死なない」みたいな本は、何冊か出ているが、やたら難しいか、低レベルかで、おもしろくない。

 最近ちょくちょく言及している、自分の自由意志なんてない、てなことを書いてある本があった。『未来は決まっており、自分の意志など存在しない 妹尾武治』まだ、読んでいない。

 作品展が無事に終わったので、しばらく、休んでおりました。脳が停止していました。

 出品作品を並べます。

草1


F83つのオレンジs


草2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/21 17:25] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
そうぼうかい絵画展2022
そうぼうかい絵画展、明日が最終日です。
だいたい、1日当たり、100人ぐらいの来場者です。
昨年に比べて、そんなに増えていませんね。

草茅会5

草茅会1

草茅会2

草茅会3

草茅会4

草茅会7

草茅会8

草茅会9

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/17 20:58] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一秒で捨てろ
soubou1.jpg


そうぼうかい絵画展が始まりました。無事に。そこで、何の関係もなく読んだ本のお話です、

 一人暮らしなので、基本的に、部屋はゴミ屋敷のように、本やキャンバスでうずもれています。何とかの人ほど、モノが多いという典型ですね。しかし、意識はしていて、断捨離系、ミニマリスト系の本は、ちょくちょく読んでいます。

 先日読んで面白かった「一秒で捨てろ 成毛眞」を、部屋で探したら見つからない。面白い本だなと思っていたが、もしかして、内容に影響を受けて、さっそく本を捨てたのだろうかと思った。

 この人は、マイクロソフト日本法人の社長をやっていた人なので、若き頃のビル・ゲイツの話とか、興味深い本を書いていました。そして、今までの本よりも、刺激的です。

 ホリエモンなんかも、お金なんかためておかないで、どんどんほしいものを買えといってますが、捨てるかどうか迷っているかどうかではなくて、古いものは捨てて、どんどん新しいものに買い替えることが必要と説いています。(要約しすぎかもしれん)

 不要(だと思っている)そんなものを捨てるのは当然としても、そもそも、あなたが大切にしているものは「ゴミ」だと、最初に書いてある。(そんなこと言ったら、人間全部ごみのようなもの)

 モノだけではなく、断ち切れない人間関係や、せっせと集めている役に立つと思っている情報も捨てろという。人間関係については、ほとんど切っている。これは誰にも負けないが、本やスマホの情報はせっせと集めている。

 新しいものを使いまくらないと、トレンドはつかめない。そういえば、(ノート型ではない)パソコンは、それさえも、半年ごとに買い替えろと言っている人もいた。

 スマホだったら、今みたいにほとんどただ同然で買える時には、すぐに売れるから、半年と言わず、毎月買い替えてもいいんだけど、パソコンは短くても5年は使うぞ。10年ぐらいは使えるぞ。変えると、操作を覚えるまで時間がかかるから、面倒だ。

 まあ、この新しいことを覚える、面倒なことを、毎日やれということだろう。

 電話をかけてくる人は、仕事ができない証拠。(電話はほとんどこなくなった)
 メールやLINEも必要ない。(いまのところ必要です)
 QRコード決済は使えないサービス。(スイカみたいなのがいい)
 洋服は、1年たったら、旅行先で捨てる。(そもそも旅行しない人が多い)
 膨大なインプットを捨てて、アウトプットにシフトせよ。(というわけで、こんなものを書いている)

 知り合いに質問されることがある、パソコンのこの機能、スマホのあれが出てこない、何とかの申請ができない。すごく、困っている。とか言っている。もう止めようかしら、と言っている。たしかに、車をやめたら(盗まれたんだけど)、楽になった。

 そんなの当り前です。わからない問題は、毎日いくつか出てきて、一週間ぐらいとか、一か月後とか、解決したりしなかったり。問題が山のようにあるのが、普通です。ネットで調べても、だれも言っていなくて、試行錯誤、頭を抱えているのが、いつものことです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/14 18:05] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
そうぼうかい絵画展
今年は、会場がなかなか取れなくて、12月になりました。
ちょうど、いいと思います。年末で、ちょうどいい。
そうぼうかい絵画展です。

Image43.jpg
IMG_20.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/11 17:44] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「自由」ではなく「世間由」
hirosatiya.jpg


さすがにアルミサッシ交換工事事件で、寒かったし、なんとなく部屋がバタバタしているので調子が不安定だ。

 そんななか、『デタラメ・あきらめ・いい加減 ひろさちや』という本を読んだ。人が入るからといっての、部屋の片づけなんて、適当でいい。がんばったところで、たいしたことない。アンドーナツも我慢しなくていい。とかなんとか、精神安定のために、書いてみました。


人生は無意味だとしっかり認識しておこう。
仏様はデタラメです。そして人生は「空」なんです。

世の中の役に立つ人間にならなくていいのですよ。
まず世間を馬鹿にすることから始めましょう。

 釈迦の世間に対する態度は、世間を馬鹿にするのですが、あまりあからさまに馬鹿にせず、心の中で馬鹿にするのです。

 日本の道徳は、よその国では通じません。国内においてだって、戦前の道徳は現代に通じません。道徳なんて、馬鹿にした方がいいのです。道徳は、弱い者だけがそれによっていじめられるものです。

 どうやらわれわれは「自由」ではなく、「世間由」です。世間がどういうか、世間体がいいか、悪いか、そんなものばかりを気にしています。

働きたくないという欲望が、いちばん人間らしい欲望です。
働くのが好きであれば、だらだらと働くようにすべきです。


 というわけで、適当に、書いてみました。いい加減にやろうと思っても、頑張ってやろうと思っても、同じようです。自分の思ったようにはなりません。なるようになるだけです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2022/12/09 14:49] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アルミサッシ改修工事
宇奈月温泉10


 テレビでは、ワールドカップの話題でもちきりでありますが、うちは大掃除です。マンションを挙げての、9月から始まって、3か月もかけて、すべての窓のサッシを交換します。

 回収作業のために、部屋の窓の周辺を、1メートルぐらい開けなければいけません。そりゃもう、大掃除です。きっと、5~6人の作業員が部屋に入ってきます。倉庫のような私の部屋も、それなりに整頓しておかなければいけません。という気持ちだけはあります。

 アルミサッシ改修工事は、大規模修繕工事の一環であります。だいたい来年の6月ぐらいまで工事が続きます。外壁塗装とか、ベランダの床面の塗装もします。そうすると、エアコンの室外機なども移動しながら、壁面とか、床面塗装をします。

 そんでもって、5階までの足場を組みます。5階の人はいいですよ。5階の塗装の時しか人が通らないから。1階の場合、どの階をやる場合でも、とりあえず、人が通ります。窓から見えます。というか、丸見えです。

 窓の外は、人が通る。足場が組んである。うるさい。年末年始も、足場は、このままなんだろうな。山ごもりしていると思うしかないかな。瞑想生活でもするかな。

 ああ、それなのに、今週から急に、寒くなりました。窓のサッシを外します。部屋の中が吹き抜け状態です。だいたい4時間ぐらいで終わるはずですが、その間、何をしていればいいのでしょう。寒いと、座って、こんなもの書いていたら、凍えます。

 くまモンみたいにもこもこに着こんで、台所で、料理でもしているのが、いいのではないかと思うのだが、作業を見守っているだけで、何にもできないんだろうな。

 作業員、だいぶ若手だ、ワールドカップで盛り上がって、あるいは盛り下がって、寝不足で来るんじゃないだろうか。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

[2022/12/05 17:02] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>