■ バイオレゾナンスと森博嗣 10月の図書 ■
Dscf4015s_20151030155410307.jpg


 ホメオパシーはそこそこ有名だから、本もいっぱいある。ものすごく希釈したエレメントが体内に効果があるというものだ。いろいろな種類のレメディという錠剤を飲む。ちょっと、いや、かなり違うのだけれど、予防ワクチンなんてものも、極めて弱くしたウイルスを体内に入れることによって、ウイルスに対する抵抗力がつくという不思議な現象があるのだから、わからない話でもない。
それとくらべると、バイオレゾナンスの本は少ない。

 先月あたりに、一ヶ月前から森博嗣という小説家(らしい)のエッセイを6冊読んだ、と書いた。つい最近、小説家になったばっかりみたいに思っていたが、作品が多いので驚いた。3ヶ月に一冊のペースで書いていたようだ。その小説、デビュー作「すべてがFになる」を読んでみた。面白かったので今月、5冊読んでしまった。ミステリーではあるが、トリックなどはそれほど驚かない。その他の文章や、登場人物が魅力的なので、楽しく読めるようだ。


★すべてがFになる 森 博嗣
笑わない数学者 森博嗣
冷たい密室と博士たち 森博嗣
有限と微小のパン The perfect outsider 森 博嗣
封印再度 Who inside 森 博嗣
人間は考えるFになる 土屋賢二 森博嗣
★★ダンス・ダンス・ダンス 上 村上 春樹
★★ダンス・ダンス・ダンス 下 村上 春樹

★ドイツ振動医学が生んだ新しい波動健康法 日本に上陸したバイオレゾナンス・メソッドのすべて 野呂瀬 民知雄
しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術 泡坂 妻夫
★阿頼耶識の発見 よくわかる唯識入門 幻冬舎新書 横山 紘一
★無趣味のすすめ 村上龍

肩・首のこりをしっかり治すコツがわかる本 黒田 栄史
新・世界でいちばん美しい街、愛らしい村 MdN
自由とは、選び取ること 村上 龍
病気を治せない医者 岡部哲朗
「重金属」体内汚染の真実 本当のデトックスのすすめ 大森 隆史
脳内麻薬 中野信子
なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? 渡邊賢太郎
断糖で100歳まで生きる! 西脇 俊二
ユーミンの罪 酒井 順子
愛の哲学 柴門ふみ
「酵素」の謎 鶴見隆史
世界でいちばん美しい絶景、いつか見たい眺め 
超一流の人の「健康」の極意 小林 弘幸
今すぐできる!血管が若返る33のルール 池谷 敏郎
日本人のための新「幸福論」 田原総一郎 佐藤優 宮崎学
同調圧力にだまされない変わり者が社会を変える。 池田清彦


五つの赤い風船2000 五つの赤い風船
最新卒業式ソング 旅立ちの日に KING TWIN BEST SERIES 
パルジファル Karajan4
フィガロの結婚 2 Solti
ベスト40 加山 雄三
パドヴァの聖アントニウスのためのミサ曲 Pomerium95
人類の教師たち イエス
演歌魂
Cyndi BEST REMIXES
NHKスペシャル 20th ANNIVERSARY
トワ・エ・モワ エッセンシャル・ベスト
徳永英明"カガヤキナガラ"
パルジファル4クナ
シューマン第1・2番EI
シューマン第3・4番EI
The Essential Bob Dylan 2
Mozart: Quintettes a cordes Nos. 5 & 6 Barchet58
(第1集) 建築に観る日本文化 司馬遼太郎
(第2集) 歴史小説家の視点 司馬遼太郎
(第3集)草原からのメッセージ 司馬遼太郎
(第4集) 文章日本語の成立 司馬遼太郎
(第6集)私ども人類 司馬遼太郎
太平記 3 解説
COBALT HOUR 荒井由美
14番目の月 荒井由美
MISLIM 荒井由美
ひこうき雲 荒井由美
NO SIDE 松任谷由美

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/10/30 15:54] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<長月会作品展に | ホーム | 仕事における文章>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1544-0cf9ad78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |