カゴのある静物画
20年ぐらい前の静物画です。

静物画1

静物画2

スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/24 17:23] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
連作 善峰寺
 京都・善峰寺の絵ですが、F6号を2枚横につなげて細長く描きました。
善峰寺は京都の南西の山の上(長岡京の方)にある、京都の寺にしては広い敷地で、奈良の長谷寺や室生寺のような大規模な構造をしています。JR東海の「そうだ、京都行こう!」で、取り上げられてました。
眼下に京都市街を見下ろせます。
2004年の秋に行ったのですが、とても良かったので、翌年の春にも行きました。

善峯左
左画面

善峯右
右画面

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/08 17:57] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライモンド
モディリアニの「ライモンド」の自由な模写。
ライモンドとは『肉体の悪魔』で有名な、
『肉体の悪魔』は読んだけど、内容は覚えていない。
悪魔って言うほどの内容ではないと思った。
そのフランスの作家レーモン・ラディゲのことらしい。

raimond.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/09/15 20:51] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
京都国立近代美術館
国立美術館は六本木にある国立新美術館で国内5館目でありますが、
京都では京都国立近代美術館です。
国立博物館は、たしか東京と奈良、京都、九州の4館だと思う。

そこでこの平安神宮の鳥居の横にある京都国立近代美術館には、毎年訪れている。
国立博物館と県立美術館は催し物で行くが、
こちらは桜や紅葉を見ながらの休憩のためである。

X2Z80954.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/09/08 19:01] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
F.G.C.I. ヴェネチア
ヴェネチアには、極端に狭い路地がある。
1.2mぐらいの幅しかないので、人とすれ違うのは困難だ。
偶然にできた建物と建物のすきまなんじゃないかなと思うのだが、ちゃんと名前もついている。
壁と壁のあいだに、たぶん壁が傾かないように支え合っているのだろう、
つなぎのようなものが不連続についている。
通り抜けるまで50mほどあるので、入ってしまったら、向こうから人が来ないことを祈る。
後ろから知らない人が続いてこられても怖い。



FGCIs1.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/08/12 18:10] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
そろそろ本気出せよ!
黒い紙を、カッターで切り抜きました。版画みたいです。

まようさぎ3

もう、そろそろ本気出せよ! 待ってるんだから。 好きだから。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/07/31 18:06] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サントリーニ こっちはフィラの夕日
先日の黄色い絵が、サントリーニ島のイアです。
それでこっちがフィラ。

サントリーニ島は、1万年ぐらい前、もともとあった大きな島が噴火して中央部が陥没して海になり、外輪山の半分が島として残ったもの。アトランティスの残骸とも言われる。イアの絵にも、フィラの絵にも海側に小さめの島が見えるが、同じものではない。イアの横にある島は、ティラシア島といって外輪山のかけら。フィラから見える島は陥没した全体の中心に当たる部分にある。阿蘇の外輪山と米塚を思い浮かべるとよい。といっても阿蘇の方はいまだ地震があるので、よくないが。



こっちがフィラ


新婚旅行で行こうと堅く心に誓っていたが、いまだ誓っているだけだ。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/07/07 17:33] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新・1997年の深井尊子
先日発見した「1997年の深井尊子」を新たに描いてみました。
19年前の作品でした。
前回は、たったの2回で仕上げましたが、それはさすがに難しいことです。
今回は完成度を上げるために10回も描きました。
見た目、そんなに変わってない、
…と思われるに違いない。

2016-5.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/06/18 18:31] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
二つ亀
先日の作品展に出した、田舎の絵の、もう一作品です。
仏陀が瞑想しているような清らかな土地「ときのさと」の近くの海水浴場です。
大きな二つの岩が、わずかな砂地で繋がっています。
海の方から見たところ。


二つ亀1

二つ亀2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/06/12 17:32] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドンデン下り
梅津採石0
 
 田舎の風景シリーズです。前回の「道遊の割戸」と同じで、自然の山を掘り返したところです。

恐らく、国定公園だと思うのだけれど、風光明媚なキャンプなども出来るドンデン高原からの景色の中にあります。
最高地点に、尻立山940mという看板が立ってます。


梅津採石2

梅津採石4

梅津採石3

梅津採石5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/05/25 17:28] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1997年の深井尊子
1997-17s_20160518155728915.jpg


 今回の作品展用に部屋の探検をしていて発掘された絵ですが、これも未発表だと思います。
1997年に描いたという記録が残っています。
小学生の低学年から絵を習いに来ていた深井尊子さんは、
この当時、たぶん中学生の後半か、高校一年になったぐらい。
さて、どうしたものでしょう。


takako004.jpg
1992nenno

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/05/19 17:50] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
道遊の割戸
X2Z96821.jpg



 この作品は、いまのところ2年寝かした未発表ものですが、今回出品します。画像よりも、もうちょっと描き加えてると思います。見たとおり山の上が、くさびを打ち込んで割れたようになっています。自然にこうなったのではありません。

【「慶長6(1601)年、金山発見の端緒となった大鉱脈の露頭掘跡が「道遊の割戸」です。江戸時代には主に地表部の採掘が行われましたが、明治以降も割戸の下部で大規模な開発が行われました。】ホームページから。

 日本人は、諸外国に比べると「金」に、それほど価値を見いださない民族だったのですが、戦国時代になって変わってきました。戦国大名は、戦に勝ち抜くために、堺で鉄砲や火薬を購入しなければなりません。それまでは米などで、武器を調達できたのですが、お金が必要になってきました。織田信長が急躍進したのも、米以外の収入を増やしたためです。

 武田信玄の甲州で、金山が開発されました。静岡や愛知のような恵まれた土地と違います。甲州は、徹底した治水工事を施さないと、満足に米を作れないような土地でした。土木工事が得意な土地柄です。そこで鉱山開発技術が発達しました。そこで育った、大久保長安が(能役者の息子らしい)、徳川家康の命で金山奉行として佐渡へ乗り込みます。

 相川の町から見える小山のど真ん中を掘り返しました。権力者の金に対する欲望の恐ろしさです。掘り出した金を含む土砂は、そのまま地上を運ぶのではなくて、縦に地下深くまで穴を掘り、そこに落した石を、下流にある精錬所まで、トンネルを造りトロッコで運びます。

 表側は絵の通りですが、裏に回ると思いっきり崩しています。

金山12

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/05/13 17:38] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
羊山公園芝桜
秩父の羊山公園です。

2004-1☆hitujiFs


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/03/03 19:20] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雨のシントラ
ポルトガル・シントラの王宮の入り口。
リスボンから電車で40分ぐらい。

DSCF5349phT.jpg

これが王宮の入り口のアーチ。
DSC23970.jpg

DSC23975.jpg

2回目に行ったときは、絵の二人が立っていた場所で、女子高生の集団が昼寝をしていた。


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/02/24 17:30] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チューリップ
おだやかなチューリップを。

DSCF5348phT.jpg


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/02/21 17:51] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蚤の市
DSCF7310.jpg


セザンヌのアトリエがあることで有名であるのかないのか、
エクサンプロヴァンスの街のフリーマーケットです。
フリーマーケットのフリーとは、ノミのことです。

蚤の市

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/02/09 18:09] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
わたしは熊か?
「わたしはくじら、ムダがない」とはいかなくて、
わたしはムダだらけだ。
わたしは熊なのか何なのかわからないが動けないでいる。
うさぎとか、ねこという説もある。
子供が作ったものだ。
ずっと京都方面へ旅立とうとしているのだが、一日おきに雨が降る。

わたしは熊か

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/11/26 17:01] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
私は誰
私は誰。私は誰でもない。

わたしは誰00

わたしは誰0



わたしは誰2

クロアチア、ザグレブの少女。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/11/20 17:12] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
石舞台古墳
isibutai-Is3.jpg

 奈良・飛鳥へ行ったときは、レンタサイクルを借りたり、歩いたりして、いろいろ回りますが、最終目的地は石舞台古墳です。蘇我馬子の墓ではないかと言われており、よく見ると上円下方墳のようです。

 この巨大な石の下に大きな石室の穴が開いていて、右側に中に入る下り道があります。常設で古墳の中に入れるというのは、本当にめずらしい。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/08/20 06:52] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蒼い夏にさびしさあり
1999-7ps.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/08/07 18:24] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>