「そうぼうかい」と読む
我が家ではここ一ヶ月ぐらい、ボブ・ディランの1960年代のアルバムばかり特集して、1日2時間くらいはかけていたのである。
まさかノーベル賞をとるとは。(村上春樹の本は、しばらく読んでいない)
なんだかいまさら、毎年一人もらっている、その程度の賞では失礼な気がするが。


えっと来週、展覧会を催します。
ことしの2回目。
今年初めての8人組グループです。
草茅会、そうぼうかいといいます。
一人あたり7m程度のスペースがあります。
みなさんは、100号ぐらいの大作を出品しますが、わたしは小品ばかりです。
一番下の絵、ぞうさんですが、200号です。


hagaFC2.jpg
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/10/14 21:21] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南無の木 2 | ホーム | 裏 ときのさと30 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1662-6749b9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |