FC2ブログ
シントラの雨 
2017-6sintraame.jpg


シントラの雨 大きめの F30 です。

 シントラとは、リスボンから電車で40分ぐらいです。ロシオ駅かローマ駅からのる。ですから、エボラやオビドスよりもちょっと近いといえます。シントラに世界遺産ですが、目玉がいくつかあります。

 ペーナ宮殿、ムーア人の城塞、王宮、そいでもってだいぶ離れているけれど、ロカ岬もそうです。世界最西端到達証明書をもらったら、シントラ州発行と書いてました、たしか。とても良いところです。わたしは、2回行きました。

 この絵は、王宮を見学して、さあ外へ出ようという時に、
雨が降ってきて、どうしよう?という場面です。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2019/01/07 16:21] | 絵画作品2017/18/19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ペンギンもいいな
 どうも思うに、やたらと猫と犬を好きな人が多い。
自分の孫などの幼児が好きな人も多い。
絵のモチーフとしてだ。
わたしは、シャチが好きだ。しかしシャチは絵にしにくい。
比較的ペンギンなどは、見た目が近い印象がある。
白黒のせいかもしれない。
好きな人も多そうだ。
「世界でいちばん美しいペンギン図鑑」という本を見つけてきた。
愛らしい、かわいい写真も多い。
この中の写真を合成して描いてみました。
(つづく)

ペンギン3

ペンギン1

ペンギン2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/11/29 15:09] | 絵画作品2017/18/19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新しい命
 ツール・ド・フランスが始まった。
昨年までは毎日の放送が夕方だったが、今年は深夜だけなので、まだ二日目しか見ていない。例年、初日はそれほど面白くないし、チームタイムトライアルも、それほど面白くない。相手と直接競争しないからだ。今年は、第一戦目も短めの普通のレースだったようだ。

 初日は、なにしろフェルナンド・ガビリアという知らない選手が、サガンに競り勝って優勝マイヨジョーヌ。2戦目は普通のレースなので、ゴールスプリントでサガンが優勝。第三戦はガビリアのチームが好成績。キンタナもフルームも、それどころか他のスプリンターも、ほとんど話題にならない。第4戦、またまたガビリアが優勝。マイヨジョーヌはチームメイト。

 F1とか、他のジャンルと違って、放送局に忖度しないのか、放映よりもずいぶん早めにヤフーニュースで結果を知ってしまうのである。第4戦は今夜見る、かもしれない。


 というわけで、新年早々に描き始めた睡蓮の絵です。

千田睡蓮

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/07/11 19:47] | 絵画作品2017/18/19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
むらさきの
むらさき1

むらさき2



 タイトルは万葉集の有名な歌からです。

「むらさきの」のタイトルの下に小さな文字で入れました。
「あかねさす紫野行き標野(しめの)行き 野守は見ずや君が袖振る」

この句は額田王が詠んだものです。額田王は、大海人皇子と結婚をして子どもをもうけていましたが、この歌を詠んだときには、大海人皇子とは別れて、天智天皇(大化の改新で有名な中大兄皇子と恋人関係にありました。

 天智天皇の後宮にいるけれど、まだお互いに気が。そんな袖を振っていたら、番人の人が見ますよ。

 それに対する、大海人皇子(後の天武天皇)の返歌が

「紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも」

 紫の匂い立つような美しいあなたのことを心憎いと思えば、人の妻なのにどうして恋しく思うでしょうか。

 もちろん万葉集に載っているのですから、公式の行事で読んだのです。夫の天智天皇もいたと思われます。二人の関係をみんなが知っている事を前提に、宴席で読んだといわれています。過去の恋人二人は、蘇我入鹿などの政敵を暗殺しまくって権力を握った中大兄皇子が怖くなかったのでしょうか。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/09/19 18:17] | 絵画作品2017/18/19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
扉を開けて
琵琶湖疎水取り水口です。
琵琶湖の水が、京都の山科、インクラインや南禅寺の方へ
ものすごい勢いで流れています。
奥には観音開きの大きな鉄の扉があります。

こんなに桜の木が束になってかかって来るような場所はありません。

琵琶湖疎水取り水口


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/30 11:10] | 絵画作品2017/18/19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |