神々の黄昏 スカラ座2013 プロローグ
netre2013ss.jpg


 新年早々は昨年からの続きで、「1Q84 BOOK3」と「ハードボイルド・ワンダーランド」を読んで、
ここから新年。やっと、「アンナ・カレーニナ」上巻終わり。

 同じく新年早々から、ミラノ「神々のたそがれ」とトリノ「仮面舞踏会」を何度か見ている。そのせいで、世界最高豊麗優美なアンナ・カレーニナも「ハードボイルド・ワンダーランド」のヒロインである太った美しい17歳ピンクの孫娘も、アメーリアを歌ったオクサナ・ディカが目に浮かんでしょうがない。ぴったりだ。

 と思っていたのだが。深夜にBSでモスクワの「赤の広場コンサート」やっていた。

 アンナ・ネトレプコが出てきた。

 ちょっと歌っただけで、ディアナ・ラムダウやイレーネ・テオリンも一蹴する勢いだ。オクサナ・ディカにも足りないところがある。ネトレプコのCDは普段、まったく聴かない。それでも数年前、テレビでイドメネオのエレットラのアリアを歌っていてビックリした。
今回もさらにビックリした。
ロシアということもあるし、そもそも名前も同じだし、
ネトレプコがアンナ・カレーニナに、ぴったりだ。(それがどうした?)
えーっと、それじゃあ、神々の~。


スカラ座神々0ss



2013年も年末スカラ座シリーズが放映されました。
いよいよ『神々の黄昏』です。
年末にふさわしいというか、年末しかふさわしくないような演目です。
これではっきりしました。当初、ちょとした当惑もあったダンサー多用の、ギー・カシアスGuy Cassiers演出ですが、映像で見る限り、今までになく美しい舞台となっています。
『神々の黄昏』にしては、美しい、わくわくする、見ていて楽しい。
いったいどうしたことか。

2010年から続くミラノ・スカラ座の「ニーベルングの指環」シリーズ完結編です。
スカラ座『ラインの黄金』『ジークフリート』は、このブログに何か書いた覚えがあったけど、『ワルキューレ』は見たんだっけ?思い出せないと気がついた。カテゴリ分けで覗いてみると、『ワルキューレ』はこのスカラ座も、バイロイトのティーレマンのも書いていない。投げっぱなしで何も解決しないだろうけれど、そんなこと気にしながら『神々の黄昏』を見てみた。


 前半部分である、休憩までの「プロローグ+第1幕」だけで約2時間を越えます。それだけで、「椿姫」や「ナブッコ」なみ、いやそれ以上の負担を感じます。なかなかお話が進まない。そこでその前半部分だけを分類してみました。

①18m 3人のノルンが現状世界をなげく。
②16m ジークフリートが、ブリュンヒルデの元から旅立つ。
③6m間奏+14m ギービヒ家の3人。
④25m ギービヒ家へジークフリートがやってきて、義兄弟となる。
⑤8m間奏+15m ブリュンヒルデを、ワルトラウテが諫める。
⑥12m グンターに変装したジークフリートが、ブリュンヒルデを略奪に来る。

 唐突で不審に感じるのは③と④のギービヒ家で、あとは以前から引き継いでいるブリュンヒルデがいる火の山でのことです。だからワルキューレ、ジークフリートの第3幕からつながっているはずのお話です。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2014/01/14 17:00] | 神々の黄昏 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<赤山禅院と鷲森神社 | ホーム | 大沢池用水 2>>
コメント
ピンクの娘は印象的
マクドナルドでビックマックか何かと

あとサンドイッチを食べる所が

こちらまでお腹がすいてしまった思い出があります。
でも僕が、傷を受けた所が痛そうでした。

地下道を通っての逃避だったか、、、。

先日マクドナルドを久しぶりに食べたら、すごく不味くて

しかし、牛さんの肉なので残したらいかんと我慢して食べました。

[2014/01/16 22:25] URL | とも #lQO9N8Ig [ 編集 ]
そういえば、よく食べるところが出てきて、こんな時にくいもんにこだわってるんじゃねえ!とつっこみたくなります。
この時は、サンドイッチがおいしそうでしたね。でも、サンドイッチなんて、家で作るモノなんでしょうか。手作りはおいしいんでしょうか。考えられません。
マクドの味んこつは、気にせんといておくんなさいまし。
[2014/01/16 23:12] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1260-589b678f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |