■京都3日目■4月2日■府立植物園 疎水の長城■
3植物2

3植物3

3植物4
半木(なからぎ)の道



 近鉄新大宮駅を通過する電車は、基本的には大阪難波行きなのだが、まれに京都行きや地下鉄直通のものもある。(阪神直通三ノ宮行きもある。)1時間に1本ぐらいしかないので逃せない。
◎近鉄新大宮7:39→8:20竹田→北山8:50。¥540+¥310。
竹田での乗り換えも、1分ほどで電車が来た。近鉄えらい!

 それで毎度ひいきにしている植物園。安いし京都御苑同様、敷地が広いので空いている。ただ、着いたのが早すぎたようで、切符を買ってから5分ほど待って入場。20人くらい待っている。素晴らしいしだれ桜などあるが、それほど有名ではないらしくて人が少ない。
◎★★京都府立植物園9:00~10:00、¥200。半木(なからぎ)の道~10:25。

 この京都府立植物園は、夜桜も見せてくれる。しかも、夜桜となるといつもより高い料金を取る高名なお寺などと違い、たったの200円で、昼も夜も続けて見ることができる。(日付のスタンプを押してもらえば再入場ができる)地下鉄1日券も使い、1日にホテルから2回見に行ったことがある。

 1時間ほど楽しんでから南口から鴨川方面へ出ると★半木(なからぎ)の道がある。鴨川沿いや高野川、いやどこの川でもたいてい桜並木がある。しかし、ここの桜は特別なのだ。ピンクのしだれ桜がびっしりと並んでいる。人通りは多いが、河川のベンチは空いているので、ゆっくり休める。

◎松ヶ崎疎水へ出る10:52。→北白川疎水→ 12:00★哲学の道。
 琵琶湖疎水は、大津三井寺付近からトンネルに入り、山科疎水をへて、南禅寺や岡崎へ続くインクラインの所へ出る。そして哲学の道からどんどん北の方へ伸びているのだ。そこで植物園近くの松ヶ崎疎水からずっと歩いていこうと考えたのだ。この間では、高野川を越えるのが、けっこう遠回りをしないと疎水に戻らないので大変だった。

 最初は、回りが普通の民家なので、車やバイクなどがよく通って落ち着かなかった。哲学の道に近づくにつれて、やはり桜は立派になってくるが、同時に人が一気に増えるのでお祭りのようだ。晴れ着を着た人も多いし。

 このまま南禅寺に向かうか、やはり定番、毎回のように寄っている真如堂か。やはり静かな方が良いので、もうひとつの疎水、白川沿いを歩いて、山を登って真如堂へ。昨日の影響で足が痛い。まあ、それにしては9時からずっと歩いているけれど。

◎★真如堂12:40。→金戒光明寺。画廊風布。
 真如堂のお堂の階段でしばし休む。紅葉のときほどではないが、桜はあるし、人は少なく落ち着いて休める。途中スーパーにも寄ったが、近代美術館まで食べるのはがまんしよう。私は忍耐強いのだ。朝食食べすぎという説もある。

 真如堂から光明寺へ、新しい、お墓の中を抜けるルートを通る。文殊塔の所へ出るのである。いつも立派な三門が工事中だった。光明寺を出て100mぐらいのところに画廊らしくない画廊があって、ちょっと立ち止まったら、手招きされた。ブラックホールのように吸い込まれたのだ。

 風布(かざふ)という画廊で、被災地岩手県の織物みたいな「第2回手業展」をやっていた。けっこう年配の芸術家みたいな人たちが大勢いた。わたしは「鎌倉から毎年京都に来ているんだ」と、適当なことを言ってみたが、「鎌倉?鶴岡八幡宮の宮司さんが、さっきまでいたよー」と、軽ーくかわされてしまった。西表島か旭川動物園にでもしとけばよかったかな。

 ちゃぶ台の前に座って、お茶とおにぎりと最中がでてきたので、高級最中を食べて、お茶を飲んだ。私は女子高生とか関取と一緒で、甘いものに弱いのだ。ちょっと話をしたら、さらに、こっちのお煎餅もと、さらに良いものを勧められた。これは「ぶぶ漬けどないどす?」か、帰れってことか?と。画廊に入るなり、ろくに見ないで、買わないで、バクバク食べてちゃヒンシュクものだなと思い、外へ出る。
画廊『風布』、宣伝したから、今度行ったときは「粒あん入り生八つ橋」でも出してくれ。

3植物1
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2013/04/12 18:30] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「そうだ、村上さんに聞いてみよう」より | ホーム | ■奈良2日目■4月1日■石舞台古墳~飛鳥川■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1112-300bd827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |