「Time after time」「G・BORG」のマルタ市街地
martGB写真ss2

martGB写真ss3

martGB写真ss



 先日出しました「Time after time」--いつもどんなときもの状況です。

 本来、作者が説明なんかしない方がいいんでしょう。でも、とても興味深い変わった場所なのです。マルタ、ヴァレッタのお気に入りの通りで、オペラの舞台装置に使いたいぐらいです。ヴァレッタのことは、塩野七生の「コンスタンティノープルの陥落」「ロードス島攻防記」でも読んでくだされば、よーくわかるとおもいます。。対オスマントルコのために作った出城のような街です。

 「Time after time」緑の橋の下、には道路が通っています。左手が深くて、右手に行くにしたがって、この歩道に近づいて登ってきます。この右手がわに数十メートル行ったところにG・BORGのお店があるのです。写真の具合で、あるいは背景に黒の下地があるために、不自然に見えるかと思いますが、ほぼこんな異常な色をしています。


 このいるかホテル、じゃなくてマルタホテルで朝食を取っているときに、隣のおじさんに話しかけられた。朝食は、ヨーロッパ普通のコンチネンタル・ブレックファーストよりもちょっと良くて、卵焼きみたいなのとか、煮豆みたいな、なんだかよくは分からないのだが、それなりのものが付いてきて、満足できるのだ。

 ホテルで問題なのは、バスタブもないし、水回りがひどかったが、その話はやめておく。

「君は、このホテルにどれくらい泊まるんだ?」
僕は、指を3本立てて、「スリー!」と言った。
「なんだって、3週間か?」
「いえ、3日です。」
村上春樹か龍じゃないんだから、そんなに長く滞在するわけないじゃん。
日本人の旅行は一週間だぜ。
ヴェネチアに4泊してから、マルタに3泊だから、7泊9日のツアーだ。
両方ともカーニバル時期に当たっていた。偶然だけど。
マルタに寄っただけでも、えらいこっちゃ。

そのおじさんは、イギリス人だそうだが、
「おれはこのホテルに2ヶ月いるよ……だいたい毎年」
スポンサーサイト

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

[2013/05/14 19:32] | アートライブ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「G・BORG」、作品展はじめました。 | ホーム | 『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1132-d9c010d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |