■ アンナ・カレーニナと白痴を放つ。  1月の図書 ■



 2週間ほど山ごもり(ウソ)したので、いつになく本をたくさん読んだ。
 調子に乗って月またぎで『白痴』河出文庫を3冊借りてきて、読んだ。

 昨年からどの「仮面舞踏会」が、先日の生オクサナ・ディカに近いか検討中。
今のところ、スコットかインゲ・ボルク が近いような気がする。アメーリアのことだ。


「夜泣きウグイス」エクサンプロヴァンス音楽祭2010 BS放映
★映画 プライドと偏見 2005イギリス BS
★オール中島みゆきナイト BS番組
誰よりも前へ 佐藤琢磨 インディへの挑戦 BS番組
「赤の広場コンサート」2013 ネトレプコ BS放映
★「神々のたそがれ」 スカラ座2013 バレンボイム BS放映
★「仮面舞踏会」 トリノ2012 オクサナ・ディカ DVD

歌劇《3つのオレンジへの恋》 プロコフィエフ ゲルギエフ
斉藤秀雄の芸術 斉藤 秀雄/指揮 3CD 1962~71
『フィガロの結婚』バレンボイム
『ワルキューレ』レヴァイン87
『トリスタンとイゾルデ』第3幕 ベーム
歌劇《ブロウチェク氏の旅》ヤナーチェク
★預言者エレミアの哀歌(1599)_ジェズアルド・コンソート・アムステルダム2002
「仮面舞踏会」カヴァッツィーニ57 カラス
「仮面舞踏会」カラヤン89
「仮面舞踏会」Scotto62
★「トリスタンとイゾルデ」フルトヴェングラー52
影のない女 3 Keilberth63
Boris Godunov 3 Abbado93
TURANDOT 2 Karajan80
「ローエングリン」アバド
ヤナーチェク「利口な目狐の物語」ポップ
椿姫 ハイライト グルベローヴァ

★★チャイコフスキー/コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲 アンネ=ゾフィー・ムター
★★シェリル・スチューダー モーツァルトアリア集
平均率クラヴィーア曲集 グルダ
★エレミアの哀歌とレスポンソリウム2CD VIVARTE エミリオ・デ・カヴァリエーリ
1780's:Kozeluch&Mozart 1780年代のト短調交響曲
ブルックナー第5番 ヨッフム58
ブルックナー第5番 カラヤン
ブルックナー第5番 クナッパーツブッシュ56
ベ-ト-ベン第6番第7番 Scherchen51
ブルックナー第1番 karajanBPO81
ブルックナー第2番 JochumBRSO66
ブルックナー第4番Celibidache69Swedish
★ブルックナー第5番 karajanBPO76
マーラー第8番 アバド
交響曲第5番「運命」フルトヴェングラー47
ブルックナー第9番 シューリヒト
ブルックナー第8番 シューリヒト55
ブルックナー第8番 朝比奈
★ベートーベン第9番 宇野功芳
ブルックナー第9番 朝比奈
平均律クラヴィーア曲集<全曲> 48の前奏曲とフーガ4CD リヒテル
モーツァルト ピアノ・ソナタ集 リヒテル56
モーツァルト ピアノ・ソナタ選集 バレンボイム85
Dovorak&Haydn : Cello Concerto  Fournier62
モーツァルトアリア集 シュワルツコップ
モーツァルトアリア集 ディアナ・ダムラウ
モーツァルトアリア集 キャスリーン・バトル
モーツァルトアリア集 ルチア・ポップ
モーツァルトアリア集 ナタリー・デセイ

人間なんて よしだたくろう
大いなる人 よしだたくろう
みんな大好き よしだたくろう
ペットサウンズ 
ふきのとう ベスト
イルカ ベスト
ドアーズ ベスト
Back In The World [Live] 2CD  Paul McCartney03
寒水魚 中島みゆき
立川談志ひとり会 第2集


★アンナ・カレーニナ 上巻 第1編~第4編
★アンナ・カレーニナ 下巻 第5編~第8編
★白痴 1 河出文庫 ドストエフスキー
貧しき人々 光文社古典新訳文庫 ドストエフスキー
ドストエフスキーの言葉 
1Q84 BOOK3 a novel 10月-12月 村上 春樹
★ハードボイルド・ワンダーランド 村上 春樹
パン屋を襲う 村上 春樹
ダブル・ファンタジー 村山 由佳
アダルト・エデュケーション 村山 由佳
ジョン・アーヴィング 熊を放つ 上  
ジョン・アーヴィング 熊を放つ 下 村上春樹翻訳ライブラリー 

千夜一夜物語 1 バートン版 ちくま文庫 大場 正史/訳(3割だけ読んだ)
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか 竹田 恒泰
恋する文豪 柴門 ふみ
佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七
★東京大学で世界文学を学ぶ 辻原 登
バーソロミューの旅日記 上 日本編 
村上春樹を読みつくす 小山 鉄郎
20代で使ってはいけない100の言葉 千田琢哉
下山の思想 幻冬舎新書 五木 寛之
自由とは、選び取ること 村上 龍
小澤征爾指揮者を語る 音楽と表現 100年インタビュー 小澤 征爾
麻薬とユダヤの陰謀史 太田 龍
私たちには物語がある 角田 光代
脳に免疫力をつければ病気にならない! 苫米地 英人
目立つ力 インターネットで人生を変える方法 勝間 和代

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/02/03 18:07] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<嵐山 化野念仏寺 2 | ホーム | 『プライドと偏見』 2005イギリス映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1270-a34f0be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |