笑い飯、9年連続決勝出場で初M-1優勝!
笑い飯優勝



 最近、ブルーレイ付きハードディスクレコーダーを買って、BSが見れるようになったモノだから、やたらとハイビジョンなどを見ている。昨日も「拓郎・かぐや姫のつま恋2006」などをやっていた。不思議なことに、ビートルズとかカーペンターズとか、奈良とかイタリアとか、そうそうオペラとか好きなモノをたくさんやっている。こんな番組、若者に興味はあるのだろうかと考えてしまう。視聴率とれるのだろうか。

 つい先ほど、お笑い界の頂点、M-1グランプリ、第2回2002年から9年連続決勝出場の「笑い飯」がついに優勝。ネタ的には第2回、第3回の時の方が抜群におもしろかったが、主に審査員のセンスの問題だと思っているが、4対3の僅差で優勝を逃していた。

 しかしこんなに面白いのに、他のお笑いネタ番組にはほとんど出ず、毎年M-1グランプリの決勝に出ているという不思議な実力の持ち主だ。2位となった「スリムクラブ」は、初出場。そのために笑いはいちばん取っていた。毎年出ていて、笑いを取るのはむずかしい。M-1グランプリは、今年で打ち止め。これでよかった。

 伸助が他の番組で言っていたが、この企画は、才能のない若手漫才師に、漫才を止めさせるために始めたという。10年もやっていて、決勝にも出れないようでは、才能がないから止めなさい。さっさと他の仕事をした方が良い、ということらしい。どの世界にも、貧乏に耐え、家族に迷惑をかけ、売れないのにずっと続けている人がいるものだ。
 ありゃ、私のことか。
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2010/12/26 21:17] | お笑い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<メトロポリタンオペラ、2009年の「アイーダ」 | ホーム | 「ポルトフィーノ」の港からの近景の3段階>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/637-2820bb21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |