この世はウソでできている
池田清彦


 池田清彦さんの本です。以前どこかで読んだところでは、母にこう言われたらしい。「社会へ出たら本当のことを言ってはいけない」長い間そうしていたのだが、もういい年になり、先も短いだろうから、本当のことを書こうとおもう。(記憶違いかもしれない)そんなわけで、こんなエッセイ集を数冊出している。

 詳しく書くのははばかられるので、せめて本の目次などでも頭の隅にとどめておきたい。主に「アホの極み」より。これでも減らした。


すべての原発が危ないのだ。
科学は政治と関わるとデタラメになる。
大地震だって想定内だよ。
ウソをつき続ける専門家。
アメリカには104基もの原発があるのだよ。
「節電」という怪しい儀式。
大地震を予知したり、温暖化をコントロールしたりはできない。

CO2削減などにかまけている暇はない。
地球温暖化を巡るウソをいまだに信じ続ける人々。
日本だけが騙されている。
多大なコストを払ってまで無人島を守って得られるものは何?
外来種が日本固有の在来種を滅ぼしているというウソ。
法律が増えれば増えるほど税金も借金もどんどん増える。

憲法改正などアホの極み。
日本がギリシャになる日は近い。
日本はネズミ講国家である。
人口が減るのは喜ばしい。
ウソがホントを支配している、貨幣経済。
厚労省なんて潰してしまえ。
健康調査や健康診断という、おためごかし。
大学の数はなぜ減らないか。
自己家畜化した人間は、コントロールされやすい。

英語がぺらぺらでもバカはバカ。
お金は幻想、消えても当然。
取り返しがつくことなどない。
どんな学説もひっくり返る。
自分の考えを変えない人はアホだよ。
正義と健康が一番ヤバイ。
言葉を消しても差別は消えない。
心の底で世間はナメていよう。

アホの極み 3.11後、どうする日本! ?
この世はウソでできている
「本末転倒」には騙されるな 「ウソの構造」を見抜く法
同調圧力にだまされない変わり者が社会を変える。

 私はまだ長生きするつもりなので、
「京都の市バスは一見さん拘束装置」なんてことは書かないことにしている。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2015/09/16 17:33] | おすすめの本 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<職業としての小説家 | ホーム | 京都桜開花情報>>
コメント
ありがとうございます。
マナサビイさん、そうです、ホンマでっかTVの先生です。武田先生や、中野信子さんの本もおもしろいです。
[2015/09/25 14:59] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1529-39b9211c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |