古河総合公園の桃まつり
 京都あたり旅行が中止になったので、近場で公園はないか探してみた。電車で正味30分ぐらい、といっても2回乗り継ぎありだけど、関東北部に古河というところがある。いちおう茨城県のようであるが、地図で見てくれ、茨城、千葉、埼玉、栃木、群馬各県のちょうど境目みたいな所である。県境を決めるときに何かあった場所なのだろうか。

 古河という名前は、室町幕府の古河公方でしか知らなかった。以前は鎌倉に武家政権があったのに、京都に幕府を開いてしまったので、関東に副将軍をおいて関東公方としたのだが、たぶん跡目争いで古河公方と堀越公方に別れたのである。部下の関東管領であった太田道灌のみ有名だ。

 その古河であるが、JRの古河駅とは別に、東武線の新古河駅というのがあって、どっちにしても2回乗り継ぎ、東武線の方が安かったので新古河の駅に降りた。そうすると駅前に巨大な土手があり渡良瀬川を歩いて渡った。行きはまだよかったが、帰りの五重のアーチのある橋は、川幅よりもだいぶ距離があり、その上高くて怖かった。だいたい橋の上を歩いている人なんて一人もいなかった。公園まで40分もかかった。

 日曜日を避けて、次の月曜日に行ったのだが、日曜日までは桃まつり専用のシャトルバスがあったのに残念と、公園事務所で言われた。どっちにしてもバスがあるのはJRの古河駅だけだそうだ。

 この公園の売りは桃林である。桃はちょっと散りかげんだったが沢山あったのでよかった。いつも桃は京都御苑の桃林で見ているので、個々の桃はそれほどでもない。それよりも、普通の公園と違って、桃よりも少なめだが、ちょうど桜が満開だった。今年の桜は本当に粋が良い。


古河1

古河2

古河3

古河4

古河7

古河8

古河6

古河5

 二時間も歩いていて、そろそろ帰ろうかと思ったとき、ものすごい大量の桜が散った。
スポンサーサイト

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/04/11 17:21] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シントラのクリスマズローズ | ホーム | 龍安寺の春 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1470-e4194ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |