哲学の道をもっと北に 2
哲学の道を、慈照寺銀閣あたりよりももっと北にすすむと
じょじょに人がいなくなる。
見ての通り、足下の石畳みたいなのは、南から一本、二本ときていたのが、
ただたんに敷き詰めているだけのような三本になる。

春哲学2014-5

春哲学2014-6

叡山電鉄の下を通り、
春哲学2014-8

春哲学2014-7

どういう構造になっているか分らないが、高野川の下を抜ける。
ここは迂回しないと歩けない。
春哲学2014-9

松ヶ崎に近づくと細くなる。
春哲学2014-10

加茂川にぶつかったところでなくなるが、
このまま行くと、ちょっとしか出てない堀川にとどいていたのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/27 00:14] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<神功皇后陵の夕暮れ 2 | ホーム | 哲学の道 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1452-c2c0a771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |