『椿姫』 スカラ座開幕公演2013/14 ガッティ指揮 ダムラウ
Violetta:Diana Damrau2013


 『椿姫』という曲は、ヴェルディの作品の中でも特に好きな作品というわけではない。そんなに意識していない。『ファルスタッフ』や『仮面舞踏会』『アイーダ』『イル・トロヴァトーレ』なんかの方を愛好している。ところがここ数年、『椿姫』ばかり、いいビデオが放映されている。

 グルベローヴァ=リッツィ、ネトレプコ=リッツィ、ゲオルギュー=マゼール、デセイ=ラングレの名演である。どれも、とりあえず1幕だけ試しに見てみるかと、見始めてしまったら、やめられなくなる演奏だ。おっと、忘れていた。パトリツィア・チョーフィ=マゼールのもあった。それにもう一つ加わった。

ダニエレ・ガッティ指揮 ドミートリ・チェルニャコフ演出

ヴィオレッタ・ヴァレリー: ディアナ・ダムラウDiana Damrau
アンニーナ: マーラ・ザンピエーリMara Zampieri
アルフレード・ジェルモン: ピョートル・ベチャワ
ジョルジョ・ジェルモン: ジェリコ・ルチッチ
フローラ・ベルヴォア: ジュゼッピーナ・ピウンティ
ガストン子爵: アントニオ・コリアーノ
ドゥフォール男爵: ロベルト・アックルソ
ドビニー侯爵: アンドレア・ポルタ
グランヴィル: アンドレア・マストローニ
ジュゼッペ: ニコラ・パミーオ
[BSプレミアム]2013年12月23日(月) 午前0:30~午前4:40(250分)

Violetta2 Damrau2013


 マーラ・ザンピエーリは、昔からよく聞く名前で、まだ歌っていたのかと驚いた。それにしても太っている。怒髪天を衝く赤髪で、長距離トラックの運ちゃんのようだ。おまけに葉巻をすっていて、歌っている途中のヴィオレッタにもすわせたりする。火はついていないように見えるが、二人とも口から煙を吐き出す。

 第2幕の舞踏会では、このアンニーナが赤、ヴィオレッタが緑衣装という、「ノルウェイの森」のような配色をしている。それにしても、なんでアンニーナが舞踏会までピタリと寄り添っているのだろう。

 演出は非常に問題が多いようだ。第2幕の食堂風以外は、あんがい普通のセットだ。第3幕では、ベッドがなくて床にすわっており、後にミイラを巻いた布みたいなのが置いてあると思ったら、それが羽毛かけ布団だった。随所に不気味なマリオネット人形がおいてあったのは、なんなのだろう。

 ヴィオレッタ・ヴァレリーの ディアナ・ダムラウですが、名前はもちろん何度も耳にした事がありますが視聴したのは初めてです。知り合いにディアナさんがいます。英語読みだとダイアナですね。ディアナさんはブラジル人で、ディアナというのはポルトガル語で、ブラジルのポルトガル語では「ディ」を「ジ」となまって、ほんとは「ジアナ」っていうんだ、かっこわるいでしょ、と言っていた。

 そのダムラウ。映像で見る限り、生で聴いたことがある、グルベローヴァ、ネトレプコほどの他を圧する声ではなさそうだ。なにしろアルフレードの声の方が大きく聞こえる。声質はネトレプコに近く、生ではいいのだろうが、こういう場合、幾分もったりした声に聞こえる。ゲオルギュー、デセイのようなキツさはない。

 なによりパッとしない見栄えの歌手が多い中、プリマドンナの顔をしている。その堂々たる貫禄は、最後まで見てもヴィオレッタとは思えない。トゥーランドット、アムネリス、ブリュンヒルデにピッタリだ。葉巻すう赤髪アンニーナと合わせて、悪役女子プロレスラー、ピンクトントンだ。(わからないだろうな)つまり、どう見ても、肺病どころか、どんな病気だって跳ね返す女性だ。ノゲイラよりも強いかも。だが、なんだかんだ言いながらも、第3幕は感動的に歌ってくれた。ラムダウは、実演で聴いてみたい。
 ところで日本放送協会よ『ファルスタッフ』と『仮面舞踏会』も放映してくれ。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2013/12/28 17:36] | 椿姫 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<鹿児島2日目の1 菜の花の開聞岳を見るために | ホーム | たった3日だけ、鹿児島旅行1日目>>
コメント
>ところで日本放送協会よ『ファルスタッフ』と『仮面舞踏会』も放映してくれ。


無理だと思いますよ。
・ファルスタッフ は、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、アムステルダムの共同制作で、METはもうHDで映画館で見られる。さらにまだ、アムステルダムの上演もこの6月に、ダニエレ・ガッティ指揮でコンセルトへボウ管がオケピットに入っての上演が終わっていないです。僕は、Gattiで聴きます。

・バルマスクは、もう上演は終わっていたはず。映画館での上映もなかったはず。
[2014/01/08 07:05] URL | 今年は、R.シュトラウス #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
そうですか、ムリですか。映画館まで見に行く気もないので、残念なことです。
それにしても、ずっと以前からですけど、放映されるのって、椿姫とアイーダが、やたらと多い気がします。

忘れていました。椿姫パトリツィア・チョーフィ=マゼールのもありました。
[2014/01/08 10:39] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1250-6e7ae136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |