来島海峡の舞台から飛び降りる
しまなみ5

これはまだ私が神様を信じなかった頃ではなくて、2007年のお話。

本州と四国をつなぐ道は3つあります。
一つは神戸から大淡路島を抜けて鳴門まで。3年前に行きました。
もう一つは、岡山から高松や亀山あたりまで向かう、電車も通っている、瀬戸大橋。
ここは通っていないけど、高松行きフェリーに乗って、直島まで行きました。たぶん8年ぐらい前です。
そしてもう一つは、今治から尾道にいたる、瀬戸内海6個の島を10の橋でつないだしまなみ海道です。

2007年5月30日(水)「しまなみ海道」をサイクリングです。

しまなみ1

しまなみ2

6:50ホテル出発。松山駅7:22発-今治8:26着\920。バス8:33-8:55展望台着\330。

 またまた午前中はこのばす以降あと1便しかないのに、ここで降りたのは私一人。サイクリング中も、行きと帰り、一組づつしか自転車に乗っている人に会わなかった。
今度は自転車の種類がいっぱいあるので、ママチャリタイプを借りて\1500スタート9:20。うっ!いきなり来島海峡大橋の車道に合流するまでのループ状の道なりがきつい。しかしだんだん高くなるにつれて景色はよくなる。一人でジェットコースターに乗って、だんだん頂上に近づくみたいな気分だ。自転車と歩行者用の細い道なのに、橋と同じ50メートルぐらいの高さまで登るのは壮観。今にも雨が降りそうだし、たった一人だし、妙な悲壮感あり。この橋だけで4キロある。

 途中11時から12時までの間、どしゃ降りになり大島の途中であきらめて、寄り道して帰ってきました。ブックオフで新書2冊。こんな島にもブックオフあり。その他雨のためスーパーにもコンビニにもよって時間つぶし。
なお、橋の途中に200円の料金箱がある。当然往復でお金を入れた。
借りたところに自転車を戻し\1000戻ってくる。実質\500。

 結局当初の予定から大幅に凹んで、来島海峡大橋と大島のみ。

この「来島海峡大橋の車道に合流するまでのループ状の道」が恐かった。こんなところ一人で歩いているのが不思議だ。なぜ他に誰もいないんだ。

しまなみ4

しまなみ3
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

[2014/07/19 16:22] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<足元だけを見る | ホーム | 秋よ来い! 3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1355-4b7b4b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |