FC2ブログ
九州旅行10 阿蘇火口
熊9-1

熊10-2

熊10-4

熊10-5

熊10-6

 大観峰から路線バスで帰ってきて、空き時間に道の駅で、春巻きとお饅頭を買って食べた。(▼\360)と缶コーヒー(▼\140)。ここだけではなくて熊本では、小豆の餡だけではなくて、サツマイモの餡と合わせた、何とか餅、というものが売っている。サツマイモは食べたくないので、普通のお饅頭を買った。

〇阿蘇火口線 阿蘇駅前12:45→13:20阿蘇山西駅(▼\650)PASMO
草千里14:25→14:53 阿蘇駅前(▼\570)PASMO

 旅行前に調べた段階では、この阿蘇火口線が一番確実そうな路線だったので、竹田ではなくて、これを初日にしようかとも考えていた。ここでの観光バスが、どういうわけか一番いいバスで、やまびこ号よりも、全然よかった。羽田のリムジンバスみたいだ。

 終点まで行ったのだが、降りたのは私だけだった。この旅行を通じて、やまびこ号と羽田から大宮行きのリムジンバス、以外のバスは、ガラガラ。一人しか乗っていない時間が多い。(ほかの地方でもそうだけれど)私の前のバス停に降りた客は、帰りも同じバスだった。韓国人の男性二人組。

 誰にとってもそうであるように、この阿蘇火山と草千里が今回の旅のメインである。そのつもりであったが、竹田と大観峰が感動的過ぎた。草千里のあたりは以前の団体ツアーで通ったことがある。絵に描いた、愛する「米塚」は草が枯れて藁みたいな色をしている。新緑の時に来た方がよかったらしい。

 写真で、米塚の後ろに見える蒼い地帯が、午前中に行ってきた大観峰を含む北の外輪山である。遠すぎて、はっきりしない。

 火山の危険情報2であるから、ロープウェイはずっと動いていないと聞いていた。それどころか行ってみると、ロープウェイの痕跡すら見えない。周辺は建物も崩れてブルーシートがかぶせている。先週、火山活動が活発になったから、危険度が2から3になるかもしれないと出ていた。それでもここまで来ることができたのだから、良しとしよう。火口を歩けるようになるのはいつの日か、もうそんな日は来ないかもしれない。

 バスの終点から、草千里まで、30分ぐらい車道を歩いてみた。歩きはじめて、振り返ったら、さっきまで薄い煙りだったのが、モクモクと蒸気機関車みたいに煙を吐き出し始めた。さらに途中にある立派な山。後でわかるが、草千里の前方に見える山を、左側面から見ることにる。

 これが、始めて見るのに、見覚えがある。なんて立派で、激しい山。前景にすすき野。よくよく考えたら、以前、写真だけ見つけて、場所もわからずに絵に描いたことがあったところだ。その絵は、もう潰したのでないけど。

 以前来た時も今回も、回りの景色の方がこんなに素晴らしいのに、この何の変哲もない草千里が観光名所みたいになっているのは、なぜなんだろうと思う。

 昨日と今日が、素晴らしすぎる。あと3日、これからの落ち込みが心配されるのであった。
スポンサーサイト



テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

[2019/12/07 18:13] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<油絵の道具をそろえる必要はない。 | ホーム | ■ VIP旅行に変える? 11月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/2034-a9144ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |