大甕?
こういうのは、壷というのだろうか、そうだ甕か、幅50センチぐらいある。
エスパー伊藤だったら確実に中に入ってフタができるぐらいだ。
中国の話だと、水甕に子供が落ちて死ぬことがあるそうだ。
この作品は、私は持っていない。個人蔵だ。だから出品できない。
先日も話に出た親戚のうちにあるのだ。

佐渡壷
スポンサーサイト
[2014/09/19 18:35] | 絵画作品2013/14 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<猫の森には帰れない。 | ホーム | 作品展 始めました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1386-0f02654e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |