新郎新婦が紅葉
2015京2

なぜだかプロのカメラマンを引き連れた新郎新婦撮影隊が多い。
この公園だけでも10組はいた。
わたしがお弁当を食べていても気にすることなく撮影する。
お弁当が食べにくいのはともかく、新婚さんを見ると気分が悪い。

2015京3

ちなみにこの場所は、先日のせた「京都行ったとこと行きたいとこ」の写真を撮った公園である。
あれは、上のお弁当写真の、池の反対側からこちらに向かって撮ったところ。
ああ、確認しなくていいです。


 「旅は3日目から」と思っているだが、今回は3日で帰ってきたからダメなのである。初日と最終日はそもそも、交通時間(主に新幹線など)と煩わしい準備事項が多い。二日目は、ホテルも初めてなら、朝から活動と長時間の歩きに慣れていない。三日目から、本来の旅の気分を味わうことができる。

 今回も、三日目の朝は気分良くホテルを出たが、ダメなのだ。もう帰ることにしたからだ。一年半ぶりの、旅のトレーニングだと思ってあきらめるしかない。旅の体力も、他のことと同じように、旅をすることでしかつけられない。

 最長11日間の計画であったが、初日は賞をもらった表彰式に出なければいけなくて延ばした。その後、「雨、くもり、雨」の予報だったので、さらに3日延ばした。二日前に買えたのは、「ぷらっとこだま東京・名古屋」で、名古屋から在来線を使って。2時間半かけて京都に入る。帰りも二日目に急遽買えたのは「ぷらっとこだま京都・東京グリーン車」(これでも普通の料金より相当安い)である。だいたい二日前か前日に決めて、買いに行くからあわただしい。その他何日分ものホテルをキャンセルした。


 そういうことになったのは、つまり京都の、今年の紅葉があまりに喜ばしくない出来具合だったからなのだ。毎朝のように、テレビで「今日の紅葉」みたいな番組で、ことしも今が見頃です、なんて言っている。よっぽど写りのいい場面を選んでいるのか、他の年の映像を流しているのか、行ってみるとまったく違う。ネット上や、お寺の境内などで「紅葉見頃」と堂々と表示してある。

 ここ15年ぐらい訪れているが、こんなに驚いたことはない。この現状を、だれも伝えないのか。銀杏や桜の木は、ほとんど葉が落ちているし、モミジは半分紅葉しただけで、枯れかかっている。どういうわけか、比較的いい場所を写真に撮ると、みごとな紅葉に見えなくもない。カメラを信用してはいけない。

 3日目は宇治に行ってみたが、同じようなものだった。お寺の入場料など払う気にならない。ほとんど乗ったことのない京阪電車を使って三条に戻った。ブックオフで本を買い、田毎でお昼を食べ、進々堂でパンを買い、加茂川沿いの土手でのんびり時間を潰して、京都を満喫したかのような気分で駅に向かった。



2015京1

見るからに熱そうだが、ひどく寒かった。
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

[2015/11/29 12:42] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■ 忘れられた巨人 11月の図書 ■ | ホーム | わたしは熊か?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1556-96c9a345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |