イタリア・ルネサンス美女画集
イタリア・ルネサンス美女画集 巨匠たちが描いた「女性の時代」 
    池上 英洋/監修・著 小学館

 この画集には、鮮明な画像でめずらしい絵が載っている。ボッティッチェリもティツィアーノも新鮮だ。有名な「モナリザ」も、他で見たことがないぐらい鮮明に写っている。手前に出ている左肩の、上からはおっているものが透けて後の風景が見えている。

 そして、他では見たことのないラファエロの「聖母子像」が載っていた。ラファエロの絵は、本物を見ても古く、ちょっとアルカイックというか冷たい「聖母子像」だと思っていたが、ここではもうちょっと後期の画家が描いたのかと思われるほどに人間くさい顔があったので驚いた。下から覗いている天使も愛嬌がある。


X2Z76910.jpg

X2Z76906.jpg

X2Z76912.jpg

X2Z76911.jpg

 最後は違うけど、ベッリーニ。
イタリア・ルネサンス美女画集: 巨匠たちが描いた「女性の時代」
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2015/03/19 17:48] | おすすめの本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<世界女子カーリング選手権 2015 | ホーム | 猫の森 ヴェネチア3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1460-fd252b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |