恥ずかしながら 平清盛 を見始めている。
NHK清盛



 今年のNHK大河ドラマ 平清盛 を見始めている。

 大河ドラマといわず、ドラマや映画はあまり見ない。それなのになぜか見始めてしまった。坂本竜馬は好きなので、「龍馬伝」は見なかった。史実と違ったところが多いので、そこそこ知っている人物だと気分が悪くなるのである。

 今、思いつく歴史上の人物だと、蘇我馬子、藤原不比等、北条時政(頼朝と同時にやったけど)、足利義教などをやってくれると興味が湧くような気がするのだが、やらないでしょうな。しかし「日野富子」みたいな人でも採り上げているから、可能性はないわけではないが、視聴率は最低だったみたいだ。

 過去に見た大河ドラマは、「新・平家物語」「国盗り物語」「おんな太閤記」「毛利元就」だけである。ざっと、10年に一度のイベントぐらいにしか見ていません。そして、最初に見たのが仲代達也主演で平清盛を主役にした「新・平家物語」でした。ほとんど専制君主の後白河法皇との戦いですな。

 なので、「平清盛」、見たくなりました。出てくる役者は、仲代達也ほどの人は、まったくいないのが残念ですし、伊東四朗が白川上皇なのも、ちょっとしたお笑いです。兵庫知事が「瀬戸内海の青出てない」「画面が汚い」などなど批判しているようだが、瀬戸内海をエーゲ海だとでも思っているのだろうか。映画風の色調で、この手のドラマにしては美しい映像だと思うけど。


 まずドラマの最初に、鎌倉のシーンで、源氏方が「平家が壇ノ浦で滅亡した!」という雄叫びをあげる。その声をかき消すように頼朝が「平清盛がいたから武家政権が出来たのだ」、手放しに喜ぶんじゃない、という表情をする。

 頼朝の頃の鎌倉は、まだ全国政権ではなかったし、後白河法皇を幽閉するなどの、清盛の持っていた権力は、持ち合わせていない。足利幕府も義満を除いて、たいした力は持っていない。清盛の力を考えると、白川天皇の実子であったのかもしれないが、資料はないのである。ただ白川天皇が孫の鳥羽天皇に自分の子を押しつけて、次の崇徳天皇にしたことは事実のようだ。いかにもやりそうなことだったのである。

 院政は、藤原氏と関係ない、後三条天皇が準備していながら、それが裏目に出て、子の白川天皇の時に実施された制度である。この時の天皇の親子関係を順番を簡単に書くと。
後三条→白川→堀川→鳥羽→後白河です。
崇徳天皇と後白河天皇は同世代で、鳥羽天皇の子に当たるのですが、ほんとうは崇徳は白川の子なんですね。

 そうすると、「新・平家物語」を見ていて、清盛よりも、立場上、なんとなく年上だと思っていた後白河法皇ですが、清盛が崇徳と同じで白川の子だとすると、世代で言うと、堀川と同じで、清盛の方がずっと上になる?
まあ、ひ孫の代まで子を産んだ、白川天皇がすごすぎるということで。
後三条と白河を主役に据えてドラマを作っても面白そう。


スポンサーサイト
[2012/01/24 18:25] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
フリーマーケットと地球寒冷化
フリマ楽市

☆2004年アテネ、100年ぶりの大雪。


 先日、英会話の時間に、「住居の問題と修理」の中に、「フリーズ」という言葉が出てきました。その時考えたことです。

 「フリーマーケット」というと、(ヤフオク以外、参加したことはないのだが)なんとなく、「楽市楽座」という意味だと思っていた。

 本来、物を売るのは販売権を持っている業者しかできず、座・株仲間などによって独占され、売り上げの一部を支配者に納めなければならなかったはずだ。 そんな時代、六角氏、今川氏が始め、織田信長によって大規模におこなわれたのが「楽市楽座」だ。

 free market だから、自由とか、無料てな意味だと思うではないか。もちろん、自由とか無料というのは、売る方の立場だ。経済学用語では「自由市場」という言葉はあるみたいだが。

 それで正解は「a flea market」。「フリー」(普通は複数形で使うようだ)って蚤のこと。それで「蚤の市」とかいう言葉があるのか。まあそんな、蚤の出るような所で売っているお店のことですね。


 さっき図書館行ったら、ほとんど最近、サッカーのことしか特集していないスポーツ雑誌に、F1!セナ&プロストの事が、トップに出ていた。ついでにクラッシュギャルズ長与千種の記事も載ってた。

 昨晩は、時間枠が早くなった、「マツコ・有吉の怒り新党」で、デンジャラスクイーン北斗晶の3番名勝負を採り上げていた。
そういや、20年前は熱かったな。
政府やテレビでは、正しい情報を出さない。
地球は寒冷化している、という説もある。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

[2011/10/06 18:49] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
男と女の間には…
宿根木

☆ここで左右に分かれると…


『世界一わかりやすい潜在意識の授業 山田浩典』より
 
 …ハーバードの教授が学生を前に講義をしているのです。机の上には化石がいくつも並べてありました。遺伝学の権威でノーベル賞を取った先生だったと思います。
学生を前にして、先生は白板に花の漫画を描きました。めしべが真ん中にあり、周りに数本のおしべを描き下に二つの花びらがあって茎があり葉っぱを二つ描きました。
 
 先生は花の化石を見せながら、地層をどんどん掘り下げると花の進化がわかるというのです。ある化石には葉っぱにとげが生えているのです。なぜとげが生えたかというと、ある鳥が好んでこの花の葉っぱを食べたようなのです。花は食べられまいとして葉っぱにとげを生やして進化したというのです。

先生は学生に何万年経とうが、ぜんぜん進化しない場所があるというのです。

 めしべとおしべには空間があり、放っておくと受粉しません。蝶や蜂の足に花粉が付いて受粉するか、風に吹きあげられて受粉するか、要するに何か媒介しないと受粉できないのです。

 先生は学生に質問をしました。「君たちは花の目的は何だと思う、なぜ花が咲くと思う?」と聞いて来たのです。一人の学生が受粉するためと答えました。

 先生は受粉の目的は何と聞き返します。学生は実を結ぶためと答えます。

 先生は、「花は子孫を残すために実を結びたくて結びたくて仕方がないのです。葉っぱにとげを作ったくらいだから簡単に受粉するためにはどのように進化したらいいのかな?」とさらに問いかけると、学生たちはめしべとおしべの隙間が縮まればいいと答えました。

 先生は「確かにそのように進化するといいのかも知れないが、何万年経とうが全く進化していない」と言って、化石を二つ見せてくれました。

 先生は「何放この隙間があるのか私にはわからないが、もし神というものが存在するなら、この花を生き残らせるために神が与えた試練ではないのかな」と言い、授業が終わる最後に「君たちにも色んな苦しみ悩み悲しみがあると思うが、それは神というものが存在するなら、神が君たちが強く生きられるように与えた試練だと思って感謝して受け入れて生きて欲しい」と言って授業は終了しました。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

[2011/05/11 15:36] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ああ、無常!、、レ・ミゼラブル  運命の力!
ああ無情



 今回は、1985年ロンドン・オリジナル版「レ・ミゼラブル」の帝国劇場での日本最終公演の宣伝であります。というのも、私のグループの方の、ご子息が出演しているのです。

 同グループには、福島原発で働いていたという方もいます。地震と原発と停電の影響で、予定通り順調に開催されるか、心配しています。しかしまあ、私が見落とした『運命の力』といい、救いようのないお話です。以下、ホームページから。


 世界42カ国で上演され絶賛を頂いた「レ・ミゼラブル」はロンドンで初演以来25周年を迎えました。これを機会にプロデューサー、キャメロン・マッキントッシュは新演出の「レ・ミゼラブル」を創り出しました。次の四半世紀は、新演出となります。そのため、今までのオリジナル版「レ・ミゼラブル」を観られるのは今回の公演が最後となります。多勢のお客様の思い出のこもったこれまでの演出ヴァージョンとのお別れ。どうぞお見逃しないよう、心に深く刻んでください。

 人々を無償の愛で包み込むジャン・バルジャン役には、続投の山口祐一郎と別所哲也に加え、実力派の吉原光夫が東宝ミュージカル初出演にして大役を務める。法の正義に殉じる男ジャベールには、続投の石川禅、岡幸二郎、今拓哉に加え、実力派アンサンブル出身のKENTAROが抜擢され、念願の大役に挑む。

 ファンテーヌ役には、前回のエポニーヌから役替わりの知念里奈と新妻聖子、そして宝塚歌劇出身の和音美桜が初参加。コゼット役には続投の神田沙也加に加え、前回アンサンブル参加だった稲田みづ紀と折井理子が初プリンシパルに、そして中山エミリが東宝ミュージカル初出演となる。

 マリウス役には、『モーツァルト!』でタイトルロールを務める山崎育三郎が続投し、前回のアンジョルラスから役替わりの原田優一と、アンサンブル出身の野島直人の3人が扮する。マリウスへの一途な思いを秘めるエポニーヌ役には続投の笹本玲奈に加え、『RENT』でミミ役の好演が光るJennifer、東宝ミュージカルアカデミー出身の新人・平田愛咲を抜擢。

 テナルディエ役には続投の駒田一に加え、三波豊和が東宝ミュージカル初参加、長年に渡りマダム・テナルディエ役を演じる森公美子と阿知波悟美との初コンビを披露する。 革命の志士・アンジョルラス役には、東京芸大出身でミュージカル初出演の新生・上原理生と、かつてはアンサンブル出演だった阿部よしつぐが久々に戻って来る。

 帝劇開場100周年記念スペシャル・キャストでは続投の今井清隆に加え、鹿賀丈史、岩崎宏美、島田歌穂、林アキラ、斎藤晴彦、鳳蘭ら、1987年日本初演メンバーが戻って来るのも話題のひとつだ。


  

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

[2011/03/24 17:38] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
すべての現代人はひとりの女性から
人類起源

原人アフリカ003


『分子生物学でダーウィン進化論を解剖する 井内史郎』より

 さて、そのY染色体の応用は個人の家系ルーツ調査に限定されず、現代人(ヒト、ホモ・サピエンス)が地球上にどのように広まったかという疑問を探るのにも格好の材料となる。つまり、Y染色体を使うと現代人のルーツを探ることができる。けれどもこれは、200年前などという短期間のブランクを埋める問題ではないし、家族上というような小規模な問題でもない。地球上に住むすべてのヒトに関する問題だ。だからこの解析には、地球の各地域からヒトのY染色体を収集し分析をすることが必要だ。

 最近になって、科学者たちはアフリカ、ヨーロッパ、南アジア(インドを中心とした地方)、東アジア(日本や中国)、オセアニア(オーストラリアやニュージーランドを含む地方)、アメリカ(アメリカ原住民であるインディアン)の地域に住む人たちのY染色体を収集し分析した。そして、それらのヒトたちのY染色体の特徴を簡便に表し、その結果から現代人のルーツを探った。

 このようにしてみると、実際に、いくつかのはっきりとした答えが浮かび上がった。その一つは、アフリカ大陸を除く全世界のヒトたちのY染色体は、アフリカに住む人たちのものから派生していること(図3)。二つ目は、アフリカ大陸には、そのほかに全世界共通の特徴を有しないY染色体を持つ人たちが住んでいること。これらは、アフリカにはそれほど古い歴史を持つヒトたちが住んでいることを示す。

 三つ目は、南アジア、東アジア、それにオセアニアに住む人たちには2グループあって、その1グループはアフリカの祖先から直接に分岐した人たち(図3のC系統)、そしてもう1グループはヨーロッパに住む人たちとかなり共通性を保ちながらその後互いに分かれた人たち(図3のDE、F、そしてK系統)。四つ目はアメリカ原住民は東アジアのヒトたちから分岐したことである。結局、私たち日本人(東アジアの一部に住む)も含めてすべての現代人祖先はアフリカに住んでいた、という結論になる。


 ミトコンドリアゲノムは語る--すべての現代人は一人の女性から
 さて、組換えを起こさないDNAがもう一つ存在する。それはミトコンドリアゲノムだ。このゲノムは、Y染色体とは対照的に、母系の間だけで受け継がれる。そしてこのゲノムは一倍体で、しかも変異が細胞核内のゲノムよりも数倍、速い。このようなことから、女性のミトコンドリアゲノムを使うと、ヒトのルーツを遡って追跡できる。

 このようなことから、ミトコンドリアの由来をたどっていけば比較的単純な操作でヒトの祖先にたどり着く。2007年にアンダーヒルとキビシルドが出した総説によれば、ミトコンドリアとY染色体のハブロタイプ (一倍体の遺伝型、近頃ではSNPを使ってハブロタイプを表示することが多い)から得られた結論は事実上同じであった。

 これらのことから、ミトコンドリアを材料にした研究結果には間違いがなく、それはY染色体の結果ともども、アフリカ起源説が正しいことを示した。殊に、ミトコンドリアによるルーツの研究は、アフリカの祖先から直接に分岐し南アジア、束アジア、オセアニアに住む人たちヒトたちと、ヨーロッパに住む人たちと「血を分かちながら」アジア、東アジア、オセアニアに住むようになった人たちの2系統の存在をはっきりと示した。

 さて、1987年にキヤンとウィルソンらがミトコンドリアでヒトのルーツを解析した最初の結果をネイチャー誌に報告した翌年に、科学記事担当記者がその研究結果を週刊雑誌ニューズウィークに「イブの発見」として紹介した。イブとは、アダムと共に最初のヒトとして聖書に記載され、キリスト教によれば、彼女は今から6014年前に生まれ、すべての現代人の母であるとされている。一方、キヤンとウィルソンらは、イブは今からおよそ20万年前に住んでいたと推定した。このようにキヤンとウィルソンらの言うイブは聖書のイブとまったく異なるものだ。





テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/22 20:03] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ブッダでなくても大いなる旅路
NHKブルーレイ化

☆天山南路

 先週、ブルーレイ・レコーダーを買って、VHSテープをブルーレイ化しようとしていることを書きました。その続き。
 なにしろDVD化の時とは違って、ブルーレイ1枚に20時間ぐらい入れられるのです。

 前回の「お笑いバラエティー番組」に続いて、「NHKスペシャル」の中から。

宇宙 未知への大紀行 全9回
海 全8回
ブッダ 大いなる旅路 全5回
空海の風景 全2回
五木寛之 21世紀 仏教への旅 全5回
シルクロード 全12回
新シルクロード 全10回
アジア古都物語 全8回
大モンゴル 全5回
大英博物館 全6回
故宮 至宝が語る中華五千年 全12回
世紀を超えて 地球 豊かさの限界 全6回
世紀を超えて 世界 ビッグパワーの戦略 全6回
世紀を超えて 戦争 果てしない恐怖 2回
大黄河 全10回
大黄河 悠久の旅
日本人はるかな旅 全5回
地球大進化 46億年人類への旅 全7回
マネー革命 全4回
文明の道 全5回
新・電子立国 全6回
キリスト生誕2000年 聖書の大地
始皇帝 全3回
四大文明 全4回
四大文明の精華 全4回
イスラム潮流 全4回
アレクサンドロス大王と東西文明 全3回
アインシュタイン・ロマン
ローマ帝国一千年の攻防 全2回
再現 イエス・キリストの生涯 全3回
ルーブル美術館 全13回
オルセー美術館 全6回
プラド美術館 全5回
万里の長城 全2回

まあ、とりあえず、こんなものでしょうか。これだけでもほんの一部なのだけれど、そして本に比べれば圧倒的に少ないのだが、ブルーレイ化よりも、そもそも全部見ることができるのだろうか。
おまけに「ツール・ド・フランス総集編」1993年と95年発見。
アイルトン・セナが亡くなったときのF1中継とかも。



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/09/20 20:27] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
麦わらー帽子は もう消えーた 夏まつーり!!
今年も、夏祭りのお手伝いをいたしました。

夏祭り6
夏祭り2
夏祭り3
夏祭り4
夏祭り5

テーマ:埼玉県 - ジャンル:地域情報

[2010/08/23 21:17] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
偉大なるユリウス・カエサルと2月29日の謎。
二月29


 英会話のはじめの頃にカレンダーについて調べました。
英語のジャニュアリー、フェブラリ…とかって月の名前、覚えにくいですよね。
と言いつつ、考えてみると、日本の月名だって半分ぐらいしか出てこない。

 これもいちおう書き出してみましょう。
睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、文月、葉月、長月、神無月、霜月、師走。
10月は、出雲に限り、神在月。日本中の神々が出雲に行ってしまうから。

 で、何が特にわかりにくいかというと、最後の3ヶ月。10・11・12月。
オクトーバー、ノンベンバー、デッセンバーが似ていて間違えやすい。

 これはイタリア語とかスペイン語の数字のことを考えたら、急にわかりやすくなりました。
9月、セプテンバー。セプトってセブンのこと。つまり7。
10月、オクトーバー。オクトパスがタコ。オクトって8のこと。
11月、ノンベンバー。ノンってナインのこと。つまり9。
12月、デッセンバー。ダイムとかディエズって10のこと。

 このように、ヨーロッパ後の元祖、古イタリア語とでもいうべき「ラテン語」からきている。つまり他の月のように、ギリシャ神話の神の名前ではなく、たんに7月、8月、9月、10月という意味。そしてこれが2ヶ月ずれているからややこしい。


 7月はジュライ。これは英語読みで言うとジュリアス・シーザー、ユリウス・カエサルのことですね。ユリウス暦を作ったぐらいですから、入って当然です。8月は、オーガスト。カエサルが養子にして育てた、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスのことです。

 まだ、ローマが共和制の頃に、暦の1年が10ヶ月から12ヶ月に変更になりました。そう聞くとすぐさま、7月と、8月をねじ込んだから2ヶ月増えたのか!と思いましたが、それ以前から12ヶ月でした。他の皇帝も、自分の名前に変えたみたいですが、偉大なこの2人以外は、死後に元に戻されたそうです。

 それでもって、2ヶ月増えても問題はないわけです。1年はマーチから始まります。マーチってのは、軍神マテウス、マルス、マース、火星のことです。10月デッセンバーのあとにジャニュアリー、フェブラリという月が足されたのです。日本の旧暦、太陰暦だって、二月初めが新年なので何だか近いのですが。

 ところが、その呼び方以外に1月、2月…とつけるときに、なぜだかジャニュアリーから始まるわけです。これがよくわかりません。ですから7月が9月になり、10月が12月となったのです。

 ついでに、本来、1ヶ月毎に、大の月31日と小の月30日を繰り返していたのですが、アウグストゥスが権力を行使しました。私の8月も、1日増やして31日にしたい。それで7月、8月と31日が続くのです。

 しわ寄せはどこに来るかというと、そう、最後の月です。2月が29日なのは、そのためです。


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/07/06 18:45] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
社会を変えようとするより先に、するべきことがある!?か?
2010春近況

☆天山南路より


 春休みから4月、「関西さくらめぐり」と「イギリス8日間」と「東北3大桜ツアー」(3人分の申し込みと支払い)をかかえていてその準備でいそがしい(気分)。先日、イギリス旅行の追加代金を払いに行ったら、イギリスの空港施設使用料が1万円以上追加になりビックリ。恐らく、近年で一番落ち着かない日々だ。

 ヤフーオークションを再開し、オペラなどのチケットを4枚ほど取る(予定)。たいした金額でもないのに、慣れないと気を遣うものだ。ジークフリートに、神々の黄昏、パルジファル、と毎月初体験オペラがある。はずかしながら、アマゾンで買い物してみた。こんなに安いとは今まで気づかなかった。振込手数料も、送料もかからない。

 それから何と言っても「関西さくらめぐり」は一人旅で、計画を練らなければいけない。めずらしく桜の開花予想が思いっきりハズレ、もう高知と松山では咲いている。予報官のアタフタしたコメントに、結局の所、3月末と4月始めの両方の計画を同時進行している。つまり、移動するホテルとか、双方の日程で押さえているのである。

 ついでに、(ふつうこっちが主か?)、確定申告のために税務署に3回も足を運び、というか運んでもらい。失敗するため何度も書き直したのだ。やつらは、何とこんな時に、しっかり土日休むのだ。用紙がほしかっただけなので、結局、ネットから取りだし印刷した。日曜日に申告書を税務署前のポストに入れてきたが、大きなポストの中はいっぱいで、何とか詰め込んで来たのだ。午後になって行ったら、ポストに入らなくて、月曜日に4度目の税務署通いというはめになっていたところだ。

 昨年、マンションの理事会に参加させられていたのだが、先週、今度は自治会の方から役員をたのまれた。回覧板とかヘルメットとかも渡された。順番に回ってくるのだが、引っ越しとか体調とかで、できない人がいるので、やけに早く回ってくるのだ。とりあえず、4月は半分くらい家にいないので、集まりには出席できません。土日は仕事してます。今年は、ムリして仕事を休んだりしないこととしよう。

 とまあ、なんだか大変そうに言っているが、要すると、チュニジア旅行とイギリス旅行の間が狭いために、気分的に落ち着かないのだ。(準備に時間をかけるので。)チュニジア旅行記が終わらないうちに、次に進むのも気分が悪い。決して人並みに忙しいわけではない。あくまでも当社比です。

 昨年も、クロアチアツアーから帰ってきてすぐに、新国ワルキューレ、それから名古屋と奈良に行った。桜の季節を5月にしてくれたらありがたいのだが。なにも、世の中の春休みに合わせなくてもいいのに。ちなみに、年末年始、お盆、ゴールデンウィークなんて時には、何もしないで家にいます。山ごもり。
そうそう、「フランク・ブラングィン展」行かなくちゃ。


☆ 
 たまたま、池田晶子さんの、今読んでいる本にこう書いてあった。

 いずれにせよ人は、このような考え方を良く理解しない。宇宙のことを考えていると言えば、現実離れしていると言い、自分のことを考えているというと、自分本位であると言う。そもそも、ものを考えるとはどういうことなのかを知らないのだから、仕方ない。しかし、人生とは、自分が宇宙に存在しているという以外のことではない。だから、なぜ人は、自分の人生について考えようとしないのか、逆に私には不思議である。

 何もかもが、意志的に人為的に統制できると思っているのが現代文明である。この根本の間違いの上に築き上げられてきた近代巨大都市である。しかし、人間の意志など知ったことか、自然は一撃でそれを壊滅させるだろう。

 地震によらなくても、人は必ず死ぬのである。人は自分の人生は、自分の意志で、自分で選択して生きていると思っているが、そんなのは大ウソだ。
[2010/03/16 16:38] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
指折り待ってた、夏祭り。
ルネ1

ルネ2

ルネ3

ルネ4

ルネ5

22日、23日に行われた、マンションの夏祭り。なにしろ350世帯くらいあります。

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

[2009/08/26 20:44] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うちのマンションの夏祭り用 太鼓台の看板
ルネ赤

ルネ青

☆赤と青のプラベニヤ

 午後だけですが、ベニア板サイズ、仕上げるのに4日間。

 夏祭りのお手伝いをしています。おみこし、山車とか、模擬店でフライドポテトを担当したりもしますが、私だけ特別に看板を頼まれます。

 1日の看板仕事が終わった後の夕方、夏祭りの準備をしている役員の方々にビールをいただいたのですが、これが酔いがひどくヘロヘロになって、夜になるまで抜けないのです。よーく考えたら、油性ペンキのシンナーを吸って気分がふらついているときにビールを飲んだのがいけないようです。ちょっと考えられないような気分になりました。マネしないように。

テーマ:しあわせな時間 - ジャンル:恋愛

[2009/08/18 22:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんな人とはいっしょに住めないなと感じたとき。お茶漬け??
ペルソフト

☆新着写真 街を歩く、ペルーのソフトクリーム屋さん。
だいたい野外のソフトクリーム屋さんの、コーンの管理はいい加減に見える。


 数ヶ月前の『さんま御殿』で、 「こんな人とはいっしょに住めないなと感じたとき。」というテーマの時のこと。再現VTRでは、お昼時に新入社員の男性が、給湯室にいるあこがれの女性社員のある姿を見てあきれかえる場面。

 給湯室で、やおらお弁当箱のごはんの部分を出して(おかず部分は別にしている)、そこにお茶漬けの元をふりかけ、湯沸かし器のお湯を、水道の蛇口から直接、ごはんの上(お弁当箱の上)にかけて、お茶漬けにしていた。ガーン!!

 これを見た司会のさんまと、ゲストのコメントが、私の考えと違うのに驚いた。

 女性ゲストは、せっかく作ったお弁当をお茶漬けにするとはなにごとか、とお弁当制作者の立場で不満げな様子。ごはんは、炊いた状態のごはんのまま食べるべきだろう。

 さんまは、いや、関西の男はお茶漬けが好きなんや。俺なんか、夕食の時に、お茶漬けがいちばんうまい!とか言って、なんど奥さんに怒られたことか。お茶漬けが好きなんだから、しゃーないやろ!

 おもわずテレビに向かって、「違うだろー」と突っ込んだ。

 お茶漬けの好き嫌いとは関係なく、「給湯器の蛇口から直接お湯をそそぐ」という行為が問題だろう。給湯器のお湯の、飲み物としての衛生面にも不安があるが、それには目をつぶる。

 お湯は、ちゃんとやかんで沸かして、つまり沸騰させて、急須などに入れ替えて、ごはんに注ぐべきではないのか。蛇口から直接なんて、蛇口に口を付けて水を飲む子供のように不作法だ。

 もうっ、芸能人とはいっしょに住めないなー。

テーマ:+お外でごはん+ - ジャンル:グルメ

[2009/07/19 22:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
MAXめんどくせえ!     ■病院と銀行送金■
病院銀行



 昨年10月に軽い風邪をひいていらい、1日に数度、ひどい咳が出るのが続いている。仕事中はあんまりでないのだが、朝晩がひどい。こんな体質みたいで、冬にはよくあることなので、ほっておいた。それが、4ヶ月続いて、気管支か肺の、胸の上の方が苦しくなってきたので、近所の病院へ行った。

 近所の小さな病院に、適当に9時過ぎに行ったら、患者は誰もいない。看護婦さんに症状を話して、初めてのカードに記入していたら、その話を聴いていたらしい先生が、奥から出てきた。そんなに長く続いているのなら、他の病院へ行っていろいろな検査をした方が良い。なになに病院に気管に詳しい先生がいるから、そっちに行きなさい、と言われた。

 具合の悪い中、駅前まで歩いていき、タクシーに乗って、紹介された大きな病院に行き、2時間ぐらいかけて、レントゲン検査と問診した。結果ははっきりせず、先生も「病名をつけないと薬を出せないから…」と変ないいわけをしながら、カルテを書いた。咳止めなど3種類の薬をもらって帰った。薬を飲んで様子を見て、症状が良くなればもう来なくて良し、悪ければもう一度病院に来るようにいわれた。

 とりあえず、薬を飲んで、ちょっと良くなったようだ。
しかし、苦しいから意を決して病院に出向いたのに、他の病院に行けとは、驚きだ。


 それから旅行代金を振り込もうと思ったら、小泉さんではないが、怒るというより、あきれて笑っちゃうようなゴタゴタがありました。

 この間の中国ツアーは郵便局から送金したので、問題はありませんでしたが、送金手数料が高いと思い、ネットバンキングによる送金なら100円だから、今回はそうしようと思いました。しかし、ここ2年ほど、使っていませんでした。まともな海外旅行も4年ぶりです。

 以前と同じようにやってみました。まずネットでりそな銀行を出して、3種類もあるパスワードまたはIDというものを入れましたが、どれも受け付けません。
画面の下の方をよく見ると、「埼玉りそなはこちら」とありました。
それをクリックして、IDを入れると、ログインできました。
それから送金しようと思うと、求めていないものが出てきます。

パスワードを何ヶ月か変えていないから、変更するように、というお勧め。しかし、複雑な12桁の英数字。打ち込むのも変更するのも面倒。しかも2回同じものを入れる。メモも取らなければいけない。

それが終わると、自分だけに分かる、質問事項と回答を3つ作れという。
たとえば「卒業した小学校の名前は?」「なんとかしょうがっこう」
と、他の人では知らないだろうことを入れる。これも面倒だ。

そして、やっと振り込み画面。相手との面倒な送金番号など、大量に入力したにもかかわらず、最後に、振り込みカードの、縦がいくつ、横がいくつの、交差している部分の文字を入力しろ、と出た。

そんなカード持っていないし、使ったこともないけど。
「カードを持っていない方は」をクリックすると、その場面で申し込むか、銀行店頭で申し込めると書いてある。ただし1週間ぐらいはかかるそうだ。


結局、30分かけて、インターネットはあきらめて、歩いて15分ほどの銀行へ出向く。

相手から送られてきた振り込み用紙は、金額を書き損じたので、ATMで送金しようと思う。閑そうな店員と一緒に、振り込み画面で進めていたら、金額を入れたところで、店員が「はっ」と気づき、「10万円以上は窓口でした」と。今頃言うなー。

結局手書きで、かなりいっぱい書くことのある用紙に書き込んで、窓口で出すと、「身分証明になるものを出してください」と言われる。こっちがお金を出すのに、身分証明かよ、と思いつつ、免許証を出す。

「送金手数料が900円かかりますが、ご自分の口座からでしたら、もう少し安くなりますが、カードと印鑑もっていますか?」と店員。それが出来んから、こうしてやっているのじゃ。もはや、送金手数料は、どうでもいい。簡単にすませてくれ。

ついでに、ネットバンキングに書いてあった、あのカード(ランダムカードのことかな?とか言っていた)の申込書をくれと頼んだ。そうしたら、裏へ回ったり出たり、二人の店員がマニュアルを見たりヒソヒソ話しをすること10分。そんなことを頼む人はいないらしく、専用の用紙もなく、この用紙のこの部分に丸をつけて、判子とかもろもろいっぱい書いて出していただければなんとかなります。と、薄い銀行の利用マニュアルまでつけてくれた。

窓口は空いていたにもかかわらず、家に帰ったときは、始めてから2時間経っていた。こちらもミスをしたが、ネットバンキングの本人確認の面倒さと、銀行員の手際の悪さにはあきれるばかり。
昔ながらの、窓口送金で、いいんじゃないの。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

[2009/03/06 20:17] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いまだに「一太郎」と「ATOK」と「ASKA」を使っています
一太郎



 もしかして、最近パソコンを使い始めた人って、最初からウィンドウズに付属している「ワード」とIMEを使っているので、日本語入力ソフトが選べるということ自体知らないかもしれない。

 ウィンドウズの前、MS-DOSの時代は、ワープロソフトは「松」、日本語入力は当然「松茸」を使っていました。ウィンドウズ3.1になったときから、「一太郎5」と「ATOK8」にしました。なにしろ愛用していたワープロソフトの「松」は、ウィンドウズ版が発売されず、同社のデータベース「桐」がほんの数回更新されただけで、この会社の名前は聞かなくなりました。

 ウィンドウズ3.1になったとき、ワードパーフェクトなどの一部の外国製ワープロソフトはありましたが、なんといっても一番強力で伝統もあったのが、ジャストシステムの「一太郎5」です。そして、何でもライバル会社の製品に似た製品を作っては、ウィンドウズに付属させる作戦で、次々とソフト会社が消えていきました。ウェブブラウザを普及させたネットスケープなどもなくなりました。

 マイクロソフトはウィンドウズ3.1の時から、日本語変換ソフトを着けていましたが、エー・アイ・ソフト製の「WXⅡ」のOEMでした。その後、自社開発になったようですが、「一太郎」の「ATOK」を超えた、あるいは並んだ、といった話は、聞いたことがありません。 

「一太郎」も消えてなくなるかと思っていましたが、頑張って更新しています。今まで十数年前、ウィンドウズ95の時に買った「一太郎9」と「ATOK12」を使っています。データベースに至っては、ウィンドウズ3.1のとき、したがって1993年頃の「ASKAあすか」というソフトをいまだに使っています。こんな古いソフトが、今のウィンドウズ使えることもすごいことです。

 パソコンは、3年おきぐらいに買っていますが、ソフトは替えません。「イラストレーター」とか「フォトショップ」なども十数年前のものを使っています。今週、知り合いに「一太郎2006」を借りてみたら、表面上は「ATOK2006」なのですが、内部フォルダは「ATOK19」となっていました。ってことは、もう20になっていることでしょう。まけるなジャストシステム!徳島県。 

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2009/02/26 21:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年も、がんばりません!
2009新年

☆長谷寺の舞台から


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ブログをはじめてもうすぐ2年たちます。
今年も、がんばりません!

昨年に載せたものから、新年の心構えとして少しだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。収入の多さと自由人であるかどうかは関係がない。夢を追いかけるのを忘れて、安定した人生を選んだ人は、言ってみれば『退屈な人生を生きる終身刑』を自らに課しているのに等しい。大多数の人間は、いまいるところで頑張れば道は開けると考えてしまう。そこで、無駄な戦いをやって、ボロボロになって力つきてしまうのだ。ほんとうは、その場所から出ないといけないのだ。

 マスコミでは、一部を誇張した成功者の話ばっかりが、いいふうに毎日流されて、人はみなあおられてしまう。みんな罪悪感を持っている。生きていることそのものに、自分の平凡さにだ。超人的に頑張らなくては、自分を好きでいられないような心境になっているように見える。がんばりやさんでまじめでいい人たちは、どうしてもそれをやろうとして、壊れてしまう。人生は一度しかないし、自分はひとりしかいない。そんないちばん基本的なことを忘れてしまう。

 たとえば、旅に出るにはエネルギーが要りますが、旅をするとエネルギーが湧く。食事をするのにさえ、エネルギーは要りますが、食事をしなければエネルギーは得られない。つまり、エネルギー不足だと感じたら、休んでいても回復しない、ということです。恋をするにはエネルギーが要りますが、恋は-すればするほど-エネルギーを生んでしまう。


 読書というのは、同じ本を何度も読み返すことをさすのであって、初めて読むのは読書のうちに入らないことがわかってくる。それは、美術でいえば、ここには山が描いてあるとか、女の裸の絵だとかいって、絵を見るようなもので、こういうのは「絵を見る」ことの発端ではあっても、本体ではないのと同じようなものだ。絵だって、くりかえし見ていると、実にいろいろなことが見えてくる。


 何かが叶ったから感謝なのではなくて、何も起きないことが感謝。本当の感謝というのは、何も起きないで穏やかに淡々と過ぎていく。ということがものすごいことなんだ、ということに気がつくことです。不安や心配や懸念を思うのは、神と自分を信じていないということです。

 今、目の前の人を大事にし、今、目の前のことを大事にして生きる。自分の口から出る言葉が、相手の細胞が喜ぶようなことだけを話すように、普段から心にとめておくこと。

 人の本当の価値は、相手から受け取るもの以上に、自分がどれだけあたえられるかによって決まる。大事なのは、お客にもっとお金を出させることじゃない。こちらがさらにもっとあたえることだ。あたえて、あたえて、あたえ続ける。


 座禅の姿勢 こうした形は正しい心の状態を得るための手段ではない。
この姿勢をとること自体が正しい心の状態なのだ。
何か特別な心の状態を得る必要はない。
この姿勢をとるとき、みなさんの心は正しい状態にあります。
みなさんの持つ制約が、みなさんにとって制約でなくなること、それが修行というものなのです。

人間の条件とは、言うまでもなく、生きて、死ぬことである。
あるいは、病んで、老いることである。
そして、その間、愛し、愛されることである。

人は「自分のために」何かをする理由がない。
何かをするということは、いかなる理由もなく、人のためにすることであるということに、どういうわけだかこの世界はなっているのである。
自我なんてものを、自分だと思っているのは、ただの思いこみなのである。

 『この世で生きることには、やっぱり特に意味はなく、ここに生まれたから生きているとしか言いようがありません。その上で、「どう生きていこうか」と考えたとき、結局「真善美に生きる」しかないと確信します。最近巷間でよく耳にする、「せっかく生まれてきたのだから、やりたいことをやろう」とか「前向きに行動していれば、いつの間にか成功する」などということではまったくなくて、「真実を求め、美を愛し、善くある」こと意外に本当の幸福はないように思います。』


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2009/01/01 19:51] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北京と西安に行ってこようと
中国旅行



 北京と西安に行ってきます。

4泊5日の格安ツアー
万里の長城、故宮博物館、天安門広場
大雁塔、兵馬俑坑博物館、秦始皇帝陵、華清池 など

北京の12月の平均気温は-2.7度だそうです。
つまり、もう、そうとう寒いに違いありません。
こんな寒いときに、万里の長城なんて歩けるのでしょうか。




テーマ:旅行 - ジャンル:旅行

[2008/11/21 23:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
マルタの青い橋
マルタ青橋23

マルタの青い橋 Take23。
今年3月に出したマルタ市街『G・BORG』http://blogs.yahoo.co.jp/ariennike/34378088.html
の姉妹編。同じ通りの近いところです。
この橋の下は、車道で、真ん中が歩道です。
手前のこちら側にも歩道があります。
これから、歩道と橋に手すりがついたり、まだまだ進みます。

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

[2008/09/05 21:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ブランデンブルク協奏曲 第3番
ブランデン

☆奈良公園

ブランデンブルク協奏曲を久しぶりに聴き直してみました。
中でも特に軽快な第3番の第3楽章を聞き比べました。
有名なカール・リヒターのものは今回聴いていませんが、それ以外ではこれぐらいあればいいところだと思います。(かっこ内は演奏時間)
どれを聴いても、感動するんですねー、これがまた。

1.グスタフ・レオンハルト ブリュッヘン・クイケン・ビルスマ 1977(4:24)
2.トン・コープマン アムステルダム 1983(4:42)
3.クリストファー・ホグウッド エンシェント室内管弦楽団 1984(4:32)
4.ラインハルト・ゲーベル ムジカ・アンティカ・ケルン(3:47)

1は、長年親しんできた演奏です。それ以前にリヒターのものを聴いていて、それとは違うのびのびとした演奏だと感じました。それと同時に、線が細く、力強さに欠ける印象は残ります。ヴァイオリンソロの部分は、クイケンでしょうか、このレオンハルト盤ががいちばん活き活き演奏していると思います。演奏の端々で、それぞれの楽器がずれているところもいいですね。

2は、いちばん新しく聴いた演奏ですが、ゆっくりと暖かみのある演奏です。恐らく第3番ではない他の曲の方が、この演奏の魅力が出ているでしょう。1と2は、双方とも、各楽器間の旋律の受け渡し具合が、わかりやすく楽しめます。一部、音が混ざってぐずぐずになって聞こえるところもあります。私が実際に聴いて感動した演奏には、これが一番近いようです。

3は、かつてモーツァルトの交響曲全集で、新しい感動を呼び起こしてくれたホグウッドですが、ここでは非常に無機的です。機械が演奏しているような気がするほど、キビキビピタリと合い、きちんとしすぎていて人間味がありません。

4は、アルヒーフの新バッハ大全集に取り上げられている演奏です。前の大全集ではもちろんリヒターの演奏でした。時間を比べるまでもなく、もの凄い快速で飛ばしています。みんなで頑張って汗を飛び散らせながら、世界記録更新を狙っているかのような熱気を感じます。最高難度の回転技を出して、着地をピタリと決めた。要するにスポーツ的爽快感に引っ張られる演奏です。ヴァイオリンとヴィオラのパートの違いなんて感じるヒマもなく、アッという間に終わってしまいます。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2008/04/24 22:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドーム、ドム、ドゥオーモ、カテドラルは司教の位の違いか?
大聖堂



「東京ドーム」などでお馴染みの「ドーム」
このドームといわれる丸天井が史上初めて(かどうかは知らないが)かつ、唯一の建物であったのがローマのパンテオンです。ほぼ紀元ごろ、アウグスティヌスの将軍であったアグリッパによって建てられたものです。この時代以降、誰もこんなものは作れませんでした。

 15世紀のフィレンツェに天才建築家ブルネレスキが現れ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母教会)の丸天井を設計しました。その後、ミケランジェロがサン=ピエトロ寺院を設計しました。

 このフィレンツェの大聖堂は通常「ドゥオーモ」と呼ばれています。日本語の「どうも」に近い感じがします。フィレンツェよりもはるかに大きいミラノの大聖堂も「ドゥオーモ」です。これがドイツに行くと「ドム」となります。


ウィキペディアで調べてみると-------------------------

『ドゥオーモ(Duomo)はイタリア語で、イタリアでの街を代表する教会堂の事である。 ローマ以外での司教座聖堂の大聖堂にほぼ同じ。 ラテン語のDomusが語源で、神の家を意味する。』

『旅行ガイドなどにはドゥオーモとそのまま書いている。ドゥオーモと呼ばず司教座聖堂の意味のカッテドラーレ(cattedrale)と呼ぶ地方もある。』

『大聖堂(だいせいどう)とは宗教建築の種別のひとつで、通常はカテドラルの訳語として用いられている。』
----------------------------------------

 この「ドゥオーモ」ですが、イタリアも南の方へ行くと「カテドラル」と呼びます。ギリシャとかフランスでもそうだと思います。この日本語で言う「大聖堂」は街の中に1つしかありません。教会は、日本のお寺と同じく、街の中に何十とあります。これは大きさの違いではありません。教会よりも小さな「大聖堂」も見たことがあります。「カテドラル」が司教の椅子の名前からきていることは知っていましたが、ウィキペディアの説明では納得できません。


 団体ツアーでは通常、添乗員の他に、現地人ガイドとその通訳もかねる現地日本人ガイドの3人が案内をしてくれることがよくあります。フィレンツェで、わたしはこの件について、添乗員と現地日本人ガイドに尋ねてみたが、二人とも「場所によって呼び名が違うのではないか」とあやふやな答えだった。

 そこでフィレンツェに詳しそうな現地イタリア人ガイドに訊いてもらった。彼女は、良い質問をしてくれたといわんばかりに雄弁に語りだした。日本人ガイドの通訳によると

『「ドゥオーモ」と「カテドラル」は、その地域を担当している司教さまの位によって呼び名が変わってくるのです。』
『ここサンタ・マリア・デル・フィオーレは「ドゥオーモ」であり「カテドラル」でもあるのです。』

その後、彼女はさらに話をどんどん進めたみたいだが、日本人ガイドは同じ言葉を繰り返すだけだった。絶対もっと難しいことを言っているに違いない。日本人の教養では知らない言葉が出てきて意味不明で訳せないんだ。日本語にそんな言葉がないのかもしれないし。そんなふうに疑ってしまった。イタリア人ガイドは、たくさんしゃべったので満足げであったが、私はもの足りなかった。

 だれか教えて!

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

[2008/02/07 18:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今日までそして明日から
新年言葉



 私は今日まで生きてみました。
 
 私は今日も歩いてきました。

お昼に2時間ほどかけて、数人しか人のいない公園を歩いてきました。こんな時に、ひとりで1時間以上歩いている人が、二人ほどいました。いちばん遠いところを歩いている時に突風が吹いて、枯れたススキの綿帽子に包まれました。シャボン玉がいっぱい飛んでいるように見えました。

 わたしは120歳まで生きるので、まだまだ若輩者ですが、部屋の整理整頓をしていると、30年ぐらい前のモノがときどき出てきます。中学生の時に録音したカセットテープとか、高校生の時から使っているタオルとか、本なんかはいっぱいありますが、とにかく懐かしいものが出てきて、そのたびに動きが止まります。

 30年前は、そもそも30年も時間がたつなんて思いもしませんでした。石油だって30年たったら枯渇すると言われていました。「あのころにかえりたい」なんて全く思いません。10代の自分なんて、今から思えば、バカですよ。そんな昔までさかのぼらなくても、10年前だってバカです。桜や紅葉のうつくしさもわからず、ヴェネチアもリスボンも飛鳥も知らず、お葬式にも出席したことがなく、何を目標に生きていたんでしょうか。

 盆も正月も誕生日も、そんなの関係ない!、で生きている私でも、昨年のお正月は、誰と何をしていたのかなと思い返したりします。ほとんど人に会わないので、誰かに会った記憶は残っています。あの人は、この人は、今どうしているのでしょう。人の心はどんどん変わるのに、お正月はたんたんと毎年やってきます。

 どこで読んだか憶えていないのですが、バッハのカンタータを聴いたことがない人に勧めるせりふに、こんなのがありました。「あなたのこれからの人生に、すばらしい時間が待っている」
これからの30年、どんな悲しいことや楽しいことがあるのでしょう。
アンチ・アンチエイジング!
歳をとることは、すばらしい。

そして今、わたしは思っています、
明日からも、こうして、生きていくだろうと。

今年もよろしくお願いします。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

[2008/01/01 14:58] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>