■ 生きることは捨てることである   2月の図書 ■
生捨てる

☆ 捨てないこと!


 3年ぐらい前から、インフルエンザ対策と称して、入り口に除菌スプレーを置いている公共施設が増えています。手洗いや、うがいを奨励するような張り紙が目につきますし、常にマスクをしている人も増えています。

 早期健康診断、禁酒、食事制限、殺菌消毒、運動、無遅刻無欠勤、携帯電話、オペラ好き、なにごともこだわりすぎは体のためによくありません。たぶん。



『仏弟子の世間話 スマナサーラ 玄侑 宗久』より

玄佑 よく石けんで洗うと、今まで仲良くやっていたたくさんの菌のいくつかが死んで数が減りますよね。で、数が減ると均衡状態が破れます。今まで二十の菌が均衡していたおかげでどれも繁殖できずにいたのが、いくつか死んだことで生き残った菌が圧倒的に増えることになるわけです。
じっはこのほうがよっぽど汚いのです。
スマナサーラ そうですね。

玄佑 最近日本では馬鹿なものが流行っていまして、「抗菌グッズ」というのがあります。その抗菌襦袢というものを売りに来た人がいました。どうやって作るのか調べもらったら、農薬を薄めたものにつけるというのです。菌が死ぬわけですから、そういう処理をして毒を使っているに決まっていますよね。でもみんな喜んで身につけているわけですよ。特定の菌が死んじゃうことで、生き残ったものがグワッと増えるということが分からないのかと思うど、恐ろしいですね。

スマナサーラ 身体にいい菌は弱いですから、だいたい残るのは悪い菌ですがね。
玄佑 そうそう。
 人間の身体ってすごいもので、生きているというだけで殺菌力がある。だから個体と
しての菌の寿命は十一時間以内だそうです。もちろん世代交代して次の菌が生まれてく
るわけですが、こちらの身体が生きているというだけで歯止めがかかるのですよ。です
から本来、抗菌グッズなんていらないわけです。


生きることは捨てること
スマナサーラ 捨てる習慣がないというのも問題ですね。捨てないと進化がなくなってしまいます。おもちゃは捨てないと大人になれないでしょう? 成長というのは何かを捨てることなのなのです。

 捨てることを忘れて財産や子供たちに執着していると、自分が死ぬと分かったところですごく怖くなります。智慧のある人は、生きることは捨てることであると分かってきますから、この恐怖感がなくなってきます。


目標は立てないほうがいい
玄佑 目的を遂げるために掃除するわけですが、道場みたいに毎日毎日掃除しているところですと汚くないですから、別にいつやめても問題ありません。いつでも掃除をやめられます。

 いつやめてもいいことをしているときに、人は幸せを感じられるのです。目標を立ててそれを実現するために暮らし、これが叶えばまた次の目標があって努力する。そんなことでは幸せを感じる暇はありません。

 どうすればいいかというと、中間的な目標は立てないことです。私の場合は目の前の目標と遥かな目標を立てるだけですね。若い頃はなかなか難しいとは思いますが「あの学校に入りたい」とか「あそこに就職したい」というのは、中間的な目標の典型です。そのためには無理な暮らしもしますね。若いときはそういう努力もやっばりしていいと思いますけど、ある程度年がいってある程度のことが実現したら、そういう中間的な目標というのは持たないほうがいいと思います。


  



★『サロメ』二期会公演
ミサ曲 ロ短調 BWV232 ブリュッヘン・新日本フィル
『影のない女』ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場来日公演
『トゥーランドット』ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場来日公演
★★「井戸自体がオレさ」 佐久間一行 R-1ぐらんぷり2011
★映画「赤壁」パートⅠ&Ⅱ

歌劇《マノン・レスコー》スカラ座 ムーティ グレギーナDVD
歌劇《椿姫》リッツィ ネトレプコ
歌劇《サロメ》カラヤン1978
歌劇《アイーダ》セラフィン1946 ローマ歌劇場
歌劇《アイーダ》全曲 カラヤン1959 テバルディ
歌劇《アイーダ》全曲 エデーレ1952 テバルディ
歌劇《トゥーランドット》全曲 エレーデ1955
歌劇「トゥーランドット」セラフィン1957 カラス シュワルツコップ
★歌劇《運命の力》 1862年、オリジナル・サンクトペテルブルク・ヴァージョン
★歌劇《運命の力》 モリナーリ=プラデッリ1955
歌劇《ランメルモールのルチア》ボニング グルベローヴァ1991
歌劇《ランメルモールのルチア》アンナ・モッフォ1972
歌劇 マノン・レスコー シノーポリ
★祈り 天満 敦子
★★祈りⅡ 天満敦子
★★歌劇 リゴレット クーベリック64 スコット ディースカウ
Golden Best 15th Anniversary ZARD


「テレビ政治」の内幕 三橋貴明
地球の歩き方 A20 スペイン 
★仏弟子の世間話 スマナサーラ 玄侑 宗久
国宝よみがえる色彩 デジタル復元でここまで見えた! 小林 泰三
背徳のクラシック・ガイド 鈴木 淳史
母なる大地 柳沢 桂子
ブラックマネー 須田慎一郎
信じる者は救われない 内藤よしひと
分子生物学でダーウィン進化論を解剖する 井内史郎

鳥取 '05 大山・三朝温泉 マップルマガジン
るるぶ香川高松琴平小豆島 '10?'11 
るるぶ姫路赤穂龍野 
るるぶ山陰 '10 
女の旅じたく 岸本 葉子
美しき姫君 発見されたダ・ヴィンチの真作 マーティン・ケンプ
タクシー運転手が教える秘密の京都 矢貫隆
イタリアの小さな田舎町 丸茂 和博

脳がよみがえる断食力 山田豊文
ピンチに勝てる脳 茂木健一郎
るるぶ天橋立城崎北近畿 '07
古代史謎めぐりの旅 出雲・九州・東北・奈良編
スタンダード・オペラ鑑賞ブック 2 ヴェルディ
スッタニパータ さわやかに、生きる、死ぬ 羽矢辰夫
なぜ、脳は神を創ったのか? 苫米地英人
こんな城もあったんだ 本岡勇一
大事なことは先のばしにしなさい 香山リカ


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/03/02 11:38] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<昨日への手紙 | ホーム | ミサ曲 ロ短調 BWV232 ブリュッヘンは速い!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/672-9bd9fbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |