FC2ブログ
OK Google!
 ここ一か月ぐらい、九州旅行のルートを決めるために、ネットで検索しまくった。電車時刻表や、運賃、バス停、乗り換え、ホテル、天候、距離、歩く時間など、日にちによって、旅行会社によって、検索サイトによって違った値が出る。

 アップルのSiriに何か言っても、大抵「見つかりません」なのだが、Google、つまりアンドロイドスマホの検索力が、ひどく便利なのに、やっと、気づいた。高速バス、電車、路線バス、などを散々検索し、所要時間を考えていたのだが、予想できないことがあった。

 阿蘇駅と熊本駅は、まだ不通なので、バスに頼らなくてはいけなくて、時間にシビアだ。例えば、阿蘇駅から、阿蘇山のたとえば、草千里などまで、バスで往復してもいいのだが、それだと短時間ですんでしまって面白みがない。山頂付近までバスで行って、歩いて下ってくると、時間はどれぐらいかかるのか。あるいは途中のバス停で乗ったらどうなのか。相当考えていたのだ。

 ところがスマホに「草千里から阿蘇駅まで歩くと」としゃべったら、地図上のルートと2時間何分という歩く予想時間まですぐに出た。これには驚いた。というのも、他の駅やバス停・時間などの検索の面倒さ加減に毎日辟易していたところだったのだ。

 一文字間違えただけで、似たようなちょっと違った漢字だったり、東・西とかついたり、駅とか駅前とかついていたり、完全に正確じゃなくて、ほんのちょっと違っていただけで受け付けないのだ。それどころか、阿蘇から検索しているのに、新潟の駅までのルートが出てきたり、勝手に飛行機や船に乗って変なところに、絶対行きそうもないところが出たりする。

 ワープロなども使い始めてもはや20年以上たっているが、いっこうに漢字変換がまともにならない。この文脈や今までの文章からして、こんな単語は使うわけないだろうとおもわれる漢字に変換されることがある。ネットの英文和訳なんかもひどい。もうちょっと状況を考えることができないのだろうか。同時通訳なんて、とんでもない。

 カーナビなんてものも、だいぶ以前からそうで、よくなってないようだ。なんどか高級カーナビを使っている人に乗せてもらったことがあるが、まともに最短距離をいけないどころか、何度も目的地を通り過ぎて戻ってきたり、関係ない有料道路に乗ろうとしたり、トラブルが多いように感じる。近所の店の名前を入れたら、電車の路線検索同様に、船に乗ってとんでもないところに行こうとしたこともある。

 世の中、AIが騒がれているが、こんなことで自動運転なんてものができるとは、思えない。もっとも、コンピューターの性能云々よりも、システムやデータを入力する人間の力加減によるものだとは思うが。一向に進歩しないところと、ものすごく便利に使える部分と、貧富の格差が激しすぎるような気がする。いまだに、クレジットカードみたいな偏屈なシステムに頼っているのが信じられない。

 OK Google!の、音声入力は、かなり正確で、一文字くらい間違っても正しい漢字にしてくれるし、すっごく便利だ。そのうち、私の人格をおもんばかって、こんな文章も全部、思っていることを書きだしてくれるようになるのかな。
スポンサーサイト



テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

[2019/10/27 18:31] | カルトン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<日本のお城・リトレースメント | ホーム | 坂道にあるカフェ>>
コメント
関口さまへ
(ちょっと不安なので、双方に入れました)
遅くなりました。ブログにコメントありがとうございます。
ほぼ予定通り、九州を回ってきました。
豊後竹田、阿蘇、熊本、佐賀吉野ヶ里、壱岐、唐津を移動してきました。やはりスマホは便利です。メールやラインなどの通信手段があれば、電話は、公衆電話でもいいぐらいです。
新しい、プリペイドカードを作って使ってみました。便利ですし、コンビニなどですこし割引になります。交通系カードPASMOもバスで使えました。ただある時急に、使えないところがあって、あわてて千円を小銭に両替したりもしました。
やはり、実際に、本物の自然を見ると驚きます。
初日に、眼鏡とレンズが外れて、側溝の溝に落とし、たまたまその場にいた交換留学生30人ほど、いろいろな国の学生に、よってたかって助けていただきました。災い転じて幸せな気分になり、人の力ってすごいと思いました。
[2019/11/01 18:23] URL | サモトラケのニケ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/2020-43ed22e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |