二尊院

 京都嵐山、祇王寺と常寂光寺の間という、嵯峨嵐山に行ったら必ず通るような通りにある、紅葉の道が有名な二尊院である。
しかし、入るのは初めてである。15年ぐらい行っているが入ったことはなかった。入り口から見た紅葉が、他のお寺に比べてぱっとしないように思えたからだ。

 今まで素通りしていたのを、後ろめたく思っていた。実際にお金を払って入ってみると、やはりその通りだった。
嵯峨嵐山には、そして京都には、素晴らしいお寺がたくさんある。
これで人がもっと少なければ、いいのかもしれない。

二尊院1

二尊院2

二尊院3

二尊院4
スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/02/09 19:31] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
府立植物園
あまり人の行かない、京都府立植物園です。
たとえ人が大勢でも、敷地が広いので、のんびりしています。

府立植物園1

府立植物園2

府立植物園3

府立植物園4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/25 18:51] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
金戒光明寺
光明寺は、春も夏も毎回、境内を通過します。
中に入ったことはありませんでした。
「大方丈と紫雲の庭」というのを受け付けていたので、
料金を払って入ってみました。

光明寺20171

光明寺20172

光明寺20173

光明寺20174

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/19 16:45] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人のいない蓮華寺
 蓮華寺は遠いので初めて訪れた。
地下鉄の最北端、比叡山ロープウェイの近くである。
そのためか、紅葉まっただ中の京都のお寺でありながら、人が少ない。

 私が入ったときは、室内最前列の廊下みたいな所に、ずらっと人が座っていた。
ある時人が切れ、前列に誰もいなくなったら、それ以降入ってきた人が、前に出てこない。
後ろで写真を撮っている人も多いので、前に出てはいけないと遠慮しているのだろう。
外は雨、室内は暗いから、ほとんど人の顔も見えないのだが、
カメラの露出をめいっぱい明るくすると、はっきり見える。

30分ぐらい座って見ていた。


蓮華寺1

蓮華寺2

蓮華寺3


 室内はかなり暗いから見えにくいのであるが、カメラの露出を最大にすると明るく映る。
後ろには人がいっぱいいる。みんな遠慮深い。
蓮華寺4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/16 16:01] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南禅寺方丈庭園
 南禅寺は、京都に行ったときは春も秋も必ず訪れているので、もはや20回ぐらいは通っている。
行ったとか訪れたとかいうよりも、蹴上駅から歩いて境内を回って哲学の道や真如堂に行く、その間に歩いて通るという感じだ。いつも庭先をかすめて通っているが、10年前から気になっていた正面にある有料の「方丈庭園」に入ってみた。今年は、最高ではないが、ここ10年で、かなり良い紅葉だと思ったので、入ってみた。

 そしたら、紅葉の赤みは、これでも弱いと思ったが、
他では見たことのない微妙な色合いの木がたくさんあって、素晴らしかった。

南禅寺方丈2

南禅寺方丈1

南禅寺方丈3

南禅寺方丈4

南禅寺方丈5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/12/13 12:38] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017京都紅葉の旅
南禅寺1
今年の南禅寺

立ち寄った名所は。

1日目 曇り・・▲鶏足寺(滋賀県木ノ本)(レンタサイクル\500)。

2日目 晴れ・・南禅寺▲方丈庭園 \500。永観堂 \1,000。
    真如堂。金戒光明寺▲紫雲の庭 \600。
    京都府立植物園 \200。京都御苑。(地下鉄一日券\600)

3日目 晴れ・・北野天満宮もみじ苑 \700。
    山越~広沢池~清涼寺。
    ▲二尊院 \500。▲厭離庵 \500。(嵐山、常寂光寺、祇王寺の近く)
     ▲今熊野観音寺。(東福寺、泉涌寺の近く)。(バス一日券\500)

4日目 曇り小雨・・毘沙門堂。山科。
    ▲蓮華寺\400。(比叡山ロープウェイの近く)。

▲は、初めて入ったところ。
今年は、比較的よかった。
が、最高の年とは言えないので、あまり有名なところには入らなかった。

大津に3泊したので、毎日、膳所(ぜぜ)駅近くの生協で食料品を買って帰った。
今回は、キャベツやソースやサランラップまで買って、ちとムダにした。
最終日に、想定外に小雨になったので、(珍しいことに)コンビニで傘を買って、靴も買おうと思ったが、適当な店が見つからなかった。傘を買ったとたん、ほとんど雨は降らなくなった。

2007年の南禅寺
南禅寺2007

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/12/09 18:00] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
鶏足寺は遠い。
今年の関西紅葉旅は、ここ数年の悪天候により久しぶりに催行しました。
それでも天気が良かったのは月曜日と火曜日の二日間だけでした。

以前からねらっていた滋賀県の琵琶湖沿い北部にある紅葉で有名「鶏足寺」です。
11月の4週目で、どこにいっても「ちょっと遅かった、先週だったら良かったのに」
といった感じなのですが、以前滋賀の「湖東三山」を回ったときは、
3週目でやっと紅葉になりかけ程度でした。
どこにいってもお寺の紅葉自体は、京都奈良に見劣りするのはしかたありません。
しかしここは、散り紅葉でしたが、周りの風景が抜群でした。
また後で行ってみたい。

しかし、新幹線のルートから外れるやいなや、きょうとまで行くのに1日がかりです。
朝6時前に家を出て、名古屋までこだまで、あとは在来線、名古屋から大垣、大垣から米原、
米原から木ノ本。木ノ本に着いたのは12時半。
したがって、この初日に見たのは「鶏足寺」のみ。コスパ悪っ!

変な発見をしました。名古屋から大妻での切符の買い方で。
名古屋から木ノ本まで(1,940)、木ノ本から大津まで(\1,490)、合計¥3,450。
名古屋から大津で直(\2,270)、米原から木ノ本往復(\820)、合計¥3,090。
360円も違う。もちろん後者にしました。


鶏足寺5

鶏足寺1

鶏足寺2

鶏足寺3

鶏足寺4

鶏足寺6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/11/30 18:09] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の春
いよいよ桜が咲き始めました。
東京の開花は早かったものの、見頃はかなり平年並みそうです。
京都でも、最高に美しい龍安寺です。
桜と同時にシャクナゲが満開になるのも珍しいことです。
訪れたことのある人、数人に聞いてみると、
石庭は覚えているが、池なんてありましたっけ?という返事、。
鏡容池の周りがすばらしいのに。

竜安寺1

竜安寺2

竜安寺3

竜安寺4

竜安寺5

竜安寺6

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/03/27 17:57] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新郎新婦が紅葉
2015京2

なぜだかプロのカメラマンを引き連れた新郎新婦撮影隊が多い。
この公園だけでも10組はいた。
わたしがお弁当を食べていても気にすることなく撮影する。
お弁当が食べにくいのはともかく、新婚さんを見ると気分が悪い。

2015京3

ちなみにこの場所は、先日のせた「京都行ったとこと行きたいとこ」の写真を撮った公園である。
あれは、上のお弁当写真の、池の反対側からこちらに向かって撮ったところ。
ああ、確認しなくていいです。


 「旅は3日目から」と思っているだが、今回は3日で帰ってきたからダメなのである。初日と最終日はそもそも、交通時間(主に新幹線など)と煩わしい準備事項が多い。二日目は、ホテルも初めてなら、朝から活動と長時間の歩きに慣れていない。三日目から、本来の旅の気分を味わうことができる。

 今回も、三日目の朝は気分良くホテルを出たが、ダメなのだ。もう帰ることにしたからだ。一年半ぶりの、旅のトレーニングだと思ってあきらめるしかない。旅の体力も、他のことと同じように、旅をすることでしかつけられない。

 最長11日間の計画であったが、初日は賞をもらった表彰式に出なければいけなくて延ばした。その後、「雨、くもり、雨」の予報だったので、さらに3日延ばした。二日前に買えたのは、「ぷらっとこだま東京・名古屋」で、名古屋から在来線を使って。2時間半かけて京都に入る。帰りも二日目に急遽買えたのは「ぷらっとこだま京都・東京グリーン車」(これでも普通の料金より相当安い)である。だいたい二日前か前日に決めて、買いに行くからあわただしい。その他何日分ものホテルをキャンセルした。


 そういうことになったのは、つまり京都の、今年の紅葉があまりに喜ばしくない出来具合だったからなのだ。毎朝のように、テレビで「今日の紅葉」みたいな番組で、ことしも今が見頃です、なんて言っている。よっぽど写りのいい場面を選んでいるのか、他の年の映像を流しているのか、行ってみるとまったく違う。ネット上や、お寺の境内などで「紅葉見頃」と堂々と表示してある。

 ここ15年ぐらい訪れているが、こんなに驚いたことはない。この現状を、だれも伝えないのか。銀杏や桜の木は、ほとんど葉が落ちているし、モミジは半分紅葉しただけで、枯れかかっている。どういうわけか、比較的いい場所を写真に撮ると、みごとな紅葉に見えなくもない。カメラを信用してはいけない。

 3日目は宇治に行ってみたが、同じようなものだった。お寺の入場料など払う気にならない。ほとんど乗ったことのない京阪電車を使って三条に戻った。ブックオフで本を買い、田毎でお昼を食べ、進々堂でパンを買い、加茂川沿いの土手でのんびり時間を潰して、京都を満喫したかのような気分で駅に向かった。



2015京1

見るからに熱そうだが、ひどく寒かった。

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

[2015/11/29 12:42] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北野天満宮の紅葉
京都に行こうと思っているのですが、やっぱり梅雨前線が張ってるみたいな天気になってきました。
昨年の夏から、異常に雨天が多いので、行けたら一年半ぶりです。
あまり人の行かないところを探さないと。
人が少ない場所の方が、感動的です。
紅葉の名所はたくさんあります。
というわけで、まあそこそこの北野天満宮でも、どうでしょう。

北野天満宮0

北野天満宮3

北野天満宮1


北野天満宮4

北野天満宮5

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

[2015/11/23 18:16] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
常寂光寺の紅葉
 そろそろ京都に行きたくなった。
常寂光寺です。

常寂光寺3

常寂光寺2jpg

常寂光寺8

常寂光寺11

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

[2015/11/14 21:15] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
京都桜開花情報
京都の桜一覧m


 みなさんご存じでしょうが、春に京都を訪れると、観光案内所はもちろん主要ホテルのロビーなどに桜の開花情報パネルが貼ってある。毎日、フロントで、テレビ番組と開花情報はチェックだ。もちろん奈良にも、数は少ないけれどもある。

 メモとして適当に撮っておいただけなので、写りが悪いのだが、有名観光地だけでもこれだけある。醍醐寺なんて、左の欄の一番下にある。これだけ見れば十分で、原谷苑とかの比較的最近公開された有名でないところも載っている。しかし私が毎年行っているところが数カ所入っていない。というか、ここに載っている以外を発掘するのを楽しみにしている。

 実は、秋の紅葉の満開?…ちがうな、紅葉はなんて言ったっけ、とにかく紅葉色づき状況はもっとたくさんある。訪れたいところが、春よりもたくさんあるので、何度行ってもいいのである。

 ところが昨年から、京都が、なにやらで世界一になって、超有名になったものだから、ホテルが取れないだけでなく、周辺地域まで値段が一泊あたり二千円ぐらい値上がりした。ホテルの値段は、定価は変えないけど、実勢価格は毎年、微妙に乱高下するのだ。東日本大震災のあった春は、京都もすいていて逆にどこでも二千円ぐらい安く取ることができたのに。

 京都の周辺に11月末、何とか一週間分ぐらいのホテルは確保した。しかし昨年夏から異常に雨の日が多い。昨年秋も、今年の春も雨のため中止したのだ。今週は、なんと、台風が発生から3日で本土上陸を果たし大災害をもたらした。天候が心配だ。

 とりあえず今年の紅葉は、鶏足寺から周り始めようと思う。
下の写真は、清涼寺。

京都のkouyou

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/13 19:55] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
哲学の道をもっと南に 4
地下鉄で、インクライン前の蹴上駅の次の駅である、御陵(みささぎ)駅でおりる。
ここの間が山の中のトンネルになっているので歩けない。
疎水は「天智天皇山科陵」の裏を通っているので、ついでであるが天智天皇にごあいさつしてから疎水に出る。水路閣と山崎に別れて分が合流しているためか、ちょっとした戦艦の船底みたいな、巨大な水路になっている。

春哲学2014-17

哲学の道では、猫の集団がよってきたが、ここでは子供に慕われているせいか園児がよってくる。
そこから1キロぐらい歩いても、新たな園児軍団が近づいてくる。

春哲学2014-18

春哲学2014-19

山科駅から毘沙門堂への道が横切っているので、門から満開の桜がかいま見える毘沙門堂を表敬訪問する。本来はこっちが目的だ。桜も紅葉もすばらしいし、無料だし、人があまりいないのもいい。

春哲学2014-20

春哲学2014-21

その道をさらに進もうとすると、桜と菜の花畑が密集している絶景ポイントがある。左側の桜の木の下に、新婚のカップルらしい二人が立っていて、口づけなどしているようだ。
これこそサクラなのだろうか。めでたい。

春哲学2014-22

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/04/03 18:20] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
哲学の道を南に 3 
前の2回とは反対側、「哲学の道」をびわ湖側にもどる方向に向かうとどうなるか。
というシリーズがあと2回ぐらいできそう。

春哲学2014-11

南に向かうと、哲学の道の水路は見えなくなるが、方向からして当然だが永観堂と南禅寺の裏側を通っているはず。それで急に水路閣に現れる。

春哲学2014-12

春哲学2014-13

水路閣の流れを歩いてたどっていくと、発電所に出る。
ここらで哲学の道に行く水路と、水を落として、岡崎の動物園と美術館前を通る疎水に別れているはずだ。

春哲学2014-15

発電所の横にはすぐに、水路の高低差を埋めるため船を乗せた線路「インクライン」がある。
高低差があったために発電所を作ったのか、発電所を作るためにわざと高低差をつけたのか。
インクライン下にある琵琶湖疎水記念館に入って調べてくれ。
ここらへんは、休日でなければ人が少なくてのんびりできる。

春哲学2014-14

インクラインを最後まで行くと水だまりがあって、日向大神宮に向かう橋があり、遠くに山科から疎水が流れ出てくるトンネルが見える。
昔は琵琶湖から小舟で、あんな真っ暗なトンネルの中を抜けてきたのだろうか。

春哲学2014-16

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/27 17:24] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
哲学の道をもっと北に 2
哲学の道を、慈照寺銀閣あたりよりももっと北にすすむと
じょじょに人がいなくなる。
見ての通り、足下の石畳みたいなのは、南から一本、二本ときていたのが、
ただたんに敷き詰めているだけのような三本になる。

春哲学2014-5

春哲学2014-6

叡山電鉄の下を通り、
春哲学2014-8

春哲学2014-7

どういう構造になっているか分らないが、高野川の下を抜ける。
ここは迂回しないと歩けない。
春哲学2014-9

松ヶ崎に近づくと細くなる。
春哲学2014-10

加茂川にぶつかったところでなくなるが、
このまま行くと、ちょっとしか出てない堀川にとどいていたのではないか。

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/27 00:14] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
哲学の道 1
京都に行き始めの頃は、哲学の道はいちおう歩くけれど、お寺ばかり注目していたようだ。
大津や、四ノ宮から松ヶ崎疎水まで歩くとおもしろそうだ。
京都府立立植物園と下鴨神社の間ぐらいのところで加茂川にそそぐ。

秋哲学2013-4

春哲学2014-1

春哲学2014-2

春哲学2014-4

春哲学2014-3

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/24 21:00] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大原三千院
ひさびさに京都の写真を、大原三千院です。
トリミングして縮小していますが、その他は色の加工などしていません。


大原3

大原5

大原4

大原2

大原1

ありがとうございました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

[2014/07/11 17:58] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熊野と京都計画10■4月8日(火)地下鉄でめぐる京都の北方桜
X2Z84784.jpg
京都府庁旧館

X2z84803.jpg
桜満開、ベンチがあっても、人がいない。

X2z84807.jpg

X2z84818.jpg

X2z84851.jpg

JR大津駅8:13→:23京都駅\200。
地下鉄一日券\600。M京都→丸太町。●京都府庁 ●京都御苑
M今出川→北山。全粉ハムチーズトーストサンド\650、10:25~:55。


 熊野古道を歩く計画では、ずいぶん調べて細かくいろいろなパターンを検討したので、毎年訪れている京都では、何も計画を立てずに、いきあたりばったり、合理的でない行動をしようとしました。地下鉄で行く日と、バスを使う日を分けたぐらいです。今日はバスに乗ろうと京都駅前のバス乗り場に行ったものの、あまりの人の多さに尻込みして、地下鉄で北上したのでした。北の方へ行けば、平日だから人も少ないだろう。

 そこで乗った地下鉄も、ずいぶん混んでいて驚いた。丸太町で降りて、昨年とりこぼした「京都府庁旧館」に行ってみた。裏口みたいな東門、駐車場みたいになっているところから入った。車の誘導をしているおじさんに聞いたら、すごく親切に教えてくれた。親切すぎる。中心のしだれは終わっちゃったとか、私も埼玉出身だとか、府庁に用もないのに駐車しようとする車がいるんだ、なんてなんだか世間話みたいな調子でずっとしゃべっている。きっといつも一人っきりで、相手がいないのだろう。

 トンネルをくぐると旧館の中庭に桜がある。ベンチもある。おお、それなのに人がいない。しばらく休んだ。それから、おもむろに本命である、京都御苑に向かう。蛤御門からまず桃林だが、ちょっと散っている。桃は遅かったようだ。けれど、ちょうどベンチにも人がいなくて残った赤い桃を見る気分は良い。そこからしだれ桜などの見所がある児童公園の方に向かう。途中、変わった桜がいくつかあるが、どれも満開だし、人もまばらだ。

 ここのしだれ桜などは、ホントに見事だけど、毎年見ているので、満開でもなんだか当たり前のような気がする。この周辺だけ、親子連れやカメラマンなど人が多い。これでほとんど満足したようなものだ。それも無料だから。むちゃくちゃ混んでいる有名なお寺なんて行く気にならない。昨年も、そうだ京都行こう、で取り上げられていた、妙心寺退蔵院なんて、行ってしまって後悔した。紅葉の時は、お寺に入るのもしょうがないが、桜は人がいないのがいちばんだ。だから桜は奈良の方がたいてい良い。

 ここで地下鉄に乗って、さらに北上する。とりあえず京都の中心から離れた方がいいだろう。毎日、コンビニかスーパーでの買い食い生活でしたが、今日だけ2回ほど外食しました。たいてい混んでいて入るのを諦めるお店だが、まだ10時半だからテーブルに座れた。それにしても朝から、お客はいっぱいだ。毎年来るんですけれど、混んでいてなかなか入れないんです。だから朝早く来たのに、お客さんいっぱいなんですね。お店の人に聞いてみたら、パン屋さんだから朝もお客さんがいるそうなのだ。テーブルに一人ですわっているのは私一人だ。悪いじゃないか。

 全粉ハムチーズトーストサンド\650、10:25~:55。
コーヒーをセットで頼むと、+\200と聞いたので、コーヒーもおかわりまでして飲んだが、レシートにはコーヒー\0、となってサンド代だけだった。親切な店員さんで、会計の時にも、混んでますけど、また来てくださいね!と言われた。実は、混んでいる場合は、セルフサービスで2階も使えるのだが。

X2z84868.jpg
京都に入ったとたん、いきなり見事な桜ばっかり。だいたい毎年見ているけど。
[2014/06/05 18:15] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熊野古道計画9■4月7日(月)大津までが「熊野古道計画」
X2Z74747.jpg

X2z74738s_20140521162032a2e.jpg

●長等公園、琵琶湖疏水取水口

 大津では、最初は三井寺とか石山寺とか、びわ湖ホールなどの観光からホテルを取っていたのであるが、最近はそんなこととは関係なく、大津に泊まる。理由は簡単、京都は高いからだ。それにこういう時期、予約で埋まっている。昨年は奈良のホテルが安かったので、奈良に4泊して、半分は京都に出てきた。

 大津からは京阪線を使えば、京都市営地下鉄に直通で行ける。でもJRの方が近い。ただ朝の大津から京都方面に向かう電車は、特に新快速は、山手線みたいに混んでいる。ほんの10分なので我慢だ。

 このホテルは、昨年秋も4泊したので馴染んでいる。しかし、メモを見ると、ネット予約したときは、たしか\4,400だったのに、来る前に確認したら(\4,500×3泊)となっていた。料金を払うときに、フロントのお姉さんに言われた。消費税が上がったので、自動的に100円上がりました。そうだったのか。

 これは3パーセントから5パーセントに上がったときにあった混乱に似ている。もうすでに前の税金はコミで割り切った金額表示されていたのに、こんどの分はパーセント上増しされる。以前は、レジの間違いで、3パーセント込みの定価が書かれた商品に対して、その金額に対してさらに5パーセント加えられるということがあった。こんどはそれに加えて、さらに10パーセントまで上がりそうだというのだからややこしい。早く元のように、割り切った税込み価格に統一してもらいたい。元の料金設定自体に説得力がない切手や、電車賃の端数なんて意味がないと思うんだが。

 夕方にちょっとだけ大津周辺を見て回るとすると、桜の季節、三井寺と琵琶湖疏水取水口しか思いつかない。三井寺は拝観料を取られるので止めておく。2回も行ったら十分だ。それで疎水の入り口を目指す。

 京阪の上栄町駅がおもしろい。上り線と下り線が道を挟んで、別の方向に離れてある。道の左側に京都から来て浜大津行きのホームがあり、右側に京都山科方面行きのホームがある。入り口も完全に別だ。JR大津駅周辺からは、京阪電車ではこの駅が一番近い。だから京都からの帰りとかにここで降りたことはある。京都市営地下鉄直通の電車がある。というか半分がそうである。地下鉄東西線は、六地蔵行きと浜大津行きに二分されている。ここで山科駅乗り換えの問題は次回。

 そこで地図を見ていたら、長等公園というのがある。敷地もけっこう広そうだ。
、途中に長等公園というのがある。初めていったが、大きいのと桜が立派なので驚いた。もうちょっと時間があるときにじっくり歩きたい。もう暗くなってきたので、琵琶湖疏水に急いだ。地図で見ると近いのに、けっこうな時間がかかった。

 琵琶湖疏水取水口は、桜が、本当に満開だった。穴の見える橋の上に5人ほどのカメラマンが、三脚を立てたり、かすかに移動したりしながらウロウロしている。それ以外の周辺部分はほとんど人がいない。横から見てもとても美しいのに。真っ正面の水の流れ込む穴の部分は、橋の上の一カ所しか見えない。したがって三脚で場所取りしながらも、一人でずっと居続けるのも他の人に悪いとでも考えているのか、少しずつ動いている。後に控えていたら、ほんの一瞬だけ真ん中を開けてくれたので、写真を撮ることが出来た。なかなかいい写真が撮れたのではないかな。

 もう日も暮れかかってきたので、通りがかりにあった西友で、バナナ味のバームクーヘンを買って帰る。本来は日曜放送で、新宮のホテルにいると見ることが出来なかったはずの、BSF1中継バーレーン決勝が、1日遅れで見ることが出来た。大津ではBSが見られるのだ。大津のホテルに落ち着くまでが「大熊野古道計画」だ。明日からは、ローテーションの谷間というか、二毛作というか、消化試合みたいなもの。いや、新たな展開があるかな。



X2Z74678.jpg
京阪の上栄町駅下りの駅です。ふり返ると反対側に上りの駅があります。
[2014/05/21 16:25] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熊野古道計画8■4月7日(月)新宮から大津へ
●新宮の阿須賀神社
特急南紀4号 新宮9:13→11:41津。2h28m。(▼\5,180)
(名古屋までの特急券をここで放棄、約\2,000分ぐらい損)
●津偕楽公園 津12:34~:51亀山\320。
●亀山城 亀山14:14~:39柘植15:01~:45草津:51~16:02大津\1,140。


新宮大津

新宮大津2
☆阿須賀神社

新宮大津3

新宮大津4
☆津偕楽公園の桜


 名古屋の方へ戻る特急は、3時間ごとしかない。午前中半日で観光するような所もないことから、新宮の町を朝ちょっと散策して、9時頃新宮から津に向かうことにする。松阪と伊勢神宮は行ったことがあるので、県庁所在地の津に寄ってみる。前日の夕方に、新宮駅で特急の指定券を作ってもらう。新宮から名古屋、南紀4号。

 朝である。新宮の海まで歩いてみようと南に向かって歩き出す。こんな散歩は、昨日しておけばよかった。なにしろ30分ぐらい歩いても、海にたどり着かない。海のある方角には建物がびっしり建っている。適度なところであきらめて、川沿いまで歩く。阿須賀神社と細長い家発見。

 乗車券・特急券は名古屋まで乗れるのであるが、名古屋まで戻っても、大津まで行くのが遠くなるだけなので、途中で降りることにした。こういうキップは当然、途中下車前途無効である。いったん改札から外へ出ると、もう使えない。というか改札でキップを取られる。

 そのはずであったが、津の改札口で、「名古屋までのキップなんですけど、ここで外へ出たい」と言うと、キップはそのままで、つまりもう一度戻ってきて電車に乗るの前提で、外へ出してくれた。次の名古屋行きの特急に乗れるはずだ。使わなかったので、だからこのキップは今でも持っている。

 地図で見たら「津偕楽公園」という、ちょっと良さそうな公園があったので行ってみた。本当は「津城」に行きたかったが歩きでは遠かったのであきらめた。そんなに時間をかける気はない。どっちにしても亀山行きの電車まで50分もあるので、その間に行ってきた。

 公園は、人がいっぱいで、なかなか庶民的であった。県庁所在地らしくはなくて、普通の市民公園だ。津の駅まで戻ってきて、出てきた改札から入ろうとしたら、そこは近鉄線の改札だった。この駅は、ホームがJRと近鉄が一緒になっていたのだ。ずっと前の話だけど、国分寺駅ホームでは、国鉄と西武線が一緒になっていたので、どっちかの定期券か回数券などを持っていればキセルができたことを思い出した。

 出るときは、知らないで近鉄改札から出ちゃたので、JRのキップは取られなかったのだ。しかし、回りにはJRのキップ売り場も改札もない。聞いてみたら、地下通路を通って反対側に行けばJR改札があるという。けっこう遠い。それにしても東口にJR、西口に近鉄なんて、めんどうな駅だ。さっきまでのキップで入っちゃってもよかったが、ちゃんと亀山までのキップを買った。大津までは、通しで買うよりも、亀山で分けた方が料金が安い。大津まで買ったら途中下車できないけど。

 亀山までの電車は、わりと普通だった。次の関西本線・木津行きで柘植まで。これも20分後か、1時間20分後にしか電車はない。亀山には、ちょっと離れた所に、お城と公園があるので1時間20分後の電車にした。

 この駅でも、またもや予想外の出来事があった。駅に戻ってみると、キップ販売機が故障中となっている。少なくとも15分ぐらいはそうなっていたはずだ。それで駅の窓口には20人ぐらいの人が並んでいる。先頭の人が駅員とめんどうな相談をしているらしく、いっこうに進まない。10分ぐらい商店街を回ってから電車の時間ぎりぎりに戻ってみると、窓口の列は進んでおらず、先ほど販売機の前にいた二人の人が、やっと切符が買えたようで改札に向かった。販売機が動き出したようで、なんとか間に合った。

 電車に乗ると、乗り口・降り口が決まっている、整理券を取るワンマン電車である。これは田舎ではよくある。奈良線や、山陰本線でもある。しかし珍しいのは、車両が1両だけだったことだ。関西本線なのにこれかい。そのせいか、私みたいに荷物を持った人で埋まっている。混んでいて苦しい。柘植から草津までの草津線は、普通の電車で空いていて快適だった。草津から大津は(それにしても津がつく名前が多い)、もっと普通の通勤電車だった。大津に着くと、ホッと一安心。


新宮大津5

 ☆琵琶湖疏水取水口の桜

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

[2014/05/13 18:06] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>