ありのままの私
ありのまま



 他の創作活動でもそうなのだろうが、絵を描く人には、自分の描き方や同じモチーフに固執する人が多い。なぜこんなものばかり描いている?気分が悪くなる。組み合わせが不自然だ。殺風景で暗い。展覧会でそのように感じる絵に出会うことも、少なからずある。

個性がなければ注目されないし、褒められもしないが、奇をてらっているだけの変わり者だと思われるのもつらい。印象派周辺の画家を思い出すまでもなく、ヘタクソと天才は計りがたい。誰にも理解できないからといって、無能と決めつけるわけにもいかない。

 特に、幼児や小学生などに絵を教え教えていた頃は気を遣った。その作品展では、幼児からおじいさんまで家族総出で見に来てくれる。子供は正直だ。教え子から「ヘタだ」「変な顔」「エロい!」「ヘンタイ」という言葉を聞いたことがある。

 最近は、子供と接することが少なくなったら、そんな怖れを感じなくなった。それでも人目を全く気にしないわけにはいかない。大人だって面と向かって「なんでこんな汚いものを描くのか?」という素朴な疑問を口に出す人もいる。純真な人にちがいない。描いたものの、世に出していない絵はたくさんある。ブログくらい、好きにさせてくれ。



『異性 角田光代 穂村弘』より

  じつは三十代に突入した私が「だれもありのままの私の真価なんか気づいてくれるはずがない」と気づいたのは、恋愛によってではなく、己の小説によって、だった。

  書くという仕事をはじめて十年近くたったそのころ、好きなように好きなまま小説を書き、それで読み手がどんどん増えて、評価も自然に高まるなんてことは、ないと気づいたのだ。大勢の人に読んでもらうためには、大勢の人に読んでもらうように書かなければならない。評価を得たいのならば、評価されるように書かなくてはならない。なんの考えもなくただ書き散らして、それでたくさん本が売れたり、褒められたり、なんてことはあり得ないと、あるとき急に悟ったのである。

 これは同時に、「化粧もせず、産毛の処理もせず眉毛もつながったまま、寝起きで目やにがつき、寝癖もあり、起きたままのジャージ姿で、でも、このまんまの私を愛してくれる人があらわれるはず」なーんてことがあり得ない、と悟った瞬間でもあったのだった。小説はともかく、そう知ることで、恋愛というものがちょっと楽になった。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/07/25 17:58] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<東北の紅葉 | ホーム | サントリーニ・イア2-2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1635-2daf2d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |