日洋展
今週は、春日部中央公民館で展覧会をやっている真っ最中であるが、
先月から3回目の国立新美術館の公募展に行ってきた。
またまたチケットを頂いたのだ。
前回よりもちょっと小さめの規模で、2階から3階を使っていた。

 前回のような、寝ころんでいる女子の絵は少ない。(当然だ)
30回記念ということもあり、大きめの作品が多いそうだ。100号を2枚つないで200号にしているような、何枚かつないだ巨大作品が多かった。こんな展示方法もあるのか。


日洋展1

日洋展2

日洋展3

日洋展33

日洋展4

日洋展5

日洋展6

日洋展7


ちなみに、JRの電車には100号まで持ち込んでもいいそうだ。
わたしは80号の絵を片手に持って、自転車で通ったことがある。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/06/03 17:29] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<アトリエ・K 展 | ホーム | ■ 展覧会前なのに 5月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1618-fbd7de95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |