■ モウビー・ディック 9月の図書 ■
 その昔、ドリフターズのコントで加藤茶が「ハックション」というくしゃみ芸や、「うえー」と吐く芸をやっていたが、読んだのは「白鯨」だ。もうちょっと詳しく説明しないとわからないというなら、ハーマン・メルヴィルのモウビー・ディックだ。

 これはもはや古典的名作で、なんとなくノーベル賞のヘミングウェイ「老人と海」に似ているような気もするが、それに勝る超弩級の文学であるに違いない。(ヘミングウェイは読んだことがないので、悪意はない)

 以前も読んだことはあるが、うちにある講談社の文庫本は、分厚いけれども1冊に収まっている。ところが改版されて新しく出た角川文庫は、同じように分厚いにもかかわらず、上下2巻になっている。白鯨(上)だけ見つけたので読んだのだが、(下)巻がいつ手に入るかわからない。改版が今年の6月で、活字が非常に読みやすい。しかし、初版発行は昭和31年となっている。だいたい60年前じゃないか。

 それにしては読みやすい。「さようなら」が「左様なら」と書いてある程度で、川端康成などに比べれば、現代使わないような当て字は少ない。「ユリシーズ」「トリストラム・シャンディ」や「重力の虹」なんかよりも、格段に読みやすい。(あたりまえか)「カラマーゾフの兄弟」や「ねじまき鳥クロニクル」よりも読みにくい。それぐらいだ。ハウスカレーでいうと、ジャワカレーぐらいだ。普通の人でも食べられないことはない。


新編日本古典文学全集 27 浜松中納言物語 
白鯨(上) ハーマン・メルヴィル
舟を編む 三浦 しをん
斜陽 太宰 治
★職業としての小説家 村上春樹
★少し変わった子あります 森博嗣

正義という名の洗脳 苫米地英人
病む女はなぜ村上春樹を読むか 小谷野 敦
友達がいないということ 小谷野 敦
なぜ、健康な人は「運動」をしないのか? 青柳 幸利
脳科学からみた「祈り」 中野 信子
病気になりたくない人はこうしなさい! 山田 豊文
「ありがとうを言う」と超健康になる 町田 宗鳳
途方に暮れて、人生論 保坂和志
名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか 小谷野 敦
油彩で描く すぐに役立つ技法と効果 北条 章
瀬戸内の街 宮島・尾道・倉敷・小豆島・道後温泉 ぶらっと散歩コース 昭文社
この世はウソでできている 池田清彦
ほんとうの環境白書  3・11後の地球で起きていること 池田清彦 
経済大国なのになぜ貧しいのか? 苫米地英人
★ネットで「つながる」ことの耐えられない軽さ 藤原智美
外国人だけが知っている美しい日本 ステファン・シャウエッカー
なぜ日本人は、最悪の事態を想定できないのか? 井沢元彦
学術的に「正しい」若い体のつくり方 谷本道哉
残念な人の英語勉強法 山崎将志
「やりがいのある仕事」という幻想 朝日新書 森 博嗣
小説家という職業 集英社新書 森 博嗣
孤独の価値 森 博嗣
地球は「行動の星」なんだから、動かないと 斉藤一人
エグゼクティブな身体(からだ)のつくり方 寺田 健志
健康法で死なないための42のカルテ 川嶋朗
世にも恐ろしい「糖質制限食ダイエット」 幕内秀夫
本当は怖い「糖質制限」 岡本卓
主食を抜けば糖尿病は良くなる! 江部康二
50歳からは炭水化物をやめなさい 藤田紘一郎
薬が病気をつくる 宇多川久美子
それでも薬剤師は薬を飲まない 宇多川 久美子
薬剤師の私が実践する薬に頼らず健康に暮らす27の習慣 宇多川 久美子


100分de名著 斜陽 全4回
クリストファー・クロス ベスト 2002
Beethoven ピアノ協奏曲 第2・3番 Gould57
Haydn: Piano Sonatas 2 Gould81
影のない女 2 Keilberth63
FIDELIO 2 BERNSTEIN78
R.Strauss, : Ausgewahlte Lieder popp
マーラー 第4番 バーンスタイン
マーラー 第5番 マゼール
開高健 1 経験・言葉・虚構
開高健 2 地球を歩く
開高健 3 足で考え、耳で書く
開高健 4 雨の日には釣竿を磨きながら
ベ-ト-ベン第5番 Furtwangler37Berlin
Der Fliegende Hollander 2 Bohm71
VOYAGER 松任谷由実
Portrait In Jazz ビル・エヴァンズ
Der fliegende Hollander2 Weil04
LINDBERG BEST 1988-99
Mind Games レノン
Strauss : Violin Concerto, Sonata In E Flat
Schubert: Piano Sonatas #20 & 14
Carpenters
Beatles For Sale
青春歌年鑑 90年代総集編
カントリーガール 谷山浩子
断絶 井上陽水

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2015/09/30 18:01] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<圓光寺こけ | ホーム | ミラノも楽しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1534-1ac5e7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |