チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
ハーン、チャイ



 「音楽の友」の特集で毎年やっている、あなたの好きな曲は。その中の協奏曲部門、何年か続けてチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が一位だった。数多いモーツァルトの協奏曲や、その他の交響曲などと違って、ヴァイオリン協奏曲は、たいていの作曲家が1曲しかない。だから票を集めやすいとしても、名曲には違いない。いや、大好きだ。

 それとは別に、ヴァイオリニストの人気では、ムターが2位なのはいいとして、ヒラリー・ハーンが3位になっていて驚いた。そんなに有名ではないと思っていたのに。逆に、ギル・シャハムの名前が出ていなかったのにも驚いた。


最近聴き直した演奏は。
★アンネ=ゾフィー・ムター プレヴィン指揮 ウィーンpo 2003
★ギル・シャハム シノーポリ88
シェリング76 ハイティンク
★アイザック・スターン ロストロポーヴィチ
アナスタシア・チェボタリョーワ03
ヴィクトリア・ムローヴァ 1985小澤
諏訪内 晶子 アシュケナージ2000
チャイコフスキーコンクールガラ:諏訪内 晶子1990
五嶋みどり、クラウディオ・アバド指揮BPO 1995
ヒラリー・ハーン
ジャン-ジャック・カントロフ
レオニード・コーガン56

 日本人の諏訪内晶子も借りてきたが、ジャケットが顔のアップでビックリした。これはもちろんCDサイズが小さいから許されることで、LPだったら考えられない。フルトヴェングラーやワルターやカラヤンだったらともかく、いや違う、最近手にしたアンナ・ネトレプコだったらともかく、なんとなく気分が悪い。演奏はとてもいいけど。この諏訪内晶子はアシュケナージのと、チャイコフスキーコンクール優勝の時のライブと、日本人演奏家にはめずらしく2枚もある。それにしても、あらためて、女性の演奏家が多い。

とりあえずは ギル・シャハム シノーポリ88 が
意外なところがなく安心して聴くことが出来る。

これから聴く予定。
前橋汀子 エッシェンバッハ84
チョン・キョンファ(vn)デュトワ指揮 モントリオール交響楽団1981
チョン・キョンファ(vn)プレヴィン指揮
ヤッシャ・ハイフェッツ(vn)ライナー指揮 シカゴ交響楽団1957
アンネ・ゾフィー=ムター カラヤン指揮
アイザック・スターン オーマンディ
庄司紗矢香, チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
オイストラフも。


  この曲を聴くと、ツール・ド・フランス「Tour de France 英雄たちの夏物語」のエンディングテーマを思い出す。確か『The Right Stuff』という映画で使われていたビル・コンティ作曲で「Jeager's triumf」という曲のようだが、これが似ているのだ。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の第一楽章6m30sあたりから出てくる主題と同じような部分と、その変奏みたいなところと、最大に盛り上がる部分が似ているのだ。この点について言及しているものを見たことがない。

もうちょっと聴いてから、つづく予定。




スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

[2015/03/13 22:18] | レコード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<猫の森 ヴェネチア3 | ホーム | ゴルド2-2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1458-5f10818d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |