サントリーニ こっちはフィラの夕日
先日の黄色い絵が、サントリーニ島のイアです。
それでこっちがフィラ。

サントリーニ島は、1万年ぐらい前、もともとあった大きな島が噴火して中央部が陥没して海になり、外輪山の半分が島として残ったもの。アトランティスの残骸とも言われる。イアの絵にも、フィラの絵にも海側に小さめの島が見えるが、同じものではない。イアの横にある島は、ティラシア島といって外輪山のかけら。フィラから見える島は陥没した全体の中心に当たる部分にある。阿蘇の外輪山と米塚を思い浮かべるとよい。といっても阿蘇の方はいまだ地震があるので、よくないが。



こっちがフィラ


新婚旅行で行こうと堅く心に誓っていたが、いまだ誓っているだけだ。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/07/07 17:33] | 絵画作品2015/16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シントラの王宮付近 | ホーム | ■ 逆説の世界史は続く 6月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1630-d72f4f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |