草茅会 そうぼうかい 展
第2回草茅会 そうぼうかい 絵画展 終わりました。
6日間で700人ほどの来場者がありました。
最近の傾向として、意外なことに、土日は平日の半分ほどの来場者しかありません。

 2017草1

2017草2

2017草3

2017草4

2017草5


「朱鷺の里」F30号の、表と裏を同時に展示しました。
同じ場所を、違う向きから描いたものです。

2017草6
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/09/16 08:08] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
草茅会展の準備
草茅会目2s


 第2回 草茅会絵画展 の準備のため、
目録と作品札(キャプション)を作っていました。
特に、三つ折りにする目録の作成と印刷が大変でした。
印刷機で製版、印刷するたびに、両面の折り位置がずれるのです。
三つ折りのためのガイドとなる印も、写りませんでした。
周辺部分は、カットされるようです。

 画像を見ていただければ分かりますように、
みなさん100号とか50号の大作ばかりですが、
わたくしは、小さい作品ばかりなので、
数を多めに出しました。

昨日への手紙 P12
虹の彼方に P12
あそこめづか F6
安土の夢 F8
チエロの響き F15
むらさきの F8
扉を開けて F6
朱鷺の里  F30
裏・朱鷺の里 F30

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/09/10 15:13] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
草茅会 そうぼうかい 展
昨年に引き続き、第2回めの草茅会(そうぼうかい)絵画展のおしらせです。
春日部中央公民館。

2017草はがき


昨年の会場写真。

2016草2

2016草3

2016草4

2016草5

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/23 18:03] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日洋展にも行ってきた。
 日洋展にも行ってきた。新美術館の、これが日曜美術館で特集された次の日の、ミュシャ展最終日だった。カフェ以外の室内はもちろん、広い窓ガラスから見渡す限りの外に、入場待ちの人々が列んでいた。

 日洋展は、他の公募展よりも、最初の方の部屋の壁を少なくして、広く使っていて気持ちよかった。
ここは、特に名前を記載したり、腕章を付けたりすることなく、写真を撮ってもいい。えらい。
隣の部屋でやっていた公募展も見た。そのあと、外の中華料理屋に入った。
いつもより、こんな都心に、長時間いたのである。

日洋展1

日洋展2

日洋展3

日洋展4

日洋展5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/12 18:03] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さいたま県展に行ってきた。
北浦和にある埼玉県立美術館に行ってきた。
20年ぶりに県展を見ました。
だいたい50号ぐらいの作品です。

県展1

県展2

県展3

県展4

県展5

県展6

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/01 16:44] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
光風会展17
これまた昨年に引き続き国立新美術館 「光風会展」 に行ってきました。
人物画が多いですね。

光風会1

光風会2

光風会3

光風会4

光風会5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/07 18:25] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
示現会展17
今年も、チケットを頂いたので、示現会展に行ってきました。
今回、東部東京メトロパス¥1320を使ってみました。
乃木坂まで単に往復するよりもやすくなります。
せっかく地下鉄乗り放題なのに往復しただけでした。

示現会1

示現会25

示現会3

示現会2

示現会4jpg

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/28 18:30] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
テラ?

絵画グループ名である「ぐるっぽ テラ」についてである。
15年ほど前までは、「美術アカデミー」という名前であった。
フランス・アカデミーじゃないんだから、恐ろしい名前をつけていたものだ。
誰かが、名前を変えることを提案して、出してきた。
ぐるっぽは、知っていた。
英語で言うグループのことだ。
「テラ」とは、なんぞや。
その時には聞いて、納得したような気がしていたが、最近みんなに聞いてみると、だれもはっきりと覚えていないという。絵の道具なんだろうなとは思っていたが。まさか、誰もはっきり言えないとは思わなかった。

それで、新たに、調べてみました。
なーんだ、キャンバスのことのようです。

この中に、カヴァレット、マーラー、コルソといった、
聞いたことのある言葉もあります。


GTイタリア語as

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/30 17:37] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ぐるっぽテラ作品展
 私の属するだいたいのグループで、1年おきに開催している展覧会です。
4月6日より、春日部中央公民館。
いつもは5m角の壁面を出すのですが、25m×10mのギャラリーの周りの壁を使うだけで、
作品点数は昨年の3回の展覧会よりも少なめです。

この案内葉書の絵は、ちょっと前に出したと思う、
ベルギーの画家ウォーテルスの絵の模写です。


GT2017h4.jpg


もはや30年ほど続いているグループですが、「テラ」とはなにか。
いま、調べてみました。
この次に。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/27 11:06] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サントリーニ島特集
 2年ほど前に、写真集を持って宣伝したせいで、今回の作品展はサントリーニ島が5点もあった。
1/2/5枚目がイアで、3/4枚目がフィラの街である。
最近の写真を見ると、ちと、きれいにしすぎではないかと思う。


サントリニ1

サントリニ2

サントリニ3

サントリニ4

サントリニ5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/14 17:07] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
悠彩会展
ただいま開催しています、悠彩会展です。

悠彩会展1

悠彩会展4

悠彩会展2

悠彩会展3

悠彩会展5

悠彩会展6

悠彩会展7

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/26 20:03] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
これから悠彩会展
今日、市展の作品を搬出してきたばかりであるが、もうすぐ初心者講座から初めて12年ぐらいやっているグループの展覧会をやります。今年、3回目の中央公民館における展覧会である。なんだか多すぎるような気がする。
昨年の市展で、1位と2位である、市長賞と市議会議長賞作品があるので、案内はがきに載せることになりました。


16ha悠彩

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/20 19:30] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春日部市展
今度は、春日部市の市展です。
時間が短かったせいで、自分の絵の写真を撮り忘れました。

市展1

市展3

市展2

市展4

市展5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/18 20:41] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日展
 国立新美術館の「日展」に行ってきた。
入場券を、いただいたのである。
「日展」に行くのは、十数年ぶりの、恐らく2回目だ。
ふだんの公募展よりも見所十分で、なんと3時間も見ていた。


日展1
日展3
日展2

日展25
日展5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/15 18:54] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
草茅会 そうぼうかい 展
そうぼうかい、第1回絵画展、無事おわりました。

そうぼう展5

そうぼう展12jpg

そうぼう展3

そうぼう展4

以下が私の作品。11点出しました。
そうぼう展7

そうぼう展6

そうぼう展8

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/10/23 09:26] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「そうぼうかい」と読む
我が家ではここ一ヶ月ぐらい、ボブ・ディランの1960年代のアルバムばかり特集して、1日2時間くらいはかけていたのである。
まさかノーベル賞をとるとは。(村上春樹の本は、しばらく読んでいない)
なんだかいまさら、毎年一人もらっている、その程度の賞では失礼な気がするが。


えっと来週、展覧会を催します。
ことしの2回目。
今年初めての8人組グループです。
草茅会、そうぼうかいといいます。
一人あたり7m程度のスペースがあります。
みなさんは、100号ぐらいの大作を出品しますが、わたしは小品ばかりです。
一番下の絵、ぞうさんですが、200号です。


hagaFC2.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/10/14 21:21] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アトリエ・K 展
16K全作A4s

6月1日~5日に催しました、アトリエ・K 第24回 展覧会、に出品した全作品です。
入場者数は、360人ぐらい。平日の方が来場者が多かった。

以下は、スーラ並みの色彩分割が得意なお仲間の作品です。F25号。

X2Z40762.jpg

X2Z40761.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/06/06 17:36] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日洋展
今週は、春日部中央公民館で展覧会をやっている真っ最中であるが、
先月から3回目の国立新美術館の公募展に行ってきた。
またまたチケットを頂いたのだ。
前回よりもちょっと小さめの規模で、2階から3階を使っていた。

 前回のような、寝ころんでいる女子の絵は少ない。(当然だ)
30回記念ということもあり、大きめの作品が多いそうだ。100号を2枚つないで200号にしているような、何枚かつないだ巨大作品が多かった。こんな展示方法もあるのか。


日洋展1

日洋展2

日洋展3

日洋展33

日洋展4

日洋展5

日洋展6

日洋展7


ちなみに、JRの電車には100号まで持ち込んでもいいそうだ。
わたしは80号の絵を片手に持って、自転車で通ったことがある。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/06/03 17:29] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
光風会展
 たしか前回の「示現会展」で乃木坂にある国立新美術館まで行ったのは、年に一度の珍しいことだと書いたのに、もう一度行ってきました。ありがたいことに、市展の審査員をしている偉い先生にいただいたのであります。(こちらの展覧会も近々あるため、このごろ回りに気を遣っているのです)

光風会1

光風会2

光風会3

 そこで、訪れること3回目の「光風会展」です。大作ばっかりで圧倒されます。いままでも、何となくそう思っていたのだけれど、今年は特に「床にごろごろする女子」が目につきました。

光風会6

光風会7

光風会8

光風会9

光風会10


ああ、たのしい。

さんびゃく、ろくじゅう、ごにちー。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/04/24 14:51] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
示現会展
新国立美術館でやっている公募展の「示現会展」に行ってきた。
年に一度ぐらいの、めずらしいことです。
今日と木曜日は雨のようだったので、京都に桜を見に行くのをやめにした。
ついでに新宿御苑でも見てこようと思ったのだが、それは思っただけだった。乗り換えの、明治神宮前から原宿駅で、ちょっと散歩したのだが、明治神宮周辺は新しいので見る気にならなかった。
「示現会展」で2時間も歩いたからかもしれない。見応え十分だった。


示現会展1
示現会展2
示現会展3
示現会展4
示現会展5
示現会展6

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/04/04 17:33] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>