死ぬまで元気に生きるため
山田豊文


 健康法の本は、新しいのを発見するとたいてい読んでいる。医者の書いた、古い西洋栄養学に基づいた「健康法寄せ集め集」のようなものが多い。もしくは、その本の著者しか言っていない、常識に反する説を唱えるもの。

 この著者は断食の本もたくさん出していて、病人には断食が効果的なのはいうまでもないが、クラシック音楽やストレスについても興味深いことを書いている。
 
 なかでも「適度な不衛生」は、現代人の除菌好きに警鐘を鳴らしていて、食養生などよりも簡単に実行できる。
「私たちは無数の微生物と共に生きている」
「常在菌の中に『悪玉』など存在しない」

その他、「眠れないことにも意味がある」
たとえば、恐怖体験を経たとしても、その日の夜に睡眠を取らなければ、それが記憶として定着せずにすむことが確かめられた。一時的な不眠に耐えることで、長期的なデメリットを防ぐ。

 数年前から、私はパンを食べるのをやめたが、確かに調子はよくなった。除菌や風邪の予防などはしない。たまには熱が出た方がいいと思っている。そういえば、近頃はあまり言わなくなったが、五木寛之は、髪は年に一度しか洗わない、歯は磨かない、と発言していた。


『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣 山田 豊文』

◆目次
プロローグ: 不自然を捨て去り、自然を思い出す
7つの習慣 自然生活のすすめ
その1: 穀菜食
その2: 少食と断食
その3: 適度な負荷(ストレス)
その4: 適度な不衛生
その5: 早寝早起き
その6: 自然の音/音楽
その7: 宇宙を感じる
エピローグ: 子どもの教育にも自然的生活を


死ぬまで元気に生きるための七つの習慣 自然的生活のすすめ
老けない体のつくり方
「食」を変えれば人生が変わる
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/12/21 19:49] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<初心者鉛筆デッサン1 | ホーム | 日展・洋画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1802-167cea76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |