FC2ブログ
豊かさの限界
豊かさの限界2


 地球温暖化の影響もあるであろう巨大台風や、地震などの被害が目立ってきた日本ですが、リーマンショック以上の世界恐慌が心配されています。20年前の番組でも、すでに同じようなこと、いやそれ以上のことが、言われていました。

NHKスペシャル 世紀を超えて 地球・豊かさの限界 5h20m たぶん1999
NHKスペシャル 世紀を超えて 地球・ビッグパワーの戦略 5h たぶん2000

 同じく、NHKスペシャル マネー革命の第一回目「1日で50億円失った男」でも、取り上げていたように、お金が簡単に増えたり、減ったりするのです。ビクター・ニーダーホッファー(日本人トレーダーであるBNF氏(ジェイコム男)のイニシャルは、ニーダホッファーからの引用)は、邸宅にタイタニック号の絵を、絶対沈まない豪華客船と言われていたのに沈没したタイタニック号の絵を、架けていました。

 相当な自戒をしている天才トレーダーやヘッジファンドでも、破産するのです。トルコリラでなくても、大英帝国ポンドなどでも暴落するのです。「50億円失った男」はその後、「100億円稼いだ」そうです。

 しかしながら、実体経済からかけ離れた、デリバティブなどの金融商品は、恐らくその頃の一万倍ほどにはなっています。トルコやアルゼンチンなどの、国を挙げて危ないところや、破綻懸念されているドイツ銀行などの巨大金融機関もあります。

 日本以外の、世界人口は爆発的に増えていますし、耕作できる農地面積は、減っています(水不足や塩害など)。中国などの大勢の人々が、牛肉を食べるようになると、数倍の穀物が必要になります。穀物を直接食べるのと、動物を育ててから食べるのでは、全然違います。小麦などの、遺伝子組み換え食品の影響は、これから出てくるでしょう。

 地球温暖化は、かならずしも人間の問題じゃないとおもうんだけどね。
ながーい歴史的には、地球はまだ「氷河期」ですから。
(ニャン吉もそう言っている)

スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/09/17 18:16] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■ 逃げられない世代 8月の図書 ■ | ホーム | かわいいのは>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/1887-e3637420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |