デルフィより教会と山を 
デルフィ糸杉2

デルフィより教会と山を 本当は糸杉がメインでした。

 「記憶にある」ということは普通の人が考えるより大したことなのである。自分が本当に好きな歌なら、何でもよい。重要なことは、歌詞を正確に暗記することである。暗記された歌詞は、絶えず確実に、脳細胞を変化させていくもののようである。
 実生活の場においては「記憶は力なり」である。自分の本職に関した事項の記憶は、職運をかけて正確にしておくようにしなければならない。
からごろも 日も夕暮れになる時は 返す返すぞ 人の恋しき
クオリティ・ライフの発想 渡辺昇一より
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/08/13 18:27] | 絵画作品2013/14 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ドン・ジョヴァンニ』 ムーティ指揮 ウィーン1999第一幕 | ホーム | その子はたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1179-3ec0d6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |