イル・トロヴァトーレ Netrebko Salzburger Festspiele2014 プロローグ
net001.jpg



 2014年ザルツブルク音楽祭の、ネトレプコ出演「イル・トロヴァトーレ」です。

 この曲は、セラフィン盤 コッソットのアズチェーナと、カラヤン盤 カラスのレオノーラを理想としてきました。めずらしくこの二組のCDは持っています。マリア・カラスはめったに聴かないのですが、このレオノーラは最高でしょう。そのカラヤン盤ですが、馴染んでいたのはCDではなく、東芝EMI特製である疑似ステレオLPでした。あのザラついたステレオの方がスピントで直截な魅力に富んでいたと思っています。

 アンナ・ネトレプコもヴィオレッタ以外は、あまり聴きません。カラス同様、ライブだと素晴らしいのでしょうが、録音ではなんだか今ひとつな感じです。実力に比べて、日本での人気も今ひとつだと思います。このレオノーラは、あの2005年のザルツブルク音楽祭「椿姫」以来の適役だと思います。

 それというのも、不完全な音声だけで聴いても最高です。ウォークマンに録音するのにいろいろな不具合があり、5本のケーブルとプラグを介したところ、音声がモノラルになってしまいました。それでヘッドホンで、ビデオできちんと見る前に、音声だけで聴いて感動しました。ちゃんとCDレコーダーを使って、CD化しようと思うぐらいです。指揮のダニエレ・ガッティも見直しました。


Salzburger Festspiele Giuseppe Verdi: "Il Trovatore"

Anna Netrebko, Leonora
Marie-Nicole Lemieux, Azucena
Diana Haller, Ines
Francesco Meli, Manrico
Placido Domingo, Il Conte di Luna
Riccardo Zanellato, Ferrando
Gerard Schneider, Ruiz
Milo Bulajic', Ein Bote
Raimundas Juzuitis, Ein alter Zigeuner

Mitglieder der Angelika-Prokopp-Sommerakademie der Wiener Philharmoniker
Konzertvereinigung Wiener Staatsopernchor
Wiener Philharmoniker  Daniele Gatti

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2015/05/12 19:56] | ヴェルディ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<グリーンセンター・ライブ | ホーム | 高天彦 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1481-80d0bfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |