FC2ブログ
永観堂の紅葉 2
うちの周辺の公園は、一昨日の15日(月)まで、十分花見ができるくらい桜が持っていました。

京都永観堂の紅葉まみれの木です。
今年は、木の絵が多いということに気づきました。
今は、長谷寺の木を描いています。

永観堂7

永観堂9
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/17 17:33] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プロヴァンス地方の王宮

 フランス、プロヴァンス地方の王宮
ではないかと思っている。が、さだかではない。
2000年ころ描き始めたもの。

2000-1.jpg

X2Z07347.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/14 18:01] | タンホイザー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
富良野の畑
 カーリングの世界選手権が終わった。
男女ともに4位という、素晴らしい成績であったが、オリンピックの藤沢五月チームでなかったせいか、他局のニュースに取り上げられなかった。予選はともかく、プレイオフのNHKテレビ中継は、当日の朝になっても番組表になく、お昼ごろになってやっと、夕方の試合が編成に乗っていた。準々決勝を勝ってから、放映枠が決められたようだ。勝ち上がるとは思われていなかったのだろうか。

 20日あたりから、昨年は5位になった、ミックスダブルス世界選手権があります。ほとんど放映されないと思うけど。

 
 というわけで、(ユーチューブ風入りだ) 富良野、または美瑛当たりの畑の風景を。
これは紙に描いてます。

2013-28tida1.jpg

X2Z77421.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/11 18:42] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
予測をしてはいけない
予想はしては

なんというか投資初心者向けの本ですが、序文がよかった。そのため、あまり興味がない中身まで読んでしまった。のっけからこんなことが書いてある。

 筆者の本業は、株価や金利、為替相場など、証券・金融市場という範囲の様々な市況の先行きを予測して見通し数値を作成し、それが外れる、という仕事だ。(「外れんのかい!」という突込みが入ると思うが)。

 『投資のプロはこうして先を読む 馬渕 治好』

 株式投資の世界では、専門家の予測よりも、サイコロや、サルに選ばせた方が当たるということが言われている。何十年も前からの定説だ。そういうようなタイトルの本もたくさんある。経済学者ほど、株で勝てないという。

 為替相場なんかもそうで、今年の予想というと、「年央までは上がって、年末には下がってくる」、とか「直近は下がるが、秋口には上がってくる」というのが多い。(しらんけど) 相場というものは、適度に上下を繰り返しているもので、はっきり一方にだけ進むのは珍しい。だからとりあえず上がったり下がったりするという予想をしておけば、何となく当たったように見える。

 明日とか一週間後とかの予想は当たりやすいし、予想に基づいて行動しなければいけない。10年後、20年後のある国の経済状態とかも、おおまかにはわかりやすい。ところが、2か月後の株価とか、一年後のドル相場などの予想は難しい。というよりも不確実すぎて専門家にも当てられない。ぬけぬけと予想している評論家はうそつきだ。数人で予想を発表すると、みんなバラバラになる。といった思い切った意見も聞いたことがある。

 アメリカ大統領選にしても、ブレグジットの国民投票にしても、地震警戒情報にしても、天気予報とは違って、マスコミや専門家が外しすぎだろう。

 そこへいくと、ジュール・ヴェルヌの「100年後のパリ」「月世界旅行」などは、かなり正確に空想している。パリの街並み、鉄道網、人口構成、月までの時間とか、着陸船の大きさとかも当たっているようだ。

 人の世の中のことは、予測なんてしてはいけない。何十年前の未来予想なんて、当たっているものもあるが、外していることもたくさんある。相場はすべてを織り込んで、正しい。専門家の言うことなど信じないで、現実に寄り添って生きていこう。

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/08 16:43] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初夏美瑛
 めったに描かない、普通に天気の良い美瑛のラベンダー畑です。

X2Z47200.jpg

X2Z47202.jpg

X2Z47290.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/05 18:00] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 小さなサトリ 3月の図書 ■
hope.jpg


 ダニエル・ホープという知らないヴァイオリニストの新しいCDを見つけたので借りてきた。メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲は、全く、なんでもなかったが、もう一枚の方がよかった。『ヴィヴァルディ:協奏曲集』です。

 ヴィヴァルディは生涯にヴァイオリン協奏曲を何百曲も書いた人です。「春」「夏」「秋」「冬」の入っている、『和声と創意の試み』や『調和の霊感』といった12曲組が有名です。これは、そんな有名どころではない単品を選んだ協奏曲集です。選曲がいいのかもしれない。

ヴィヴァルディ:協奏曲・アリア・ソナタ


働き方完全無双  ひろゆき
ニュースで学べない日本経済  大前 研一
モーツァルト奇跡の音楽を聴く -生誕250周年- 宇野 功芳
60歳の壁  植田 統
死ぬなら、京都がいちばんいい  小林 玖仁男
医者の本音 中山 祐次郎
1日3食をやめなさい! 内海 聡
病気にならない「強い体」をつくる食べ方 内海 聡
小さなサトリ 無能 唱元
データサイエンス「超」入門  松本 健太郎
★新訳弓と禅(角川ソフィア文庫 G1-16 ビギナーズ日本の思想)オイゲン・ヘリゲル
これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話  堀江 貴文
rockin’on 2018-11 VOL.611
   ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム50周年総力特集! 
未来年表人口減少危機論のウソ  高橋 洋一
パソコン&スマホ得する裏ワザ大全 日経PC21

R.Strauss, :ヴァイオリン協奏曲他 サラ・チャン
R.Strauss, : Ausgewahlte Lieder popp
ヴァイオリン&ヴォイス BACH Hilary Hahn
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集 Hilary Hahn
ばらの騎士のための音楽 1 ensemble 13 baden-baden
モーツァルト:オペラ・アリア集 [CD]キャスリーン・バトル
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 [CD]ダニエル・ホープ
★ヴィヴァルディ:協奏曲集 RV234≪不安≫他 ダニエル・ホープ
歌劇トロヴァトーレ全曲 2枚組  リッカルド・ムーティ ミラノ・スカラ座
ハイドン フルート、ヴァイリン、チェロのための6つのトリオ 鈴木 秀美
クリストファー・クロス ベスト 2002
時のないホテル
Bud Powell -The Blue Note Years-
イマジン ジョンレノン

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/04/03 16:11] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
奇跡の音楽を聴く
uno.jpg



 音楽評論家といえば、今はどうか知らないが、かつて、まずは吉田秀和さんで、次が志鳥栄八郎さんでした。本は何十冊も持ってます。さらに古い、野村あらえびす胡堂の本は持っているけれど、古すぎてよくわからない。以上、有名で定評のあるところですね。

 かつてレコードは高価で、(貧乏で)なかなか買えなかったので、批評文を読んで、満足したりしなかったりしておりました。そのあとに思い出すのが、「くせがすごい」宇野功芳さんです。ほかの批評家が取り上げないようなものを推薦していました。あまりに違った意見なので、楽しく拝読していました。

 その「くせがすごいー」宇野功芳のモーツァルト論です。
こちらの知識、レパートリー不足もありまして、「おおっ!よくぞこの隠れた名盤を教えてくれた」と感激することはめったにありませんが、まれに少しあります。

 文句なしの名盤 言うことなし!は、ふたつ。
★交響曲40番 ワルターVPO52
★ドン・ジョバンニ ワルター メトロポリタン42
これと比べると、他の演奏は生温くて聴けない。

 賛否のある名盤ふたつ。どっちも極めつき遅い。
★ピアノソナタ11番、トルコ行進曲つき グールド
★フィガロの結婚 クレンペラー

 協奏曲以外の、ピアノ作品に関しては、グルダとグールドが好きなので、いいのですが、他に取り上げているピアニストになじみが薄いので、信じられないところもあります。

 モーツァルト演奏においては、あまり好まれているとは言えないクレンペラーです。「ドン・ジョバンニ」と「魔笛」は、そこそこ評判よさげですが、「フィガロの結婚」「コジ」は、ほぼ無視されています。ここに挙げた4盤の中では、もっともお勧めしにくいところです。

 普通、さらさらと流れるように演奏するところを、重量ブロックを積み重ねるように、一つ一つの音をしっかり出しています。したがって、歌よりも管弦楽部分が、特に、序曲が立派すぎます。たっぷり練った黒光りのする老舗の羊羹のようです。

 「フィガロの結婚」は、なんといってもベームがいいと思います。宇野さんは、実演で接した1963年のベルリンドイツオペラ日本公演、71年のザルツブルク音楽祭でのベーム指揮が最高だと書いています。

 スザンナのレリ・グリストが、ひどくお気に入りのようです。キャスリーン・バトルにやや似ています。レリ・グリストは、ベームもいろいろなオペラで使っているので悪くはないのですが、オケの様式と合ってないような気がします。その当時ケルビーノだったエディット・マティスにも、ぞっこんのようです。

 そのビデオも、同時代のベームのライブ録音も視聴しましたが、宇野さんの言うほど超名演とは思われません。もちろんライブで体験できたら、これほどの幸せはないでしょうが、ビデオやレコードで聴く限りでは、ヴァイクルとヴァルツァがいまひとつだが、1980年の日本公演の方がどれほどか超弩級の名盤だと思います。

 宇野さんも年を取って、過激な表現も少なくなり、柔らかくなったようです。ごく少ないですが、他人の演奏にガミガミ小言を批評で言っている、そのことを現実にするかのような、オーケストラを指揮したCDも出しています。これも楽しい。

モーツァルト 奇跡の音楽を聴く

宇野功芳の“すごすぎる”世界-モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲、交響曲 第 40番、ベートーヴェン:交響曲 第 5番 「運命」

テーマ:クラシックレコード - ジャンル:音楽

[2019/03/30 17:18] | フィガロの結婚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヴェネチアの路地裏
イギリスのブレグジットは、以下の三つのうちのどれか?
1.しょうがないので再度提出の、メイ首相の合意案に賛成する。
2.キッパリEUとの合意なき離脱。
3.先延ばしで、永遠にEUから抜けられない。
1と3は、実質は似たようなものなので、2しかない。


 ヴェネチアの路地には、入ってみないと、通り抜けられるかわからないところも多い。

DSC82391.jpg

X2Z67317.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/26 15:43] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
弓と禅 3
X2Z97244.jpg


 カーリングというのは不思議な競技で、審判はおらず、特別に意見が食い違った場合を除き、お互いの了解の上で、勝敗を決めるスポーツです。どっちの石が中心に近いか、順番を間違えたり、失投した場合はどこに石を戻すかなど、相談して決めます。自分の方が負けていると見たときは、相手の得点と認めます。

 相手の最後の失投により、銅メダルが決まったロコソラーレは、表情一つ変えず、相手チームのメンバーと握手をしてから、みんなで抱き合って喜びます。相手をたたえあう、紳士?、のスポーツです。(アジアの一部のチームのみ、これができていませんが)


 ヘリゲルは師匠に言われました。矢が的に当たるかどうかは、射の出来と関係ない。いかに図星に当てるかを考えてはいけない。すべての矢が的に当たるならば、それはあなたが見世物であるということだ。
悪い矢に腹を立ててはいけません。
良い矢に喜びを表してはいけません。

 力を入れるなと何度も言われ、自分がなくなるまで練習する。引き絞った弓を放つのは、自分の意思であってはならない。私でなければ、誰が弓を放つのです?
「≪それ≫がいるのです」
「ひとたび弓を引いて、それを放つのは、あなたではなく≪それ≫だ」
 それを教えてくれないのですか?
「あなた自身で苦労してそれを身につけることが必要です」
「これが分かった暁には、あなたにとって私は必要ではありません」

 それからどれくらいか過ぎて、ヘリゲルさんが弓を射っていたら、師匠がヘリゲルさんに向かってお辞儀をした。
「いましがた≪それ≫がいました」
「それに対し、私とあなたは一礼しなければなりません」

 もう数年たっていました。
 私が変わったのです。
ここからやっと的に向かって打つことが許されました。今までは、的じゃなくて、2mほど先に置いた藁束に向かって打っていたのです。


 四年ぐらい修行を重ねて、思ったようにできない(あるいは理屈をこねる外人)を見かねた師匠が、他では披露したことのない技を見せてくれた。もしかして、師匠は何十年も同じ場所で、同じ的を使って弓を射ているから、狙いをつけず、無意識で動作をしても当たるのではないか。慣れの問題ではないのかと、疑うようになっていた。

 深夜、真っ暗で50m先の的が全く見えないところで、師匠が矢を二回射た。矢はともに的を貫いたことは、音で分かった。ロウソクを持って近づいてみると、一の矢は的の真芯に命中していた。二の矢は、一の矢の芯棒を、真っ二つに割いて、やはり真芯に当たっていた。

 この古い「弓と禅」を欧米で有名にしたのはジョブズです。


新訳  弓と禅

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/23 17:58] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
九塞溝とカーリング情報

追加 2 【シルケボー(デンマーク)共同】カーリングの女子世界選手権第8日は23日、デンマークのシルケボーで準決勝が行われ、日本代表の中部電力は平昌五輪金メダルのスウェーデンに3―6で敗れた。24日の3位決定戦で韓国と対戦する。

追加 【シルケボー(デンマーク)時事】カーリングの女子世界選手権第8日は23日、デンマークのシルケボーで準決勝進出を懸けたプレーオフが行われ、1次リーグを6位で通過した日本代表の中部電力が同3位のロシアを11-3で破った。同日の準決勝で、平昌五輪金メダルのスウェーデンと対戦する。


カーリング、ミックスダブルス日本選手権は、昨年同様「藤澤・山口ペア」が代表となりました。
決勝では、「鈴木と平田」という、同じオリンピック出場チームからのメンバーと対戦しました。
平田は、SC軽井沢クラブのNo.5ですが、昨年も決勝まで残りました。
昨年は中部電力の最後に投げる4th北澤育恵とペアを組んでいました。

中部電力出場のカーリング女子世界選手権は、今のところ4勝4敗で、危ないところです。
2年連続全勝優勝のカナダに勝って、全敗中のデンマークに負けるという、好不調の波が激しい状態です。
カナダもスコットランドも韓国も日本も、オリンピックに出たチームと、違うチームです。
韓国では、「藤沢五月のチームじゃないって!」と話題になったとか。


3年ほど前に描きかけたままの九塞溝を加筆しました。
行ってきた生徒のおばちゃんからもらった写真からです。

九寨溝

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/21 15:14] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
弓と禅 2
apple2s.jpg


 rockin"onのホワイトアルバム特集、こんなジョンの言葉が書いてあった。「ここでは、おれは運よくポールと子供の時からの知り合いで有名になった○○だけど、アメリカではアーチストあつかいしてくれるんだぜ!」

 引き続き、「オイゲン・ヘリゲル著 弓と禅、または瞑想修行」です。

 大雑把に言って、日本の仏教は、中国道教が被さったもので、本来の仏教から遠く離れています。その中にあって、どういうわけか禅宗は、ブッダ本来の瞑想修行を主体としています。いま流行りのマインドフルネスも、ほぼそのまま、ブッダのリパッサナー瞑想です。

 アップルのジョブズとビートルズのジョンですが、二人とも、日本の禅に傾倒していたようです。ジョンの場合は、ヨーコの影響でしょうが、極秘に日本に来て神社や禅寺をまわったそうです。ジョブズが座禅を組んでいたのはもっと有名なことです。(ポールが菜食主義なのは、このさい関係ないか)

 この現代テクノロジー文化の最先端を引っ張っていたような二人が、こてこての日本文化である、禅または瞑想に惹かれていたというのは興味深いことです。(グレン・グールドは「草枕」です)


 オイゲン・ヘリゲルという戦前のドイツ人哲学者が、日本で五年間、師匠について弓を習った体験談を語った「弓と禅」という本を読みました。哲学者ですから、論理的に書いて伝えたいのでしょうが、結局、言葉では伝わらないという本です。

 自分を無くして、意識しないで弓を射らなければいけない。意識しないでする動作なので、言葉にすることもできない。師匠について体験して、本人が会得しなければわからない、という内容です。日本の禅文化は、基本的にすべてそうであって、「菊と刀」とか一部の本で、海外に紹介されているけれども、伝わっているはずがない。

 もうちょっとわかりやすい文学としては、中島敦の「名人伝」がある。弓の名人になるのに、弓の練習は必要ないというお話だ。極端に目を鍛えれば、的に当てることはなんでもなくなる。

 ピアノの先生に、ピアノを習いに行ったのに、何年間も音楽の基礎勉強をするだけで、ピアノに触らせてもらえないようなことです。似たような話としては、器楽を習いに行ったら、ひたすら音を出す練習をさせられて、いつになっても音楽の演奏をさせてもらえない、ということはあるようだ。

 おすすめの「弓と禅」という本の、内容は伝えられないので、このように連想したことを書いているだけになってしまう。周りの電磁波の流れと重力によって、ここにブラックホールがあると、推定されるだけである。本体は目に見えないし、言葉では伝えられない。


 ヘリゲルさんは、ドイツに帰りました。運悪く、第2次世界大戦ナチスの勃興期です。戦後に入ってきたアメリカ兵に、家財道具もろとも、師匠からいただいた弓も持っていかれたそうです。

「残そうと思うものは残らない」
「残そうと思うな」師匠の言葉を思い出しました。

 カント派哲学のトップとして大学教授をしていたヘリゲルさんは、大量の文献や、本人の著作原稿を所有していました。残っていたものは死ぬ前に、すべて焼いたそうです。他のところに偶然残っていた講演の原稿を元に、この本が出版されました。

新訳  弓と禅




テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/17 18:49] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
美瑛ラベンダー畑 2
ただ今、カーリング、ミックスダブルス日本選手権やっております。
昨年は藤澤・山口ペアが代表として、世界大会で5位になりました。
昨年ほどの盛り上がりはないので、テレビ放映ありません。
明日から、中部電力出場のカーリング女子世界選手権放映あります。
こちらはNHKBSで、ほぼ毎日2試合あります。

2012年の美瑛僥倖ラベンダー畑に加筆しました。

DSC58284.jpg

X2Z07246-2.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/15 18:27] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
弓と禅 1
apple1s.jpg


「弓と禅、またはアップルが今日の私に与えた多大なる影響」
というオペラ張りの正式なタイトルでありますが、省略しました。

 物心ついてから現在まで、自分の生活に占める割合が多いものについて考える。影響を受けたものと言い換えたほうがわかりやすいのかもしれない。

 今の人が、スマホに依存しているように、生活全般が影響を受けたもののことだ。まず当たり前だが、「テレビ」。小学生のころまでは、毎日しっかり見ていた。うちの両親なんて、未だに毎日テレビ漬けの生活だ。

 中学生になると「ラジカセ」。音楽と深夜放送ラジオと言い換えてもいいが、自分の部屋で、一人でいる時間が多くなる。音楽を代表して最も影響が大きいのが「ビートルズ」ですね。

 それから偉大なる発明として、ソニーの「ウォークマン」。こんなものが出る前から、ラジカセをカバンに入れて、移動しながら音楽は聴いていたが、だから大変助かったのだ。いや、未だに一日に何時間も音楽をかけている。

 そして今につながる、「パソコン」。ネット環境なんかなくても、絶対に必要。アップルⅡ・マッキントッシュのスティーブン・ポール・ジョブズ対MS-DOSのウイリアム・ゲイツであります。今のブラック企業以上の無茶苦茶な経営をしていました。ジョブズは徹夜続きの部下に罵詈雑言。ゲイツなんかでも、何日も休まず仕事しっぱなしで、時折、移動中の廊下で倒れて(寝て)いたそうです。

 その次が「インターネット」だけれど、今の人には当たり前すぎて、水道や電気と同じようなインフラと感じているのではないでしょうか。

 これらに比べると携帯電話やスマホは、あれば使えるけど、なければないで、まあいいか、という程度です。超小型のマッキントッシュという意味では欠かせませんが。どちらかというと「ユーチューブ」やTikTokのような共有動画の方が気になります。


 この中で、機械ではなくて人間としては「ビートルズ」と「ジョブズ」に決まりです。(なんか流行っている、フレディ・マーキュリーなどではありません)

 ジョブズのアップル、未だに大企業のアップルですが、これはビートルズ設立のレコード会社であるアップルからとったものです。だから裁判沙汰で訴えられました。ジョブズには何度となくあったことです。良いものは、人のものでも使うのです。

 ペプシコーラから副社長だったジョン・スカリーを、まだ小さい会社であったアップルに引き抜いた時のジョブズの言葉が有名です。「これからの人生、砂糖水を売って暮らすのか、それとも世界を変えたいか!」
 
 アップルは一旦低迷し、スカリーによって放漫経営者であったジョブズは、会社を追われました。その後、ジョブズの復帰によって世界を変えましたが、ジョブズもまた自分を呼んでくれた新経営陣を追い出しました。(習近平のように粛清したりはしませんが)

 そんなことが言いたかったわけではありません。ビートルズもインドへ行き、瞑想修行などしていましたし、ジョブズはそもそもヒッピー生活をしていました。

(つづく)


Paul68-2s.jpg
ホワイト・アルバムレコーディング中のポール

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/12 18:31] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
永観堂の紅葉 1
20年ぐらい前に描いた、「コロッセオのローマの松」が発掘されましたので、
新しい絵を描いてみました。
京都の紅葉で最も見事に
入場料が高い、1000円もするから2回しか入ったことがない、
永観堂の紅葉する木です。

永観堂0

永観堂1

永観堂3

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/10 14:32] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヴァイオリン&ヴォイス
ha-n Voice cd

バッハ:ヴァイオリン&ヴォイス ヒラリー・ハーン

 ちょっと前にヒラリー・ハーンのヴァイオリンを取り上げた。今回もそうであるが、単なる偶然だ。演奏がいいのかもしれないが、そういうことではなくて、選曲が抜群なのである。ほかにこういう曲を集めたレコードは知らない。以前から欲しかったのに手に入らなかったのだから、他にはないのだろう。

 アナログのレコードを、カセットテープに録音して聴いていた時代には、このように対局の中から、お気に入りだけを集めて作ったことはもちろんある。有名名曲の要となるアリアなどではなくて、そんなに目立たなくて、深刻でもない曲だ。作曲家も、ちょっとした気分転換のために入れているのではないかと思う素敵な小品だ。

 「この曲は、コンサートでよく演奏していますが、メインとなる曲なんですか?」と聞かれたYMOの細野晴臣(だったと思う)はこう返答した「いや、捨て曲です」 そ、そうだったのか。長丁場のコンサートでは、全曲を全力で演奏していてはしんどいから、時間つなぎの楽に演奏できる曲を、本気で演奏する曲の間に入れるようなのだ。

 まさかバッハが、時間を引き延ばしたり、音楽的な手抜きをするわけがないのだが、曲の雰囲気はだいぶ違って、爽やかな風が吹き込むような曲だ。カンタータ、ミサ曲、受難曲などに1曲か2曲含まれている。コーヒーカンタータや農民カンタータのメインの、「きょうのうちにも」というソプラノのアリアや、「おん身の栄え」というバスのアリアのような本格的な歌ではない。

 小さめのソプラノまたはバスとヴァイオリンのための協奏曲といったところです。再度言うが、ヒラリー・ハーンのヴァイオリンであるが、そのてん特に感想などない。私としては、ヨハネ受難曲に好きな曲があるのだが、残念ながらそれは入っていない。マタイ受難曲からの一曲目、マタイはレコードでも実演でも何度も聴いたけれど、ここのところは、テンションとかテンポ、それぞれの演奏が全く違っていて、そのたびに驚かされる。


クリスティーネ・シェーファー & マティアス・ゲルネ & ヒラリー・ハーン & ミュンヘン室内管弦楽団 & アレクサンダー・リーブライヒ & Rosario Conte & Kristin von der Goltz & 北谷直樹

1. マタイ受難曲 BWV244から 第51曲 アリア<私のイエスを返してくれ!>
2. カンタータ 第140番≪目覚めよ、とわれらに声が呼びかける≫ BWV140から 第3曲 二重唱<いつ来てくださるのですか、私の救いよ>
3. カンタータ 第204番≪私は自分の中で満ち足りている≫ BWV204から 第4曲 アリア<この広い大地の宝が>
4. カンタータ 第32番≪慕わしいイエス、私の願いよ≫ BWV32から 第3曲 アリア<ここ、父の住み家に>
5. カンタータ 第205番≪破れ、砕け、こぼて墓穴を≫ BWV205から 第9曲 アリア<心地よい西風よ>
6. ミサ曲 ロ短調 BWV232から <私たちはあなたを讃美します>
7. カンタータ 第157番≪あなたを離しません、祝福してくださらなければ≫ BWV157から 第4曲 アリア<そうだとも、私はイエスに固くすがる>
8. カンタータ 第59番≪私を愛する人は、私の言葉を守るだろう≫ BWV59から 第4曲 アリア<すべての王国をもつ世も>
9. カンタータ 第58番≪ああ神よ、いかに多き胸の悩み≫ BWV58から 第3曲 アリア<私は苦難の中でも満ち足りている>
10. カンタータ 第117番≪讃美と栄光がいと高き宝にあるように≫ BWV117から 第6曲 アリア<慰めと助けは、いつかは必ず欠ける>
11. カンタータ 第158番≪平安がお前にあるように≫ BWV158から 第2曲 アリアとコラール<世よさらば、私はお前に疲れた>
12. マタイ受難曲 BWV244から 第39曲 アリア<憐れんでください>

バッハ:ヴァイオリン&ヴォイス

テーマ:クラシックレコード - ジャンル:音楽

[2019/03/07 17:26] | レコード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
黒バラ2
1998年に2枚描いた黒バラ。
一枚はどなたかに所有されていますが、評判が良かったので
再度描いてみようと思い、ちょっとだけ進めて止まってました。
発見したので、加筆しています。

人は受け取ることよりも、与えることからの方が、遥かに大きな喜びを得られる。
(ジョセフ・マーフィの元になったジェームス・アレンの言葉)

1998-しろた2

1998-しろた2-5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/04 17:50] | アートライブ2019/20 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
■ 娘に贈る 2月の図書 ■
jimrojya-s.jpg


 最近わりとメジャーな番組にジム・ロジャーズさんが出ていた。ジョージ・ソロスと共同で始めたヘッジファンドで大成功した投資家だ。ネットニュースにも何度か発言が取り上げられていた。「日本株は全部売った」「これからは北朝鮮に投資すべきだ」なんて言っている。

 30代で会社を辞めて、投資をするためには、自分の目で世界を見なくてはいけないと、世界中をバイクで旅してまわった。その分厚い旅行記を読んだことがある。若いころは、結婚なんかしない、子供なんていらない、と思っていたらしい。そんな彼が、60歳を過ぎて子供を作った。「私は間違っていた」と。

 今では、家族こそすべて、みたいのことを言っている。そのまだ赤ん坊である、娘への手紙。(もうそこそこ大きくなっていると思う)その中から、

大好きなことに情熱のすべてを注ぎなさい。
大衆に逆らいなさい。ほとんどの常識は間違っている。
通念や習慣が、人々の思考能力を奪っている。
チャンスは誰も見ていないところに転がっている。
本に頼ってはいけない。その目で世界を見てごらん。


世界最高医が教える目がよくなる32の方法 深作 秀春
国家はいつも嘘をつく 植草 一秀
娘に贈る12の言葉 ジム・ロジャーズ
ガリヴァー旅行記 上  ジョナサン・スウィフト (福音館文庫) 坂井 晴彦
傷だらけの人生 副島 隆彦
長谷川慶太郎の大局を読む 2019
「超」入門空気の研究  鈴木 博毅
FIGAROjapon 2019-2 懐かしくて可愛いポルトガル。 
読書の価値  森 博嗣

『フィガロの結婚』 ダン・エッティンガー ザルツブルク音楽祭2015
『Der fliegende Hollander』 Herbert von Karajan, 1983
『Ariadne auf Naxos』 Bohm1978
Gundula Janowitz, Edita Gruberova, Trudelise Schmidt, Walter Berry, Rene Kollo.
『Capriccio』 Wiener 2013
She's So Unusual  Cyndi Lauper83
ヴァイオリン&ヴォイス BACH Hilary Hahn
Violin Concerto 第5番 Hilary Hahn12
Violin Concerto 3&5 Mutter78
ばらの騎士のための音楽 ensemble 13 baden-baden
カントリーガール 谷山浩子
天地真理 THE BEST
オン・ステージ第2集 たくろう

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/03/01 18:02] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
吉野ヶ里遺跡 2
 吉野ヶ里公園駅ではなくて、反対側の神崎駅ですが、こっちのほうが精力的に宣伝しています。矢印看板が二つあり、巨大な卑弥呼像も吉野ヶ里を指示しています。それでもこちらの方が、裏口っぽいです。

 鉄砲のない時代、最強の城かもしれません。本来の遺跡は、地下に眠っています。

吉野ヶ里8

吉野ヶ里9

吉野ヶ里10

吉野ヶ里11

吉野ヶ里12

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

[2019/02/27 16:20] | 国内写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヴァイオリン協奏曲第5番
ムター  ヴァイオリン協奏曲第5


 モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番 は、かつてカラヤン・ベルリンフィルに率いられた、若きアンネ・ゾフィー・ムターのレコードで好きになりました。モーツァルト19歳の時の曲です。ヴァイオリン協奏曲というジャンルの初期の目立たない名曲。

 特に第3楽章についてですが、第一主題は、27番ピアノ協奏曲と、第2主題はベートーヴェン第2交響曲第4楽章と似たような印象を持っています。それらの曲の若書きですね。ちゃんと終結していない感じも好きです。

 さらに第3楽章第一主題、の印象。
 「故郷は遠きにありて思うもの そして哀しくうたふもの」という詩があります。
 作者の思いとは別でしょうが「故郷とは、都会に住んで、時折思い返すのが良い。故郷に住んでいたら、嫌なところばかり気になって苦しい。遠くに住んで、ほんのりと無念さとか、哀しみを感じながら思い返すのだ」と私は思っています。こんな感じなんです。

 このアンネ・ゾフィー・ムターのレコードにとって代わるような存在は現れませんでした。この曲は、あまり聴かない曲でもありますし、再録音が少ないですから。

 ところが数年前、ヒラリー・ハーンの演奏を聴いて驚きました。ビュータンの第4番とカップリングされているレコードです。ヤルヴィ/ブレーメン・ドイツ室内フィル。

 かつてミシェル・シュヴァルベがヴィヴァルディの協奏曲のソロ部分を、演奏しているのを見た。楽譜通りだとこう、やや表情をつけるとこう、やりすぎなぐらい(こんな言い方ではないが)こぶしを利かせるとこうと、いろいろな引き方をしていた。クラシックでもある程度、アクのある演歌みたいにこぶしを利かせた演奏をしてもいいのだ。だからあんなに演奏家によって、まったく違う演奏になるのかと、思った。

 ヒラリー・ハーン。ムターに比べて明らかに遅いものの、特に表情をつけているとは思えない。そう思い込んでいたのだが、いや、実際はそれほど遅くもなく、ぐっとテンポを落としたり、溜めて間をとったりしているようなのだが、そっけないくらいに、きわめて自然。つんのめって、伴奏に先走るようなところもない。ヤルヴィの演奏も爽やかで控えめ。それでいて心にしみわたる。哀しい。なんだかものすごく言い足りない気分ですが、これしかない。


モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番/ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番

ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219 《トルコ風》: 第3楽章: Rondeau (Tempo di minuetto)


ha-n ヴァイオリン協奏曲第5cd

テーマ:クラシックレコード - ジャンル:音楽

[2019/02/24 14:25] | モーツァルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
吉野ヶ里遺跡 1
 吉野ヶ里遺跡であります。
遺跡といっても、日本で最古で最大級の城です。
遺跡とか公園とかいう雰囲気ではありません。
岡山の鬼の城、竹田城とともに、日本3大印象深い城です。

 はなわが歌っていた佐賀県の、最近中国人の観光スポットとして有名になったらしいですが、九州の中でも、観光客の少ない地域です。JR長崎本線の吉野ヶ里公園駅と神崎駅の中間にあります。市町村の区分が公園の中で分かれていて、双方の駅で、こっちから行くのが正しいルートである、と競争しているような雰囲気でした。どちらの駅からも、15分くらい歩きます。


吉野ヶ里1

吉野ヶ里2

吉野ヶ里3

吉野ヶ里4

吉野ヶ里5

吉野ヶ里6

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

[2019/02/21 17:21] | 国内写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>