熊野古道計画9■4月7日(月)大津までが「熊野古道計画」
X2Z74747.jpg

X2z74738s_20140521162032a2e.jpg

●長等公園、琵琶湖疏水取水口

 大津では、最初は三井寺とか石山寺とか、びわ湖ホールなどの観光からホテルを取っていたのであるが、最近はそんなこととは関係なく、大津に泊まる。理由は簡単、京都は高いからだ。それにこういう時期、予約で埋まっている。昨年は奈良のホテルが安かったので、奈良に4泊して、半分は京都に出てきた。

 大津からは京阪線を使えば、京都市営地下鉄に直通で行ける。でもJRの方が近い。ただ朝の大津から京都方面に向かう電車は、特に新快速は、山手線みたいに混んでいる。ほんの10分なので我慢だ。

 このホテルは、昨年秋も4泊したので馴染んでいる。しかし、メモを見ると、ネット予約したときは、たしか\4,400だったのに、来る前に確認したら(\4,500×3泊)となっていた。料金を払うときに、フロントのお姉さんに言われた。消費税が上がったので、自動的に100円上がりました。そうだったのか。

 これは3パーセントから5パーセントに上がったときにあった混乱に似ている。もうすでに前の税金はコミで割り切った金額表示されていたのに、こんどの分はパーセント上増しされる。以前は、レジの間違いで、3パーセント込みの定価が書かれた商品に対して、その金額に対してさらに5パーセント加えられるということがあった。こんどはそれに加えて、さらに10パーセントまで上がりそうだというのだからややこしい。早く元のように、割り切った税込み価格に統一してもらいたい。元の料金設定自体に説得力がない切手や、電車賃の端数なんて意味がないと思うんだが。

 夕方にちょっとだけ大津周辺を見て回るとすると、桜の季節、三井寺と琵琶湖疏水取水口しか思いつかない。三井寺は拝観料を取られるので止めておく。2回も行ったら十分だ。それで疎水の入り口を目指す。

 京阪の上栄町駅がおもしろい。上り線と下り線が道を挟んで、別の方向に離れてある。道の左側に京都から来て浜大津行きのホームがあり、右側に京都山科方面行きのホームがある。入り口も完全に別だ。JR大津駅周辺からは、京阪電車ではこの駅が一番近い。だから京都からの帰りとかにここで降りたことはある。京都市営地下鉄直通の電車がある。というか半分がそうである。地下鉄東西線は、六地蔵行きと浜大津行きに二分されている。ここで山科駅乗り換えの問題は次回。

 そこで地図を見ていたら、長等公園というのがある。敷地もけっこう広そうだ。
、途中に長等公園というのがある。初めていったが、大きいのと桜が立派なので驚いた。もうちょっと時間があるときにじっくり歩きたい。もう暗くなってきたので、琵琶湖疏水に急いだ。地図で見ると近いのに、けっこうな時間がかかった。

 琵琶湖疏水取水口は、桜が、本当に満開だった。穴の見える橋の上に5人ほどのカメラマンが、三脚を立てたり、かすかに移動したりしながらウロウロしている。それ以外の周辺部分はほとんど人がいない。横から見てもとても美しいのに。真っ正面の水の流れ込む穴の部分は、橋の上の一カ所しか見えない。したがって三脚で場所取りしながらも、一人でずっと居続けるのも他の人に悪いとでも考えているのか、少しずつ動いている。後に控えていたら、ほんの一瞬だけ真ん中を開けてくれたので、写真を撮ることが出来た。なかなかいい写真が撮れたのではないかな。

 もう日も暮れかかってきたので、通りがかりにあった西友で、バナナ味のバームクーヘンを買って帰る。本来は日曜放送で、新宮のホテルにいると見ることが出来なかったはずの、BSF1中継バーレーン決勝が、1日遅れで見ることが出来た。大津ではBSが見られるのだ。大津のホテルに落ち着くまでが「大熊野古道計画」だ。明日からは、ローテーションの谷間というか、二毛作というか、消化試合みたいなもの。いや、新たな展開があるかな。



X2Z74678.jpg
京阪の上栄町駅下りの駅です。ふり返ると反対側に上りの駅があります。
スポンサーサイト
[2014/05/21 16:25] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<人物デッサン 下 | ホーム | 「源氏物語」 The Tale of Genji>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1325-824ca0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |