FC2ブログ
かわいいのは
かわいいのは


 女の子が、というか若い女性が、やたらに「かわいいー!」と言うのは、特に最近のことでもない。本当に可愛いものというよりも、仕草の変な太ったおじさんだとか、ちょっとブスっぽい人とか、丸い渡部直美などの、なんとなく自分よりも劣ったひょうきんな人、あるいは動物を指して「かわいいー!」 と言う。

 まあ、「肌がきれい」みたいに、特にほめるところがないものを見せられたときに言いがちである。飼っている犬とか、生まれたての孫の赤ちゃんの写真とか。

 心理学者だったかが言っていた説によると、女の子が「かわいいー!」と言っている仕草が、人からかわいく見えるらしい。自分がかわいく見られたいから、そうするということだ。

 幼稚園に行っていた頃、私が園庭に入るのを見つけた、5~6歳の園児の女の子が、「ししょうー(師匠)!」 と言って追いかけてくることが、しばしばあった。もちろん絵を教えている子どもだ。 師匠といっても、とりたてて敬っているわけではなくて、おしりをバンバンたたいたりする。

 その園児であるが、とてもかわいい。(ことが多い)! ところで、私の絵の生徒はだいぶ年下か、ひどく年上の女性が多い。どういうわけか、ちょうどいい年頃の女性など皆無である。(残念なことである)

 だから園児の女の子は、特にかわいい。ところが顔に似合わず、ひどく口が悪い。大人のことを辛口批評する。だれそれのお母さんはこうで、あの先生はよく失敗する、なんていうのだ。何かキツク注意すると、「もう絵の教室、やめようかなー」などと先生の顔色をうかがう。

 そのような園児の女の子であるが、園の先生の美醜についてはうるさい。はつらつと活動的な若い20代女性の先生である。美しくてかわいい芸能人みたいな人もいるのである。「このあいだ怒られたけど、○○先生って、かわいいんだからー」「かわいいよねー」と言ったときに、5~6歳の園児の女の子がだよ、言ったときに、

私はこう言い返した。

「かわいいのは、おまえだ!」
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/09/14 20:47] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<豊かさの限界 | ホーム | 今週の・展覧会・報告動画だよ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1886-f1138524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |