我が輩は猫ではない。哲学の道。
 さて、今年もイマイチかと思わせる東福寺周辺から、異常に絢爛豪華な永観堂を横目に素通りして、哲学の道にやってきた。人がいないのと、料金がかからないのがとてもいい。(紅葉はどうなんだ?)

13哲学道1

13哲学道2
ひとやすみしようかと、カバンをベンチに置いたら、どこからかネコが6匹も集まってきて、
わたしの回りをぐるぐるした。

13哲学道3

13哲学道4
私にはまったく興味のない素振りをしながら、どんどん近づいてくる。

13哲学道5
ネコに気を取られていたら、後ろを歩いていたおねえさんに先に行かれた。
やれやれ。
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2013/12/01 17:30] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<■ ミレエの虹の絵  11月の図書 ■ | ホーム | いけない富士山>>
コメント
ねこに盲目
あああああ〜

ねこよ

おいで!

おいで!うさぎ尾っぽ。
[2013/12/08 22:53] URL | とも #lQO9N8Ig [ 編集 ]
ぼくが猫語を話せるわけ
今日、海辺のカフカを再読しはじめた。最初のところで、ナカタさんがネコと話をしている場面があった。ナカタさんと間違われたのかもしれない。普通の人よりも、猫語がちょっとぐらいわかるけどね。
[2013/12/09 00:09] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1235-3460ddad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |