春の近江八幡 1
確か、3年前の春に京都に行った帰りに安土と近江八幡によった。
その時の絵になる場所。

近江八幡2

近江八幡5
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/22 17:52] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北陸旅行2富山・高岡
富山3

富山4

4月10日(月) 富山・越中八尾・高岡 2

 越中八尾12:13→12:29富山。
 富山に戻ってきて、城の反対側である駅の北側にある【富岩運河環水公園】に行ってみた。野外劇場が2つ、水回りに桜並木、天門橋という奇妙な橋と展望台、他で見ないくらいかっこいいレストランとスタバ、広大な緑地帯のある立派すぎる公園だ。富山という感じとあまりにも違い、綺麗すぎて引いてしまったが、未来都市みたいな人工的な公園で、近所にあれば散歩するのに最適だ。

 富山では、電車や新幹線に乗って景観を見ていても、この水上公園にいても、背後に山脈が見える。雪をかぶった立山連峰が美しい。

 富山13:47→14:04高岡。。富山駅北側も1時間ちょっと歩いただけで、高岡に向かう。高岡には、新幹線を使ってもいけるのだが、新高岡駅が市内中心部から遠くなるので、「あいの風とやま鉄道」を使う。日本各地に見られるが、新幹線が通ったために、今までの国鉄路線が第3セクターかなんだか、私鉄みたいになっている。

 この高岡までの、とやま鉄道が、通学の高校生も多く混雑しており、ごくふつうの電車だった。高岡駅に着いたら、新しいガラス張り、駅前もキレイで驚いた。これに比べたら、富山駅は外観はともかく、中はふつうの駅だった。


 高岡の目当てはもちろん【高岡城】しかありません。駅から徒歩15分。【高岡大仏】や江戸時代の蔵のある町並みのような、比較的新しいものにはそれほど興味がないので通り過ぎただけ。時折、市電が通り過ぎるのは、歩いていて楽しい。

 【高岡城】は、富山城と福井城のような、四角い堀に囲まれただけの小型の城よりもちょっと複雑な構造をしている。中に池とか公園もあって、印象としては、そこまで大きくないが、桜で有名な弘前城に近い。よく考えたら、富山城と福井城は、本来、小型なわけではなくて、本丸回りが残されただけで、外堀などは市街地に吸収されてしまって跡が見えなくなっているだけなのだろう。

 高岡16:20→:56金沢。。
「金沢シティホテル」に宿泊
今回の旅行では、出発の4日前に予定を前倒しにしてホテルを再予約した。こんな桜満開の旅行に最適な時期に、低料金で、基本的にはどのホテルでも開いている。「金沢シティホテル」は、京都・大阪だったらシングルで1万円程度の、ビジネスホテルではいい方だと思う。ただ、次の11日、12日になると、他のホテルもだが、金沢は2千円ほど部屋代が高くなる。おそらく普段の年のさくら満開の時期なのだろう。だからこの後の2泊は、福井に宿泊することにした。


高岡1

高岡2

テーマ: - ジャンル:地域情報

[2017/04/19 17:01] | 国内写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北陸1富山・越中八尾
北陸2

八尾


北陸旅行・3泊4日の概要 1
4月10日(月) 富山・越中八尾・高岡 1

 新幹線が開通してJR東日本から出ている「北陸4日間¥22,000」の切符を、ついに買いました。今年の桜は、京都に行ってから、次の週に北陸に行こうと思っていたら、満開時期がほとんど同じ、。おまけに満開になりかけで、半分ぐらい雨天に入った。毎年のことだが、4月になったとたんに雨の日が多くなった。

 京都行き(奈良・大阪も含む)の日程の前半が、ほとんど雨そうなので中止し、次の週に予定していた北陸の切符の日付を変更した。(これはけっこうめんどくさかった)事前の予報では、初日が雨で、後は晴れだった。富山に行ったら、二日目・三日目が雨と、すっかり変わっていた。二日目まではそういう予報だったが、三日目は雨は降らなかった。この時期、雨に当たるのが一日だけというのは、運がいいのだろう。

 JRかがやき503号、大宮7:46発、金沢9:51の特急券であるが富山9:31で降りる。
 フリー切符の「ゆき券」は、改札で取られるはずであったが、駅員が見ただけでパスしたので、そのまま持っている。これ以降のフリー区間は、「かえり券」を使う。富山の駅は自動改札ではない。

 まずは足慣らしに、南方にある【富山城】に向かう。10:32に越中八尾(おわら風の盆で有名)に行くつもりなので、50分ぐらいで往復する。桜は立派に満開であったが、城はそこそこ、天守は新しくて小さくて、なるべく見ないようにした。グルッと一周して、駅に引き返す。

 富山10:32→10:55越中八尾。。名古屋行き特急です。新幹線は特別としても、ふつうの旅行中に特急電車に乗るということは、自腹ではありえない。フリーパスのおかげだ。

 駅を降りると、前に小型のバスが止まっている。ドライバーが私の様子を見ながら、ゆっくりと動き出した。あわてて駆け寄ると、バスは止まってくれた。急いで、「おわらの中心部に行きますか?」と聞いたらうなずいたので乗った。バス¥200。こちらも、帰りの電車の時間は決めてある。だから1時間ちょっとしかない。

 観光会館(八尾曳山展示館)前で降ろしてくれる。ここで地図をもらってから反対側に行けという。バスが町の中に入ってから、かなりぐるぐる回ったようで、地図を見ても方角がわからない。おまけにバスだったので、駅まで歩いてどれくらいかかるか分からない。行けと言われた、反対側には確かに【諏訪町本通り】があった。

 風の盆の、写真で見るのと同じ通りだ。ただ、誰もいない。それから何とか歩き回って、ガイドブックに書いてあった、【禅寺坂】【おたや階段】桜の名所みたいな【城が山公園】を見た。しかし八尾では、桜はほとんど見かけなかった。【禅寺橋】は、なんと、まるっきり川に架かってなかった。工事中のようだ。どこも期待はずれだった。珍しいことに、お城もないし。

 電車の20分前になって、駅に向かって歩いた。条件としてはいい方だが、これに遅れると1時間待ちだ。(けっこう2時間待ちというのがある)だからして、汗をかきながら早足で駅に向かうと、なんと10分でついた。なんでバスが必要なんだ。


テーマ: - ジャンル:地域情報

[2017/04/17 16:36] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 不可解な《魔弾の射手》 3月の図書 ■
3月下旬

 福井駅 九頭竜線 ワンマン電車

 久しぶりに歌劇《魔弾の射手》を見た。CDは3種類ぐらい聴いているし、生のオペラ公演も見たことがある。やっぱり、なんなんだ、この物語は。ドイツ人の思考回路はわからない。


歌劇《魔弾の射手》 ニコラウス・アーノンクール指揮  チューリヒ歌劇場1999

日本人が本当は知らないお金の話  三橋 貴明
友だちをつくるな 千田琢哉
孤独論 田中 慎弥
ヨガのポーズの意味と理論がわかる本  西川 眞知子
99%の人が知らない死の秘密  山川 紘矢  阿部 敏郎
京都さくら探訪
食べない人たち-「不食」が人を健康にする-  秋山 佳胤  森 美智代  山田 鷹夫
無人島、不食130日-「食べない」の、その先へ-  山田 鷹夫
非情な人ほど成果を上げるマキャベリ式最強の仕事術 日文PLUS
病気にならない人は何を食べているのか 森 由香子
信長-近代日本の曙と資本主義の精神-  小室 直樹
若者はなぜモノを買わないのか- 堀 好伸
「いまここ」の私で幸せになれる。 阿部 敏郎
すべての「思い込み」から自由になる生き方  阿部 敏郎

★ベルリンは熱狂をもって小澤征爾を迎えた 村上春樹  文藝春秋  2016年06月号 
沖正弘がのこしてくれた治すヨガ!-心と体が変わる、47のヒント  船瀬 俊介
死なないカラダ、死なない心 成瀬 雅春
モネのあしあと 原田 マハ
脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング 工藤 千秋
ジョブズ100の言葉  宝島社
やらない決意 井口 晃
食べない人たち ビヨンド 秋山 佳胤  森 美智代  山田 鷹夫
★誰が音楽をタダにした?  スティーヴン・ウィット
なぜアマゾンは1円で本が売れるのか 武田 徹
気にしない、気にしない ひろ さちや
幸福の哲学 岸見 一郎
田中角栄絶対に結果を出す「超」時間管理術 向谷 匡史
★一枚のディスクに -レコード・プロデューサーの仕事- 井阪 紘
あなたは常識に洗脳されている 苫米地 英人
データ分析ってこうやるんだ!実況講義 吉本 佳生
学校では教えてくれない経済学の授業  吉本 佳生
スマホは人気で買うな! 吉本 佳生

死ぬまで健康でいられる5つの習慣  菅原 道仁
カラダを大きくする  野沢 秀雄
絶対、よくなる!  斉藤一人
強い男を求めなさい、いなけりゃあなたが育てなさい! 鈴木 光司
悩める人、いらっしゃい内田樹の生存戦略
もっと結果を出せる人になる!「ポジティブ脳」のつかい方 茂木 健一郎
日本人として知っておきたい「世界激変」の行方 中西 輝政
ゼロからわかるキリスト教 佐藤 優
完全ひとりビジネスを始めるための本 右田 正彦
★人を動かす 完全版  D.カーネギー 東条 健一/訳
ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法
現状を打破するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。千田琢哉
たった1人との出会いで人生が変わる人、10000人と出逢っても何も起きない人 千田琢哉


シューマン交響曲全集 バーンスタイン84
シューマン交響曲全集 インバル
いつか聴いた歌  スタンダード・ラヴ・ソングス  2CD
コレッリ フルートソナタ 山岡重治
ベストオブ・ロバータ・フラック
ブルックナー第5番 カラヤン
ブルックナー第3番 ロジェストヴェンスキー
ブルックナー第1番 ロジェストヴェンスキー
こうもり カラヤン60
B3 A Hard Day's Night
Violin Concertos 2 Carmignola Abbado07
Violin Concerto 3&5 Mutter78
チャイコフスキー、コルンゴルトVn協奏曲 Mutter
String Quartets No.18 & No.19 Alban Berg89
文藝春秋文化講演会 [4-4] からごころは?をつく 丸谷 才一
文藝春秋文化講演会 [4-2] いま女はさまざまに生きる
文藝春秋文化講演会 文化の源流シルクロード1988  陳 舜臣/チン,シュンシン
文藝春秋文化講演会 人間的魅力について  城山三郎
いつか聴いた歌  スタンダード・ラヴ・ソングス  2CD


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/15 17:08] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
富山と福井は違う
ワンマン2

ワンマン3


富山と石川と福井に行ってきた。
石川っていうか、要するに金沢と比べて、富山と福井は違う。

富山と福井は、JRのホームが1から3まであるが、そのうち一つは、二つの路線のあるホームを、延長した先に長く伸びた形で一本分のホームがある。やたら長いホームだ。だから改札で、ホームが遠いから早めに行くように言われた。

それから、自動改札じゃなくて、変な言い方だが駅員が目で切符を見る。ワンマン電車もある。ワンマン電車では、運転手兼車掌のいる所のドアでないと開かないことを知らないお客がいた。ドアも、自分で開ける。

そして、街の中を路面電車が走っている。
ポルトガル風の古いタイプと、北欧風の新型車両もある。

トラム1

トラム2

トラム3

トラム4

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

[2017/04/13 20:45] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近所の桜
岩槻公園とその周辺の桜です。

X2Z51525.jpg

X2Z41513.jpg

X2Z41501.jpg

テーマ: - ジャンル:地域情報

[2017/04/10 06:04] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
幸手・権現堂桜
春日部中央公民館で展示中ですが、それはさておき。
車で30分ほどかかる距離にある、権現堂に行ってきました。

10年ぐらい前までは、それほど込んでいなかったのですが、有名になったらしくて、大混雑という評判です。京都と同じで、ここ数年の人気が沸騰しているようです。

久しぶりに言ってみたいと、展覧会中に会う誰彼に相談してみましたが、みんなが口を揃えて、早朝でも行かない限り車が止められない、渋滞がひどい、あんな所行くわけがない。と言われたので、「それなら、行って見てみよう」と決心しました。

展覧会中の終わり頃、4時から行ったところ、用心して最初から裏側に回って行ったところ、渋滞もなく、駐車場も空いていました。以前は土手に菜の花が咲きまくっていましたが、菜の花畑は土手の下に広がっています。


権現堂1

権現堂2

権現堂3

それにしても、桜並木がものすごく長く続いていて歩ききれないぐらいで驚きました。
めでたし。

テーマ: - ジャンル:地域情報

[2017/04/08 10:43] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ディンケルスビュールの木 2
ディンケルスビュールの木
4回ほど手を入れました。
やはり桜の開花も、満開も遅い。

ディンケルス4

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/02 18:10] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
テラ?

絵画グループ名である「ぐるっぽ テラ」についてである。
15年ほど前までは、「美術アカデミー」という名前であった。
フランス・アカデミーじゃないんだから、恐ろしい名前をつけていたものだ。
誰かが、名前を変えることを提案して、出してきた。
ぐるっぽは、知っていた。
英語で言うグループのことだ。
「テラ」とは、なんぞや。
その時には聞いて、納得したような気がしていたが、最近みんなに聞いてみると、だれもはっきりと覚えていないという。絵の道具なんだろうなとは思っていたが。まさか、誰もはっきり言えないとは思わなかった。

それで、新たに、調べてみました。
なーんだ、キャンバスのことのようです。

この中に、カヴァレット、マーラー、コルソといった、
聞いたことのある言葉もあります。


GTイタリア語as

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/30 17:37] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ぐるっぽテラ作品展
 私の属するだいたいのグループで、1年おきに開催している展覧会です。
4月6日より、春日部中央公民館。
いつもは5m角の壁面を出すのですが、25m×10mのギャラリーの周りの壁を使うだけで、
作品点数は昨年の3回の展覧会よりも少なめです。

この案内葉書の絵は、ちょっと前に出したと思う、
ベルギーの画家ウォーテルスの絵の模写です。


GT2017h4.jpg


もはや30年ほど続いているグループですが、「テラ」とはなにか。
いま、調べてみました。
この次に。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/27 11:06] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ときのさと30 3
先日は「裏 ときのさと30 3」でしたが、こんどはその前の
「ときのさと30 のその後」です。

トキ3-1

トキ3-2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/23 20:19] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ディンケルスビュールの木
 チャック・ベリーとかまやつひろしが亡くなったのは、これでも気にしている。

 またまた、キャンバスがないので、「若草山の木」の上から、ディンケルスビュールの木を描いてみた。
似たような色調だし、写真で見ると、もったいないことをしたような気もしている。

ディンケルス0

ディンケルス1

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/20 15:24] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
裏 ときのさと30 3
前回、関西と北陸の桜満開時期が近くて、両方行きにくいと書いた。
あれから北陸の予報はさらに遅くなったので、北陸を次の週にすれば、ちょっと遅めだが行けるかもしれない。平年並みというと、若干遅いことが多いのだが、今年は本当に遅めだ。
満開予報、京都・奈良は9日、大阪10日、福井12日、金沢13日、富山14日。

裏 ときのさと30 を作品展に出したあと描き加えた。
オレンジだった空を、だんだん紫色にした。
なんだか途中の状態がおもしろいような気がする。

裏トキ3-1

裏トキ3-2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/16 17:36] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の庭 2
 今年は、関西方面の桜が遅い。数年に一度の遅さだ。行くことを予定していた北陸3県の桜満開の時期とほとんど重なることになってしまった。したがって、京都には行かないだろう。また、秋に考えよう。

龍安寺4

龍安寺8

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/13 18:14] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
誰が音楽をタダにした?
Image1_20170310165236dc1.jpg


 今週はたまたま、音楽を愛好する人にとって大変な問題を取り上げた本を読みました。
この本の訳者が後書きにも書いてありますが、今の携帯音楽プレイヤーで聴いている若者は、かつて音楽はお金を出して買っていたということを知らないのではないでしょうか。

 60年ぐらい前のレコードは、確か、給料一ヶ月分くらいの値段がしていました。物価に変動して値段はほとんど変わらず、だいたい1枚、2千円~3千円ぐらいだったはずです。(今でもそうですね)

 それが今では、ネット上で探せば、どこかで手に入ります。
『誰が音楽をタダにした?  スティーヴン・ウィット』です。

まずはアナログLPがCD(デジタル・オーディオ・コンパクトディスク)になり。そのCDが、パソコンの記録装置としても標準装備されたことから悲劇は始ります。

 CDの録音容量を圧縮できるMP3の開発。誰が発信したかわからないインターネットの普及。そしてユニヴァーサルミュージックの巨大CD工場に勤務している1人の男が発売前のCDを盗み出す。それを変換してネット上に流すチーム。

 このたった一組のチームによって、ネット上に出ているほとんどの音楽が流失しました。おかげでCDレコードの売り上げが激減。レコード会社の力が衰えました。

 かつてウォルター・レッグは、レコードを売りたいのなら、わたしとジョン・カルショウをレコーディング・プロデューサーに呼び戻すことだと言いました。ろくでもないレコードばかり作っているから売れないのだと言いたかったのでしょう。

 今となっては、辣腕プロデューサーをもってしても、かつてのようなオペラの録音はできません。カラヤンやベルリンフィルを、一週間も拘束しておけるような予算などあるはずもありません。    

 このままでは、レコード音楽はもちろんタダ同然ですが、本もタダになって、そのうち油絵なんかも、本物そっくりのコピーが出回るのではないかと心配しています。まあ、コピーできるようなものと、本物はまったく違うのですが、そんなこと気にしない人が多くなれば、価値が下がることは間違えありません。

 そうは言っても、ネット上で探せば、どこかで手に入りますと書きましたが、それは有名なものだけで、クラッシックのほしいものは、実はそう簡単に手に入りません。本なんかも、アマゾンにもほとんど売ってません。「ネット上で何でも売ってるじゃないか!」と言っている人は、あまり音楽を聴かない人、本を読まない人ではないかと思っています。


誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

なぜアマゾンは1円で本が売れるのか

一枚のディスクに―レコード・プロデューサーの仕事


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/10 16:54] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 暗幕のゲルニカ 2月の図書 ■

 『暗幕のゲルニカ』原田マハの小説は『楽園のカンヴァス』「まぐだら屋のマリア」を読んで、3冊目。反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

 村上春樹の「世界の終わりと…」みたいに2つの物語が交互に展開する。がしかし、後半の整合性にムリがあるような気がする。以前の2作品ほど、読後感が良くない。しかし、いろいろな美術関係の知識は得たような気もする。


たぶん「1Q84」以来、7年か8年ぶりの長編小説。
村上春樹の最新作『騎士団長殺し』いよいよ発売になりました。
タイトルからすると、塩野七生の『十字軍』シリーズ、またはドン・ジョヴァンニのことか!と気になります。

 本屋さんに積んであったが、ちゃんと初版と第2版が置いてあった。そんなに売れてないのかもしれない。図書館にリクエストしてみたら、5日しか経ってないのに、所蔵2冊(4冊追加予定)しかないのに、1000人待ちだった。1Q84の時だったか、発売から2年ぐらい経ってから見たら、図書館(さいたま市内)に50冊所蔵で、3000人待ちだった。


★写実絵画とは何か?-ホキ美術館名作55選で読み解く
写実画のすごい世界 [1] 限りなく「本物」な女性たち
写実画のすごい世界 2 キャンバスで輝きを放つ女性たち
プロに習う風景画のテクニック(DO絵 2)
ぼかし・かさね・背景で一枚の水彩画を上手く描く(DO繪 4)
世界でいちばん美しい街、愛らしい村
「フランスの美しい村」全踏破の旅  吉村 和敏
「ベルギーの最も美しい村」全踏破の旅  吉村 和敏
世界で一番美しい村プロヴァンス
美しい日本の歩きたくなるみち500選マップガイド 2 近畿版
なぜか心ひかれる日本の奇妙な絶景spot50
★暗幕のゲルニカ 原田マハ

池上彰の世界の見方-15歳に語る現代世界の最前線-
天下統一 黒嶋 敏
デジタル食品の恐怖 高橋 五郎
ラストワルツ  村上龍
官能教育 植島 啓司
ユダヤ人大富豪の教え 本田健
食べなきゃ治る!糖尿病 船瀬俊介
大損しない超正統派株式投資法  山崎 和邦
今さら聞けない経済教室 池田 信夫
ヘッテルとフエーテルのみにくいアサヒるの子- マネー・ヘッタ・チャン
闇に葬られた歴史 副島 隆彦

★街場の共同体論  内田 樹
★最終講義-生き延びるための七講- 内田 樹
星に願いを、いつでも夢を 村上龍
50歳からの老いない体のつくり方 石原 結實
今日が、人生最後の日だったら。 千田琢哉
真面目に生きると損をする 池田清彦
炭水化物が人類を滅ぼす 夏井陸
ちょい投資  荻原博子

行ってはいけない外食 南 清貴
豊かな人生を勝ち取る30の思考 中邨 宏季
人生はいつもちぐはぐ 鷲田 清一
自分を変える最強の体調管理  鈴木 登士彦
99・9%の人間関係はいらない  安井 元康
フェイスブック-私たちの生き方とビジネスはこう変わる- イケダ ハヤト
旗を立てて生きる  イケダ ハヤト
〈ふつう〉から遠くはなれて 中島 義道
首・肩の頸椎症は自分で治せる! 酒井 慎太郎
マーフィー人に好かれる魔法の言葉  植西 聡
無敵の「1日1食」-疲れ知らずで頭が冴える!- 三枝 成章
健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな! 石原 藤樹


Le Nozze Di Figaro Abbado94
Le Nozze Di Figaro Karajan78
Le Nozze Di Figaro Mehta 
Violin Concertos 4-5 Oistrakh70
天満敦子 祈り
花から花へAnna Netrebko
★モーツァルト:Vn協奏曲第5番・ヴュータン:Vn協奏曲第4番 Hilary Hahn12
チャイコ:交響曲第6番/ラフマニノフ:ヴォカリーズ チョン
交響曲第36番第41番 KARAJAN70
Beethoven ピアノ協奏曲 第2・3番 Gould57
Schubert: Piano Sonatas #14&17 Uchida99

Vivaldi: 6 Cello Sonatas, Op. 14 Ofra Harnoy
ブルックナー第3番 karajanBPO80
ブルックナー第7番 JochumBPO64
ブルックナー第8番 JochumBPO64
ブルックナー第9番 JochumBPO64
マーラー第2番 Maazel83
マーラー第9番Abbado99BPO
ベ-ト-ベン第2番第8番 Scherchen54
ベ-ト-ベン第5番第4番 Scherchen54
ベ-ト-ベン第3番第1番 Scherchen53
バラの騎士 クライバー54
Waltraud Meier Sings Wagner
影のない女 3 Keilberth63
Tannhauser 3 Bodanzky36
Cosi Fan Tutte HG Harnoncourt91
Carmen karajan82 2
メサイア<全曲> アーノンクール2004
歌劇「トゥーランドット」(全曲) マゼールVPO83
ワーグナー・オペラ・アリア集 マイヤー マゼール
交響曲第2番ハ短調「復活」 マゼールVPO82
Nashville Skyline
Tannhauser Sawallisch62

ディスイリュージョン(撃剣霊化) Loudness
犬は吠えるがキャラバンは進む
Life 小沢健二94
絢香 遊音倶楽部 ~1st grade~
薬師丸ひろ子・ベスト
ZARD~15th Anniversary~ 1
Bjork Greatest Hits
Elton John Greatest Hits
Janis Ian 1972-1981

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/07 17:57] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の庭
 京都でのお気に入り、龍安寺の絵は、桜も紅葉も描いている。
外人にも有名な、というか外人がたくさんいる石庭でも書こうかと思う。
1995年に描きかけの「パリの公園」F6を潰してその上から描きました。
ちょうど真ん中に桜の枝がある。

 画像にモアレのようなものが映っているが、ふつうの蛍光灯と併せて、LEDの棒のようなスタンドの照明を当てながら撮ったらこうなった。なんでだろう。

龍安寺0

龍安寺1

龍安寺2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/04 14:04] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パン屋さんのコーヒー 2
pannya.jpg


  パン屋さんの音楽について書いたが、当初書きたかったのはそのことではなかった。ビートルズは前振りであったが、長くなったのだ。ここで飲むコーヒーのことを言いたかったのだ。

 といってもコーヒーの味のことではない。実のところ、パンを食べながら、無料でついてくるのだから、紅茶だって、温かい飲み物だったら何だっていいのだ。あんパンにはコーヒーで、ケーキにはレモンティーだなんて、うるさいことを言っているわけではない。

 あくまでもおいしいパン屋さんである。散歩の楽しみとして、かけがえのないものである。パンを買うと、持ち帰っても良いし、テーブル席で食べてもよい。室内にもあるが、店の外にもテーブルがある。暖かい日は、外で食べると気持ちが良い。

 パンを買った人は、セルフサービスの機械からコーヒーをカップに入れて持ち出すこともできる。当然だが、パンを買わないで、コーヒーだけ飲みに来る人はいないと思う。私の場合、もちろん「ここで食べる」と言ってテーブル席に座ることもあるが、「持ち帰ります」と言って、袋に入れてもらうことの方が多い。

 テーブルで食べる場合は、パンはトレーに載せたまま移動するだけだが、お持ち帰りの場合は、当然、袋に入れてもらう。問題はここだ。最初のうちは、ここで食べるか、持ち帰るかはっきりしていたのだ。しかし、袋に入れてもらわない場合は、この場で全部食べきらなければいけない。

 ある時、パンを3個ぐらい買って、袋に入れてもらいながら、セルフでコーヒーを片手に持ち店を出て、外のベランダでパンを一個だけ食べて、コーヒーを飲むのが快適だと思った。3個のうちの一個だけを選んで食べ、他は帰り道、歩きながら食べるというのも楽しい。

 それでたいていは持ち帰りよう袋に入れてもらって、紙コップにコーヒーを入れて外へ出ることになる。紙コップと小さめの陶器のカップもおいてある。ここで食べる人は陶器を使ってもいいということだが、もちろん私は紙コップである。

 紙コップ、当初は、セルフコーヒー器の横に置いてあるだけだった。「ボタンを押すのは一回だけ」とか「2杯目からは20円」とか小さく張り紙がしてある。新しい店舗の方は、なんだかもっとうるさく「パンを買った人は一杯だけ」「外へ持ち出さないように」なんて、ちょっと神経質に書いてあったような気がする。

 そんなふうに書いてあるものの、控えめで、2回ボタンを押しても平気だった。1回ボタンを押しただけでは量が少ない。それで紙コップになみなみとコーヒーを入れて、店を出る。何も問題なかった。外テーブルで飲んだり、帰り道の公園で飲んだりしていた。

 ある時、紙コップがレジの前に置いてあるようになった。陶器のコップはそのまま。お金を払ってから、紙コップを手にとって、コーヒーのコーナーまで移動する。これでもちょっと手間がかかる。これも、最初は進んで「紙コップどうぞ」と言って、手渡してくれたが、そんなこともしてくれなくなって、自分で手に取るようになる。その後、紙コップはレジの後ろに置いてあるようになった。

 これで、お金を払い終わった後、「紙コップください!」と言わないと手に入らないようになった。最初は、気にしてなかったが、何度も続くと、そんなことお願いしなければいけないのが嫌になってきた。変化の様子を見ていると、無料のコーヒーを持ち出されたくないという方向性が伝わってくる。なにより、徐々にサービスが悪く変わってきたことが気分が悪い。

 こんな事するんだったら、コーヒー代として安価なお金を取るとか、コーヒーはここで食べる人だけとか、最初からそうであった方が気分がいい。そのうえで、もし、お客様が、コーヒーを飲みながら帰りたいんだと言ったなら、その時には臨機応変に対応してもらいたい。マニュアルやルールはあるけれど、店員の裁量で、ちょっと上乗せサービスするということで、お客はついてくるんだと思う。

 よく行く近所のレストラン。この店は大型チェーン店であるが、店員と顔見知りになると、混んでいるときに優遇してくれたり、日付の過ぎた割引券を、こっそり新しいのに取り替えてくれたり、職員専用の割引券をくれたりする。ある程度は許されているのだろうが、他の店の対応と全然違う。少し割り引いたって、毎週来てくれば、お店も儲かるだろう。「あなたはお得意様だから、他の人よりも気を遣って親切にしています」と感じさせることは接客業に必要だと思う。

 という、無料コーヒーのせいで、パンを食べることが少なくなったのである。

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

[2017/03/01 14:48] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内田樹の最終講義
560c236.jpg


 最近は、先生に対して「これこれを覚えて、何か役に立つんですか?」という質問をする生徒が増えたそうだ。高校生・大学生ばかりではなくて、小学一年生からも出るそうだ。大人に対しても難しいだろうが、小学生を納得させるような説明は不可能だろう。それは「何のために生きているのですか?」「長生きすると何か良いことがあるのですか?」

 私も学生の頃に、源氏物語の感想を聞く先生に対して、こんな話全然おもしろくないと発言して困らせた覚えがある。こんな古い宮廷物語なんて勉強する意味があるのかと思っていたのだ。ある漢文の先生は、今は勉強する意味が分からないだろうが、大人になったら役に立つと言った。あなたは漢文の先生をやっているから、役に立っているんだろうと思った。

 しかし、今になって思うと、古典や漢文をちょっとだけかじっておいて良かったと思う。国語の時間に習った文章、とりわけ和歌なんかは、ある時ふと心に浮かんで。ああ、この感情とピッタリ寄り添う歌だと気づく。それから、毎年訪れる桜を見る感慨が、年と共に深まってゆく。若い頃って、人も景色も、何も見てなかったんだと気づく。

 吉田松陰が幼少の頃から、体罰を含む厳しい教育を受けて育ったことは有名ですが、
『最終講義 内田樹』
ここにも驚くことが書いてありました。以下、自由に抜粋。


 吉田松陰が叔父の玉木文之進から素読を習うときの逸話。玉木が田を耕していて、一畝耕して戻ってくるまでに、指示された箇所を暗記する、覚えていなかったらはり倒されるという非常に過酷な授業をしたわけです。

 子供に四書五経の素読なんてさせたって、学問的有用性はまったくないんです。では、いったい何を教えているのかというと、「子供には理解できないような価値が世界には存在する」ということそれ自体を教えているわけです。子どもに、「手持ちの小さな知的枠組みに収まるな」ということを殴りつけて教え込んでいる。それさえわかれば、後は子ども自身が自学自習するから。

 ふつうは感動が先で、それを「言葉にする」という順序でものごとは起こると思われているけれど、そうでもないんです。最初に言葉がある。この言葉が何を意味するかよく分からないままに記憶させられる。そして、ある日その言葉に対応する意味を身体で実感することが起きる。

 まず言葉がある。「しずこころなく花の散るらむ」とか「心頭滅却すれば火もまた涼し」とかいうのは言葉だけいくら覚えても、十歳やそこらの子どもに身体実感の裏づけがあるはずがない。でも、言葉だけは覚えさせられる。それによって、自分自身の貧しい経験や身体実感では説明できないような「他者の身体」「他者の感覚」「他者の思念」のためのスペースが自分の中にむりやりこじ開けられる。そして、成長してゆくうちに、その「スペース」に、ひとつづつ自分自身の生々しい身体実感、自分の血と汗がしみこんだ思いが堆積してゆく。そんなふうにして子どもは成長してゆくんです。

最終講義 生き延びるための七講
街場の共同体論
困難な結婚


 だからね。たとえばピカソの絵なんかも、本物を見ておいた方がいいと思うぞ。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/02/25 17:28] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パン屋さんの音楽 1
pannya2.jpg

 いつもの散歩コースにおいしいパン屋さんがある。評判がよいらしく、市の中心部にも数年前、もう一店舗開店した。パンがおいしいだけでなく、テーブル席で食べるのも自由だ。

 ここではいつもビートルズの曲をかけている。両店舗とも数年来に渡ってずっとビートルズの曲のみ流している。有線放送だと思うが、それなりの選曲をしてあるのだろうか。パン屋にはふさわしくないハードなロックンロールもあるとおもうけれど、キツイ曲がかかっていた覚えはない。

 私はおなじみの曲が流れているので気持ちが良いが、毎日いる店員はどうなのだろうと思う。ビートルズの曲なんて、アルバム一枚30分程度だ。つまりすべての曲を重複しないように流したとして、一日あれば全部聞くことができる。まあ、言ってみれば、ベートーベンの交響曲全曲演奏だってそうだが。

 誰の趣味なんだ。一度聞いてみたら、経営者の指示のようだ。そりゃそうだろうけれど、店員はどうなんだ。もしかしたら勤務パートの時間は1日2時間とか、短時間に決められているのか。そうでなければ、ビートルズ大好き人間か。それとも大嫌いになって、完全に無視しているか。気にならないのか。経営者は何とも思わないのか。

 私だったら、こんなこと止めて欲しい。好きな曲ならむしろ、逆に、流すのを制限したいくらいだ。職場で聴きたくなんかない。年に数度、ちゃんと鑑賞できる環境で聴きたい。

 いつも行きつけの、ビートルズ好きのマスターのいる美容院で、カットされながらそんな話をした。この美容院も有線放送を流しているが、それなりに気持ちよく聞き流しやすい曲だ。それでいて、ラジオから流れているのを聴いたことがあるわけでもなく、好きな曲でもない、知らない曲なのだ。好きなビートルズの曲なんて流れてたら、仕事がやりにくいと、マスターも言う。

 展覧会をやっていても思うのだが、好きな曲を流してはダメなのだ。ノリノリになって楽しんではいけない。メロディーに乗ってはいけないのだ。曲の流れが分からない、静かで知らない曲。ほとんどの人が、音楽が流れているのに気づかないぐらいの曲が良い。

 とりあえず、お客としては、ビートルズの曲は好ましく思っている。

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

[2017/02/22 17:45] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>