『さまよえるオランダ人』 バイロイト2013



 数日前に放映されたザルツブルグ音楽祭『ドン・カルロ』を見て、残念ながら、やっぱり共感するところがないと再確認した。それで、ちょっと前に放映された『さまよえるオランダ人』を見た。

 ここのところ、とっぴょうしもない演出ばかりのバイロイト演目の中でも、比較的穏当なものだろう。(他演目は写真でしか見ていないが)そもそも工場の中みたいだし、合唱はサラリーマンスタイル、オランダ人はTシャツで、ダンボール箱の中でゼンタと歌う。それでも、だんだんそんなことは気に障らなくなって、オランダ人の救済に感動した。

 最後のゼンタが歌ったあと、幕が閉まる直前、カメラの前をエリックと誰かが、かすめるように通り過ぎる。幕が開くと「オランダ人とゼンタ」人形の大量生産場面が出て終わるというのは、ちょっと気分が悪い。けれどこのオペラの本質はよくわかった、ような気がする。

 
クリスティアン・ティーレマン指揮 ヤン・フィリップ・グローガー演出
バイロイト祝祭劇場2013年7月25日
ヨン・サミュエル(オランダ人)
リカルダ・メルベト(ゼンタ)
フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ(ダーラント)
トミスラフ・ムジェク(エリック)
ベンジャミン・ブランズ(舵取り)
クリスタ・マイア(マリー)


 元々、「タンホイザー」には非常に共感しているのだが、「オランダ人」はそうでもない。しかし、育った村を飛び出してヴェーヌスの森に行くのも、大海をさまよってどこにも安住の地を見つけられないのも、似たようなものではないか。エリーザベトとゼンタの死によって救われるのは似ているどころではないし。

 他の演目ほどではないが、ビデオでもCDでも「オランダ人」は数種視聴している。実演ではサヴァリッシュ指揮のバイエルン国立歌劇場公演のみだが、その時はビデオを見るのとは違い、衝撃を受けた。歌手はユリア・ヴァラディ、ジェームズ・モリス、ペーター・ザイフェルト。ディースカウと一緒のリサイタルで聴いていたヴァラディと全然声が違う。この本物の声でないと、救済はできないんだな。(肖像画も描けないんだな)

 小澤征爾・大江健三郎の「同じ年に生まれて」から、だいぶ書きだしたところで、勝手にネットから「Windowsの更新、再起動」がかかって、文章が消えてしまった。やる気を削がれた。二人が共通して言っていることは、子どもが生まれたら、人生の計画が変わってしまった。日本の文学を変えてやる気で村を飛び出してきたのに、この子のためなら、今の仕事をやめてもいいと、思ったそうだ。

 ちょっとグレてわかりにくく書いてます。わたしなんて「潮騒」のような漁村を飛び出し、東京を目指すものの、たどりつけず、中大兄皇子が大津に都を置いたように、首都圏の辺境に住んでいる。こんど岸に着けるとしたら、新宿か飛鳥か開聞岳で救われたい。 田舎というのは、山が迫っていて、夜空が三分の二しか見えない。ということを『さまよえるオランダ人』を見て思ったのだ。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/09/12 19:30] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ローエングリン スカラ座2012 第3幕
☆ 第3幕 61m27s

 背景の、3階アパートの廊下は同じ。手前というか真ん中のスペースに、葦原の湿地帯と船着き足場とちょっとだけ水が見える。エルザがローエングリンの名前を聞き出そうとしているくだりで、足場に座ったり、水の中を歩いたりしながら歌う。

 後で見えてくるのだが、湿地帯水場の舞台手前には結構広い場所があり、そこで愛する二人は、くんずほぐれつ歌う。下になって寝ているエルザは、スカートから両太ももをだして、上にいるローエングリンの胴体を挟んだり、けっこうやります。

 テルラムントが討ち入ってきて返り討ちにあう。その場面を、中央2階の廊下からオルトルートのシルエットが見ている。ローエングリンは、返り血を水辺で洗い落とそうとするがなかなかとれない。そこで、場面転換のファンファーレ。

 場面転換するのかと思いこんでいると、なんとこのセットのままで最後まで通す。今まで映っていなかっただけなのか、ピアノも葦原の右にある。ただ、横倒しになっている。

 ローエングリンが自らの身分を明かすところでは、エルザは最初の場面で持っていた弟?の上着を手に持って、正面を向いてビアノに腰掛けている。身じろぎもせず。

 ひとしきり歌い終わったローエングリンは、葦の中に入り、出てきたときは、手に小さい靴と白鳥の羽を手にしていた。「角笛と剣と指輪をどうたら」のところでは、大事なところで、テルラムントの死体の横で、ローエングリンも痙攣している。うずくまりながら、指さして「王子です」。

 葦原の中から桟橋に王子が出てくる。エルザは王子に手を伸ばそうとして、水の中に沈み。オルトルートは左腕を切って倒れる。


 当方、ワーグナーの中では「ローエングリン」は苦手としており、どういうわけだが、まだ実演に接したことがありません。東京オペラの森では、あの震災で中止となったり、新国はチケットがとれなかったり。

 今までビデオで見たのは、数年前話題のバイロイトのねずみローエングリン。フォークトに今回と同じダッシュ。アバド&ウィーン、ドミンゴ、スチューダー。そして、最初に見たのは、ペーター・ホフマンとカラン・アームストロングのバイロイト版。

 その程度だからして、グート演出が、『フィガロの結婚』のようにとんでもないモノだと言う気はないが、それにしても、気分が良くないぞ。バイロイトのネズミも気持ちよくなかった。バレンボイム演奏含め、爽やかな「ローエングリン」求む。



ダニエル・バレンボイム指揮 クラウス・グート演出
ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団  2012/12/7収録

ローエングリン:ヨナス・カウフマン
ドイツ国王:ルネ・パーペ
エルザ:アネッテ・ダッシュ
テルラムント:トマス・トマソン
オルトルート:イヴリン・ヘリツィウス 
伝令:ジェリコ・ルチッチ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/01/23 20:46] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ローエングリン スカラ座2012 第2幕
☆ 第2幕 81m40s

 一見、第1幕と同じようなセットだったが、なんだか左右壁面が少ない。
ローエングリンが倒れて痙攣している。その横のテーブルには、テルラムントとオルトルートが座っているところから始まる。

 エルザとオルトルートの対話が終わると、舞台転換。第1幕と同じようにみえたアパートの廊下壁面は、上に。そうすると第1幕と同じ奥行きのある舞台が現れる。舞踏会風正装の合唱団員みんなで、巻いてあった赤絨毯を前の方まで伸ばす。その時、右端にあるピアノの部分だけカットされてあった。

 みんな集まっての話し合いと、テルラムントが新たな訴えを起こそうとする場面。ローエングリンは平均台の上を歩くようなよたよた歩きをしたり、ころがって痙攣したりと挙動不審。ただし今度はタキシードを着ている。

 それにしても、ローエングリンのヨナス・カウフマン。カルメンのホセと同じような髪型に無精ひげ。休日の彼そのままのような姿は、これでいいのだろうか。裸足だし。こんなふつうの人で、弱々しくて、とてもローエングリンのようには見えないのだが。

 アニア・ハルテロスの代役として急遽入ったアネッテ・ダッシュ。まさかそのせいではあるまいが、こちらも庶民的。凛とした聖なる女性らしさは全く感じられない。この自信のなさはなんなんだろう。バイロイトの同役でもそんな感じはあった。彼女の「メリー・ウィドウ」は、とても良かったのに。(ロジーナよりスザンナなんだろうな。)

 ワーグナーの他のヒロインは、断固たる意志を持って信念を貫くのに対して、このエルザの弱さはどうしたことだろう。逆にオルトルートの怨念が強すぎて、こっちの方がカッコイイ。アズチューナのように。(これは、普通のことか)

 第2幕は、オルトルートの出てくるところのみ気に入っている。イヴリン・ヘリツィウスって、覚えておかなくちゃ。テルラムントのトマス・トマソンもオルトルート同様に、立派な、主役二人よりも立派な声だ。

しっかし、国王とオルトルート以外は、ダメ人間。(そんな演出なのだ。)
今回は、ローエングリンも弱々しい。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/01/19 20:58] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ローエングリン スカラ座2012 第1幕
☆ 第1幕 62m38s

 昨年年末にBS放映されたオペラで見ていなかったもの二つの第1幕だけ見てみました。バレンボイム・スカラ座の「カルメン」と「ローエングリン」です。双方ともテノールはヨナス・カウフマンです。

 舞台装置は、近代ドイツ貴族の邸宅の広間。3階まである廊下がぐるっと取り巻いている。赤絨毯。やや左にテーブルと椅子。その上にシャンデリア。やや右に草とはしごのような階段。その後に木。その右にアップライトピアノ。

 国王とその他の皆様は、軍人またはその親族のよう。黒または紺の軍服やドレスを着ている。エルザのみ半袖の白いドレス。白いものだから、ちょっと下着っぽい、あるいはだらしない感じがする。

 子供の時のローエングリンとエルザ、左に翼をつけた少年が時々現れる。そういえばクラウス・グート演出。ザルツブルグの「フィガロの結婚」を思い出す。決して良い印象ではない。


ダニエル・バレンボイム指揮 クラウス・グート演出
ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団  2012/12/7収録

ローエングリン:ヨナス・カウフマン
ドイツ国王:ルネ・パーペ
エルザ:アネッテ・ダッシュ
テルラムント:トマス・トマソン
オルトルート:イヴリン・ヘリツィウス 
伝令:ジェリコ・ルチッチ


 前奏曲が終わりそうになるところで、舞台にはオルトルートとエルザ。オルトルートがエルザに小さな上着を渡す。弟のモノなのだろうか、受け取ったエルザは、椅子の背にそれを掛け、ひどく顔をゆがめる。その後もオルトルートに指図され、右にあるピアノの横に隠れるように座る。

 騎士を証人として呼ぶときには、その小さな上着を拾い上げる。いつの間にかテーブルと椅子のあったところに、ローエングリンが丸まって寝ており、その回りを群衆がとりまいている。

 酔っぱらって寝て、痙攣して、やっと目覚めてゆっくり起き上がる。頭をたたいて、正気に戻ろうとしている。白いポロシャツにベストに裸足。回りの軍人に対して、ローエングリンとエルザだけ、ひどく庶民的だ。まったくカッコ良くない。

 テルラムントとの戦いの場面では、エルザははしごの上で正座している。勝ったローエングリンも床にうずくまり、痙攣している。立ち直って、第1幕最後は、3人がテーブルに座る。エルザが左に、ローエングリンが中央に、そして右に、翼の少年が。

 歌と演奏は、なかなかのモノだと思うぞ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/01/15 18:37] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『パルシファル』 バイロイト音楽祭2012
palsi2012-3.jpg

palsi2012-2.jpg

palsi2012.jpg



 ことしは夏休みが終わらない、そんな気もする暑さかな。
BSNHKプレミアムシアター、『フィガロの結婚』、『ボエーム』に続き、今年のバイロイト放送は『パルジファル』。

 『ローエングリン』『タンホイザー』も『フィガロの結婚』、『ボエーム』もなかなかについていけない演出揃い。この『パルジファル』も、極力期待しないようにして、恐る恐る見たのだ。

 先日の『フィガロの結婚』のように細かいことを気にしてはいけない。力を入れてみてはいけない。フォースを感じるのだ。というようにボーっと見たのだが、これまた予想以上に素晴らしくて、先だっての「椿姫」以来の、目が離せない状態になった。(見始めたのは第2幕からだけど。)

 なにがイイのかは、これからよーく考えるけど、舞台装置、凝りにこった舞台転換、演出、なんだか見事に決まっている。


ワーグナー《パルジファル》
パルジファル:ブルクハルト・フリッツ|Burkhard Fritz
アンフォルタス:デトレフ・ロート|Detlef Roth
ティトゥレル:ディオゲネス・ランデス|Diógenes Randes
グルネマンツ:クワンチュル・ユン|Kwangchul Youn
クリングゾル:トーマス・イェザツコ|Thomas Jesatko
クンドリー:スーザン・マクリーン|Susan Maclean
指揮:フィリップ・ジョルダン|Philippe Jordan
演出:ステファン・ヘルハイム
[2012年7月29日、バイロイト祝祭劇場にて]
8月26日深夜(27日)にNHKプレミアムシアターでTV放映


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2012/08/27 21:43] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「パルジファル」(演奏会形式)東京のオペラの森2010
パルジ1004


舞台神聖祝典劇「パルジファル」(演奏会形式)
2010年4月4日 東京文化会館

ウルフ・シルマー指揮 NHK交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ  児童合唱:東京少年少女合唱隊

パルジファル:ブルクハルト・フリッツ
クンドリー:ミヒャエラ・シュスター
アムフォルタス:フランツ・グルントヘーバー
グルネマンツ:ペーター・ローズ
クリングゾル:シム・インスン
ティトゥレル:小鉄和広
聖杯騎士:渡邉澄晃  山下浩司
侍童:岩田真奈  小林由佳  片寄純也  加藤太朗
魔法の乙女たち:藤田美奈子  坂井田真実子  田村由貴絵
        中島寿美枝  渡邊 史  吉田 静
アルトの声:富岡明子


 ちなみに演奏時間を。「神々の黄昏」ほどではないにしても、第1幕が長すぎる。新国よりも椅子が悪いせいか、ももの裏などが痛くなる。長時間のフライトみたいだ。

第一幕 15:05-16:50 105分
休憩 30分 
第二幕 17:20-18:27 67分
休憩 30分
第三幕 18:58-20:10 72分 
と、案外、予告時間通りにことは進む。20:12には、もう上野駅に入っていた。


 ちょうど桜満開の上野公園、ちょっと散策してから文化会館に行こうかと思っていた気分を粉砕する人ごみに圧倒され、会場の1階も混んでいる、早めに空いている3階で待機していました。演奏が始まっても、席の空きがあって、重苦しくはありません。

 桜関西ツアーに出る前、つまり一週間ほど前に急遽手に入ったチケットで行ってきました。「神々の黄昏」があまりに良かったものだから、それが終わってから急にこの「パルジファル」も聴きたくなりました。今行かなくてどうする!急いでCDを聴きまくりましたが、あいかわらず、よくわかりません。

 後期のワーグナー、断絶のあったジークフリート第3幕以降は、私にとって、未だに非常に難しいものです。以前のような、盛り上がりにつぐ盛り上がりで、疾風怒濤の鮮やかなフィナーレを決める、ようなところがない。これがオペラか?。長すぎないか?。宗教音楽みたいな終わり方でいいの?。という疑問が湧きます。
 
 そうは言っても、初体験の「パルジファル」、非常に神聖な、春の儀式に参加したような気分にひたって帰路につきました。楽譜を見ながらの演奏会形式という、見かけ上の欠点を除けば、聴く価値のある、すばらしい演奏だったと思います。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2010/04/05 16:09] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
さまよえるオランダ人 シュタイン指揮 ジュネーブ1980
オラシュタイン



ホルスト・シュタイン指揮  ジャン=クロード・リベール演出
スイス・ロマンド管弦楽団  ジュネーブ歌劇場合唱団 DVD DLVC-1094
T.T.2h4m53s 1980年2月1日 ジュネーブ大歌劇場

オランダ人:ライフ・ローア(Br)、
ゼンタ:マリア・スラティナル(S)
ダーラント:カール・リッダーブッシュ(Bs)、
エーリク:ローベルト・シュンク(T)
マリー:リヴィア・ブダイ(Ms)、
舵手:エルンスト=ディータ・ズートハイマー(T)


 オランダ人のビデオは少ない。テレビ放映されたものは3度くらい見たことはあるが、製品になっているものでは、バイロイトのものしか知らない。したがって、めずらしいDVDですが1980年の、ちょっと古いものです。

 第1幕が始まって、いつものように舞台上には帆船がある。左側から船尾を右に向けて出てくる。船の一部が見えるというのではなくて、全体が完全に、舞台上にすっぽり入っている。しかも船は舞台の左側にあり、右側3分の一は空いている。つまり、船が小さいのだ。

 気持ちのいい舵取りの歌の後、オランダ人の船が、右側の空いているスペースに、今度は左向きに前方に突き出すような形で登場する。したがって横幅は少なく、奥行きも深そうに見せているだけで、実際は簡素に作ってある。

 オランダ人は、黒い服に、顔と手は白塗り、白髪と、非常に奇異な様子をしている。声は高く聞こえる。昔のヘンデンテノールのように、低い声も出るけど、高い方もすっきり出る、といったような、通常のバス・バリトンとは違って、キリッとしている。とても聴きやすい。

 第2幕は、ゼンタの座る、真ん中にある社長用の大きな椅子が目立つ状態で進められる。エリックとゼンタが歌っている間は、椅子の上方に、巨大なキャンバス(の裏側)が出てくる。

 実際に舞台を見ていればそんなことはないのかもしれないが、オランダ線の出現が唐突でビックリする。ゼンタが歌っている途中、ライトが突然強く当たったかと思うと、ゼンタの右、すぐ近くに登場する。歌が終わると、カーテンの操作で、パッと消える。さっきまで見えていたオランダ船は、幻だったのか?と思わせる。

 オランダ人、ゼンタ共に見た目は気持ち悪いのであるが、クローズアップがほとんどないのと歌唱が優れているので、二人には感動しました。昇華された純粋な愛の形を見る思いです。

 第3幕 ゼンタが座るところ、つまり前方と中央奥だけ床があり、あとは船が動けるように深くなっている。今まで分からなかったけど、こういう構造でオランダ船が動いていたのか。左にあったダーラント船は、第1幕と違って、前方が右を向いている。オランダ船は同じ。ダーラント船は船全体が作ってあって、オランダ船は舳先を重点的に、後は簡素な作りになっているのを、あらためて確認。

 ゼンタとエリックの歌が終わると、巨大なキャンバスが降りてくる。ゼンタが海へ飛び込むと同時に、キャンバスも上に引っこむ。歌手も不満はないが、引き締まったシュタインの演奏に引きつけられた。
 

 パッとしない役であるエリックを歌っているロベルト・シュンクは、このようなNo2ヘンデンテノールでは、最高の人ではないかと思っている。ジークフリートとかトリスタンとか、タンホイザーとかの、本格的ヘンデンテノールよりちょっと弱めの役だったら、ばっちり文句なしにちがいない。なんと言っても、サヴァリッシュ盤ビデオ「ワルキューレ」のジークムント。何度も見ました。それから実演では、ハンブルク国立歌劇場「影のない女」日本初演での皇帝(たぶん)。他の歌手がすごかったが、彼も良かった。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2009/02/10 22:38] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』  バイエルン国立歌劇場 1988
リクエストにお答えして、さわりだけ。

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』 
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 バイエルン国立歌劇場O&Cho
1988.11.13 NHKホール

ザックス========ベルント・ヴァイクル
ポーグナー=======クルト・モル
ヴァルター=======ルネ・コロ
ダーヴィッド======ペーター・シュライアー
ベックメッサー=====ヘルマン・プライ
エヴァ=========ルチア・ポップ
マクダレーネ======コルネリア・ヴルコップ
コートナー=======アルフレート・クーン
夜警==========ヤン=ヘンドリック・ロータリング

 このブログを見てくださる方々の中には、この公演をごらんになった方はたくさんいらっしゃると思いますが、夢のような、信じられないようなキャストです。

しかしあるFM雑誌のコメントによると
----------------------------------------
1.力と明瞭度にかけるオーケストラ
2.情けないくらい貧弱な装置
3.洗練されていない衣装
4.交通整理だけしたみたいな演出
5.不揃いな上、人数分だけの声が聞こえてこない合唱団
6.最盛期を過ぎた歌手たち
7.切れ味の悪い指揮
このくらいまずいところがあるが、それが何ともすばらしい、これまで聴けた最高の「マイスタージンガー」になってしまったのだから、オペラを聴きに行くのはやめられない。
----------------------------------------
という書き出しから、だんだん誉めていって、最後は「すばらしい公演だった」となっていました。

 これだけひどかったら、すばらしいわけがない!後からほめたっておそい!てな感じの論評でした。私も最後の最後には感動したのですが、途中まで不満いっぱいでした。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2007/09/16 00:14] | ワーグナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |