モネンヴァシア1-1
 モネンヴァシアというのは、ラコニアの東にある島。
島であるが、モンサンミッシェルのように、本土と道がつながっている。
ミケーネの時代に防衛拠点として町が築かれた島である。

ラコニアというのは、ギリシャ南部のペロポネソス半島の南端に三つ突き出た部分の東側の出っ張りのこと。
現在の建物は、16世紀、ヴェネチア人によって建てられたものである。

 その情報は、その近くのエギナ島の本屋で買ってきた、たしか80ドルぐらいした「ギリシャのもっとも美しい街並み」という本に書いてある英文による。なんとなくそんなことが書いてあるような気がするだけなので、確かではない。

モネンヴァシア1-1

モネンヴァシア1-2
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/10/10 17:54] | アートライブ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シリアもローマ | ホーム | 風の神>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1397-df35477c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |