龍安寺の庭
 京都でのお気に入り、龍安寺の絵は、桜も紅葉も描いている。
外人にも有名な、というか外人がたくさんいる石庭でも書こうかと思う。
1995年に描きかけの「パリの公園」F6を潰してその上から描きました。
ちょうど真ん中に桜の枝がある。

 画像にモアレのようなものが映っているが、ふつうの蛍光灯と併せて、LEDの棒のようなスタンドの照明を当てながら撮ったらこうなった。なんでだろう。

龍安寺0

龍安寺1

龍安寺2
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/03/04 14:04] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■ 暗幕のゲルニカ 2月の図書 ■ | ホーム | パン屋さんのコーヒー 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1709-4fac9c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |