『ドン・ジョヴァンニ』 マゼール パリ・オペラ座78
マゼール



 ジョセフ・ロージー監督『ドン・ジョヴァンニ』映画のサウンドトラックとして録音されたもの。マゼールとしては、二つの仕事を抱えて大忙しの時、ムリヤリ挟み込まれた仕事らしく、何度も分割してバラバラに録音している。

 その、万全の体制で、ちゃんとレコーディングされたわけでもないこの演奏であるが、なかなか悪くない。映画のDVDも見たが、他のモノと同様、やっぱり面白くない。映像に影響されて、マゼールの音楽もありきたりなモノに感じた。映画のためだし、やっつけ仕事なんだろうな。

 ところがどっこい、CDで音楽だけ聴いたらずっといい。フルトヴェングラー、カラヤン、クリップス、ジュリーニ、ベームなどの、テンポ推移など似ている王道の『ドン・ジョヴァンニ』演奏とは、ちょっと違っている。

 まず、低音が少なめでスッキリしている。そして、王道とテンポが違う部分は少ないが、マゼールにありがちな遅くなるようなことはなくて、フィナーレなどで速くなる部分があるぐらい。ほんの少し、古楽器演奏に近いけれど、まともな気合いの入った演奏で、好感が持てる。

 歌手は、みんなとてもいい。ライモンディとベルガンサが特に気にいった。ドンナ・アンナのエッダ・モーザーが、ちょいと粗めの歌唱だと思ったが、それも過去の名歌手と比べればのこと。繰り返し聴くと、違和感もなくなり、素直に感動する。このレコードを褒めている文章を見たことがないせいもあるが、どうせ大したことはないだろうと、先入観で避けていたのを反省した。



ロリン・マゼール指揮 パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団 1978年

ドン・ジョヴァンニ‥‥‥ルッジェーロ・ライモンディ
レポレッロ‥‥‥ホセ・ファン・ダム
ドンナ・アンナ‥‥‥エッダ・モーザー
ドンナ・エルヴィラ‥‥‥キリ・テ・カナワ
ツェルリーナ‥‥‥テレサ・ベルガンサ
マゼット‥‥‥マルコム・キング
騎士長‥‥ジョン・マカーティ
ドン・オッターヴィオ‥‥ケネス・リーゲル

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/03/03 20:06] | ドン・ジョヴァンニ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<さくら・さくら | ホーム | ■ -The Gallery in My Heart-  2月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1090-ad266c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |