吉田拓郎 LIVE 2012 NHKホール
live2012.jpg

 首都圏ライブツアー「吉田拓郎 LIVE 2012」のNHKホール公演を収録した作品。
今回のライブは2000年代に行われていたビッグバンドでの演奏とは打って変わり、LOVE LOVE あいしてるで共演していた武部聡志、鳥山雄司を中心に編成された少人数のバンドで演奏されている。(wikipediaより)

 拓郎は確か、どこぞのコンサートでこんなことを言っていた。ある歌手に、五曲歌うゲスト出演を頼まれて、「襟裳岬」を一緒に歌ってくれないかと要請したら、「今回はそれはやめておこう」と断られたそうだ。その次に、他の人に頼まれた時に提案したら、やってくれた。どっちがいい人なんだろう。

 その断ったヤツは、小田和正だろう。
昨年?「クリスマスの約束」に拓郎が出ていた。その時の歌声は、ちょっと弱っていたので、過去の病気のせいか、さすがに年のせいか心配していたのだ。ところがこのライブでは、二時間も歌っているのに、 最後の「外は白い雪の夜」までバッチリ声が出ている。

 私は先日偶然に5年ぶりにカラオケに行った。最後の曲とは意識せずに入れた曲が「外は白い雪の夜」だ。(5年ぶりなのにこんな曲まともに歌えるわけがないが)入れた後に、もう時間ですの電話が入った。最後に、同行した相方が、「リンゴ」を歌って、時間いっぱい。なんで最後に「リンゴ」なんだろう、と思っていた。
そしてその後、このブルーレイを借してくれたのだが、最後の曲が同じだった。

 それにしても、知らない曲が多い。何百回も聴いた曲と、知らない曲が混在していると聴きにくい。有名曲を外して音源だけ録音した。落陽、こうき心、白夜、虹の魚、伽草子、全部だきしめて、春だったね、外は白い雪の夜、以上を抜いた。初めての曲は、とりあえず繰り返し聴いてなじまないとね。流星はシングルだからあまり聴いていない、リンゴは、なぜだか入れておいた。ついでに拓郎歌う「ファイト!」も入れておいた。
後は知らない曲だ。知らない曲ばかりだと聴きやすい。

ロンリー・ストリート・キャフェ
落陽/こうき心/僕の道/白夜/家へ帰ろう
ウィンブルドンの夢/Voice/白いレースの日傘/虹の魚
慕情/歩こうね/花の店
伽草子/流星/全部だきしめて/春だったね
僕達はそうやって生きてきた/純情
リンゴ/外は白い雪の夜

吉田拓郎 LIVE 2012 (Blu-ray)



スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/11/25 19:49] | 荒井由実 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ディアギレフの見えない手 | ホーム | セザンヌの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1420-4b0abd9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |