日本女子カーリング 銅メダル
gettyim.jpg


 日本女子代表の「ロコ・ソラーレ北見」(たまにはちゃんと表記しよう)が、オリンピックで銅メダルを取った。世界3位ということだ。おまけに今まで無名だったのに、世界的にも急に有名になったと思う。

 しかし結果には不満がある。金か銀を取る可能性があると思っていたからだ。こんなにミスが多くて、負け続ける姿は見たことがない。藤澤も「こんなに負けてるのに、まだ試合が出来るなんて!」と驚いていた。

 この前の世界選手権では、カナダと同率一位で決勝に進んだが、3度戦って一度も勝てなかった。それで2位。オリンピックは、決勝トーナメントの方式が違うので、単純に2試合だけ。

 今回は、目の上のカナダとスイスが予選敗退なので、もしかしたら金も取れるかもしれないと思っていたのだ。韓国があんなに強いとは。

 今回、予選トーナメントと決勝では、スウェーデン対イギリス以外は、勝敗が逆になっている。予選では、韓国とスウェーデンに日本は勝っている。韓国もスウェーデンに勝っている。日本はイギリスに負けている。それが決勝では逆になった。いかに実力伯仲しているかということだ。

 3位決定戦で、ミュアヘッドのスコットランドチーム(ほんとはイギリスではない)には、LS北見は、勝てると思っていた。なぜならこの前の世界選手権も、ソチオリンピックも、最終エンドでミュアヘッドのミスショットにより、日本が勝っている。

 そして、予想通り、真ん中の石にさわらなければ1点取れていたのに、2点目をねらって、やはりミスショットをした。日本の石を中心に押してしまった。

 しかし有力スキップ選手が、最後の一投を外すのは、よくみかけることだ。ワイドショウでは、まるで相手のミスによって日本が勝ったのは幸運みたいな言い方をするコメンテーターもいたが、先攻のチームは、最後にミスをしやすいラインを相手に投げさせるように展開を工夫しているのだ。

 後半はスコットランドチームは一点も取っていない。完全に日本の作戦勝ちである。3度オリンピックに出場しているミュアヘッドにとって、日本は、あるいは藤澤は天敵なのかもしれない。

 日本チームの世界ランキングは6位ということだが、オリンピックは3位、世界選手権2位なのだから、実質はもっと上なのではないかと思う。(昨年は、ある事情により世界選手権に出場していない)(今年も、国内事情によりLS北見は出ない)

 3月には、LS北見以外の日本代表がでる世界選手権もある。オリンピックのこの結果で、カーリング中継も増えるかもしれない。めでたい。


試合の結果2
スポンサーサイト

テーマ:オリンピック - ジャンル:スポーツ

[2018/02/25 20:18] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カーリング“三昧”だねー

 オリンピックも終盤に来て、ネットやワイドショーなどでも急に「日本カーリング娘」が取り上げられるようになってきた。この前の世界選手権で2位になったときでも、ほとんど無視されていたのに。うれしいような気もするが、何を今ごろ騒いでいると言いたい。おまけに3連勝して、メディアが取り上げるようになってから、負け始めた。

 始って4日が過ぎて、「石を削った」という話題が出た後のカナダ戦がボロボロだった。試合途中で石の底を削るなんてことは初めて聞いた。日本が勝っていて、ランキング一位のカナダが3連敗していて、これは石がおかしいせいだと、ヨーロッパ側からクレームが付いたのだろうか。

 どっちにしても、世界選手権で日本チームが唯一勝てなかったカナダが、予選敗退したのは、メダル取りには都合がいい。現在首位の韓国とスウェーデンには勝っている。

 スキーやスケートのように、何十人も出場枠があり、一人で何種類も出れたりする恵まれた競技ではない。なにしろ世界でたった10組しか出場できないわけだから、通常のあまい日本の基準で考えれば、ここに登場しただけで、オリンピックの入賞と言ってもいい。しかも、現在のところ、4位ぐらいだ。

 しかし何といっても、占有時間だけはものすごい。一試合3時間ぐらいかかる上に、ほとんど毎日、あるいは一日に2試合あったりする。ふだんあまりテレビは見ないのに、思いっきりテレビ生活になる。めったに使えない言葉だが、カーリング“三昧”である。

 スキップの藤澤五月が韓国で、すごい人気らしい。『韓国紙の東亜日報(電子版)に19日、こんな見出しの記事が掲載された。各国の美女選手10人を紹介する記事で、藤沢が1番手に取り上げられている。』(ヤフーニュース)
現在首位の韓国を負かしたのに、気に入られたようだ。しかし、日本でもそうなるのだろうか。もうとっくに、話題になっていてもおかしくなかった。

 彼女は、まだ十代の2011年から中部電力を日本一にして、全日本4連覇したが、オリンピック予選だけ、小野寺歩の北海道銀行に負け、出場できなかった。4連覇したあと、今は解説をやっている市川美余が、中部電力を抜けて、藤澤はLS北見に移籍した。市川は、「藤澤さんが移籍したのではなくて、他の3人のメンバーを取り替えたのだ」と恐ろしいことを言っていた。

 カーリングも、団体戦を装っているが、実質はスキップの力で決まる。


今月になって見たもの。
カーリング日本選手権2018女子準決勝
カーリング日本選手権2018男子決勝
カーリング日本選手権2018女子決勝
冬期五輪 カーリング ミックスダブルス カナダ対フィンランド
冬期五輪 カーリング ミックスダブルス 中国対OAR
冬期五輪 カーリング ミックスダブルス3位決定戦 ノルウェー対OAR
冬期五輪 カーリング ミックスダブルス決勝 カナダ対スイス
冬期五輪カーリング女子 日本対アメリカ 10-5
冬期五輪カーリング女子 日本対デンマーク 8-5
冬期五輪カーリング女子 日本対韓国 7-5
冬期五輪カーリング男子 日本対ノルウェー 6-4
冬期五輪カーリング女子 日本対中国 7-6●
冬期五輪カーリング女子 日本対OAR 7-5
冬期五輪カーリング女子 日本対カナダ 8-3●
冬期五輪カーリング女子 日本対スウェーデン 7-5
冬期五輪カーリング女子 日本対イギリス 6-8●
冬期五輪カーリング女子 カナダ対イギリス
冬期五輪カーリング女子 日本対スイス 4-8●
冬期五輪カーリング男子3位決定戦 カナダ対スイス7-5
冬期五輪カーリング男子決勝 スウェーデン対アメリカ 7-10
冬期五輪カーリング女子準決勝 日本対韓国 7-8●
冬期五輪カーリング女子3位決定戦 日本対イギリス 5-3○
冬期五輪カーリング女子決勝 スウェーデン対韓国 8-3


藤澤五月2

テーマ:オリンピック - ジャンル:スポーツ

[2018/02/21 19:02] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界女子カーリング選手権2016 世界が震撼!日本2位
X2Z19868.jpg

カーリングって、やけに顔がクローズアップで映る。
World Women's Carling Chanpionship2016

 ヨーロッパチャンピオンのロシアにも、世界ランキング1位の地元開催カナダにも、試合半分で大差をつけてギブアップ勝ちという、日本チームの快進撃。ここ10日間、毎日5時間ぐらい観戦しているので、感動に包まれています。

【大会開催時の出場国の世界ランク】
1位:カナダ
2位:スイス
3位:スウェーデン
4位:スコットランド
5位:ロシア
7位:デンマーク
8位:アメリカ
9位:日本
10位:韓国

 今シーズン、スキップの藤澤五月が加入したばかり、藤澤以外は世界選手権初出場の経験のないチームで、この勝ちっぷりは信じられません。中継、解説しているカーリング界の先達も、日本の圧倒的連勝に、胸が苦しい、お腹が痛い、泣きそうだ、と驚きを隠しません。

 サッカーなんかだと、イギリスチームというのではなくて、イングランドチームですよね。それと同じなんだかどうなんだか、イギリスだけ特別ひいきにされているのか、イギリスではなくてスコットランド代表です。日本チームだって、みんな北見市常呂町出身ですね。男子は長野が強いけれど。

 海外勢の中にいると、まるで日本チームだけジュニアチームに見えますし、「さっちゃんの好きな方から投げていいよ」と、笑顔でたのしそうに競技しているのが目立ちました。他チームのような緊張感が感じられません。

 日本は予選リーグを9勝2敗のスイスと同率首位、スイスに負けているので2位で決勝トーナメント進出決定です。日本のカーリング史上、初めてのことです。

 カーイングの決勝は、普通と違って、ペイジ・プレイオフシステムと言います。まずは1位と2位の、スイスと日本が対戦。その敗者が3位と4位の勝者とあたり、勝った方が再度1位と決勝戦を戦うという構図になっています。決勝では、強敵スイスに9回まで一点差の接戦で、十分すぎる成果で銀メダルを取りました。

 表彰式まで見た。メダルを首にかける人の各チームに対する対応が全然違うのがおもしろい。銅メダルのロシアチームには、メダルをかけた後、ヨーロッパでよくあるような左右に2回、両ほほを併せてキス。銀の日本は、深めのハグするだけ。金のスイスには、片ほほを合わせるだけのキス。こんなに違っていいのだろうか。日本チームはみんな大喜びだったが、藤澤は(くやしくて)ずっと泣き顔だった。

 カーイングの気持ちいいところは、(韓国と中国を除き?)きわどい時、進んで相手に有利な判定を認めるところだ。敵ながらあっぱれと讃える。それにしてもこのニュースを、なでしこや錦織みたいに、民放でまったく取り上げないのはどういうわけだ。自転車選手権10連覇の中野浩一みたいに、世界では超有名人なのに、日本人にはあまり知られていない藤澤五月ということになるのではないか。

わたしは、これこそほんとうに、元気をもらったぞ。

テーマ:オリンピック - ジャンル:スポーツ

[2016/03/29 18:00] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界女子カーリング選手権2016
213-002.jpg


 今週末F1が始るので、BS番組表を見ていたら、なんとF1の放映はないらしい。F1もツール・ド・フランスもテレビの状況は厳しい。私はずっと前から見ているが、全然知らない人も多い。そうしたらカーリング世界選手権の中継が、いままでよりも、やたらたくさん予定されていた。しかしツール・ド・フランス同様に、ブームなんかくるわけがないと思われる。

 来週、放映されるというお知らせをすると、「なに、それ?」「カーリングなんて、ちゃんと見てるやつがいるのか?」といった冷たい返事が帰ってくる。誰にも勧めないことにしよう。

 日本代表は、ロコ・ソラーレ北見。当然です。
 藤澤五月率いる中部電力4連覇時代のチームメイトで、日本選手権では中継の解説をしていた市川美余がこんなことを言っていた。ロコ・ソラーレ北見に移籍してまたもや優勝したが、藤澤が他チームに移籍したというよりも、傍目には、藤澤がチームメイト3人を変えたと見えるだろう。

 3月19日(土)~28日(月)の間に、こんなに予定されているようです。本当だろうか。これで視聴率が悪いと、来年から中継がなくなるのだろうか。

世界女子カーリング選手権2016
予選リーグ「日本」7対5「フィンランド」 勝ち
予選リーグ「日本」10対3「イタリア」 圧勝
予選リーグ「日本」7対1「ロシア」 圧勝
予選リーグ「日本」4対11「デンマーク」 負け
予選リーグ「日本」6対5「韓国」 辛勝
予選リーグ「日本」4対7「スイス」完敗
予選リーグ「日本」8対4「スウェーデン」 圧勝
予選リーグ「日本」8対1「ドイツ」 圧勝
予選リーグ「日本」7対5「アメリカ」勝ち
予選リーグ「日本」10対4「スコットランド」圧勝
予選リーグ「日本」2対11「カナダ」圧勝

3月26日(土)午前10:00-プレーオフ 「日本」4対8「スイス」
3月27日(日)午前5:00- プレーオフ 「カナダ」4対7「ロシア」
3月27日(日)午前10:00-準決勝 「日本」7対5「ロシア」
3月28日(月)午前1:00-3位決定戦 「カナダ」8対9「ロシア」
3月28日(月)午前6:00-決勝 「日本」6対9「スイス」


 一試合だいたい2~3時間ぐらいかかる。私以外、だれが全部見るのだろう。

予選11戦目のカナダに勝ったところで、驚くべきことに
9勝2敗で日本がトップになっている。

テーマ:オリンピック - ジャンル:スポーツ

[2016/03/18 15:49] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界女子カーリング選手権 2015
karing2015ro.jpg



 長野オリンピックの時にちょっと見かけて、前回の冬季オリンピックの競技の中で一番おもしろかったので、それからマジに見るようになったカーリングです。

 BS103で、6日で11試合、連日放映された女子カーリングでありますが、見たと言っても、他に見た人がほとんどいません。ネットやニュースでも結果しか表示されず、記事らしいものがほとんどありません。数年前までのツール・ド・フランスよりも、連日6時間も放映されるだけでもありがたいものです。テニスなんかもそうだけど、日本人の試合しか放映しない。だから決勝とか、最終戦とかを見ることができなかったりする。

 ところで、スコットランドというチームがある。他はみんな国別なのに。これってサッカーのイングランドみたいに、イギリスだけ特別枠があるのだろうか。イギリスでは、イングランドよりもスコットランドが強いんだろうけど、日本だったら北海道チームでいいようなもんだ。青森にしても、中部電力にしても主力メンバーは北海道北見市出身だし。

 それで6日も立て続けに見ていると、日本メンバーが気に入っているわけでもなく、ふがいなさに腹を立ててばかりだったが、終わってしまうと、ひどく寂しい。いっしょに戦った仲間のような気になっている。もうちょっと人気が出るといいのだが。

テーマ:マイナーなスポーツ - ジャンル:スポーツ

[2015/03/21 20:15] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |