速報!!ネトレプコが代役で椿姫を歌う!!
椿姫ro10


 かねてから希望的観測をしていた「ロイヤルオペラの椿姫」ですが、願いがかないました。
今、NHKホールから帰ってきたところです。
そこにあった主催者側からの発表です。


ヴィオレッタ役変更のお知らせ
アンジュラ・ゲオルギュー → アンナ・ネトレブコ

 このたびの英国ロイヤル・オペラ「椿姫」におけるアンジェラ・ゲオルギューの降板、それをうけて代役をつとめたエルモネラ・ヤオが、初日、3日目の公演で途中降板して、第2幕からアイリーン・ペレスに代わるという予期せぬ事態になったことに対し、観客の皆さまに深くお詫び申し上げます。
 エルモネラ・ヤオの不調をうけ、ロイヤル・オペラ側から最終公演である本日のヴィオレッタ役の発表がありました。オペラ・ディレクター、エレイン・パドモワのコメントを下に載せましたが、本日は20 日に「マノン」の最終公演を歌い終えたばかりのアンナ・ネトレプコが、ヴィオレッタ役を演じます。ネトレプコはすでに2年前にロンドンにおいて、このリチャード・エア演出の「椿姫」に出演し、大成功を収めています。
 なにとぞ、ご了承のほどお願い申し上げます。
財団法人日本舞台芸術振興会


 英国ロイヤル・オペラの18年ぶりの日本ツアーも、本日最終日を迎えました。
今回の「椿姫」においては、大変残念ながらアンジェラ・ゲオルギューが愛娘の手術に立ち会うことを余儀なくされ降板せざるを得なくなってしまいました。彼女の降板の意志はたいへん固く、それからすぐに私たちは代役探しに奔走いたしました。そしてエルモネラ・ヤオを確保することできました。ところが、彼女は初日と3 日目の公演で、突発性のアレルギーによる音声障害によって、第1幕のみで降板するハプニングに見舞われました。両公演にお越しいただいた皆さまには、このような予期せぬ事態になりましたことを、心よりお詫びしたいと思います。

 当初、ロイヤル・オペラとしてはゲオルギューの降板をうけて、あらゆる可能性を考え、アンナ・ネトレブコを含め、さまざまな歌手にあたりました。当然、ネトレプコは今回「マノン」に出演していますので、全公演には出演できません。しかし、通常、中2日休んで出演しているところを、「マノン」の最終公演を無事歌い終えた後に調子がよければ、(中1日しかなくても)「椿姫」の最終公演のみ歌えるかもしれないとのことでした。ですから、私たちも最終決定を今まで待たなければなりませんでした。

 ロイヤル・オペラとしては、二度にわたるエルモネラ・ヤオの途中降板をうけ、再びネトレプコに打診しておりましたところ、ネトレブコから最終公演のヴィオレッタを歌うという確認をもらいましたので、ここに皆さまにお知らせしたいと思います。
ネトレブコはすでに2年前ロンドンにおいて、このリチャード・エア演出の「椿姫」に出演し、大成功を収めています。 日本の観客の皆さまのご理解をお願い申し上げます。それでは、どうぞ英国ロイヤル・オペラ日本公演の最終公演をお楽しみください。
英国ロイヤル・オペラハウス
   オペラ・ディレクター
    エレイン・パドモワ
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2010/09/22 22:27] | 椿姫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■ 待望”ネトレプコのヴィオレッタが実現!■ | ホーム | ブッダでなくても大いなる旅路>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/587-e8dcc713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |