『エレクトラ』 アバド ウィーン国立歌劇場 1989
エレクトアバド



 ここの所、猛暑で家に隠っている。そこで、音楽を聴く気にもならないのだが、新国立劇場の今秋シーズンの出し物、『イル・トロヴァトーレ』「サロメ」『ルサルカ』「こうもり」を聴き直している。

 そこで小澤征爾・ノーマンの「サロメ」を聴いたら、これがとてもいい感じだ。ヴェルディなどの、普通の?オペラと比べて、とりつく島もない、わけがわからない音楽だと、ずっと思っていた。

 ところが、実演では2回接したが、どういうわけか感動するのである。『ばらの騎士』や『影のない女』などの、しっかりした形式(これも自信がないが)の、堂々たるオペラではなくて、その中の一部をとりだして、引き延ばしたような、唐突な始まり方なのだ。

 つまり、『影のない女』の第2幕後半の、みんなでギャーギャー騒いでいるところだけを取り出したような音楽なのだ。ここの部分は、とても好きなのだが、ストーリーとか音楽の流れとか、そんなことは混乱していて、自分が今どこにいるのかわからない状態で感動しているのだ。

 そこで小澤征爾・ノーマンの「サロメ」を聴いていたら、今まで感じていたのとは違って、日本古来の雅楽を聴いているような気分にひたってしまった。春日大社神苑で聴いたことがあるのだ。やたらと同じようなフレーズが繰り返されるのだが、気分が高揚するのだ。

 それで、猛暑に囲まれ、籠城中である。信じられないのだが、「サロメ」と『エレクトラ』のビデオを、午前午後で立て続けに見たのだ。正確に言うと、『エレクトラ』を見たらよかったので、「サロメ」も続けて見てしまった。もっと楽しいものにしたかったのだが、これが運命というものだ。


 このアバドの『エレクトラ』のビデオは20年前に録画したきり、一度も見ていなかった。『エレクトラ』という曲自体、有名なショルティのCDを買って、一度聴いたきり、苦しそうな曲なので敬遠していたのだ。まさか今頃感動するなんて。きっと、『影のない女』と「サロメ」に馴染んだせいで、受け入れられるようになったのだろう。

 しかも主役がエヴァ・マルトンである。感動するわけがない、という先入観がある。彼女のトゥーランドットとレオノーラは全然よくない。こんなタイプのノーマンやネトレプコの声は好きじゃないのだ。いやいや、おそらく、生で聴けば素晴らしいのに違いないが、録音されたものだとそう感じるのだ。

 こう思うマルトンであるが、声以外は、最高に感動的だ。(褒めたことにならない?)声は、この中では、当時絶頂期の、シェリル・ステューダーが最高だ。ファスベンダーは、声というよりも、演技、というか不気味さがすごい。

 演出はひどく暗い。右側に、フセインの銅像みたいなもの、腰から下だけ見えている。つまり巨大な像があり、左側にその頭、3mぐらいの巨大な頭が落ちている。クリテムネストラとエギスト以外は、ボロボロの雑巾みたいな衣装。暗い、汚い、暑い(これは関係ないか)という苦しさの中、なんだか感動した。

 しかもアバドが、リヒャルト=シュトラウス。他に何か録音があったっけ。ワーグナーも『トリスタン』と『ローエングリン』だけだし、プッチーニはない。とまあ、有力指揮者としては珍しくレパートリーがバラついている。しかも、一番似合いそうもない『エレクトラ』なんて。


『エレクトラ』 ウィーン国立歌劇場 1989年ライヴ!

 エヴァ・マルトン(エレクトラ)
 ブリギッテ・ファスベンダー(クリテムネストラ)
 シェリル・ステューダー(クリソテミス)
 ジェームス・キング(エギスト)
 フランツ・グルントヘーバー(オレスト)
 ウィーン国立歌劇場合唱団(ヘルムート・フロシャウアー:合唱指揮)
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 クラウディオ・アバド 指揮 ハリー・クプファー演出


 カーテンコールでは、ハリー・クプファーや、他のみんなにこやかなのに、アバドだけ変な表情をしていた。観客のブーイングに、困惑したようだ。見事な熱演なのに、不平を言うことがあろうか。こんないいビデオ、何でもっと早く、見なかったんだろう。



  


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2011/07/13 19:58] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
図解 『サロメ』 東京二期会 2011年2月23日 
sarome10s.jpg



 コンヴィチュニー演出と評判の公演。意味はさっぱりわからないが、あんがい私は、そんなことは気にしない。もちろんもっと普通の演出で見たかったが、なにしろ歌と演奏はすばらしかった。期待しないで出かけるもんである。

 「ネザーランド・オペラ及びエーテボリ・オペラとの共同制作」と、パンフには書いてある。ネザーランドってネーデルランド、つまりオランダのことだと思うが、どっちにしろ今まで聞いたことのないオペラハウスだ。そんな共同制作するような、舞台装置に演出なのだろうか?

 核シェルターの中で、最後の晩餐、(レオナルドに限らない)定型タイプの座り方をしている。左にはソファーがあり、テーブルの手前には厚手のペルシャ絨毯が敷いてある。キリストのようなヨカナーンも、最初から中央に座っているが、紙袋をかぶって顔を隠している。

 そんなに珍しくもないが、舞台の奥の方に箱があり、すべてはその中で起きる。舞台手前5mぐらいの黒い土間は、最後にちょっと使うだけ。全員最初から舞台上の登場しており、台本とは関係なく?ドタバタ劇を演じる。ヘロディアスにいたってはヨカナーンの上に乗って、「楽しんご」のように腰を振ったりしている。

 『サロメ』の見どころ「七枚のヴェールの踊り」では、エロティックなところは全くなく、ドタバタに終始する。ちょっと損した気がするのは、私だけではないだろう。「一部にセクシャルかつ常軌を逸するアヴァンギャルドな表現を含んでおります」とパンフには、わざわざ注意書きが入っています。

 これは何のことでしょう。ヘロディアスの腰使いのことでしょうか。核シェルター?それとも最後の晩餐?。。通常ナラボートが自殺するところで、ヘロデが射殺します。みんなでパンツを脱がせ、よってたかってお尻を叩いたりしていじめたところでしょうか。わかりません。

 こんな環境の中、成長したサロメは、核シェルターの壁に、チョークでドアを書く。そして外へ出ようとする。他のユダヤ人たちも真似をして、それぞれドアを書く。でも、外へは出られない。ここのところ、演出っぽい。

 皿の上の首ですが、ヨカナーンの胸から上をきり取ったモノが出てきます。が、生きているヨカナーンもそのままいます。ふたりで首を持ち替えたりしながら、歌います。愛の二重唱ですね。そんなもの持たないで、普通に2人で歌えばいいのに。

そして、ヘロデが最後に言う「あの女を殺せ」である。舞台上には、カーテンが閉められ、それ以前にシェルターボックスは後ろへ後退していて、2人しかいなかった。まっくらになり、会場の1階中央にスポットライトが当たる。その中の一人が立ち上がり、"日本語で"「あの女を殺せ!」と叫んだ。横にいる妻らしきご婦人は、それを止めようとしているような動きをしていた。さっきまでのヘロデと違う人ジャン。


 CDやDVDで視聴するのと、実演は、サロメの場合特に印象が違う。以前見た演出は、ほとんどなにもない舞台で、なにをやっているのかわからなかったが、時間がたつうちに引き込まれていき、最後は感動に包まれた。もしかすると、演奏会形式でも良いのかもしれない。

 歌手の見かけでは、ヨカナーンがいちばん、次がヘロデ、それらしい風貌をしていた。そもそもの舞台からして、白人・ヨーロッパ人のようである必要はないのだが、他の人は、いかにも日本人であって、クローズアップすると違和感がある。遠目に見ましょう。

 歌に関しては、先のマリインスキー歌劇場のような、歌手の凹凸というか、凹は特になかった。あんな!テノールはいない。サロメの大隅智佳子、ヘロデの片寄純也の歌唱はお見事。全員そこそこ健闘しており、サロメがいちばん魅力的に声が出ていた。完全に満足です。

 そういや、忘れちゃいけない、数年前の若杉弘指揮の「ダフネ」の時も、演出はともかく、演奏と歌はとても良かった。二期会、がんばってますね。


サロメ二期11022

東京二期会 オペラ「サロメ」
2011年2月23日

原作 : オスカー・ワイルド
ドイツ語台本 : ヘドヴィッヒ・ラッハマン
作曲 : リヒャルト・シュトラウス
会場 : 東京文化会館

指揮 : シュテファン・ゾルテス
演出 : ペーター・コンヴィチュニー
舞台美術・衣裳 : ヨハネス・ライアカー
照明 : マンフレット・フォス
演出助手 : ロッテ・デ・ビール、澤田康子、太田麻衣子
舞台監督 : 幸泉浩司
公演監督 : 多田羅迪夫

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

[2011/02/24 18:12] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ナクソス島のアリアドネ』ベーム ザルツブルグライブ1965DVD
ベーム65


☆レリ・グリストとセーナ・ユリナッチ

カール・ベーム指揮 ウィーン・フィル 1965年8月21日
ギュンター・レンネルト演出
Ⅰ.38m36s  Ⅱ.81m10s

アリアドネ=======ヒルデガルト・ヒレブレヒト★
バッカス========ジェス・トーマス
ツェルビネッタ=====レリ・グリスト★★
作曲家=========セーナ・ユリナッチ★
音楽教師========パウル・シェフラー
舞踏教師========ヨン・ファン・ケステレン

 
 以下、DVDの解説文によると、作曲者生誕100にあたる1964年にザルツブルグ音楽祭で初演された演出の、翌年の上演をORFがテレビ用にライブ収録したものである。初演とほぼ同じ配役であるが、水の精がルチア・ポップからロッテ・シェドレに、そしてアリアドネがクリスタ・ルートヴィヒからヒルデガルト・ヒレブレヒトに変わっている。

 1964年の公演でも一晩だけヒレブレヒトが代わって歌っている。ルートヴィヒの急病で、カラヤン指揮の「エレクトラ」でクリソテミス役を歌っていた彼女が、急遽代役を務めることになった。65年は、全公演歌っているが、一応「代役」となっている。ベームが1969年にスタジオ録音したときもヒレブレヒトが歌っている。

 ユリナッチの作曲家役が容姿、歌ともに優れているが、ベームとの共演はこの64、65年だけ。当時は人脈や派閥問題があったらしく、ユリナッチとルーチヴィヒは持ち役が同じなため、とかくライバル関係が噂されていた。ベームはルートヴィヒ、カラヤンはユリナッチを好んでいたようだ。

 作曲家役はベームなら当然ルートヴィヒを使うのであるが、彼女がアリアドネにチャレンジ(失敗に終わった)したために、この役は、ユリナッチしかいない。ベームはどんな思いでユリナッチを起用したのかわからないが、とても素敵な結果に仕上がっている。


 ユリナッチといえば、カラヤン=シュワルツコップの『ばらの騎士』ビデオのオクタヴィアンで有名です。マルシャリンも歌っていますし、モーツァルトのメゾは大抵歌っています。最近聴いた珍しいところでは、クナッパーツブッシュの「フィデリオ」でレオノーラを歌っています。しかし私が、いちばん印象に残っているのは、カラヤン1950年盤『フィガロの結婚』でのケルビーノです。

 後半の主役は、アリアドネではなくて、ツェルビネッタのレリ・グリストです。ベームのスタジオ録音盤でも彼女が歌っています。その他、私が持っているのは『後宮からの誘拐』ベーム盤と『フィガロの結婚』クレンペラー盤で歌っています。スザンナを歌うようなスーブレッド歌手ですが、ものすごく高い声も出ます。キャスリーン・バトルもこの役を歌っていますが、もう、ぜんぜん違います。

 エディタ・グルベローヴァ登場以前の最高のツェルビネッタでしょう。近年、歌手が小粒になってきたと言われますが、この分野に限りそんなことはありません。アリアドネが得意のベームも、こんな素晴らしい2人のツェルビネッタを持って幸せだったでしょう。この映像でも、グリストが、長大な「偉大なる王女様」を歌い終わると拍手が続き、彼女は3回も出てきて会釈をしました。(他の歌手にはそんな場面はない)

 古い白黒ビデオなのに、同ベームの66年『フィガロの結婚』映像と違い、見にくいところのない、演奏も素晴らしいものです。モノクロのせいか、ユリナッチも、そして特にグリストが、より容姿が美しく見えるような気がします。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2009/06/10 20:11] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ナクソス島のアリアドネ』ドレスデンとメトロポリタン歌劇場
ナクソス島
 


 今週末に迫った『ナクソス島のアリアドネ』公演の予習として、2本のビデオを続けて見ました。どちらもVHSからDVD化したもので、音質があまりよくありません。


コリン・デーヴィス指揮 ドレスデン国立歌劇場 1999.3
マルコ・アルトゥール・マレッリ演出
Ⅰ.41m32s  Ⅱ.78m10s

アリアドネ=======スーザン・アンソニー
バッカス========ジョン・ヴィラーズ
ツェルビネッタ=====イリーデ・マルティネス
作曲家=========ソフィー・コッホ
音楽教師========テオ・アダム
舞踏教師========ウェルナー・ギュラ


ジェームズ・レヴァイン指揮 メトロポリタン歌劇場 1988年3月12日
Ⅰ.40m08s  Ⅱ.81m44s

アリアドネ=======ジェシー・ノーマン
バッカス========ジェイムズ・キング
ツェルビネッタ=====キャスリーン・バトル 
作曲家=========タティヤナ・トロヤノス
音楽教師========フランツ・フェルディナント・ネントヴィク
舞踏教師========ジョゼフ・フランク


 まず歌手ですが、両方とも偶然、「音楽教師」だけが実際に聴いたことがある歌手です。『トリスタンとイゾルデ』のマルケ王と、『影のない女』の染物屋です。もちろんテオ・アダムの方が断然有名ですが、こんな役をやるとはね。

ドレスデンの方は、今風の衣装に舞台装置。今となってはごく普通の現代的演出です。歌手の方は、アダム以外は知らないのですが、全員とても良いと思います。感動したので、あまり言うことがありません。

 かたやメトの方は、相変わらずの古典的・保守的、それも100年前のセットかと思わせるぐらい古い印象の演出です。すりガラス越しに遠くのものを見ているような、何とももどかしい現実離れした舞台です。おまけに歌手がキングとトロヤノスって、1960年代かい!。。キングは、我らがジークムントですが、ちょっと遅すぎた感じです。トロヤノスは60年代ベーム盤の『フィガロの結婚』と『ナクソス島のアリアドネ』で歌っていましたが、今でも大丈夫のようです。

 ジェシー・ノーマンはどの役でも、今ひとつしっくりこない感じなので、こんなものでしょうか。マズア盤CDの方が好印象。ノーマン、キング、トロヤノスと重量級名歌手の中に、なんでツェルビネッタがキャスリーン・バトルなの。小物過ぎる。声が全然出ていない。バトルはツェルリーナでしょう。

 目を凝らしたところ、エコーという端役が、見慣れたドーン・アップショウだった。まだこの程度のキャリアだったのだ。私にとって彼女は、ルチア・ポップに次ぐ、NO.2スザンナです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2008/01/22 18:16] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダフネは樹に変身する? 『ダフネ』日本初演 2
dafne1mm.jpg   ダンサーに集中していたライトが、徐々に舞台全体を照らしていくと、中央奥と左右に台があり、上に樹のようなダンサーがいる。後でダンサーだと分かるのであって、このときなまったく動かないので、セットのマネキンかと思われた。音楽が盛り上がってくると3人のダンサーが不自然なくらいに前後左右に体を揺らして踊る。足が何か棒のようなものに固定されていて、その足元から傾いて、倒れそうな感じになっている。その後、宙吊りになって出てきたりと、ダンサー大活躍。ダンスとかバレエは、外来オペラの中でやられるもの以外で、ほとんど見たことがないので、5人の舞踏だけでも十分面白かったのだけれど、はたして、シュトラウスの音楽と合っていたのだろうか。

 舞台装置としては、階段が3つ、解体された鉄骨の出ているビルの壁が何枚も、ぶら下がり健康器、または思いっきり背の高い鉄棒にツタを絡ませたものなどが、鏡張りのようになっている床の上を音もなく移動するという、よく考えたらなんだかわけが分からないものである。しかし、床にいろいろなものが映ってキラキラしている。近頃のオペラの舞台は本当に美しい。最近見た新国立劇場『ホフマン物語』『ドン・カルロ』も美しかったが、今回は更に美しい上に5人のダンサーが活躍する。十数年前の二期会の舞台なんて、本当に地味だったのに。立派になったものだ。

 よくよく考えると、日本人のヘンデンテノールって、今まで聴いたことがなかった。外来オペラの引っ越し公演か、日本人主体の公演でも、主役だけ西洋人の歌手というのばかりだった。他の声種では、日本人の歌手でも、声の魅力では西洋人に劣るとしても、感情表現のうまさでうっとりすることが何度もあった。先に聴きに行った人の話によると、福井さんのアポロがすばらしい、ダフネもロイキッポスもとてもいい、だったようだ。なにしろ、こちらが不勉強で音楽が分かっていないのだから、ほめようがない。でもオケも悪くはないと思った。しかし、こんな難しいオペラを、悪くないと思わせるぐらい破錠のない演奏するのは、きっとすごいことなのだろう。影のない女・アラベラ・無口な女・オーボエ協奏曲などとやっぱり似ているような、しかし刺激的なところのない牧歌的な音楽。始まりも終わりも静か。

 どちらかというと舞台の美しさとダンスの面白さが優先されて、音楽がどのように進行していったのか、物語の高揚と舞台の動きが合っているのか、歌手の演出はどこにあったのか、分からないところが多い。恐らく美しい演奏だったのだろうけれど、舞台の視覚的要素の方に気が取られすぎていて、確信が持てない。ダフネがダンサーにけっこう堂々と入れ替わるなんて。最後に”ダフネが樹に変身する”とばかり思っていたので、「ダンサーそのままやん」「樹にならへんがな」、と心の中でつっこんでいるうちに、終わってしまった。
 でも、最後のヴァイオリンの響きは、心にのこります。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2007/02/17 08:36] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ダフネ』日本初演を観た 1
dafne1mm.jpg  会場が暗くなって、指揮者登場。それからさらに真っ暗になって、ぱっと舞台の中央にライトが当たる。無音の中、一人のダンサーが踊りだす。しばらくその状態が続いてからから、シュトラウスの繊細な響きの音楽が鳴り始めた。

2007年 2月12日 (日) 14:00  東京文化会館 大ホール
R・シュトラウス 歌劇『ダフネ』全1幕

台本:ヨーゼフ・グレゴール
指揮:若杉 弘   演出・振付:大島早紀子
公演監督:曽我 榮子  装置:松井 るみ  舞台美術協力:島田清徳
舞踊:H・アール・カオス(木戸紫乃 小林史佳 斉木香里 横山博子)
メインダンサー: 白河直子
合唱:二期会合唱団  管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

ダフネ :釜洞祐子
ロイキッポス :樋口達哉
アポロ : 福井 敬
ペナイオス ダフネの父親 :池田直樹
ゲーア ダフネの母親  :板波利加
第1の羊飼い :勝部太  第2の羊飼い: 塚田裕之
第3の羊飼い :村林徹也  第4の羊飼い :斉木健詞
第1の乙女 :平井香織  第2の乙女 :江口順子

 東京文化会館は久しぶり。以前は、上演中ずっと舞台左右と各階ドアの上に『非常口』のランプが点きっぱなしになっていた。最近はかなり真っ暗になるので見やすい。駅ビルの中のベックスコーヒーであらすじを読みながらケーキセット。前に座っているおばさまたちも『ダフネ』のシートを持っている。全1幕だから、休憩時間がないのだ。サロメも1幕ものだけれど、なんだかちょっと損した気分になる。幕間にコーヒーが飲めないから、駅の中でのケーキセット。食べ過ぎのような。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2007/02/14 09:08] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
直前に若杉弘指揮『ダフネ』のチケットをとる
dafne1mm.jpg 公演の一週間前を切って、急激に『ダフネ』が観たくなった。”日本初演”て書いてある。”日本初演”なんて、『影のない女』しか体験してないし。しかし、ダフネは全く聴いたことがない。上野の「オルセー美術館展」を見に行ったついでに、秋葉原の石丸電機に行って『ダフネ』のCDを買ってきた。いちばん安いのがベーム・ウイーン国立歌劇場ライブだが、ドイツグラモフォンから出ているのではなくて、1944年の録音だ。ダフネがマリア・ライニングだったので、買いました。ライニングって、確か、クライバーのばらの騎士で歌っていた人じゃないか。聴いてみたい。しかし、解説の類は何も付いていない。『影のない女』の時は、ホフマンスタール全集まで調べたりしたのに、今回なにも分かっていない。
 すぐさま家に帰って、通しで聴いて、そんな悪い感じの曲でない(音は悪い)のを確認してから、二期会に電話してチケットをとった。チケットぴあと東京文化会館チケット売り場で確認したところ、二期会本部のほうがどういうわけか、安い席がたくさん売っている。しかも親切で、同じランクでも、3階のこの席と4階の左右どちらか、などの選択技をいくつか言ってくれて、自分で選ばせてくれた。昔はどこでもこうしてくれたんだけれど、最近ではめずらしい。楠見千鶴子著『オペラとギリシャ神話』でだいたいのあらすじは分かりました。
しかし、今頃やっと、初演だったのか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2007/02/10 19:44] | シュトラウス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |