■ ベルクソン=時間と空間の哲学  2月の図書 ■
ベルクソン



「タイムマシン」と「モモ」を読んだあとで、
『ベルクソン=時間と空間の哲学 中村昇』を図書館で見つけたので読んでみた。
たいへん生真面目な本で、「はじめに」こんなことが書いてあったので読む気になったのだ。

 「われわれはなぜ生きているのか。この問いに答えられない哲学は無意味だと思う。この問いから出発して、私は哲学という道に入ったはずだ。それなのに、いつまでたっても答えが手に入らない。いったいこれは、どういうことなのか。」

 ベルクソンというと、小林秀雄が講演で発言していたのを思い出した。
「われわれの幸・不幸に関係ないような学問は、学問じゃないね」
「私たちの精神は記憶です。私たちが過去のことを覚えてるってことじゃないですか」
本文を読んでも分かったような気がしないが、おもしろい。
「おわりに」ではプラトンのようなことが書いてある。

「われわれの世界は、時間が流れているというよりもいわば〈いま・ここ・わたし〉における記憶という装置による映像だということになるだろう。そうなると、われわれの生は、「前進」しているというよりも、「前面」のスクリーンをひたすら眺めているといった方が、適切な比喩になるのかもしれない」

「こういった視点があり、かつその視点が記憶という余計な属性をもつために、この世界は存在しているかのような様相を呈しつづける。しかし、記憶だということが分かっているために、ひじょうに居心地が悪い。直接の現在とは、接することが原理的にできず、痕跡のみを提示されているようなものだからだ」

「そこには、けっしてたどりつけないし、このような構造自体の理由がまったくわからないからである」


★白痴 2 河出文庫 ドストエフスキー
★白痴 3 河出文庫 ドストエフスキー
★谷間の百合 バルザック
★モモ ミヒャエル・エンデ 大島かおり/訳
★眉村卓のタイムマシン H.G.ウェルズ
★キャッチャー・イン・ザ・ライ 村上春樹訳
ボヴァリー夫人 フローベール
セメント・ガーデン イアン・マキューアン
黒い犬 イアン・マキューアン
アムステルダム イアン・マキューアン
存在しない小説 いとうせいこう
永すぎた春 三島由紀夫 
花酔ひ 村山 由佳
熱帯夜 曽根 圭介

★ベルクソン=時間と空間の哲学 中村昇
地図で旅する 紀伊山地の霊場と参詣道
熊野古道 中辺路ルート&田辺 地球の歩き方BOOKS
星の王子さま 100分名著ブックス 水本弘文
中国「猛毒食品」に殺される 奥窪優木
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の謎をとく 野間 正二
初心者のための「文学」 大塚 英志
★もういちど村上春樹にご用心 内田樹
とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」
個人情報そのやり方では守れません 武山知裕
新・風に吹かれて 五木寛之
脳科学は「愛と性の正体」をここまで解いた 新井 康允
恋愛論 柴門ふみ
作家の道楽 夢枕 獏
名作はこのように始まる 1 ミネルヴァ評論叢書<文学の在り処>
名作はこのように始まる 2 ミネルヴァ評論叢書<文学の在り処>


★ソチ・冬季オリンピック放映 カーリングとスケート

歌劇「イーゴリ公」ボロディン ゲルギエフ
シュトラウス 「ダフネ」 ベーム44
★トゥーランドット セラフィン カラス57
★アイーダ カラス52
『椿姫』カラス ジュリーニ55
歌劇「ノルマ」全曲 ベッリーニ グルベローヴァ
「ローエングリン」アバド
ヤナーチェク「利口な目狐の物語」ポップ マッケラス
ヤナーチェク「利口な目狐の物語」ノイマン79
ヤナーチェク「マクロプロス事件」マッケラス78
ヤナーチェク「死者の家から」マッケラス80
★『ワルキューレ』第3幕 フルトヴェングラー54
『ワルキューレ』第1幕 フルトヴェングラー54
『ワルキューレ』第3幕 カラヤン66
『ワルキューレ』第3幕 ショルティ58
『パルジファル』第2幕 クナッパーツブッシュ62
椿姫 ハイライト グルベローヴァ
こうもり クラウス50
カプリッチョ サヴァリッシュ58
トゥーランドット ニルソン ストコフスキー70Live


預言者エレミアの哀歌(1599)_ジェズアルド・コンソート・アムステルダム2002
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲全集 カルミレッリ アバド
モーツァルト Zaide Harnoncourt06
マーラー第3番BERNSTEIN87NPO
交響曲第40番ト短調48、PCon20番 フルトヴェングラー
ピアノ協奏曲21・26番 ペライア
★Piano Concertos No. 20 & 25 Michelangeli89
チャイコフスキー 交響曲第4・5・6番 ゲルギエフ
ブルックナー第2番 スクロヴァチェフスキ
ブルックナー第2番 ヨッフム
ブルックナー第8番  カラヤン
ブルックナー第4番  カラヤン
モーツァルト リタニア ミサK257 アーノンクール
ハフナーセレナード アーノンクール

パールピアス 松任谷由実
みんな去(い)ってしまった 中島 みゆき
あ・り・が・と・う 中島 みゆき
短篇集 中島 みゆき
臨月 中島 みゆき
生きていてもいいですか 中島 みゆき
刺青/秘密 新潮CD 谷崎 潤一郎
「孔子」を語る 新潮CD 講演 井上 靖
井上ひさし講演 第1・2集
Gift CHAKA
The Mix KRAFTWERK91
John Denver Best
カーペンターズ カーペンターズ
見つめ合う恋 カーペンターズ
ア・ソング・フォー・ユー カーペンターズ
ポートレイト・イン・ジャズ ビル・エヴァンズ
エンゲルベルト・フンパーディンク全集 太陽は燃えている
天国のドア 松任谷 由実
青春歌年鑑 '68
青春歌年鑑 '69
青春歌年鑑 '70~'75
ザ・デフィニティヴ・モンキーズ ベスト
星の王子さま reading&music
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/02 18:19] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<薪割り少女 2 | ホーム | 常寂光寺 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1284-6fe46621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |