エクサンプロヴァンスの市場 1
フランス、エクサンプロヴァンスの市場。これからなんとかします。

エクサン市場1

エクサン市場4


ところでこの間紹介した「飛べ!ダコタ」を見に新宿まで行ってきた。
よかったのである。

書き忘れてましたが、ほんとうの話です。この事件を体験して、まだ生きている人もいます。
以前とりあげた、「限界集落」のすぐ近くです。


ウィキペディアによるあらすじ
終戦から5ヶ月が経過した1946年1月14日。佐渡・高千村に住む旅館の娘・森本千代子は、海岸で不時着した飛行機を発見する。その飛行機は上海総領事を乗せて東京に向かう途中、荒天のために緊急着陸したイギリス空軍の輸送機「ダコタ」だった。飛行機は前傾して機首が砂浜に埋まった状態であった上、現地には飛行機が離陸できる滑走路もなかった。千代子の父親で村長を務める新太郎は、飛行機のイギリス人を自らの旅館に逗留させることを決断する。村民は「旧敵国」に対して複雑な思いを抱きながらもイギリス人のもてなしに努め、イギリス人も心を開くようになっていく。やがて、イギリス人と村民が協力して滑走路の建設が始まった。千代子の幼なじみである木村健一はそうした状況に背を向けていたが、不時着した「ダコタ」が、親友が戦死したビルマでイギリス軍将官の専用機だったと知り、ある行動を起こす。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/10/06 20:04] | アートライブ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ここはどこだかわからないが描いている | ホーム | 三色富良野 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1207-cef782ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |