蒼い夏富士 2
6富士3

6富士4

実をいえば、よい小説の書き方が本当にわかるのは、よい小説が書けたときなのである。よい小説が仕上がってみて、よい小説の書き方が本当にわかるのである。

 ところが次の作品を書こうとすると-もちろんよい作品を書こうとするわけだが、-よい作品の書き方がまるでわからない。この前の体験が役に立たない。当てはめようがないのだ。文学作品の創作とは、そういうものなのである。 (河野 多惠子)

スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/07/04 22:16] | アートライブ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<リトル・ピノキオ | ホーム | ■ にけ朝日堂はいかにして鍛えられたか  6月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1160-88ee2eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |