ピノキオ
エズシリーズ、
リトルピノキオ F4 2012年と
ピノキオ F6 2003年の絵です。
ピノキオというお店の看板が印象的な場所です。
元にした写真は、上の方が、20年ほど古いものです。

2012-34littlePinokio.jpg


DSC42125.jpg
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/16 18:40] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チェロの響き 1985
1985年、だいたい30年ぐらい前に描いたF15号の絵の一部です。
描き加えています。
30年ぐらい前には、売り出し中の有名な若手チェリストでした。
ヨーヨーマのような。
どうしているのでしょう。

X2Z22775.jpg


X2Z22776.jpg

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/13 18:09] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
昨日への手紙 
2008年のエズF8号「昨日への手紙」を
P12号に描いてます。

2008-10☆ezeF6 (2)

2011-1☆ezeP12 (2)

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/07 18:04] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エクスのマルシェ 2
エクサンプロヴァンスの市場のつづきです。

P市場4

P市場5

P市場6




テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/07/28 17:35] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エクスのマルシェ 1
エクサンプロヴァンスの市場ということで、
以前、小さくF4に描いたものを、F12で始めました。

プロ市場1

プロ市場2

プロ市場3

プロ市場4

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/07/13 16:41] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
教室での静物画 2

いつも行っている教室、数人で静物画を描いた。のつづき。
数人で描いているために、空いた場所から見た。
だから構図は、選んだわけではない。
自分の意に沿わない状況であっても、
ある方向から見た、現状を、そのまま描く。

完成する気はないのだが、それなりになってきた。

K静物2

K静物8

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/28 18:00] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
甘樫丘眺望
またまた明日香の、甘樫丘から畝傍山と二上山、つまり大阪の方角を見たところです。
ここからは大和三山も見えます。
蘇我氏の邸宅があった場所です。

アマカシmoto

アマカシ

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/22 19:42] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
阿蘇米塚再会
久しぶりに、阿蘇米塚に手を入れました。
写真写りが悪くなりました。

米塚4


X2Z92752.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/19 21:55] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
石舞台古墳
以前、2002年に石舞台古墳を描いたのですが、石室の中が見える方角から描いてみました。
蘇我馬子の墓といわれている、飛鳥時代の上円下方憤です。
上円部の土が取り除かれて、石がむき出しになった状態です。


石舞台1

石舞台2


石舞台横

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/16 18:19] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
教室での静物画 1
いつも行っている教室、数人で静物画を描いた。
数人で持ち寄ったモチーフを、数人で描くということは、特に自分の好みに並べたり、構図を調整したりできないということだ。ある方向から見た、現状を、そのまま描く。完成する必要はない。

K静物0

K静物1

K静物4

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/09 17:20] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シントラの雨 F30
2002年に描いたF8の「シントラの雨」をF30に描いています。
英語版タイトルは[Things We Said Today]です。

You say you will love me. If I have to go. You'll be thinking of me, Somehow I will know. Someday when I'm lonely. Wishing you weren't so far away, Then I will remember. The things we said today.

sintra1.jpg

sintra2.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/28 16:28] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヴェローナの眺望 95
昨年の草茅会そうぼうかい展に、take60で出品しました。
ただいまのところtake95です。
部分的に写真を撮ったら、こんなに色が違う。

ヴェローナ上

ヴェローナ下

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/24 17:51] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミレトスのトルソー
 先日の「ぐるっぽテラ展」の出した「ミレトスのトルソー」です。
紀元前500年頃のギリシャ、アルカイック期の彫刻です。
ちょっとめずらしい、2倍サイズの木炭紙。

2木炭デッサン

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/01 18:09] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春の近江八幡 1
確か、3年前の春に京都に行った帰りに安土と近江八幡によった。
その時の絵になる場所。

近江八幡2

近江八幡5

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/22 17:52] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ディンケルスビュールの木 2
ディンケルスビュールの木
4回ほど手を入れました。
やはり桜の開花も、満開も遅い。

ディンケルス4

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/02 18:10] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ときのさと30 3
先日は「裏 ときのさと30 3」でしたが、こんどはその前の
「ときのさと30 のその後」です。

トキ3-1

トキ3-2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/23 20:19] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ディンケルスビュールの木
 チャック・ベリーとかまやつひろしが亡くなったのは、これでも気にしている。

 またまた、キャンバスがないので、「若草山の木」の上から、ディンケルスビュールの木を描いてみた。
似たような色調だし、写真で見ると、もったいないことをしたような気もしている。

ディンケルス0

ディンケルス1

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/20 15:24] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
裏 ときのさと30 3
前回、関西と北陸の桜満開時期が近くて、両方行きにくいと書いた。
あれから北陸の予報はさらに遅くなったので、北陸を次の週にすれば、ちょっと遅めだが行けるかもしれない。平年並みというと、若干遅いことが多いのだが、今年は本当に遅めだ。
満開予報、京都・奈良は9日、大阪10日、福井12日、金沢13日、富山14日。

裏 ときのさと30 を作品展に出したあと描き加えた。
オレンジだった空を、だんだん紫色にした。
なんだか途中の状態がおもしろいような気がする。

裏トキ3-1

裏トキ3-2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/16 17:36] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の庭 2
 今年は、関西方面の桜が遅い。数年に一度の遅さだ。行くことを予定していた北陸3県の桜満開の時期とほとんど重なることになってしまった。したがって、京都には行かないだろう。また、秋に考えよう。

龍安寺4

龍安寺8

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/13 18:14] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍安寺の庭
 京都でのお気に入り、龍安寺の絵は、桜も紅葉も描いている。
外人にも有名な、というか外人がたくさんいる石庭でも書こうかと思う。
1995年に描きかけの「パリの公園」F6を潰してその上から描きました。
ちょうど真ん中に桜の枝がある。

 画像にモアレのようなものが映っているが、ふつうの蛍光灯と併せて、LEDの棒のようなスタンドの照明を当てながら撮ったらこうなった。なんでだろう。

龍安寺0

龍安寺1

龍安寺2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/04 14:04] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>