FC2ブログ
タリンだったけど…
タリンだったんだけど、変えます。ヴェローナに。

X2Z79653.jpg

X2Z29657.jpg

X2Z89739.jpg
スポンサーサイト



テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/01/24 17:31] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行17 壱岐・郷ノ浦
 フェリーの着いた郷ノ浦の港が、壱岐に4つある港のうちいちばんメインであるようだ。ここしかホテルが見つからなかったし。そこそこの商店街はあるのだが、どこの地方都市もそうであるように、アーケイドの中はシャッターが閉まっている店が多い。

 ちょっと入ってみたいようなお店もない。なんとかスーパーはあるのだが、(意味わかるかな)業務スーパーの揚げ物のようなものしかない。(だんだん食事が悪くなってきた)

 路地裏に入ってみると、もしかしてメインの商店街なのかもしれないが、古びた神社があった。私が見ようとしていたら、十数人の団体がバスから降りて参拝にきた。左側に朱色の天狗の鼻みたいなものがあると思っていたら、どうやら、子供を授かるよう願う神社だった。らしい、すぐにそこから離れた。

 泊まったところは、恐らく、郷ノ浦で2番目のホテルである。通常料金はシングル1万円前後する。楽天でとったら安かった。一応、「わけあり部屋」と但し書きがしてある。部屋に入ると、部屋自体は、今までで一番高級だった。窓も二つあるし、港の景観もいい。問題は、音だった。なんかうるさいのだ。

 部屋のドアの横にすぐエレベーターの入り口がある。最初に部屋を出たときは、あまりに近くにありすぎて、エレベーターがないと探してしまった。その動力源でもあるのか、あるいはボイラー室のようなものがあるのか、ずーっと低音が響いていた。明るいうちはそれほど気にならなかったが、寝る頃になると、苦しい感じがしてきた。もちろんそんな経験はないが、昔の安く洋行する話にある、船底のエンジンの横の船室に閉じこめられたみたいなことを想像してしまった。ああ、狭くても古くても、静かなボロホテルの方がいい。

 壱岐の島なんてところは、とりあえずフェリーに乗って行ってきたというだけでいいような気がする。何か目当てのものがあって見に行く、わけでもなく、行ったことだけでも価値がある。参加することに価値がある。生きているだけで価値がある。

 これで、対馬や五島列島や、軍艦島などへの心理的抵抗がぐっと減衰するというものだ。5日間の旅行なのに、お昼に来て、明日の朝、他の港から帰るというのを聞いて、ガイドさんが不思議な顔をした。明日のお昼ごろでも間に合うのだが、なんだか何にもなさそうで、これだったら唐津の方がいいのではと判断した。まあ、予定通りなんですけど。
とりあえずおためしで。対馬に来たときにもう一度寄ります。


■4日目(水)博多~壱岐
〇コンビニで(▼\1,052)
〇博多~壱岐・郷ノ浦フェリー 10:00→12:20 (▼\2,130)毛布\50
〇壱岐半日観光バスツアー (▼\2,900)
〇壱岐マリーナホテル(\6,295)
〇水\110、スーパーで食材(▼\865)




熊17-3

熊17-1

熊17-2

熊17-4

熊17-5

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2020/01/21 18:20] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Rubber Soul
2人2s


2人3s

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

[2020/01/18 17:07] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行16壱岐・一支国博物館
 古代『隋書』ではここに一支國が存在したと記されている。元々は「一支」と書かれていたのが「壱岐」と変わったのかもしれない。(どっちも、いき、と読む) 半日観光バスツアーで、博物館がメインになるのは、おかしい。こんなところまで来たのに、もっと大自然に見るべきものがあるはずではないか。

 中には、遺跡もあるが、魏志倭人伝の全文を壁に表示してあるのが印象的だった。ちょうど、前日の吉野ヶ里でも「卑弥呼展」みたいなのをやっていて、魏志倭人伝の全文が乗った文庫本みたいな冊子をもらったところだ。あまり大きく取り上げられてはいないが、黒川紀章の設計で、他では見たことのない、とてもユニークな形をしている博物館だ。

 ほかで見たことがないと書いて、思いついた。九州国立博物館も確か、こんな感じだった。調べたら、国立新美術館や埼玉県立近代美術館も黒川紀章の設計だった。いや、それどころか、日本各地の美術館がたくさん設計リストに載っていた。それでは、よく見ているはずだ。でもこの一支国博物館は、ユニークだ。



熊15-8

熊16-2

熊16-3

熊15-9

熊16-1

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/01/15 18:34] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行15 壱岐・郷ノ浦
熊15-1


 この旅行も、最初は厳しく、だんだん楽な行程になっている。昨日は、すでに見たことのある、熊本城と吉野ヶ里遺跡だけ。今日は、午前中はフェリーに乗って、ほぼ寝っ転がっているだけだ。午後は、半日観光バスツアーに参加する。時刻表の時間を気にするのは、朝のフェリーに乗るときだけだ。こんな楽な日は滅多にない。(最終日明日は、もっとも厳しいスケジュール)

 普通は頼むことなどない観光バスツアーであるが、これも一応、前日に予約をしたのである。船から下りて1階に下りると、小さいテーブルを出して座っている人がチケットを販売していた。私の他にそこで買った人はいない。5分ほど待って時間になると、バスガイドさんが迎えに来た。

 バスに乗ると、熟年ご夫婦一組だけ。それでスタートした。最初は壱岐で一番高い山という、それほどたいしたことない高台に上る。すぐに着く。ある程度大きな島であることはわかるが、特に優れた景観ではない。やっぱりこんなもんか。

 次は砲台跡。第二次世界大戦前の、軍縮協定で、廃船にさせられた船艦の砲台部分のみを高台に据え付けた、その台座部分。大砲本体を抜いて地面に残ったところ、コンクリートで固めた、断層のある、丸い穴が開いているだけ。28mレンズぐらいでは入りきれないほど大きい。

 別の場所に、砲台の下のほうまで行く地下道入口がある。ユーチューブで見たけど、懐中電灯をもって暗いトンネルを入っていく映像を出している人がいた。一人だったら入ってみるのだけれど、団体行動中だ。

 こんなところに、巨大な砲台をのせるなんてことが可能とは思えない。載せたり外したりできるような大きさではない。戦艦の大砲なんて、あれは船だからなんとかなっている。たとえば戦艦大和の砲台を考えても、地上にあったら、八幡製鉄所とかのような、巨大工場のような異常に巨大で複雑なシステムの工場みたいなものでないとできない。実際、船の中の運搬用に、蒸気機関車が走っていたそうだ。いや想像することも出来ない。考えないことにしよう。
 
 猿石は、そこそこおもしろい形をしている岩である。まあ、貶めるわけではないが、人並み、というか大きめの島の中にはこの手の岩が一つや二つあるのが普通ではないかと思う。

 干潮の時に道ができる、湖の中にある何とか神社は、車窓からちらっと見えただけ。ちょっと止まってくれればよかったのに。時間が厳しいわけでもないのに。あと博物館とお店に寄るだけなのに。あきらかに時間は余っていた。

 博物館は、なかなかよかった。建物が。中の展示物は、昨日の吉野ヶ里でも特集していた魏志倭人伝関連、ようするに朝鮮から渡来したもの数々である。


熊15-3

熊15-4

熊15-5

熊15-7

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2020/01/12 18:02] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
タリン
 
 まいど、古い絵、古い絵という場合、だいたい20年から30年ぐらい前の絵です。富士山を描いてある絵の上から、描いてみます。
エストニアのタリンだったと思うのだけれど、こんな写真が出てこないので、確認できない。違うかもしれない。上から見下ろすと三角形の形をした街であります。


X2Z79645.jpg

X2Z99647.jpg

X2Z69652.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/01/09 17:04] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行14 博多港へ
熊14-2

 博多駅に着いたが、こんな大都市からは出来るだけ離れなければいけない。フェリーターミナルに近いホテルをとっていたので、歩き出した。15ふんぐらいで着くのではないかと思っていたが、実際は30分もかかった。地下鉄で近くまで行くべきだった。

 マリンホテル新館(\3,750)非常に安い。博多にはホテルがたくさんあるし、古かったり、立地が悪かったりすると、極度に安くなるものらしい。この感じは、金沢のホテルに近い。普通の感覚よりも、1.500円ぐらい安い。

 しかしまあ、先の二日に比べれば、熊本から博多という、安全でチャレンジのない日だった。ホテルに着くまでの間に、コンビニが10軒くらいあった。ずいぶんあった。それとは逆に、恐らく、食材の買えるスーパーみたいなものは、ほとんどない。

 実は、この博多だけ、スーパーを見つけられなかったのだ。天神方面にあるはずだ。自分でも地図に書いてきてあって、ホテルの人にも聞いて、現地の露天のおじさんにも聞いたのだが、巨大なビルがあるばかりで、近くにあるはずなのだが、見つからない。あきらめて、コンビニでお弁当などを買う。

■3日目(火)熊本・佐賀吉野ヶ里
〇コンビニで(▼\493)
〇市電10:16→:32熊本駅(▼\170)
モスバーガー(▼\622)
〇九州新幹線(▼\3,610)熊本11:35→12:18新鳥栖
〇新鳥栖12:08→:18吉野ヶ里公園
吉野ヶ里公園(▼\460) 缶コーヒー(▼\100)
〇JR特急 吉野ヶ里16:01→16:36博多(▼\1,490)
マリンホテル新館(\3,750)
〇コンビニで(▼\1,176)


 4日目朝、博多駅とは反対側の海のほう、第二フェリーターミナルに向かう。少し離れたところに、海外から入港する国際線ターミナルとかがある。巨大な外国船、だけに九州という雰囲気ではなく、神戸に近い。外国っぽい。ちょっとだけ。

 ホテルが駅から遠かった分、今日は徒歩10分ほどでフェリーターミナルだ。船は、飛行機ほどではないが、鉄道やバスに比べたらずっと緊張する。天候によっては欠航になったり、身の危険を感じることがある。乗り遅れたら、次は3時間後だ。なにしろ普段生活している陸の上ではなくて、海の上なのだから。

 そのような緊張感とは裏腹に、肉体的には非常に楽ができる。枕も毛布もあるので、寝ているうちに着くのである。カーペット敷きの床が、固めだったので、毛布を寝袋のように体に巻いて寝た。10人ほどが寝ることのできるスペースが、4つほどあり、他には映画館のような椅子席もある。私の区画には、あともう一人しかいなかった。
はたして、予定通りに帰ってこれるのか。


熊14-1

熊14-4

熊14-3

熊14-5

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2020/01/07 16:08] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
阿蘇米塚2
先日、古いキャンバスを張り替える、で作ったキャンバスに描き初めです。
10月に阿蘇に行ってきたので、再度、米塚を描きます。
どっちかっていうと、外輪山を表現したい。

X2Z89701.jpg

X2Z19703.jpg

X2Z29704.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/01/03 18:08] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 故郷は遠きにありて 12月の図書 ■
12月の図書


 ジム・ロジャーズさんは、若いころジョージ・ソロスと共同でファンド(後のクォンタム・ファンド)を設立した投資家です。20年前に「ジム・ロジャーズ世界を行く」という分厚い本を読みました。しばらく何もなかったのですが、ここ数年本を3冊出しました。そのうち2冊が日本についての本です。日本はヤバいという本です。

 最近の本は、どれも似たようなことが書いてあります。日本はもうだめで、中国や朝鮮、特に北朝鮮がこれから爆発的に伸びるというものです。娘には中国語を習わせているそうです。その本筋の内容とは異なるけれど、ジム流成功法則。

 「人の言うとおりにしてはいけない」
 「故郷に留まるな」
 「お金のことを気にするな、自分のいちばん好きなことをしろ」

 普通の人には、なかなかできないことです。(だから書いているのですが)先生や親や親族の言うとおりにして、好きなことをあきらめて、お金を安定して稼げる職業に就くのです。(もしかして、今の若者にはできるのかしら)

 このうち「故郷に留まるな」は、よくわかります。現状としては、生まれたところで生活できるのは首都圏などに住んでいる人だけで、ほとんどの人は、大人になると職を求めて都会に出ます。だから田舎がどんどん過疎化するのです。

 個人的なことでいうと、同級生の95%が地元から離れ、親族の過半数は、子供がいません。あるいは独身です。したがって、地元に留まる必要性もないのです。知り合いがほとんどいなくなっているのですから。相続放棄合戦もあります。

 田舎ではもちろん、たとえ首都圏に住んでいる人でも、生まれたところから引っ越しもしたことないような人は、私の知る限り、視野が狭いです。土地に洗脳されているとしか思えないです。近所の人や親族や、不動産などにひどくこだわっています。 

 逆にいうと、移動距離の多い人の方が、視野が広くて、自由な考えを持っている、ということです。ただ若くしてアメリカやインドなんかに行った人を見ると、普段の行動が違いすぎて、日本人社会から仲間外れにされるような傾向があります。気をつけましょう。


米中新冷戦の正体-脱中国で日本再生- 馬渕睦夫 河添恵子
日本への警告 ジム・ロジャーズ
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ
稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?  亀田潤一郎
動乱の日本史 南北朝対立と戦国への道 井沢 元彦
日本人が知らない真実の世界史 副島 隆彦
イスラエルがすごい 熊谷 徹
決めた未来しか実現しない 本田 健

欲望の貨幣論2019 1h50m BS
古代中国よみがえる伝説 曹操と孔明 BS
古代中国よみがえる伝説 項羽と劉邦 BS
古代中国よみがえる伝説 司馬遷と武帝 BS
レオナルド・ダ・ヴィンチの新しい絵がどうたらこうたら2本 BS
軽井沢国際カーリング選手権2019 予選、準々決勝、決勝 BS朝日
スターウォーズ 7
スターウォーズ 8
M-Ⅰグランプリ2019 ミルクボーイ、かまちたち
サグラダ・ファミリア 世界一の塔に秘めた希望

スターウォーズの新しいの見たいけど、映画館には行きたくない。
2作目っていうか、エピソード5帝国の逆襲は、初日に3回見た。
吉祥寺で、オールナイトで。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2020/01/01 18:24] | 今月の図書2 | コメント(2) | page top
キャンバスを張りなおす
油絵tecnika2


 油絵を描くキャンバスというものは、布地であるキャンバスを、布地をキャンバスというが、木枠に自分で張るものであった。そして、絵を描きなおすときは、張りなおすものでもあった。いまでも、本格的に大きな絵を描いている人は、10mロール巻きのキャンバスを切り取って、畳サイズぐらいの木枠に張っていると思う。

 こんばんは、ニケ・スカイウォーカーです。
 ちょっとは部屋の掃除をしようかというのと、最近古いキャンバスに描きなおすことが多いので、新しく絵を描く、(古い絵の)キャンバスはあるのか見てみようと、押し入れの奥の方を探ってみた。うちのマンションは、意外と、収納スペースが多い。

 もう絶対人前に出さないような絵とか、木枠とか、剥がしたキャンバスとかが出てきたので、ダメな絵と、比較的使えそうなキャンバスを張りなおして使ってみようと思う。

 以前は、絵の教室で、「キャンバスを張る」というのも実演していたが、今となっては、自分でキャンバスを張る人はほとんどいない。少なくとも私の会員には一人もいない。私だって、年に一度ぐらいしか張らない。

 今となっては、出来合いのキャンバスしか知らない人が多いのではないか。これは、恐らく、トルコなんて行くと、レストランでネスカフェが出てくるけれど、自分で豆を挽いてドリップするコーヒーを飲む人と、インスタントコーヒーを飲むのが普通で、これがコーヒーだと思っている人ぐらい違うんではないかと思う。それほどでもないか。

 というわけで、F12のキャンバスを剥がしてあったものに、新しく絵を剥がしたF10号木枠に張ってみる。この古いキャンバスは学生の頃、何十年も前のものだ。古キャンに絵を描いてはいけない、新しいキャンバスでないとだめだと、ジェダイマスターに言われていたので、失敗した絵は剥がしていたのだ。今だったらそのまま上に描きます。 

 張る方のキャンバスはずっと前から、丸めてあったものだからいいのだけれど、木枠から剥がす方が大変だった。ニッパーを使ってくぎを抜くのである。普通のくぎ抜きとは違い、くぎがめり込んでいるので、かなり力を入れて隙間に刃先を入れる。独特の持ち方なので、指の皮がむけそうになる。急にゲームやりすぎたときみたいに、ゆびの変なことろが磨れるのだ。バンドエイドをぐるぐる巻いて、しのいだ。

 何十年もたったせいか、キャンバスが縮んでいて、すこし小さめのサイズでないと晴れなかった。それで、くぎで打った後の周囲に、以前の絵が見えるのである。木枠も片側が斜めになっている独特の形をしています。四隅のほぞ組も会社によって違います。

 なんだか長くなった。こんなこと当たり前だが、しわが出ないように張るのは難しい。打つ順番もある。今回はここらで止めておきます。キャンバス生地のこととか、木枠のこととか、絵のサイズのこととかは、別にする。またねー!


油絵tecnika3

油絵tecnika4

油絵tecnika5

油絵tecnika6


油絵tecnika7

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/12/30 19:00] | 油絵テクニカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
フォースに頼る
勘違い力


『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ』
という本であります。

 あるものに秀でていると、その人が全体的に優れているかのように、周りの人に錯覚される、ということ。たとえば仕事で業績を上げた人は、他の人より全体の能力がかさ上げされて、好感を持たれ、結果的にもっといい仕事が舞い込んできたりする。美人のキャスターの発言の方が、信頼できるような気がする、ようなことですね。

 実力をつけるだけではなくて、このような他人の錯覚を利用して出世しようではないか、という本のようです。ただし、自分の人生の岐路では、錯覚や思い込みを極力排除して選択しなければならない。しかし、周りの人は、錯覚しているのに、自分だけ正しいことを押し通すと、それはそれでうまくいかない。

 人間の感覚や、勘が、いかにあてにならないか、正しく物事を見ることができないかという、何度か取り上げているようなことですね。絵を描くのも、瞑想するのも、そのためです。ふつうの人は、そもそも社会に洗脳されているし、自分に都合のいいようにしかモノゴトを解釈しないものです。


 その中から、ちょっと気になったところ。
 『現実というのは、なんとも、矛盾だらけで、散漫で、退屈で、面白くないものなんだ。真実を語れば語るほど、あなたの言葉は勢いを失い、魅力を失い、錯覚資産はあなたから遠のいていく。』

 『大きな錯覚資産を手に入れたいなら、「一貫して偏ったストーリー」を語らなければならない。バランスの取れた正しい主張などに、人は魅力を感じない。それでは、人は動かせない。「シンプルで分かりやすいこと」を、それが真実であるかのように言い切ってしまえ。本当は断定できないことを、断定してしまえ。』

 まるでトランプやボリス・ジョンソンの発言のことのようです。まあ、トランプさんは、どこぞの政治家と違って、公約したことを着実に実現していますが。

君よ 永遠の嘘をついてくれ 今はまだ二人とも 旅の途中だと

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2019/12/28 16:29] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行13 吉野ヶ里遺跡
熊13-6


〇九州新幹線(▼\3,610)熊本11:35→12:18新鳥栖
〇新鳥栖12:08→:18吉野ヶ里公園
吉野ヶ里公園(▼\460)

 新幹線で来た新鳥栖駅からの電車は、普通の各駅停車よりも、ちょっとだけ違った座席配置の、美しい電車だった。なぜなのかわからない。吉野ヶ里駅には、300円のコインロッカーがある。古くて、誰も使っていないように見える。駅員と帰りの特急券の話をしていたら、下の観光案内所は200円で預かってくれると教えてくれた。偶然だが、駅員や観光案内の人とは、なんでもしゃべっておいた方が得をするようだ。

 吉野ヶ里遺跡は、10数年前に来て、当社の城ランキングの最上位を占めているのである。その時は、雨の中だった。そのせいで人がほとんどいないのが良かったともいえる。今でも、中心部からはずれるとしばらく人に会わない地帯がたくさんある。恐ろしく広いのだ。だから3時間くらいを予定していたのだが、やはり2回目は感動が薄い。広いといっても、岡城よりも広いけれど、2時間もあれば十分だった。

 以前と違うところは、あまりない。北の何もない地帯が広くなり入口ができたことくらいだ。正面入り口のアーケイドやレストラン街みたいなところは、以前新品だっただけに、古くなり、店も閉まっていた。ような気がする。ここも駅前シャッター街のような。

 園内のシャトルバスは、大きく、普通のマイクロバスになった。お客は、途中ひとりが乗ってきただけで、以前と同じ二人だけ。途中藁ぶき屋根の葺き替えをしていて、順路が通れないところがあって、ちょっととまどった。

 年代が立ったためか、策として周りを取り囲んでいる、太い木の棒が、痩せて細くなっているようだ。隙間から向こうが見える。空堀の中も、古くなった感じはする。初期の印象は弱まったが、それでも、阿蘇に劣らず、いやちょっとは劣るが、回りの山々の景観が美しい。散歩していて気持ちがいい。

 とてもいいのだけれど、阿蘇と岡城が素晴らしすぎたので、なんだかワンランク落ちる観光地のような気がしてしょうがない。ちょっと古びてきたのもいけない。以前来た時より活気がない。園内のどこかで食事でもして、時間をつぶせばいいようなものだが、こんなところで食べる気もしない。(そもそも観光地では何も食べない)缶コーヒー(▼\120)にしておいた。

 昨日の普通電車に懲りて、福岡なんていう大都市で、夕方の電車に乗ってはいけない。だいたいちょうどよい時間帯にJR特急ハウステンボス20号という長崎から博多駅までの1日に一本だけの特急がある。(なんでだろう)
吉野ヶ里16:01→16:36博多(▼\1,490)そんなに高くない。けど、普通の電車みたいに満席だった。人が多いと、特急に乗ったような気がしない。


熊13-1

熊13-2

熊13-5

熊13-3

熊13-4


テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/25 17:52] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
これから決勝、カーリング選手権2019
WCTランキング

軽井沢国際カーリング選手権2019

 久々の、カーリングであります。ロコも北海道銀行も、世界大会では活躍していましたが、国内ではほとんど中継がありませんでした。昨年と今年の日本選手権者、中部電力と、富士急は、さらに活躍していません。

 世界ランキングでは、ロコソラーレが4位、北海道銀行が8位という、ものすごい躍進ぶりです。オリンピックでメダルを取ったときは、20位でした。昨年は9位、それが4位とは。特にニュースでも取り上げられませんですね。

 この頃珍しいことがありました。ロコソラーレが直近の世界大会で吉田ユリカ抜きの3人で戦って、ベスト4まで行ったそうです。準決勝で負けたということですね。3人で戦うって、スイープはともかく、投げるのはどうするんだ。一人が二人分なげるのか。かわりばんこに多く投げるのか。スキップが4回投げてもいいのか。疑問であった。

 今回の軽井沢予選で、最終エンドだけ3人で戦った試合が中継された。北海道銀行のサードである、小野寺が突然いなくなった。投げてというよりもスイープの要でもあるから、他の二人はひどく困っただろう。だから当然、スイープは一人だ。見ていたら、ファーストとセカンドが三投づつ投げた。そうか、そうやるのか。これは相当不利だと思うが、ロコソラーレはよくやったのだね。

 世界大会らしく、チーム表記がロコソラーレではなくてFUJISAWA、北海道銀行ではなくてYOSIMURAとなっている。ユーチューブではそのままだが、BS朝日のテレビ中継では、しっかり「ロコソラーレ対北海道銀行」と表記されていました。Team Rothは、今回 普段スキップであるRothさんは出場していないのに、Team Rothという名前です。

 藤沢さんがいないときの、ロコソラーレは、YOSIDAとかMOTOHASIとかになっていたような気がするけれど。ともあれ、久々にTeam Fujisawa がテレビ中継で決勝戦です。これから放映。


X2Z29658.jpg

トーナメント表

決勝は、ロシアチームの優勝でした。強かった。

テーマ:マイナーなスポーツ - ジャンル:スポーツ

[2019/12/22 14:51] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アッシジへの道改 2
アッシジへの道改 の続きです。
どうも穴の絵が多いような気がする。
トンネルとか井戸とかサイロとか火口とかあって、これは墳墓です。

X2Z39500.jpg


X2Z79644.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/12/19 17:34] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行12 熊本
 熊本城までは、歩くと20分ぐらいかかる。歩くのは平気だが、市電に乗ってみようと乗り場で待っていた。両側からいっぺんに来た。えー、、、予想と違ってのけぞった。隣に立っていた女性が乗り込んだが、すでに満員すし詰めだった。

 阿蘇と違いすぎる。やっぱり都会は違う。てっきり座れると思っていたのだが、乗り込むのが難しい。通勤電車には慣れていない。うまく乗り込んだとして、人をかき分け降りられる自信がない。そんなことを一瞬のうちに考えて、歩き出した。

 市電の路面に沿って歩いていけば、熊本市役所がある。上層階にある展望台から城の全貌がよく見えるそうだ。ところで、案内係にロッカーがあるか聞いたら、無いという。でもでも、熊本城の観光案内書に行けばあると、教えてくれた。もちろん無料だ。公共施設は、大抵無料なので、最初に行ってみる。なぜって、背負っている荷物が重いからだ。それにしても昨日のロッカー代600円はひどい。

 エレベーターで展望階に行ってみると、見事に誰もいない。イベント会場で、何かが撤収した後のような、がら空きスペースのように感じる。スペースの無駄遣いだ。熊本城の眺望も、なんだか取っ散らかっている。

 熊本城は、10月から一部公開となったが、土日だけらしい。だからほとんど回りを遠巻きに見るだけ。本当は大して見たくないが、ここまで来たついでだ。天守なんて、姫路城みたいに漆喰で真っ白になっている。作り物感がひどい。それでも、まあ、あじわい深い崩れ方をしているところはある。

 コンビニでサンドイッチなどを買って、ベンチに座って城を見ながら食べようと思っていた。案内所で適度な景観のところにベンチがないか聞いた。この店の前でみなさんたべます、他に知らないとのことだった。比較的広い二の丸公園に行って、係員に聞いてみたら、ここしかないという。そのベンチに座ってみると、目の前は駐車場である。横を向くと大きな木があって城は見えない。そこで食べたけど、なんでこんなところにベンチを作るんだ。他に空いている土地はいっぱいある。

 熊本城の無料シャトルバスに乗って入口付近まで戻ってきて、市電に乗った。今度は空いていた。
〇コンビニで(▼\493)この時から、用意してきた楽天プリペイドカードを使う。
〇市電10:16→:32熊本駅(▼\170)

 熊本駅まで行く途中で、愕然とした。もうちょっと熊本城回りを歩けばよかった。吉野ヶ里方面の電車が1時間に一本しかない。毎時35分頃。今行ったばっかり。新幹線は1時間に2本あるのだが、次の11:35発でないと意味がない。1時間近くも待ち時間がある。

熊本駅の駅ビルには、そこそこおいしそうなレストランがある。やたらと馬差しや馬丼が展示してある。たいていのまともなお店は、開店が11時からとなっている。地元では入らない、何年に一度しか入らないモスバーガーに入って、食べるというよりも時間をつぶした。(▼\622)

 3日目の今日は、熊本と博多なので、都会だ。落ち着かないったら。



熊12-1

熊12-2

熊12-3

熊12-4

熊12-5

熊12-6

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/16 17:21] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行11 阿蘇駅から熊本
熊10-8

熊10-1

熊11-1

熊11-3

熊11-4


 草千里14:25発のバスで帰った。大観峰に2時間かけたのに、こっちは1時間程度だ。火口が見えない限り、大観峰より見劣りがする。この14:25発バスの前は14:10発、次のバスは15:50発である。前のバスは近すぎるし、後のバスは1時間半もあとである。何だこの時間編成の偏りは。実際、この前のバスに大勢乗って行ったので、15分後の私の乗ったバスは、がら空きだった。

 午後3時頃阿蘇駅に戻る。ここから熊本の中心部まで行くのだ。やまびこ号と九州横断バスを合わせても、16:23発のが一番近い。だから草千里発の1時間半後のバスでもお間に合ったのだ。でも、草千里にはそんなに長くいたくなかった。待ち時間はあきらめていたのであるが、なぜだか、産交バス阿蘇営業所の電光掲示板を見た。

 どこをどう調べてもそんなバスは存在しないはずだが、15:25分発熊本行が出ている。肩書を見ると、「熊本阿蘇線」と書いてある。バスの営業所と観光案内書で確認したのだが、ネットで調べても出てこない。「載ってないんですよー」と、なんだか自慢げに言っている。他の時間帯を見ても「熊本阿蘇線」なんていうものは他に書いていない。

 1時間ほど、待ち時間が減って、運が良かったのだが、腑に落ちない。予定していたものが廃止になっていたりすることはあるけれど、余分に増えていることは珍しい。
〇熊本阿蘇線(▼\1,020)阿蘇駅前15:25→16:18肥後大津駅
〇肥後大津駅(▼\480)16:19→:58熊本駅

 ここでちょっとした好奇心が出て、大津駅から電車に乗ってみた。もうバスばっかりで飽き飽きしていたのだ。時間はちょっと短縮となるが、大失敗である。そのまま熊本バスセンターまで乗って行けば、ホテルにも近かった。高校生の団体に囲まれる変なおじさんである。普通の電車が苦しいことを、すっかり忘れていた。いつもの交通事情で、なんとなく、電車も空いていると思い込んでいたのだ。

 スーパーホテルLohas熊本天然温泉(▼\5,200)このホテルでLohasと付くのは、一段高級なはずだ。いつものホテルのページではなくて、楽天で予約してみたら、格段に安くなっていた。(この日だけですけど)熊本駅と、熊本城の間くらいにある。

 今回ホテルは全て、(当然)シングルで取ったのだが、4泊ともツインの部屋だった。横のベッドに物が置けるので、便利ともいえるが、床のスペースがない。このホテルはもっとも床面がなくて、テーブルもなかった。立派な天然温泉があるみたいだったが、そんな元気はないのである。設備はすべて新しくてよかった。(ほかのホテルはだいぶ古かった)スーパーで食材(▼\899)いろんなものが半額になっていた。で、いちばんまともな夕食だった。

■2日目(月)阿蘇
〇阿蘇駅前9:10→9:44大観峰入口(▼\550)
〇大観峰入口11:34→12:08阿蘇駅前(▼\550)ここからPASMOを使った。
春巻きとお饅頭を買って食べた。(▼\360)と缶コーヒー(▼\140)
〇阿蘇火口線 阿蘇駅前12:45→13:20阿蘇山西駅(▼\650)PASMO
草千里14:25→14:53 阿蘇駅前(▼\570)PASMO
〇熊本阿蘇線(▼\1,020)阿蘇駅前15:25→16:18肥後大津駅
〇肥後大津駅(▼\480)16:19→:58熊本駅
スーパーホテルLohas熊本天然温泉(▼\5,200)スーパーで食材(▼\899)

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/13 18:17] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
油絵の道具をそろえる必要はない。
 最初は、道具からそろえる。
油絵入門、ひととおり、そろえる。
という、そんな必要はほとんどない。

 ひとまずは絵が描ける格好をつける、ということだ。本当は、入門書などを読んで、じっくり作戦を練って行きたいところ。もちろん何事も、準備だけして、なかなか実際には始めない人がいる。どちらかというと、私もそういうタイプだ。私だったら、5冊ぐらい入門書を読んでみるけれど、みなさんはそんなことしなくてもいい。

 じっくり手順を考えるのと同時に、落書きみたいに、取りあえず実際にカキナグッてみるのがいい。最初から、ちゃんとした絵を描こうと思うな。素材に馴染まなければいけない。

 こういうところで、思考停止になってしまう人が多いと思う。「初心者入門油絵具セット」みたいなものを買うのである。そして、セットに付いていた、説明書のマネをして描いてみる。または、小学校の時に水彩画で描いていたのと、同じように描いてみる。

 水彩画の描き方が、全く役に立たないわけではないし、水彩画がうまい人は、油絵だってそれなりにうまく描ける。しかし、油絵入門である。水彩画のことは忘れたほうがいい。

 水彩画を描くことを考えてみてくれ。絵の具と筆と、紙と水、ぐらいあれば絵は描ける。パレットがいる、なんて思うかもしれないが、パレットなんて、使っていないお皿、お総菜のケースでもなんでもいいのである。

 これで油絵になると、水ではだめなので、絵を溶く油がいる。筆を洗う油もいるが、これは揮発性の油なら、なんでもいいはず。大勢が使う教室などでは、灯油を使っていた。筆洗油で洗ってから、石鹸で洗う。

 あとは、紙でもいいけれど、できればツルツルしたものだとしみこまなくて描きやすい。ベニヤ板でもいい。決して、高価なキャンバスなんかに、絵を描かないでください。もったいない。  紙キャンバスという、1枚ずつ剥がせる、スケッチブックみたいに20枚で綴じてある専用紙もある。表面が布地みたいに、防水エンボス加工してある。

 絵の具は、20色ぐらいほしいですか?
ダメです。白と黒、または白とこげ茶、の2色もあればいい。

 何なんでしょうね、ろくに使えない人ほど、高価な入門セットとか、パソコンを買いますね。ドコモ契約のiPhone、持ってますね。(うらやましい)

まずは最小限のものを買って、逐次増やしていく。



油絵tecnika1

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/12/10 16:08] | 油絵テクニカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行10 阿蘇火口
熊9-1

熊10-2

熊10-4

熊10-5

熊10-6

 大観峰から路線バスで帰ってきて、空き時間に道の駅で、春巻きとお饅頭を買って食べた。(▼\360)と缶コーヒー(▼\140)。ここだけではなくて熊本では、小豆の餡だけではなくて、サツマイモの餡と合わせた、何とか餅、というものが売っている。サツマイモは食べたくないので、普通のお饅頭を買った。

〇阿蘇火口線 阿蘇駅前12:45→13:20阿蘇山西駅(▼\650)PASMO
草千里14:25→14:53 阿蘇駅前(▼\570)PASMO

 旅行前に調べた段階では、この阿蘇火口線が一番確実そうな路線だったので、竹田ではなくて、これを初日にしようかとも考えていた。ここでの観光バスが、どういうわけか一番いいバスで、やまびこ号よりも、全然よかった。羽田のリムジンバスみたいだ。

 終点まで行ったのだが、降りたのは私だけだった。この旅行を通じて、やまびこ号と羽田から大宮行きのリムジンバス、以外のバスは、ガラガラ。一人しか乗っていない時間が多い。(ほかの地方でもそうだけれど)私の前のバス停に降りた客は、帰りも同じバスだった。韓国人の男性二人組。

 誰にとってもそうであるように、この阿蘇火山と草千里が今回の旅のメインである。そのつもりであったが、竹田と大観峰が感動的過ぎた。草千里のあたりは以前の団体ツアーで通ったことがある。絵に描いた、愛する「米塚」は草が枯れて藁みたいな色をしている。新緑の時に来た方がよかったらしい。

 写真で、米塚の後ろに見える蒼い地帯が、午前中に行ってきた大観峰を含む北の外輪山である。遠すぎて、はっきりしない。

 火山の危険情報2であるから、ロープウェイはずっと動いていないと聞いていた。それどころか行ってみると、ロープウェイの痕跡すら見えない。周辺は建物も崩れてブルーシートがかぶせている。先週、火山活動が活発になったから、危険度が2から3になるかもしれないと出ていた。それでもここまで来ることができたのだから、良しとしよう。火口を歩けるようになるのはいつの日か、もうそんな日は来ないかもしれない。

 バスの終点から、草千里まで、30分ぐらい車道を歩いてみた。歩きはじめて、振り返ったら、さっきまで薄い煙りだったのが、モクモクと蒸気機関車みたいに煙を吐き出し始めた。さらに途中にある立派な山。後でわかるが、草千里の前方に見える山を、左側面から見ることにる。

 これが、始めて見るのに、見覚えがある。なんて立派で、激しい山。前景にすすき野。よくよく考えたら、以前、写真だけ見つけて、場所もわからずに絵に描いたことがあったところだ。その絵は、もう潰したのでないけど。

 以前来た時も今回も、回りの景色の方がこんなに素晴らしいのに、この何の変哲もない草千里が観光名所みたいになっているのは、なぜなんだろうと思う。

 昨日と今日が、素晴らしすぎる。あと3日、これからの落ち込みが心配されるのであった。

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/07 18:13] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ VIP旅行に変える? 11月の図書 ■
DSC_6094.jpg


 ここ9年、海外旅行に行っていない。久々に、『海外パックツアーをVIP旅行に変える101の秘訣 喜多川リョウ』という、分厚い本をブックオフで買って読んだ。ちょっとづつしか読み進めない。家に帰ってみれば、外見は違うが『海外パックツアーをVIP旅行に変える78の秘訣 喜多川リョウ』というほぼ似ている内容の本があった。こちらも言うことはないが、(きっと)著者のせいではない。

 だいたい20年ぐらい前は、海外旅行テクニック本をたくさん読んだし、今でも30冊ぐらいはあると思う。ツアーコンダクターや、客室乗務員の裏話なども。ほとんどの本は、テレビの報道規制でもあるかのように、各社そろって取り上げないテーマがある。そもそも旅行なんて、人生の歩み方と同じで、ノウハウは無数にあって、一人の著者では書ききれないのかもしれない。

 かつて、本と全然違うじゃないか!と強く感じたのは、旅行英会話。かたこと英語でも、ヨーロッパは、基本的に英国系の英語の使い方をする。アメリカや(たぶん)アジアで使うのと、違う。ポルトガル語も、普通に出回っている本は、ブラジル語なので、違う。どっちもフランス語やイタリア語などのラテン系に近い言い回しをすることが多い。

 ユーチューブなどでも、裏情報に触れたり、タイトルに何を使うかでチャンネルが消されるらしい。(と、何人ものユーチューバーが言っている)航空機や、空港、ホテルなどで有効なノウハウを、みんなが使っては困ることもあるだろう。ほんのわずかな人がやるのなら、目をつぶるけれど、大勢がやり始めたら禁止事項になるようなことは、いくつか思いつく。

 このようなことは、気にしない人はまったく気にしないだろう。たとえば、私は新幹線で指定席を取るときは、A~Eのどれにするか、優先順位が決まっている。
(レイザーラモンRGのように、あるある言いたい~)

 油絵具のラベル裏には、値段のランクを表すA~E・F・Gの英文字が書いてあります。Aが400円ぐらいで、安く基本的な絵の具で、Gなどは2千円ぐらいします。(初心者なのに)間違って、気にせずに、Eの絵の具を持っている人を見つけると、「新幹線だと富士山が見える席じゃないですか」と言います。Fだと「窓の外です」

 飛行機だとJぐらいまであるんだっけ?
 なにごとも気にしないで旅行してくれる人が多いことを望んでいます。



移動力 長倉顕太
すごい効率化 金川顕教
働き方完全無双 ひろゆき
海外パックツアーをVIP旅行に変える101の秘訣 喜多川リョウ
Premiere Proスーパーリファレンス- 阿部信行
AI×人口減少-これから日本で何が起こるのか- 中原圭介
苫米地英人vs成瀬雅春の 瞑想と認知科学の教室
身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版
私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由 藤田 紘一郎
日本進化論 落合 陽一
仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書  白井 さゆり
オキテ破りのFX投資で月50万稼ぐ! 午堂登紀雄 500
地球の歩き方 ペトラ遺跡とヨルダン レバノン 
地球の歩き方 イスラエル 

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2019/12/04 17:17] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
九州旅行9 大観峰入口往復
 阿蘇駅から、北方の杖立(温泉)に向かう路線バスの途中に「大観峰入口」というバス停がある。北に向かって外輪山を乗り越えて行くような場所だ。大観峰の張り出しは、外輪山の中でも最も急激な断崖になっている。そのバス停から、山道を登り40分ほど歩くと断崖に張り出した絶景ポイントがある。

 大観峰の張り出しに城を築けば、岡城以上の無敵の城になりそうな崖っぷちだ。岡城や、鳥取城、竹田城よりもはるかに高く、稲葉山城ぐらいあるのではないかと思う。そういえば、稲葉山城、関ヶ原の前哨戦で、あっさり半日で落ちたな。縄張りが弱いとダメだな。

 定期観光バスを使えば、もっと楽に近い地点まで行くし、他の観光名所もめぐってくれるが、なにしろ値段が高い。路線バスで十分だ。動画をアップしていた人が、やめた方がいいといっていたが、歩けなくはないようだ。しかし、行きも帰りも、このバス停を使った人は他にいなかった。お客はあと一人だけ。やはり、車はバンバン通るが、歩いている人はいない。バスの待ち時間、1時間50分の間に歩き回るのである。

〇阿蘇駅前9:10→9:44大観峰入口(▼\550)
〇大観峰入口11:34→12:08阿蘇駅前(▼\550)ここからPASMOを使った。

 観光バスが止まれる駐車場と売店までが30分、そこから先端の展望台までさらに10分かかる。バスの間が1時間50分あるから、少なくとも30分は景観を楽しめるというわけだ。外輪山の中心部、要するに阿蘇の町も美しいが、外輪山の外側の高い大地の上も
なかなか美しい。平らではなくて、何となくモコモコしていてかわいい。牛も放し飼いに近い形で飼っている。

 大観峰からの景観は、日本の中ではほかに思いつかないぐらい広大でしかも美しい。目の前の阿蘇山などの中心部もそうだが、左右に見える外輪山のでこぼこの浸食具合もあじわい深い。なんでもっと早く来なかったのだろう。日本全県まわってからやっと来るなんて。以前、団体ツアーでチラッと通り過ぎたとき、阿蘇が最高そうだという予感があったので、再び来てみたのだ。


熊8-3

熊8-5

熊8-4

熊8-6

熊8-8

熊8-7

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/01 20:04] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>