北陸旅行3金沢
金沢1

金沢2

金沢3

4月11日(火)金沢城周辺

 4月に入ってから雨の日が多い。3年前の夏から、旅行シーズンとなると雨の日が多くて中止にすることが多かった。今回も天気予報とさくら開花情報を見て、北陸旅行を一週間前倒しにした。「初日が雨で、その後は晴れ」という、ふつうたいていは当たる週間天気であるが、ころころ変わった。

 2日前まで「初日が雨で、その後は晴れ」、旅行前日には「二日目が雨」、富山に行ったら「二日目・三日目が雨」となった。金沢に行っても「二日目・三日目が雨」は変わらず。真ん中の二日が雨では、旅行が台無しだ。しかしなんと前日まで雨の予報であった3日目は晴れた。この時期、雨に当たったのが1日だけというのは運がいい。一週間後の北陸もほとんど雨天だった。

 さすがに雨ではやる気がしない。金沢城と兼六園あたりを歩いて、あとは早めに福井に行くことを考えた。ホテルを出て、荷物をコインロッカーに預け\300、駅前からのバスにのる\200。だいたい20分で兼六園下バス停で降りる。名前とは違って、城を回って兼六園をだいぶ過ぎてから停車する。

 兼六園は、桜の季節に限り無料開放。以前来たときは4月初旬の梅が満開の時だった。桜に関しては、城回り、特に100万石通りの方が素晴らしいので、兼六園は無料で正解だと思う。無料なので、何度か通過した。なんだか価値が薄れたような気がする。缶コーヒー\140。

 兼六園と城を結ぶ橋から見下ろすお堀通りの桜並木は、全国どこでも見たことがないほどの素晴らしさだ。もしかすると、弘前城の桜は、もっといいのかもしれないが。おまけに雨のせいか、こんなにすごいのに人が少なめ。外人の方が多いくらいだ。

 今回の旅行中ただ一回だけ、食事のお店に入った。21世紀美術館の前の通りにある「ななほしカレー」セット\1,080。8時半から歩いているので、10時半にはもう休みたくてお店に入った。11時に開店だそうだが、席に座って、待たせてくれた。開店と同時に、東洋人らしい団体が入ってきて、席の半分はすぐに埋まる。美術館に近いし、いいんじゃないかな。21世紀美術館には、入ってみたけれど、おもしろくなさそうなので、すぐに出た。やはり、センスの良さそうな外人が多い。

 もう一度、すばらしい金沢城と兼六園あたりを歩いて、何しろ雨なので、早めに福井に行くことにした。美術館前通りのバス停から駅に向かう\200。コンビニで食べもの\570。

 金沢14:57→サンダーバード15:42福井。
さて、有名な特急列車であるサンダーバード(人形劇ではないぞ)であるが、車両が古く外も曇天なので印象が悪い。ただ、「次は福井。福井を出ますと次の停車駅は京都です」というアナウンスがあった。降り損なうと、先に諦めた京都まで行ってしまうのかと、不思議な気がした。滋賀県には止まらないのかい。

 福井に着くと、福井城の横にある巨大なホテルにチェックインしてから、再度外に出た。
ホテル横にある富山城本丸を見る。橋を渡って中は現在福井県庁になっている。入り口門付近の、城壁沿いの桜が素晴らしい。石の上にも、池にも花びらが散っている。その後、有名な足羽川土手沿いの桜を、チラッと見に行って、残りは明日にした、雨なんだもの。

 元気も残り少ないので、商店街を歩いて見る。どの店も、お弁当やおかずや飲み物の品数が少ないので、夕食は2箇所のスーパーで食料を買う。西友\739、ハニー\876。
「ホテルフジタ福井」に2泊。

富山城1
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:地域情報

[2017/04/25 18:16] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<示現会展17 | ホーム | 春の近江八幡 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1726-330a20df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |