清水公園のうつろい
清水桜1

清水桜3

これは実際に行って、1時間半ほどで描いたものです。F8(上図)

春にもよく行くが、ここは桜が咲くと、池の中まで花びらでいっぱいになるので、
そっちの方がいいかなと、変えている途中。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/07 18:24] | アートライブ2013 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<哲学桜 2 | ホーム | 国境の南、太陽の西>>
コメント
京都に行こうと思ってはいるのだが。
ありがとおす。

「はるき風小確幸のパン」ナンテイウのは、聞いたことおまへん。
ぐあいは悪いが、どないしまひょ、元来むてっぽうなので、京都か大津に行くかもしれへん。
どえりゃーさぶうなって、ぬくうなったらええのに。
あんさんも朋奇譚集でもだしなはれ。
[2013/11/16 22:46] URL | にけ #- [ 編集 ]
それは、、、、
ちょっと京都のひともびっくりの、

江戸末期の京都弁(?)

あわわ。

水の張ってあるあのお写真は、

なぜあんな風に水がブルーにあるのですか?

わき水?

日本でないみたいですね。
[2013/11/24 19:55] URL | とも #lQO9N8Ig [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1223-a5dfc046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |