琵琶湖疎水取水口
 いよいよ大津にある、三井寺の横にある、琵琶湖疎水取水口です。
ここは琵琶湖の南端で、京都の水路に注ぐ疎水の大本です。
インクラインにその痕跡が残っているように、昔は(といっても明治時代とか、そんなに昔ではない)ここから船で物資を運んだようです。
しかしこのトンネルは相当長いので、怖いでしょう。
見かけよりもかなり、流れも速そうです。
前回の四ノ宮の所まで山越えの道もあります。
(京都生まれで、大津に疎開していたという人がいたので、聴いた)

桜が極上なので、しかも人もいない、何度か見に行きました。


取水口1

取水口2

取水口3

取水口4

取水口5
スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/05/01 18:36] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カプセルホテル
 最近、京都などに新型のスタイリッシュなカプセルホテルができていることは知っていた。カプセルホテルというものには、若い頃に一度、泊まったことはあるが、関西では、ふだん泊まっているホテルと大して値段も安くないから、気にとめないでいた。

 今年に限り、3月になってから桜開花予想が一週間以上前倒しになった。予約していたホテルがムダになったので、新たに探したら、土曜日はどうしてもとれない。(安価なビジネスホテルのことです)


 ちょうど、いつも泊まっているホテルの近くに新しいカプセルホテルができたようだ。予約してみた。しかし日にちが近づくにつれて不安が増してきた。昔の2段ベッドみたいなものとは違って、頭から縦につっこむタイプだ。閉塞感がすごい(ような気がする)。

 駅横の入り口から入って階段を上ると、レストランがあって唖然としたが、そのレストランのカウンター奥横に入り口があった。

 いつもスーパーで食材を買ってきて部屋で食べていたのだが、食事は禁止だ。しょうがないから夕暮れの公園で食べた。桜満開できれいな公園だったが、京都ではないので人は少なかった。

 トイレもシャワーも3部屋しかないので、心配していたが、2~3人だけしか、ほとんど人に会わなかった。それよりも、トイレとかその他で外へ出るたびに、いちおう服を着て、靴を履かなければいけないのが面倒だった。テレビもない部屋だったので、むりやり断食・瞑想修行をさせられているような気分だった。(買ってきたお菓子は、こっそり食べた)


CaHOTEL1.jpg

CaHOTEL2.jpg

CaHOTEL3.jpg

CaHOTEL4.jpg

CaHOTEL5.jpg

CaHOTEL6.jpg

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/26 15:43] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
琵琶湖疎水山科
前回の続き、四ノ宮の「諸羽トンネル」から
山科駅と「毘沙門堂」の間を通ります。
ついでに「毘沙門堂」も見てみますが、年々人が多くなります。
ここは紅葉の方がいいみたい。

山科1

山科2

山科3

山科4

山科5

山科6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/22 20:24] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
琵琶湖疎水四ノ宮
このあいだはうっかり人並みに有名なところに行って懲りたので、淀川背割堤のことです、桜満開でも人のほとんどいない場所に行きました。

浜大津からの京阪線、四ノ宮で降ります。
琵琶湖から京都市内へ向かう疎水の、まだ行っていないところです。
大津三井寺横の疎水取水口から入った水は、長い「第一トンネル」を抜けて地上に出ます。そこから「諸羽トンネル」までの短い区間です。その先は、山科毘沙門堂に行く途中の道を横切って、インクライン、発電所、南禅寺の水路閣に向かいます。

四宮1

四宮2

四宮3

四宮4

四宮5

四宮6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/18 21:52] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
朱雀門ひろば
 京都の桜名所は、X JAPANの野外コンサート会場にでも向かっているかのような人混みの中を歩かなければいけない。その点、奈良は違う。(どこだって京都とは違うけど)桜とはとんと関係ないが、朱雀門ひろばが変わったらしい。

 奈良の平城宮跡は、京都御苑以上の広さを誇る。なにもこんなところを出さなくても、奈良の有名なお寺でも、人は少ない。京都のフィリピン人の集団などを見飽きた人にはお勧めだ。

 古代の100m幅くらいある道路以外、確か何もなかったはずの「朱雀門ひろば」の左右に立派な建物が出来た。「平城宮いざない館」というものらしい。さらに池があって「遣唐使船」もある。無料だ。けっこう建物が建ったのだが、それでもまだスカスカである。

 朱雀門から平城宮の中心部を見ると、遠くに大極殿が見える。ここは新大宮と西大寺を結ぶ近鉄線が走っている。だから、18年前、初めて電車から朱雀門を見たときは驚いた。


朱雀門広場1

朱雀門広場2

朱雀門広場6

朱雀門広場5

朱雀門広場3

朱雀門広場4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/12 16:33] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
淀川河川公園背割堤
京都の南西、山崎の近く、木津川、宇治川などが交わる合流点にあり、約1・4キロに約250本の桜並木が広がる。埼玉県で言うと、権現堂の桜堤の印象に近い。しかし、京都駅からは遠いし、人が多すぎて、通勤ラッシュの駅の中を歩いているような感じだ。

背割堤1

背割堤2

背割堤3

背割堤4

背割堤5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/05 20:18] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
厭離庵
厭離庵というのは、嵯峨嵐山の祇王寺と二尊院の近くにある小さなお寺だ。
表通りから、人がすれ違えない細い道を入ったところにある。
他のお寺に比べて目立たないので、人が少なく落ち着けるのがいい。
入り口で、若いお坊さんみたいな人が、小説を読んでいる。

厭離庵1

厭離庵2

厭離庵3

厭離庵4

厭離庵5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/03/14 10:02] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
二尊院

 京都嵐山、祇王寺と常寂光寺の間という、嵯峨嵐山に行ったら必ず通るような通りにある、紅葉の道が有名な二尊院である。
しかし、入るのは初めてである。15年ぐらい行っているが入ったことはなかった。入り口から見た紅葉が、他のお寺に比べてぱっとしないように思えたからだ。

 今まで素通りしていたのを、後ろめたく思っていた。実際にお金を払って入ってみると、やはりその通りだった。
嵯峨嵐山には、そして京都には、素晴らしいお寺がたくさんある。
これで人がもっと少なければ、いいのかもしれない。

二尊院1

二尊院2

二尊院3

二尊院4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/02/09 19:31] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
府立植物園
あまり人の行かない、京都府立植物園です。
たとえ人が大勢でも、敷地が広いので、のんびりしています。

府立植物園1

府立植物園2

府立植物園3

府立植物園4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/25 18:51] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
金戒光明寺
光明寺は、春も夏も毎回、境内を通過します。
中に入ったことはありませんでした。
「大方丈と紫雲の庭」というのを受け付けていたので、
料金を払って入ってみました。

光明寺20171

光明寺20172

光明寺20173

光明寺20174

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/19 16:45] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人のいない蓮華寺
 蓮華寺は遠いので初めて訪れた。
地下鉄の最北端、比叡山ロープウェイの近くである。
そのためか、紅葉まっただ中の京都のお寺でありながら、人が少ない。

 私が入ったときは、室内最前列の廊下みたいな所に、ずらっと人が座っていた。
ある時人が切れ、前列に誰もいなくなったら、それ以降入ってきた人が、前に出てこない。
後ろで写真を撮っている人も多いので、前に出てはいけないと遠慮しているのだろう。
外は雨、室内は暗いから、ほとんど人の顔も見えないのだが、
カメラの露出をめいっぱい明るくすると、はっきり見える。

30分ぐらい座って見ていた。


蓮華寺1

蓮華寺2

蓮華寺3


 室内はかなり暗いから見えにくいのであるが、カメラの露出を最大にすると明るく映る。
後ろには人がいっぱいいる。みんな遠慮深い。
蓮華寺4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/01/16 16:01] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南禅寺方丈庭園
 南禅寺は、京都に行ったときは春も秋も必ず訪れているので、もはや20回ぐらいは通っている。
行ったとか訪れたとかいうよりも、蹴上駅から歩いて境内を回って哲学の道や真如堂に行く、その間に歩いて通るという感じだ。いつも庭先をかすめて通っているが、10年前から気になっていた正面にある有料の「方丈庭園」に入ってみた。今年は、最高ではないが、ここ10年で、かなり良い紅葉だと思ったので、入ってみた。

 そしたら、紅葉の赤みは、これでも弱いと思ったが、
他では見たことのない微妙な色合いの木がたくさんあって、素晴らしかった。

南禅寺方丈2

南禅寺方丈1

南禅寺方丈3

南禅寺方丈4

南禅寺方丈5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/12/13 12:38] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017京都紅葉の旅
南禅寺1
今年の南禅寺

立ち寄った名所は。

1日目 曇り・・▲鶏足寺(滋賀県木ノ本)(レンタサイクル\500)。

2日目 晴れ・・南禅寺▲方丈庭園 \500。永観堂 \1,000。
    真如堂。金戒光明寺▲紫雲の庭 \600。
    京都府立植物園 \200。京都御苑。(地下鉄一日券\600)

3日目 晴れ・・北野天満宮もみじ苑 \700。
    山越~広沢池~清涼寺。
    ▲二尊院 \500。▲厭離庵 \500。(嵐山、常寂光寺、祇王寺の近く)
     ▲今熊野観音寺。(東福寺、泉涌寺の近く)。(バス一日券\500)

4日目 曇り小雨・・毘沙門堂。山科。
    ▲蓮華寺\400。(比叡山ロープウェイの近く)。

▲は、初めて入ったところ。
今年は、比較的よかった。
が、最高の年とは言えないので、あまり有名なところには入らなかった。

大津に3泊したので、毎日、膳所(ぜぜ)駅近くの生協で食料品を買って帰った。
今回は、キャベツやソースやサランラップまで買って、ちとムダにした。
最終日に、想定外に小雨になったので、(珍しいことに)コンビニで傘を買って、靴も買おうと思ったが、適当な店が見つからなかった。傘を買ったとたん、ほとんど雨は降らなくなった。

2007年の南禅寺
南禅寺2007

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/12/09 18:00] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
鶏足寺は遠い。
今年の関西紅葉旅は、ここ数年の悪天候により久しぶりに催行しました。
それでも天気が良かったのは月曜日と火曜日の二日間だけでした。

以前からねらっていた滋賀県の琵琶湖沿い北部にある紅葉で有名「鶏足寺」です。
11月の4週目で、どこにいっても「ちょっと遅かった、先週だったら良かったのに」
といった感じなのですが、以前滋賀の「湖東三山」を回ったときは、
3週目でやっと紅葉になりかけ程度でした。
どこにいってもお寺の紅葉自体は、京都奈良に見劣りするのはしかたありません。
しかしここは、散り紅葉でしたが、周りの風景が抜群でした。
また後で行ってみたい。

しかし、新幹線のルートから外れるやいなや、きょうとまで行くのに1日がかりです。
朝6時前に家を出て、名古屋までこだまで、あとは在来線、名古屋から大垣、大垣から米原、
米原から木ノ本。木ノ本に着いたのは12時半。
したがって、この初日に見たのは「鶏足寺」のみ。コスパ悪っ!

変な発見をしました。名古屋から大妻での切符の買い方で。
名古屋から木ノ本まで(1,940)、木ノ本から大津まで(\1,490)、合計¥3,450。
名古屋から大津で直(\2,270)、米原から木ノ本往復(\820)、合計¥3,090。
360円も違う。もちろん後者にしました。


鶏足寺5

鶏足寺1

鶏足寺2

鶏足寺3

鶏足寺4

鶏足寺6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2017/11/30 18:09] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の春
いよいよ桜が咲き始めました。
東京の開花は早かったものの、見頃はかなり平年並みそうです。
京都でも、最高に美しい龍安寺です。
桜と同時にシャクナゲが満開になるのも珍しいことです。
訪れたことのある人、数人に聞いてみると、
石庭は覚えているが、池なんてありましたっけ?という返事、。
鏡容池の周りがすばらしいのに。

竜安寺1

竜安寺2

竜安寺3

竜安寺4

竜安寺5

竜安寺6

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/03/27 17:57] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新郎新婦が紅葉
2015京2

なぜだかプロのカメラマンを引き連れた新郎新婦撮影隊が多い。
この公園だけでも10組はいた。
わたしがお弁当を食べていても気にすることなく撮影する。
お弁当が食べにくいのはともかく、新婚さんを見ると気分が悪い。

2015京3

ちなみにこの場所は、先日のせた「京都行ったとこと行きたいとこ」の写真を撮った公園である。
あれは、上のお弁当写真の、池の反対側からこちらに向かって撮ったところ。
ああ、確認しなくていいです。


 「旅は3日目から」と思っているだが、今回は3日で帰ってきたからダメなのである。初日と最終日はそもそも、交通時間(主に新幹線など)と煩わしい準備事項が多い。二日目は、ホテルも初めてなら、朝から活動と長時間の歩きに慣れていない。三日目から、本来の旅の気分を味わうことができる。

 今回も、三日目の朝は気分良くホテルを出たが、ダメなのだ。もう帰ることにしたからだ。一年半ぶりの、旅のトレーニングだと思ってあきらめるしかない。旅の体力も、他のことと同じように、旅をすることでしかつけられない。

 最長11日間の計画であったが、初日は賞をもらった表彰式に出なければいけなくて延ばした。その後、「雨、くもり、雨」の予報だったので、さらに3日延ばした。二日前に買えたのは、「ぷらっとこだま東京・名古屋」で、名古屋から在来線を使って。2時間半かけて京都に入る。帰りも二日目に急遽買えたのは「ぷらっとこだま京都・東京グリーン車」(これでも普通の料金より相当安い)である。だいたい二日前か前日に決めて、買いに行くからあわただしい。その他何日分ものホテルをキャンセルした。


 そういうことになったのは、つまり京都の、今年の紅葉があまりに喜ばしくない出来具合だったからなのだ。毎朝のように、テレビで「今日の紅葉」みたいな番組で、ことしも今が見頃です、なんて言っている。よっぽど写りのいい場面を選んでいるのか、他の年の映像を流しているのか、行ってみるとまったく違う。ネット上や、お寺の境内などで「紅葉見頃」と堂々と表示してある。

 ここ15年ぐらい訪れているが、こんなに驚いたことはない。この現状を、だれも伝えないのか。銀杏や桜の木は、ほとんど葉が落ちているし、モミジは半分紅葉しただけで、枯れかかっている。どういうわけか、比較的いい場所を写真に撮ると、みごとな紅葉に見えなくもない。カメラを信用してはいけない。

 3日目は宇治に行ってみたが、同じようなものだった。お寺の入場料など払う気にならない。ほとんど乗ったことのない京阪電車を使って三条に戻った。ブックオフで本を買い、田毎でお昼を食べ、進々堂でパンを買い、加茂川沿いの土手でのんびり時間を潰して、京都を満喫したかのような気分で駅に向かった。



2015京1

見るからに熱そうだが、ひどく寒かった。

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

[2015/11/29 12:42] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北野天満宮の紅葉
京都に行こうと思っているのですが、やっぱり梅雨前線が張ってるみたいな天気になってきました。
昨年の夏から、異常に雨天が多いので、行けたら一年半ぶりです。
あまり人の行かないところを探さないと。
人が少ない場所の方が、感動的です。
紅葉の名所はたくさんあります。
というわけで、まあそこそこの北野天満宮でも、どうでしょう。

北野天満宮0

北野天満宮3

北野天満宮1


北野天満宮4

北野天満宮5

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

[2015/11/23 18:16] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
常寂光寺の紅葉
 そろそろ京都に行きたくなった。
常寂光寺です。

常寂光寺3

常寂光寺2jpg

常寂光寺8

常寂光寺11

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

[2015/11/14 21:15] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
京都桜開花情報
京都の桜一覧m


 みなさんご存じでしょうが、春に京都を訪れると、観光案内所はもちろん主要ホテルのロビーなどに桜の開花情報パネルが貼ってある。毎日、フロントで、テレビ番組と開花情報はチェックだ。もちろん奈良にも、数は少ないけれどもある。

 メモとして適当に撮っておいただけなので、写りが悪いのだが、有名観光地だけでもこれだけある。醍醐寺なんて、左の欄の一番下にある。これだけ見れば十分で、原谷苑とかの比較的最近公開された有名でないところも載っている。しかし私が毎年行っているところが数カ所入っていない。というか、ここに載っている以外を発掘するのを楽しみにしている。

 実は、秋の紅葉の満開?…ちがうな、紅葉はなんて言ったっけ、とにかく紅葉色づき状況はもっとたくさんある。訪れたいところが、春よりもたくさんあるので、何度行ってもいいのである。

 ところが昨年から、京都が、なにやらで世界一になって、超有名になったものだから、ホテルが取れないだけでなく、周辺地域まで値段が一泊あたり二千円ぐらい値上がりした。ホテルの値段は、定価は変えないけど、実勢価格は毎年、微妙に乱高下するのだ。東日本大震災のあった春は、京都もすいていて逆にどこでも二千円ぐらい安く取ることができたのに。

 京都の周辺に11月末、何とか一週間分ぐらいのホテルは確保した。しかし昨年夏から異常に雨の日が多い。昨年秋も、今年の春も雨のため中止したのだ。今週は、なんと、台風が発生から3日で本土上陸を果たし大災害をもたらした。天候が心配だ。

 とりあえず今年の紅葉は、鶏足寺から周り始めようと思う。
下の写真は、清涼寺。

京都のkouyou

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/13 19:55] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
哲学の道をもっと南に 4
地下鉄で、インクライン前の蹴上駅の次の駅である、御陵(みささぎ)駅でおりる。
ここの間が山の中のトンネルになっているので歩けない。
疎水は「天智天皇山科陵」の裏を通っているので、ついでであるが天智天皇にごあいさつしてから疎水に出る。水路閣と山崎に別れて分が合流しているためか、ちょっとした戦艦の船底みたいな、巨大な水路になっている。

春哲学2014-17

哲学の道では、猫の集団がよってきたが、ここでは子供に慕われているせいか園児がよってくる。
そこから1キロぐらい歩いても、新たな園児軍団が近づいてくる。

春哲学2014-18

春哲学2014-19

山科駅から毘沙門堂への道が横切っているので、門から満開の桜がかいま見える毘沙門堂を表敬訪問する。本来はこっちが目的だ。桜も紅葉もすばらしいし、無料だし、人があまりいないのもいい。

春哲学2014-20

春哲学2014-21

その道をさらに進もうとすると、桜と菜の花畑が密集している絶景ポイントがある。左側の桜の木の下に、新婚のカップルらしい二人が立っていて、口づけなどしているようだ。
これこそサクラなのだろうか。めでたい。

春哲学2014-22

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/04/03 18:20] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>